ガス料金の平均はどれくらい?

プロパンガスの節約

プロパンガスの月額料金の基準をチェック!平均いくら?

家計で大きな割合を占める『光熱費』

なんとか節約したいものです。

特にプロパンガスを使っていると、どうしてもガスの月額料金が高くなりがちですよね。

 

でも、

「このプロパンガスの月額料金、平均に比べて高いのか安いのかよくわからないな…」

という人も多いのではないでしょうか。

お金のことだし、

「ガスの月額料金いくら払ってる?」

なんて、ご近所さんや友達にきいてみるのも、ちょっと難しいですよね。

 

そこで今回は、

プロパンガスの月額料金が平均でどのくらいなのか

を調べました。

各都道府県の平均的な料金や、料金を安くする方法についても書いているので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスの月額料金、平均いくらくらい?

ガス料金の平均ってどれくらい?

ガス料金の平均ってどれくらい?

各都道府県のプロパンガスの月額料金

では、さっそくプロパンガスの平均月額料金をみてみましょう。

この表の料金は

  • 従量料金は、2018年12月の小売価格確報を参考に算出
  • 通年と夏、冬の月額料金は、3人暮らしの平均的な使用量と県の基本料金、従量料金から算出
  • 沖縄県の使用量は、九州地方と同じとして試算
  • すべて消費税込み

としてあります。

( )内はガスの使用量(立方メートル)

基本料金従量料金月ごとの平均請求額
通年平均
北海道2,101円776円5,825円
(4.8)
5,071円
(3.6)
6,757円
(6.0)
青森県1,885円885円9,496円
(8.6)
6,221円
(4.9)
12,682円
(12.2)
岩手県1,956円705.3円8,021円
(8.6)
5,411円
(4.9)
10,560円
(12.2)
宮城県1,745円606.9円6,964円
(8.6)
4,718円
(4.9)
9,149円
(12.2)
秋田県1,856円680.2円7,705円
(8.6)
5,188円
(4.9)
10.154円
(12.2)
山形県1,907円700円7,927円
(8.6)
5,337円
(4.9)
10,447円
(12.2)
福島県1,812円634.9円7,272円
(8.6)
4,923円
(4.9)
9,557円
(12.2)
茨城県1,711円557.3円9,346円
(13.7)
6,615円
(8.8)
12,132円
(18.7)
栃木県1,677円554.4円9,272円
(13.7)
6,555円
(8.8)
12,044円
(18.7)
群馬県1,756円546.7円9,245円
(13.7)
6,556円
(8.8)
11,979円
(18.7)
埼玉県1,707円531.3円8,985円
(13.7)
6,382円
(8.8)
11,642円
(18.7)
千葉県1,732円523.6円8,905円
(13.7)
6,339円
(8.8)
11,523円
(18.7)
東京都1,702円524円8,880円
(13.7)
6,313円
(8.8)
11,500円
(18.7)
神奈川県1,758円523.7円8,932円
(13.7)
6,366円
(8.8)
11,551円
(18.7)
新潟県1,921円636.8円8,416円
(10.2)
6,123円
(6.6)
10,77円
(13.9)
長野県1,841円590.8円7,867円
(10.2)
5,740円
(6.6)
10,053円
(13.9)
山梨県1,746円556.9円7,426円
(10.2)
5,421円
(6.6)
9,486円
(13.9)
静岡県1,814円570.3円9,056円
(12.7)
6,604円
(8.4)
11,452円
(16.9)
愛知県1,791円539.6円8,643円
(12.7)
6,323円
(8.4)
10,910円
(16.9)
岐阜県1,809円554.3円8,848円
(12.7)
6,465円
(8.4)
11,176円
(16.9)
三重県1,809円549.8円8,791円
(12.7)
6,427円
(8.4)
11,10円
(16.9)
富山県2,013円651.4円8,592円
(10.1)
6,247円
(6.5)
10,937円
(13.7)
石川県1,876円650.9円8,450円
(10.1)
6,106円
(6.5)
10,793円
(13.7)
福井県1,799円630.6円8,168円
(10.1)
5,897円
(6.5)
10,438円
(13.7)
滋賀県1,825円579.6円9,359円
(13.0)
6,577円
(8.2)
12,141円
(17.8)
京都府1,859円583.1円9,439円
(13.0)
6,640円
(8.2)
12,238円
(17.8)
奈良県1,838円548.5円8,968円
(13.0)
6,335円
(8.2)
11,601円
(17.8)
大阪府1,747円540.6円8,774円
(13.0)
6,179円
(8.2)
11,369円
(17.8)
兵庫県1,956円601.7円9,778円
(13.0)
6,889円
(8.2)
12,666円
(17.8)
和歌山県1,879円550.4円9,034円
(13.0)
6,392円
(8.2)
11,676円
(17.8)
鳥取県1,888円664.6円8,666円
(10.2)
6,274円
(6.6)
11,125円
(13.9)
島根県2,043円633.4円8,503円
(10.2)
6,223円
(6.6)
10,847円
(13.9)
岡山県1,923円618.4円8,230円
(10.2)
6,004円
(6.6)
10,518円
(13.9)
広島県1,868円588.3円7,868円
(10.2)
5,750円
(6.6)
10,045円
(13.9)
山口県2,024円641.4円8,566円
(10.2)
6,257円
(6.6)
10,93円
(13.9)
徳島県1,811円561.4円7,537円
(10.2)
5,516円
(6.6)
10,865円
(13.9)
香川県1,834円599.2円7,945円(10.2)5,788円(6.6)10,162円(13.9)
愛媛県1,869円596.7円7,955円
(10.2)
5,807円
(6.6)
10,163円
(13.9)
高知県1,800円567.5円7,588円
(10.2)
5,545円
(6.6)
9,688円
(13.9)
福岡県1,947円590.4円7,378円
(9.2)
5,194円
(5.5)
9,504円
(12.8)
佐賀県1,911円605.7円7,483円
(9.2)
5,242円
(5.5)
9,663円
(12.8)
長崎県1,790円617.8円7,473円
(9.2)
5,187円
(5.5)
9,697円
(12.8)
熊本県1,753円593.3円7,211円
(9.2)
5,016円
(5.5)
9,347円
(12.8)
大分県1,790円576円7,089円
(9.2)
4,958円
(5.5)
9,162円
(12.8)
宮崎県1,686円646.6円7,634円
(9.2)
5,242円
(5.5)
9.962円
(12.8)
鹿児島県1,643円627.5円7,416円
(9.2)
5,094円
(5.5)
9,675円
(12.8)
沖縄県1,711円633.8円7,541円
(9.2)
5,196円
(5.5)
9,823円
(12.8)

参考 プロパンガス料金消費者協会『世帯人数別プロパンガスの平均料金と相場、平均使用量を調査しました』

石油情報センター 一般小売価格 LP(プロパン)ガス 確報(偶数月調査)

 

この表の料金は、あくまでも『平均』です。

もちろん、各家庭で使用量は違いますが、それだけでなく、地域やガス会社によっても、ガス料金は変わります。

そのあたりについて、次の所でお話ししましょう。

プロパンガスの料金にはかなりの差がある

先ほどの表は、石油情報センターのデータを参考に算出した、プロパンガスの料金です。

でも実は、プロパンガスの料金は

  • 地域
  • 地理的な条件や気候的な条件
  • ガス会社の料金設定

などによって、かなり違います。

 

県によって料金が違うのは、表を見るとわかりますよね。

でもそれだけじゃないんです。

同じ県の中でも

  • 人口の少ない過疎地
  • 離島や山間部
  • 豪雪地帯

など、状況によっては料金が高くなりがちです。

人口の多いエリアや雪の少ない地域よりも、ガスボンベの配送や検針に手間も費用もかかるためです。

 

また、同じ地域でも、ガス会社の料金設定によって、ガス料金には大きな差が出ます。

たとえば、筆者が以前利用していたガス会社と、今利用しているガス会社を比べると

  • 以前のガス会社…基本料金1,620円、従量料金507.6円
  • 今のガス会社…基本料金1,620円、従量料金302円

引越しをしたわけではなく、ただガス会社が違うだけなのですが、従量料金に200円以上もの差があります。

このようにガス会社によって料金が違うのは、プロパンガスが『自由料金』だからです。

ガス会社の判断で自由に料金設定ができるので、このようにガス会社によって差が出るのです。

 

さらに、なんと

『同じ地域の同じガス会社でも月額の基本料金が違う』

なんてこともあります。

この理由の一つは、

『戸建てと集合住宅では、集合住宅の方が月額基本料金が高くなることが多い』

ということがあります。

もう一つは、戸建てであっても

  • 契約時は安くして後から値上げするガス会社だと、契約が長くなるほど高くなる
  • 『ガス料金が高すぎるから安くしてほしい』と交渉してきた人には安くするが、何も言わない人は高いままにしておく

という理由で料金差が出ている場合もあります。

なので、

『隣同士の家で同じガス会社を使っているのに、月額基本料金が違う』

なんていうこともあり得るのです。

利用する側から見ると、なんだか変な話ですよね…。

 

プロパンガスの月額料金を安くするには

ガス料金、安くなるかな?

ガス料金、安くなるかな?

 狙うべきは『適正価格』

先ほどの表を見て

「うちは平均より安い、良いガス会社で良かったな。」

って安心した人、いませんか?

 

残念な話ですが、

『平均より安い=プロパンガス料金として適正』とは限りません。

平均はあくまでも『平均』。

その地域が全体的にガス料金が高ければ、当然平均額も高くなります。

 

そして、プロパンガスは全体的に料金が高いことが多いです。

それは、ガスの配送や検針に人件費がかかるといった、まっとうな理由もありますが、さらに

  • 高めの料金を設定する業者も多い
  • プロパンガス業界には、高い料金を維持しやすい体質がある

といった理由も重なっているからです。

 

でも最近では、

『プロパンガス会社が必要な利益を得られて、かつなるべく消費者に負担のない価格を』

と考える良心的なガス会社やガス会社変更サービスも増えています。

それが

『適正価格』

 

適正価格は、従量料金ではだいたい280円から400円弱くらい。

この料金だと、先ほどの表の平均より、かなり安いですよね。

つまり、適正価格のガス会社と契約すれば、平均よりずっと安いガス料金にできる可能性もあるのです。

 

『平均価格』や『適正価格』については、こちらで書いています。

『平均価格』『相場価格』『適正価格』についても知っておこう

ガス料金について考える時には、この違いを知っておくことは大事なので、ぜひ読んでみてください。

関連記事
ガス料金を比べてみよう
プロパンガスの料金が高いか比較診断するオススメの方法を紹介!

続きを見る

適正価格のガス会社を見つける方法

適正価格のガス会社を見つける、一番早くて楽な方法は

ガス会社変更サービスを利用して、ガス会社を変える

という方法です。

 

ガス会社変更サービスでは、あなたの地域やガスの利用のしかたなどに合わせて、一番合うガス会社や料金プランを紹介してくれます。

自分でガス会社を調べたり、ガス会社に問い合わせたりする必要がないので、とても楽です。

また、しつこい勧誘に遭わずに済むのも、メリット。

さらに、『料金保証』がついているガス会社変更サービスなら、ガス会社を乗り換えた後も安心です。

 

プロパンガス会社変更サービスについては、詳しくはこちらを読んでください。

関連記事
便利なガス会社変更サービス
【2020最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

続きを見る

適正料金の一例

ガス会社を変えて適正料金になった例として、筆者自身の家のガス料金を見てみましょう。

筆者は関東在住なので、先ほどの表の関東の中で一番安い、東京都の平均と比べてみます。

( )内はガスの使用量(立方メートル)

基本料金従量料金月ごとの平均請求額
通年平均
(13.7)

(8.8)

(18.7)
東京都1,702円524円8,880円6,313円11,500円
前のガス会社の

ガス料金

1,620円507.6円8.574円6,086円11,112円
今のガス会社の

ガス料金

1,620円302円5,757円4,277円7,267円

そもそも、前のガス料金が『平均』より安いですが、今のガス会社は、さらに安いです。

ガス会社を変えて適正料金になったことで、月額料金が夏でも2,000円、冬で3,800円以上も安くなりました。

これが『平均以下であれば十分安いとは限らない』ということの例の1つです。

 

もちろん、ガス会社変更サービスを利用することでガス料金がどのくらい安くなるかは、状況によります。

でも、

「ガス代が安くなったらうれしいけど、どうしたらいいんだろう?」

と思っているなら、一度問い合わせて見て損はないですよ。

関連記事
節約できた!
ガス屋の窓口でプロパンガス会社を変更してみた【料金節約レビュー】

続きを見る

関連記事
便利なガス会社変更サービス
【2020最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

続きを見る

適正料金のガス会社を利用するメリット

適正料金のガス会社を利用する一番のメリットは、なんといっても

『自分の家のガス料金が安くなる』

 

でも、それだけではありません。

適正料金のガス会社を利用する人が増えると

  1. 高い料金のガス会社の顧客が減る
  2. 高い料金のガス会社も『これではやっていけない』と思うようになり、料金を下げる
  3. 適正料金でガスを供給するガス会社が増える
  4. 適正料金が当たり前になる

というように、プロパンガスを利用する消費者全体にとって良い影響があることも、期待できるのです。

良い価格と良いサービスの会社を選ぶ人が多くなれば、そうでない会社は淘汰されていくでしょう。

 

いつか、

『どこのガス会社を選んでも、ガス料金が高くて悩む人はいない』

なんて世の中になると良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスの料金は、地域やガス会社などによってかなりの差があります。

また、地域全体でプロパンガス料金が高ければ、月額の平均も高くなってしまいます。

そのため、平均額といっても、

『統計的な、だいたいの目安』

でしかありません。

 

大切なのは『平均より高いか安いか』よりも、『どのくらい適正価格に近いか』。

適正価格のガス会社を見つけるには

ガス会社変更サービスを利用する

のが、一番簡単で手間もかからず、近道です。

 

ガス会社変更サービスは、問い合わせから紹介、料金保障まで、

全てのサービスを無料で利用できます。

もちろん、

「問い合わせたけど、ガス会社を変えないことにした」

「紹介してもらったのと違うガス会社にしたい」

というのも大丈夫。

気軽に利用できるので、ガス料金が気になっているなら、ぜひ一度問い合わせてみてくださいね!

-プロパンガスの節約

Copyright © プロパンガスの教科書 , All Rights Reserved.