【2022年11月最新】生ゴミ処理機ランキング!

【2022年12月最新】生ゴミ処理機ランキングBEST5

生ゴミ処理機

生活していく上で、

避けて通れない生ゴミの処分。

 

自宅で料理をすれば、

果物や野菜の皮、魚の骨、食べ残しなどは、

どうやっても出てきてしまうものですよね。

 

そして生ゴミをしばらく置いておけば、あっという間に、

生ゴミ特有のくさ~いニオイやコバエ

が発生してしまいます。

それにウンザリして、私は自宅で料理することを避けたくなるほどでした。

 

 

女性

そろそろ『生ゴミ処理機』欲しいなー。でも、

「騒音が酷い…」

「電気代が高い…」

なんて話も耳にしたし、どの機種を選んだらいいんだろう?

やっぱり悩みますよね?

生ゴミ処理機は全体的に評判が同じで、

「買って良かった!」

「楽になった!」

という声は、どの機種でも見られます。

だから、どの生ゴミ処理機を選んでも、

そのメリットは得られるのです。

生ゴミ処理機5大メリット

  • 生ゴミの量が減る
  • 生ゴミを簡単に捨てられる
  • 三角コーナー要らず
  • 嫌なニオイが消える
  • が出てこなくなる

生ゴミ処理機のメリット

このページでは、さらに深掘りし、

2022年12月現在、最新の生ゴミ処理機

の性能を比較し、

家庭用としてオススメのランキング

として、まとめてみました。

生ゴミ処理機を徹底比較2022年12月最新ランキング

1位

ルーフェン

SLW01

2位

パリパリキュー

PPC-11

3位

リサイクラー

MS-N53

4位

ナクスル

PCL-33

4位

パリパリキューブライトアルファ

FD-015M

ブランド
ルーフェンパリパリキューブリサイクラーナクスルパリパリキューブ

ライトアルファ

価格
公式サイト

44,720円

クーポン割引有

(税抜)

公式サイト

45,000円

(税抜)

楽天

90,000円前後

公式サイト

112,000円

割引後

(税抜)

公式サイト

27,600円

(税抜)

処理方式
温風乾燥式温風乾燥式温風乾燥式温風乾燥式

バイオ式

温風乾燥式
処理量
約1kg/回約1kg/回約2kg/回約2kg/日約0.7kg/回
大きさ
270×275×350mm230×270×270mm268×365×550mm385×430×580mm直径215mm×高さ283mm
音量
30db36db42db17db~23.2db36db
重さ
6kg4.1kg12kg18kg2.1kg
消費電力
送風モード:10W

通常運転:50W~130W

300W800W60W150W
電気代(1日あたり)
20円45円52円25円27円
1年目の電気代
7,300円16,425円18,980円9,125円9,855円
5年間の電気代
36,500円82,125円94,900円45,625円49,275円
10年間の電気代
73,000円164,250円189,800円91,250円98,550円

公式サイト

楽天

楽天

公式サイト

楽天

イチオシは、比較ランキングにある通り、

ルーフェン

ですね!

最も最近に発売された最新機種であり、

その性能は、総合ナンバーワンです!

 

早速解説したいところですが、まずは、

ルーフェンと比較した他機種

について、お話していきましょう。

ルーフェン凄さがよくわかるはずです。

第4位 パリパリキューブライトアルファ

パリパリキューブライトアルファ

『パリパリキューブライトアルファ』は、島産業という国産メーカー製の生ゴミ処理機。

第2位に挙げた『パリパリキューブ』を、より小型にした機種です。

ルーフェンと比較すると、価格の安さとコンパクトな点がメリットとなります。

ただ、この機種には大きなデメリットがあるんです。

それは、

生ゴミ処理中の追加投入を前提にしていないことです。

『専用バスケットに生ゴミを溜めて、バスケットを本体に入れて処理開始』

という使い方になるんです。

処理時間は、5時間~10時間ほど掛かるので、その間に追加投入できないのは不便です。

やっぱり生ゴミが出たら、その場ですぐに処理したいですよね。

女性
生ゴミを溜めたら、結局ニオイそう…

また、もう一つ懸念があって、それは容量が少ないことです。

家族がいる家庭だと

生ゴミの処理が追いつかない可能性があります。

一人暮らし用の製品と考えたほうがよいでしょう。

第4位 ナクスル

ナクスル

『ナクスル』は乾燥式で、かつバイオ式というハイブリッドな機種です。

乾燥式とバイオ式

乾燥式

⇒生ゴミを温風で乾燥させて処理するタイプ

バイオ式

⇒生ゴミを微生物で分解処理するタイプ

乾燥式とバイオ式の良いとこ取りした機種

ということで高スペックなのは間違いありません。

しかしながら、

  1. ルーフェンの倍近い価格
  2. ルーフェンの1.5倍以上の大きさ
  3. ルーフェンの倍の重さ(18kg)

といったマイナス点が痛いですね。

小型の冷蔵庫や洗濯機くらいの大きさ

をイメージすると良いでしょう。

大型であることから『大家族向け』と言えます。

第3位 リサイクラー

リサイクラー

発表した5機種の中で『リサイクラー』は、大企業であるパナソニック製となります。

メーカーの安心性という意味では No.1 と言えるでしょう。

この機種の魅力は、

ナクスルよりも小型ながらも『大容量』

という点です。

しかし、ルーフェンと比較すると、

  • ルーフェンの倍以上の価格
  • ルーフェンの倍以上の消費電力
  • ルーフェンよりもが大きい

といったスペック面で見劣りします。

音について、わかりやすく例えるなら

図書館内や昼間の住宅街(40デシベル)

をイメージすると良いですね。

第2位 パリパリキューブ

パリパリキュー

『パリパリキューブ』は、ルーフェンと比較すると、よりコンパクト。

第4位で紹介した『パリパリキューブライトアルファ』の懸念であった容量を確保した機種です。

スペックは、ルーフェンより若干見劣りする程度であり、そこまで悪くはありません。

しかし『パリパリキューブライトアルファ』と同じデメリットが健在です。

生ゴミの追加投入を前提にしていません。

生ゴミを溜めて処理するタイプなのです。

第1位 ルーフェン

ルーフェン

ルーフェン』は、

今、最もオススメの生ゴミ処理機です。

価格は最安クラスである上に、

  • 静音性◎
  • 消費電力◎
  • 処理能力◎

どれも高スペックでまとまっており、

総合1位に自信を持って強く推せます!

ルーフェンの音

特に注目すべきは消費電力。

ルーフェンのランニングコストの良さです。

ランニングコストは、長く使えば使うほど差が大きくなります。

ルーフェンは他機種と比較すると圧倒的。

数年使えばランニングコストだけで、

本体以上の金額差

になったりするんですよ。

年間の電気代

ルーフェンは見た目も素晴らしく、

キッチンに馴染むデザインでスタイリッシュです。

ルーフェン

ルーフェン

まるでインテリアですよね。

それもそのはず、

世界三大デザイン賞として権威のあるレッドドット・デザイン賞

を受賞しているんです。

レッドドット・デザイン賞とは

『デザインの良さ』だけでなく、

  • 機能性
  • 人間工学
  • エコロジー
  • 耐久性

といった基準から厳格に審査され、

簡単にもらえる賞ではありません。

カラーバリエーションがあり、

  • ホワイト
  • ピンク
  • ミント
  • パープル

の中からキッチンの雰囲気に合わせて選べます。

 

ルーフェンは、

ランキングの比較表では見えない特徴

も豊富です。

ルーフェンの特徴

  • 処理はスイッチ一つで簡単
  • 生ゴミの仕分け不要
  • AIが生ゴミ処理を自動調整
  • 空気循環システムでムラなく効率良く生ゴミを乾燥
  • 生ゴミの量を77%減
  • 処理中でも生ゴミを入れて良い
  • 手入れはバスケットを水洗いだけ
  • 静かなので夜でも使える
  • 臭いは活性炭フィルター、ゼオライトボールでブロック
  • 細菌などを99.9%除菌

ご覧のとおり、他機種と比較すると

メリットが多すぎなんです。

家庭用の生ごみ処理機としては、

これ一つで完成された製品

と言えるでしょう。

step
1
処理はスイッチひとつ♪

スイッチひとつで簡単

生ゴミの入ったバスケットを設置してスイッチひとつで処理開始!

step
2
処理中でも追加OK♪

追加投入OK

ルーフェンに搭載されたAI

自動調整しながら処理してくれます。

生ゴミを貯めておく必要はありません!

生ゴミがでたら投入するだけです。

step
3
乾燥させてパリパリに♪

パリパリに乾燥

パリパリになった生ゴミは77%減。

あとは燃えるゴミで捨てるだけ。

生ゴミのイヤ~なニオイもなくなって

ストレスフリー!

日常を激変させてくれます。

このルーフェンは、『loofen』という韓国メーカーの製品です。

日本では聞き慣れないかもしれませんが、

生ゴミ処理機としては老舗であり、実は2007年から展開しています。

世界では、すでに

100万台を超える大ヒット

を記録し、満を持して2022年4月に日本へ上陸したのです。

 

まだ日本の家電量販店などで購入することはできず、

公式サイトで販売しています。

 

ただ、なら公式サイトで

1万円のクーポン値引き

で、どこよりも安く購入できるんです!

クーポンは、

販売促進のための期間限定

ですから今がチャンスになります。

 

また、クーポン以外にも

公式サイトで購入するメリット

がありますので、まとめておきます。

公式サイトのメリット

  • 1万円値引きクーポン
  • 付属品5,460円分の特典
  • 1年間の無償保証
  • 分割払いに対応

クーポンの使い方は簡単です。

ルーフェン公式サイトで購入時に、

「loofen」

と入力するだけ。

クーポン

これだけで万円引きになります。

ルーフェンのクーポン

もちろん、クーポンは、

分割払いにも使えます。

24回払いで月々1,863円です。

分割払い

1,863円×24ヶ月=44,720円

トータル金額は一括払いと同じです。

\ 分割払いはルーフェンだけ/

分割払い

今すぐ利用してください!

クーポンは予告なく終了する可能性があります!

\ 今なら1万円値引き /

ルーフェン公式サイト

乾燥式のNo.1生ゴミ処理機

比較表に戻る

ルーフェンは売れすぎて入手困難?早めに注文してください

ランキング1位のルーフェンですが、

今、あまりに売れすぎています。

メーカーの想定を超える売れ行きから

在庫は、常に枯渇状態なんです。

 

現在、人気のカラーは、

8月中旬の発送

という状況です。

ルーフェンの発送時期

注意ポイント

8月初旬に確認した情報です。

状況によっては、

さらに発送が遅くなっている可能性

があります。

随時入荷しているので、

タイミングがよければ待つことなく

購入することもできますが、それはレアなケースです。

購入を決めたなら、

早めに注文を済ませてください。

 

世界的な半導体不足もあって

入荷量が少なく、発送は遅れ気味です。

半導体不足が解消される見込みは数年ありません。

そのため、

1ヶ月以上の『待ち』になる可能性

が今後予想されます。

(過去には【1ヶ月待ち】のこともありました)

 

購入するなら注文は絶対に急いだ方が良いです!

悩んでいる間にドンドン注文が入り、

発送時期はさらに遅くなります。

1万円割引のクーポンが終了する可能性もあります。

 

今すぐ生ゴミ処理機が欲しい方には、ほかの製品をオススメしても良いかもしれません。

しかし、ルーフェンと他機種では

価格、性能面で大きな差

が明確にあるんです。

女性

確かにルーフェンが圧倒的なのは、さっきの比較表を見れば一目瞭然だね。

比較表に戻る

ルーフェン以外はオススメできない

というのが正直なところです。

 

いまや100万台を突破して売れ続け、

多くの人に認められている生ゴミ処理機。

それがルーフェンなのです。

 

あとになって後悔しないためにも、

発送時期は気にせずルーフェンを選ぶことをオススメします。

発送時期は気にしない

生活必需品となる生ごみ処理機は、

消耗品ではありません。

長く使い続けるからこそ、妥協せずに良いモノを選んでみてくださいね。

\ 今なら1万円値引き /

ルーフェン公式サイト

No.1の生ゴミ処理機

分割払い

ルーフェンは、

月々の負担が軽い『分割払い』

に対応しています。

\ 分割払いはルーフェンだけ/

分割払い

>>究極の生ゴミ処理機を手に入れる

特定商取引法にもとづく表記