プロパンガスの契約

引っ越し時のプロパンガス会社への手続きをわかりやすく解説!

更新日:

引っ越しって、片づけに荷物の梱包、引っ越し業者への依頼や、あちこちに住所変更などを届け出たり…

やることが山ほどあって大変ですよね。

筆者も何度か引っ越ししたことがありますが、そのたびに

「もう勘弁して!!」

って言いたくなるくらいでした。

そんなバタバタした中でも忘れてはいけないのが、電気・ガス・水道の手続き。

 

今回は、

引っ越しの時に必要なプロパンガス会社への手続き

について、お話しします。

ガス会社への手続きは、そんなに難しくありません。

落ち着いて1つ1つやっていけば大丈夫なので、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

引っ越し時のプロパンガス会社への手続き

引っ越しの時に必要な、ガスの手続きは?

引っ越しの時に必要な、ガスの手続きは?

引っ越しの時に必要なガス会社への手続きは、大きく分けて

  • 旧居(今住んでいる所)で契約しているガス会社の手続き(解約と閉栓)
  • 新居(引っ越し先)で契約するガス会社の手続き(契約と開栓)

があります。

 

では、全体の手続きの流れと、旧ガス会社、新ガス会社への手続きや注意事項などについて、お伝えします。

引っ越しする時のガス会社への手続きの流れ

まず、どんな手続きがあるのか、時系列ごとに、表を使って見てみましょう。

水色のマスは旧居で利用しているガス会社。

ピンクのマスは、新居で利用するガス会社についての手続きを表します。

 

タイミング すること 用意するもの
引っ越しが決まったら 引っ越し先で契約するガス会社を決める。

(賃貸の場合は決まっているので、不動産会社や管理会社などに確認する。)

ガス会社選びには、ガス会社変更サービスを利用すると楽。

自分で探すなら、ガス会社の資料や見積もりなどを取り寄せる。

2~3週間前までに

(遅くとも引っ越し1週間前までに)

旧居で利用していたガス会社に

  • 閉栓と解約の依頼
  • 停止日時
  • 引越し日時

などを連絡。

検針票や請求書に書いてある『お客様番号』

引っ越し先の住所

新居で契約するガス会社に、

  • 契約の申込み
  • 引越し日時
  • ガス使用開始日

などの連絡をする

新居で使うガスの種類も確認しておく。

(プロパンガスか都市ガスか、都市ガスならどの種類か)

  • ガス会社の連絡先
  • 引越し先の住所
  • 旧居と同じガス会社を利用するなら、お客様番号

など

旧居のガス利用停止日 閉栓前にガスの元栓を閉め、ガス器具を外しておく。

ガス会社の人に閉栓作業と検針に来てもらう。

賃貸で保証金を預けている場合は、

  • 保証金の預かり証
  • 印鑑
新居のガス利用開始日前までに 新居で使うガスの種類に合ったガス器具を用意しておく
新居のガス利用開始日 ガス会社の人に来てもらい

  • 開栓
  • 点火確認

をしてもらう。

開栓と点火確認には、立合いが必要。

新居で使うガス器具

 

この時に契約書を取り交わす場合は、

  • 印鑑
  • 口座番号のわかるもの(自動振替の場合)

賃貸で保証金を求められている場合には、保証金

など

 

大まかには、このような流れになっています。

ただし、引っ越しの状況やガス会社によっては、多少違うこともあります。

連絡する内容や用意しておくものなど、詳しくはガス会社に確認してくださいね。

 

また、

  • 旧居での最後の月のガス料金の支払い
  • 新居での最初の月のガス料金の支払い

については、状況によって支払いのタイミングや支払い方法が変わるので、ガス会社に確認してください。

旧居のガス停止に必要な手続き

次に、旧居でのガス利用停止手続きについて、詳しく説明しましょう。

旧居で利用しているガス会社の利用停止手続きは

  1. ガス会社に、利用停止(解約)することを連絡する
  2. 閉栓の前に、ガス器具を外しておく
  3. ガスの停止日に、ガス会社の人が閉栓と最終的な検針をしに来る
  4. 検針の結果から、最後の月のガス料金を計算して請求されるので、支払う。
  5. 賃貸住宅などで保証金を預けていた場合には、返金してもらう

という流れになります。

 

1 ガス会社への連絡

ガス会社へのガス利用停止の連絡は、

  • 電話連絡
  • ガス会社のサイトから(ガス会社による)

という方法で可能です。

ポイント

連絡する時には、検針票や請求書に書いてある

『お客様番号』

を用意しておくと、スムーズに進められます。

 

ガス会社に連絡する内容は、

  • お客様番号
  • ガスの使用を停止する場所の住所
  • 建物のタイプ
  • 停止希望日
  • 訪問希望日(複数用意しておくこと)
  • 引っ越し先の住所
  • 支払方法
  • 連絡可能な電話番号

といったことです。

引っ越し先の住所がわかるものも、用意しておいてくださいね。

 

2 閉栓の前に、ガス器具を外す

『利用停止(閉栓)の日は、引っ越しの日』

ということが多いはずです。

引っ越し前の最後のガス使用が終わったら、ガス器具を外しておきましょう。

 

ガス器具の基本的な外し方は

  1. ガス器具のスイッチを切る
  2. ガス栓を占める
  3. ガス栓からガスホースを外す
  4. ガス器具からガスホースを外す

という手順です。

ただし、ガス器具やガス栓の形によって違うこともあります。

手順やガス栓の閉め方は、ガス会社のサイトなどで確認してくださいね。

 

また、

『自分でできない』『自信がない』

という場合は、ガス会社に代行してやってもらうこともできます。

ガス会社に利用停止の連絡をする時に、一緒に頼んでおくとよいでしょう。

注意ポイント

代行は有償になる場合があります。

ガス会社には、費用について確認しておいてください。

3 ガス会社の人が閉栓と最終的な検針をしに来る

ガスの停止日に、ガス会社の人が閉栓作業と検針をしに来ます。

 

閉栓作業には、基本的には立合いは必要ありません。

ただし、

  • 部屋の中にガスメーターがある
  • オートロック式の建物で、鍵を開けないと入れないところにメーターがある

という場合には、立ち合いが必要です。

 

4 ガス料金の清算をする

清算については、

  • 最後の月の料金
  • ガス会社に保証金を預けている場合は、保証金の返金

があります。

ガス会社で、最後の検針の結果から料金を計算して、請求してきます。

 

最後の月の支払いは、これまで自動振り替えなどにしていても

  • 作業員に直接支払う
  • 銀行振り込みで支払う

といった方法になることもあるので、支払い方法も確認しておいてください。

 

5 保証金の返金

保証金は、賃貸でプロパンガスを使用し始める時に預けることがあるものです。

ガス代を滞りなく払っていれば、使用停止の時に返金してもらえます。

返金の時には、

  • 保証金の預かり証
  • 印鑑

が必要になるので、事前に用意しておいてくださいね。

 

なお、滞納があった場合は保証金を使って清算されることもあります。

また、最後の月の使用料を保証金から払える場合があります。

これは状況によるので、ガス会社に確認してください。

 

なお、引っ越し以外でプロパンガスを解約する場合については、こちらの記事で解説しています。

関連記事
プロパンガスを解約すrには?
プロパンガスの契約を解約する方法を解説!賃貸でも問題ない?

生活必需品ともいえる 『ガス』 ガスは、ガス供給の契約をすることによって、供給してもらえます。 『契約をすることは、状況によっては『解約する』という時もある』 ということですよね。 たとえば、 引越し ...

続きを見る

新居のガス使用開始に必要な手続き

新居でガスを使用開始するために必要な手続きは

  1. 新居で利用するガス会社に連絡する
  2. 開栓日にガス会社の人に来てもらい、開栓作業と点火確認をしてもらう
  3. ガス器具が使えることが確認できたら、ガスの使用や支払い方法についての説明を受ける

という流れになっています。

 

1 新居で利用するガス会社に開栓と契約の連絡をする

新居で利用するガス会社が決まったら、早めに開栓と契約の連絡をしましょう。

ガス会社に伝える内容は、

  • 名前
  • 引っ越し先住所
  • 電話番号
  • 引っ越し予定日
  • 引っ越し先でガスを使用開始する日
  • 引っ越し先の建物のタイプ(一戸建て、集合住宅など)
  • 引越し先のガス会社が同じ場合は、そのことも伝える。
  • 料金の支払い方法(自動振替、口座引き落とし、クレジットカードなど)
  • 使用予定のガス器具の規格を聞かれることもある

といったことです。

なお、旧居と新居で同じガス会社を利用する場合は、そのことも伝えてください。

 

もし、賃貸集合住宅や中古の住宅などで

  • 自分でガス会社やガスの種類を選んでいない
  • ガスの種類をまだ確認していない

という場合は、この時に、供給されるガスの種類も、確認しておいてください。

なぜかというと、

点火確認の時にガス器具が必要になります。

開栓までにガス種に合うものを用意しておく必要があるからです。

 

2 開栓作業と点火確認をしてもらう

ガス会社に連絡した時には、開栓日を決めます。

開栓日にはガス会社の人が来て、

  • 開栓の作業
  • 点火確認

をします。

この時には必ず立合いが必要なので、確実に立合える日時で予約してくださいね。

 

また、点火確認をするためには、ガス器具も必要です。

先ほども書いたように、ガスの種類に合ったものを用意しておいてください。

 

3 ガスの使用や支払いについての説明

開栓と点火確認が終わったら、

  • ガスの使用についての注意点
  • 緊急時の連絡先
  • 支払い方法

についての説明を受けます。

ガスを使うにあたって、わからないことがあったら、遠慮せずに聞いておいてくださいね。

 

また、賃貸住宅だと、この時に保証金を預けることがあります。

保証金を預けたら、預かり証は大切に保存しておいてください。

次の引っ越しなど、退居時に返金してもらう際に必要となります。

 

最初の月の支払いについて

支払い方法として自動振替やクレジットカード払いを選んでいても、最初の月は振込での支払いになることがあります。

忘れずに支払ってくださいね。

 

また、万が一振込用紙をなくしてしまった場合には、すぐにガス会社に連絡してください。

ガス料金の振込用紙をなくしてしまった場合

ガス停止の手続きを忘れてた!そんな時は?

ガスオ
うっかり、ガス利用停止の連絡を忘れたまま引っ越してきちゃった!

そんな時はすぐ、旧居で利用していたガス会社に連絡してください。

 

ガスオ
でも、ガスを使ってないし、料金はかからないから後でいいや

と考えてしまうのは、大きな勘違いです。

ガスを使っていなくても基本料はかかるため、請求されてしまいます。

しかも、基本料金は日割りになることが多いので、

連絡が遅くなるほど請求額は増えます。

払わなくても良い料金を払う羽目にならないように、気が付いたらすぐ、ガス会社に連絡してくださいね。

 

引っ越し時のガス手続きで気を付けること

引っ越しのガス手続きで気を付けることは?

引っ越しのガス手続きで気を付けることは?

ここからは、引っ越し時のガスの手続きで、どんなことに気を付ける必要があるか、お話ししましょう。

ガス会社への連絡は早めに!

引っ越しの日と閉栓、開栓の希望日が決まったら、なるべく早めにガス会社に連絡しましょう。

とくに、

  • 3月や9月
  • 季節の変わり目
  • 年度の変わり目

は、引っ越しが増える時期。

この時期に引っ越しをする時は、できるだけ早めにガス会社に連絡してください。

開栓や閉栓の申し込みをする人も増えるので、間近になって連絡しても、希望の日に開閉栓ができないことがあるからです。

 

また、繁忙期でなくても、たまたま希望日が予約でいっぱいの可能性もあります。

申し込みは2~3週間前まで、どんなに遅くても1週間前

には、ガス会社へ連絡するようにしましょう。

開栓の日時は確実に立合える日時を

開栓には、必ず立合いが必要です。

なので、

開栓の日時は、確実に新居に行ける日時

を、余裕をもって選びましょう。

引っ越しのスケジュールを立てる時に、『ガス開栓の立合い』も予定に入れておいてください。

 

とくに

  • 引っ越し先が遠く、移動に時間がかかる
  • 引っ越したその日からガスを使いたい

という場合には、余裕をもったスケジュールを組んでくださいね。

引っ越し先のガスの種類をしっかりチェック!

先にも書きましたが、賃貸や中古物件などでガスの種類を自分で選べない場合は

新居で使うガスの種類は、必ず確認してください。

 

旧居と新居で同じ種類のガスを使うなら、これまでガス器具を持って行っても問題ありません。

でも、たとえば

  • 旧居がプロパンガスで、新居は都市ガス
  • 旧居が都市ガスで、新居はプロパンガス
  • どちらも都市ガスだが、種類が変わる

という場合には、ガスの種類に合ったガス器具を用意する必要があります。

ガス器具の適合ガス種と使うガスの種類が合わないと、安全に使えませんし、点火確認もできません。

なので、ガスの種類はしっかり確認してくださいね。

関連記事
ガスコンロ
都市ガスとプロパンガスでコンロを共用できる?器具の違いを紹介

引っ越しや、ガス会社の乗り換えなどで、ガスの種類が変わることがありますよね。 たとえば、これまでプロパンガスだったのが都市ガスになったり、都市ガスからプロパンガスになったり。 そんな時は 「ガスの種類 ...

続きを見る

契約書はしっかり確認!

ガスの契約をする時にも

ガス料金はもちろん、契約書の内容はしっかり確認してください。

また、

わからないことがあったら、契約する前にガス会社に聞いて、説明してもらってください。

これは『契約』する時の、『基本のき』です。

 

ちなみに、引っ越し以外の場合も含めた、プロパンガスの契約全般についての注意は下記で解説しています。

あわせて読んでみてくださいね。

プロパンガスの契約で注意すること

関連記事
プロパンガスの契約
プロパンガスの契約申し込みから開通(開栓)までの期間や注意事項をチェック

『新築の家をプロパンガスにしたい』 『引越し先がプロパンガスの物件』 となると、プロパンガスの契約を申し込まなければならないですよね。   ガスオガス会社に申し込めばいいんでしょ? というの ...

続きを見る

引っ越し先で契約するプロパンガス会社の探し方

引っ越し先のガス会社、どうやって探す?

引っ越し先のガス会社、どうやって探す?

引っ越すとなると

「引っ越し先のガス会社ってぜんぜんわからないけど、どうやって探したらいいんだろう?」

と思うこともあるでしょう。

ここでは、

新居で利用するガス会社の探し方について

お伝えします。

賃貸住宅の場合

賃貸住宅の場合は、ガス会社を自分で選ぶことはできません。

ガス会社を決めて契約する権限は、大家さんにあるからです。

これは賃貸集合住宅はもちろん、一戸建ての賃貸でも、基本的には同じです。

どこのガス会社を利用することになるかは、不動産会社や管理会社に確認してください。

 

ガス会社を自分で選べないということは、ガス料金を抑えるには

物件探しの時点から、ガスの料金についても考えながら選ぶ必要がある

ということです。

とくに、賃貸集合住宅のプロパンガスは高くなりがち。

物件選びの時に、ガス料金がどのくらいか、不動産屋さんにも聞いてみてくださいね。

 

賃貸のプロパンガスの料金対策については、こちらで解説しています。

あわせて読んでくださいね。

物件探しの時点で、ガス料金の安いところを探す

関連記事
アパート、マンション選び
プロパンガスのアパートやマンションを選ぶメリットとデメリット

『これからアパートやマンションの部屋を借りる』 という時に、ぜひ部屋選びのポイントの一つにしたいのが 『ガス』です。 プロパンガスの物件は都市ガス物件よりマイナスに見られがちです。 でも、プロパンガス ...

続きを見る

 

ちなみに、賃貸一戸建ての場合は、大家さんの承諾があれば、自分でガス会社を選ぶことができます。

まずは大家さんに相談してみてください。

持ち家一戸建ての場合

新築持ち家一戸建てや中古住宅の持ち家一戸建ての場合、ガス会社探しは

『ガス会社変更サービス』を利用するのが、一番確実で楽です。

この方法をおすすめする一番の理由は

引っ越しで忙しいときに、自分でガス会社を探したり問い合わせたりしなくて良い

ということ。

それだけでなく、料金面でもサービス面でも、良心的なガス会社を紹介してもらえます。

 

料金プランも

  • プロパンガスと電気をセットで申し込みたい
  • 床暖房を使いたい

など、ライフスタイルに合わせて提案してくれます。

さらに、『料金保証』をしてくれるところもあれば、契約後も安心ですね。

 

ガス会社変更サービスの利用は、多くの場合、すべて無料。

引っ越し先のガス会社選びについても相談に乗ってもらえるので、気軽に相談してみてくださいね。

関連記事
便利なガス会社変更サービス
ガス料金を安くするプロパンガス会社変更サービスを徹底比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

 

なお、中古の一戸建てだと、前の人が利用していたガス会社のメーターが残っていることがあります。

でも、

ガスメーターが残っていても気にせずに、ガス会社は自分で選びましょう。

 

ガスメーターがあるからといって、そのガス会社を利用しなければならないわけではありません。

また、ガスメーターに書いてあるガス会社に申し込むのは、おすすめできません。

なぜかというと、ガス会社によっては

「メーターがあるから、このガス会社ってもう決まってるんだな」

と思い込んで連絡してきた人を捕まえて、高い料金設定をしてくることもあるからです。

 

安くて良いプロパンガス会社を見つける方法

関連記事
便利なガス会社変更サービス
ガス料金を安くするプロパンガス会社変更サービスを徹底比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ

引っ越しの時のガスの手続きは、

  1. 今住んでいる場所のガスを止めてもらう
  2. 新しく住む場所でガスを使えるようにしてもらう

という単純なものです。

 

やることを大きくまとめると、

  1. 旧居で利用しているガス会社への連絡(新居でも同じガス会社を利用する場合は、そのことを伝える。)
  2. 新居で利用するガス会社への連絡(旧居と違うガス会社を使う場合)
  3. 新居での、ガスの開栓と点火確認の立合い、説明
  4. 旧居での最後の月のガス代の支払い(振り込みになる場合)
  5. 新居での最初の月のガス代の支払い(振り込みになる場合)

この5つです。

 

そして、必ず押さえておきたいのは

  • ガス会社への連絡は早めに
  • 開栓の日時は、無理なく確実に立合える日時を予約する

この2つです。

 

引っ越しって、すごくあわただしいですよね。

でも、1つ1つ確認しながらこなしていけば、OK。

万が一、し忘れたことがあっても、ガス会社に連絡すれば大丈夫ですよ。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-プロパンガスの契約

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.