プロパンガスのメリットとデメリット

プロパンガスをバルク供給システムにするメリットとデメリット

更新日:

家庭に供給される、プロパンガス。

多くの人は、

『プロパンガス=ガスボンベ』

というイメージを持っていることでしょう。

でも実は、プロパンガスには、もう1つの供給方法があります。

それが『バルク供給システム』です。

耳慣れない言葉かもしれませんね。

でも、

『バルク供給システム』は、普通のプロパンガスよりおトクな場合もあるんです。

 

ではその『バルク供給システム』とは、いったいどんなものなのでしょうか。

そして、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

この記事では、

『バルク供給システム』のメリットやデメリット、そして安全性や料金のことなどについて

お話ししていきます。

「プロパンガスにしようかな…」

と考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

プロパンガスの『バルク供給システム』とは?

縦型のバルク貯槽

縦型のバルク貯槽

バルク供給システムについて

『バルク供給システム』とは、ガスボンベではなく、

『バルク貯槽』という大きなタンクにガスを詰めて供給するシステムです。

多くの家庭のプロパンガスは、ガスを詰めたボンベでガスを供給します。

一方、バルク供給システムでは、タンクにガスを詰めて、そこから供給するのです。

ガスが減ったら、『バルクローリー』というガス輸送トラックでガスを運び、直接プロパンガスを補充します。

 

ガスの使用量は、

  • ガスメーターでカウントした量をもとに計算する
  • バルクローリーの充填質量計で計り、充填した量で計算する

という2通りの計算方法があります。

 

そして、ガス料金は、

『バルク料金』

という料金コースを利用します。

バルクシステムだと、設備も充填の方法も違うため、料金体系も違うのです。

 

なお、家庭用のバルクシステムは

『新バルク供給システム』『新バルク』

とも呼ばれています。

これは、工場などで使っている大型の『バルクシステム』と区別するためです。

この記事では、家庭用のものも『バルク供給システム』と呼ぶことにします

 

『災害対応バルクシステム』について

バルク供給システムには、

『災害対応バルクシステム』

というものもあります。

読んで字のごとく、災害時にもガスを供給できるバルクシステムで、

  • バルク貯槽
  • ガスメーターやホース、圧力調整器などの供給設備
  • 発電機や煮炊き釜、コンロなどの消費設備

を組み合わせたシステムです。

 

災害対応バルクシステムは、地震などの災害で電気や都市ガスが使えなくなっても、

プロパンガスを燃料にして発電もでき、エネルギー供給を迅速にできます

つまり、災害時にも電気や熱源が確保でき、調理や入浴も可能です。

そのため、避難所になる学校や公民館などの公共施設、それから病院や福祉施設などでも設置されています。

 

プロパンガスの

『災害に強い』という面を最大に生かし、いっそう災害時に役立つ形

にしたのが、『災害対応バルクシステム』なのです。

 

『バルク供給システム』のメリットとデメリット

メリットとデメリット

メリットとデメリット

バルク供給システムのデメリットとは

では、いよいよバルク供給システムのメリットとデメリットを見ていきましょう。

まずは、デメリットからです。

 

デメリット1 バルク貯槽の設備費用がかかる

プロパンガスは、配管とガスボンベを設置すれば、導入できます。

一方、バルクシステムの場合は、

大きなボンベを安定した場所に設置する必要があるので、ガスボンベより手間も費用もかかります

さらに、地下型のバルク貯槽にするとなれば、工事も大掛かりになり、費用も多くなるのです。

 

設置費用は、普通のプロパンガス同様、

『設置の時は無償貸与という形になり、実際にはガス料金に乗せて支払う』

というやり方の場合が多いです。

ただ、ガスボンベより費用が掛かるので、

  • ガス代に上乗せされる設備費分が高くなる
  • ガス会社の契約期間が長くなる

という可能性が考えられます。

なので、どのくらいの設備費がかかるのかや、契約期間などについて、契約の時によく確認してくださいね。

 

デメリット2 バルク貯槽を置く場所が必要

バルク供給システムを利用するには、屋外にバルク貯槽を置くスペースが必要です。

バルク貯槽はガスボンベよりも大きいので、当然、必要なスペースも大きくなります。

 

バルク貯槽の大きさは容量によっていろいろ。

置き方も縦型、横型が選べます。

例として、富士工器株式会社製の100kgのバルクタンク(横型)は、どのくらいの大きさかというと…。

横幅 135.5㎝

奥行き 40㎝

高さ 78㎝

容量2 47リットル

ただし、これはバルク貯槽そのもののサイズです。

実際には、バルク貯槽を置くのに、バルク貯槽より少し広めに、コンクリートの土台が必要になる場合もあります

必要な設置スペースはバルク貯槽の大きさにもよるので、事前に確認が必要です。

 

デメリット3 バルク貯槽を撤去するのにも費用が掛かる

何かの理由で『バルク供給システムをやめる』となった時には、バルク貯槽を撤去することになります。

これも、ガスボンベのプロパンガスより工事が大きくなるので、その分費用もかかるのです。

 

ということは、

『一旦バルク供給システムにしたら、やめにくい』

とも言えます。

バルク供給システムにする時は、ガスの使用量や料金など、自分のガスの使い方に合うかどうか、よく検討する必要があります。

 

デメリット4 ガス会社を変更しにくくなる

バルクシステムにすると、

ガス会社の変更がしにくくなります

なぜかというと、バルクシステムのバルク貯槽は、ガス会社の所有になることが多いからです。

バルク貯槽がガス会社の所有ということは、

  • ガス会社を変えるには、バルク貯槽も変える必要がある
  • バルク貯槽を変えるには、これまでの貯槽を撤去しなければならない
  • 貯槽を取り換えるには、費用が掛かる

ということでもあります。

こうなると、ガス会社の変更もしにくいですね。

また、先に書いたように、

ガス会社との契約期間が長ければ、変更も難しくなります

なので、バルク供給システムにする時には、なるべくガス会社を変えずに済むように、ガス会社選びも慎重にする必要があります。

 

とはいえ、個人で良いガス会社を探すのは、なかなか大変です。

ガス会社を探す時には、『ガス会社変更サービス』で相談してみることをおすすめします。

便利なガス会社変更サービス
ガス料金を安くするプロパンガス会社変更サービスを徹底比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

 

デメリット5 どのガス会社でも契約できるわけではない

バルク供給システムは、

バルク貯槽にガスを補給するバルクローリーを持っているガス会社でないと、対応できません

とくに、小さなガス会社や小売店では、バルクローリーがないことも多いので、

「これまでのガス会社のまま、バルク供給システムにしたい」

と思っても、できないこともあります。

また、地域によっては、ガス会社の選択肢も少なくなることがあります。

 

バルク供給システムのメリットとは

バルク供給システムのデメリットついてお話ししましたが、ではメリットはどんなものがあるのでしょうか。

 

メリット1 より安定したガスの供給ができる

バルク供給システムでは、

一度に大量のプロパンガスを貯蔵しておくことができます

貯槽も100kg、300kg、500kg、1,000kgなどと、容量のバリエーションはいろいろ。

使用量に合わせて貯槽の大きさを選べるので、ガスをたっぷり溜めておくことができるのです。

 

メリット2 コストの削減が期待できる

バルク供給システムは、容量の大きい貯槽に、バルクローリーからガスを充てんする方法で、ガスを配送しています。

そのため

  • ガスボンベの交換や運搬、回収にかかる人件費が減らせる
  • ガスボンベにガスを充てんする作業が減る
  • ガスの配送の回数が少なくて済む
  • 流通手段が効率化できる

と、ガスの配送にかかるコストが減らせるのです。

 

さらに、今後バルク供給システムが普及していけば、バルク貯槽の費用も下がるでしょう。

そうなれば、さらにコストダウンが期待できそうですね。

 

メリット3 バルク貯槽のサイズや設置の仕方が選べる

バルク貯槽には、地上型と地下型の2種類があります。

さらに、容量もいろいろなものがあるので、

  • 使うガスの量
  • 設置場所のスペース

に合わせて、バルク貯槽を選ぶことができます。

ライフスタイルに合った供給の仕方を選べるのです。

 

メリット4 ガスの配送が楽になる

これは配送の人にとってのメリットです。

バルク供給システムだと、供給が楽にスムーズに行えます

バルク供給システムは

『バルクローリーからホースでバルク貯槽に直接ガスを補充する』

という配送の仕方をします。

そのため、バルク貯槽に行くまでに階段があったり、通り道が狭かったりしても大丈夫。

ボンベの交換が大変な場所でも、供給がとても楽なのです。

また、ガスボンベの容器を交換する時に比べ、騒音や振動も少なくて済みます。

 

メリット5 バルク貯槽が固定されているので、災害に強い

バルク貯槽は、地面にしっかり固定されています。

もしくは、地下に埋め込まれています。

なので、地震などの災害に強いのです。

 

プロパンガスは、ガスボンベ式でも災害に強いですが、バルク供給システムだと、さらに災害に強くなります。

心強いですね。

 

メリット6 ガス料金を安くしてもらいやすい可能性も

これはあくまでも『可能性』の範囲です。

バルク供給システムにすると、ガス料金を安くしてもらいやすい可能性があります

なぜかというと、バルク供給システムではガス会社を乗り換えにくくなるからです。

実質的には専属契約に近い形になり、長い期間、同じガス会社を利用することになります。

ガス屋
長く使ってもらう分、安くしておきましょう!

と言ってくれるガス会社もあるかもしれません。

 

メリット7 バルク貯槽の維持費が少なくて済む

バルク貯槽の検査は、

『製造後20年以内に次の検査を受ける』

と決められています。

(安全弁の検査は5年ごとです。)

20年間は検査しなくて良いので、維持費が安く済みます。

 

「20年も検査しなくて、大丈夫なの?」

と思うかもしれませんが、バルク貯槽は丈夫に、安全に作られているので、もちろん大丈夫です。

 

メリット8 美観を損なわない

バルク供給システムだと、ガスボンベを置く必要がありません。

バルク貯槽もすっきりした見た目なので、美観を損なわない、というメリットもあります

庭の景観を大切にしたい人には、向いていると言えるでしょう。

 

バルク供給システムの安全性や料金はどうなの?

安心して利用できるかな?

安心して利用できるかな?

どんなにメリットが多いガスの供給方法だったとしても、料金が高かったり、安全じゃなかったりしたら、利用できないですよね。

では次に、バルク供給システムの安全性や料金について、見てみましょう。

 

バルク供給システムの安全性は?

バルク供給システムは、安全性がしっかり確保されています。

まず、バルク貯槽では

  • 多重安全装置
  • 安全弁
  • ガス漏れ警報装置
  • 地震感知器
  • 集中監視システム

などがついていて、バルク貯槽の安全を守っています。

また、

  • ガスの充てんは専門知識のある有資格者が行う
  • バルクローリーにもいたずら防止装置などを付ける

といった安全対策もされています。

当然、バルク貯槽は厳しい審査に通った製品が販売されています。

 

さらに、バルク貯槽もバルクローリーも製造にあたっては

  • バルク貯槽の隣で火災があった場合
  • 充てん中のバルクローリーにトラックが衝突した場合

など、さまざまなシチュエーションのテストをしています。

 

このように、バルク貯槽もバルクローリーも、もちろんガス管なども、安全に使うための厳格な基準に従って製造されたものが使われています。

安心して使用することができますよ。

 

バルク供給システムの導入にかかる費用は?

バルク供給システムの導入にかかる費用は、『このくらい』という目安を出すのがとても難しいです。

なぜかというと、

  • バルク貯槽の大きさ
  • バルク貯槽を置く場所
  • 貯槽を置く場所に基礎(土台作り)工事が必要かどうか
  • 貯槽にガードを付けるかどうか

など、条件によって、費用がかなり変わってくるからです。

たとえば、すでにコンクリートの土台があるなら、基礎工事はしなくて済みます。

でも、でこぼこした地面に設置するなら、地面をならして基礎を作るところからやらなければなりません。

これだけでも、だいぶ費用が変わります。

さらに、バルク貯槽の大きさによっても、費用は違います。

 

となると、費用の面が不安になると思います。

でも、バルク供給システムも、ガスボンベと同じように『無償貸与』として

『設置費用はガス会社が持ち、ガス代に含めて少しずつ払う』

というやり方が多いようです。

この方法だと、導入する時に多額の費用がかからないで済みます

貸与の期間などは、ガス会社によって変わるので、バルク供給システムを検討するなら、まずはガス会社に問い合わせてくださいね。

 

バルク供給システムの料金はどう?

バルク供給システムの料金体系は、

『バルク料金』

という、ガスボンベでの供給とは違う料金設定です。

どのくらい違うかというと、たとえばサンリン株式会社の料金ではこのようになっています。

バルク料金 シリンダー料金※
基本料金 2,800円 1,800円
~10.0立方メートル 399.1円/立方メートル 541.8円/立方メートル
10.1~20.0立方メートル 494.4円/立方メートル
20.1~50.0立方メートル 341.7円/立方メートル 475.0円/立方メートル
50.1~70.0立方メートル 455.6円/立方メートル
70.1立方メートル~ 322.2円/立方メートル

引用サンリン株式会社 バルク料金表・シリンダー料金表より

※シリンダー料金とは、ガスボンベで供給する場合の料金です。

 

ガス会社によって違いはありますが、だいたいにおいてバルク料金は

  • 基本料金はボンベより高い
  • 従量料金は、ボンベより安い

という設定になっていることが多いようです。

 

では、このサンリン株式会社の料金表で、1ヵ月のガス代を比べてみましょう。

1ヵ月の使用量 バルク料金(税抜き) シリンダー料金(税抜き)
5立方メートル 4,796円 4,509円
10立方メートル 6,791円 7,217円
20立方メートル 10,782円 12,162円
30立方メートル 14,119円 16,912円
40立方メートル 17,615円 21,662円

引用サンリン株式会社 バルク料金表・シリンダー料金表より

このように

  • 使用量が少ないと、ガスボンベの方がおトク
  • ある一定量以上使うなら、バルクのほうがおトク

という形になっています。

ポイント

基本料と従量料金、ガス料金の計算方法は、ガス会社によって違います。

バルク供給システムを検討する時は、

  • 候補のガス会社の料金表と計算方法
  • 実際のガスの使用量

を使って計算してみてくださいね。

サンリン株式会社の場合は、バルク料金の30立方メートルなら

基本料金+最初の20立方メートル分+次の10立方メートル分

という計算のしかたです。

2,800円+20立方メートル×399.1円+10立方メートル×341.7円=14,119円

という結果になります。

 

バルク供給システムは、どんな人におすすめ?

バルク供給システムは、以下に当てはまる人にオススメです。

こんな人におすすめ

  • ある程度の量のガスを使う
  • 家族が多いなど、ガスの使用量が多いので安くしたい
  • エネファームなどを使っていて、ガスの使用量が多い
  • 災害に対してできる限りの備えをしたい
  • 家の見た目を少しでもきれいに見せたい

 

とくに、災害に関しては

『災害対応バルクシステム』

にすると、万が一の災害時に、熱源も電気も確保することができます。

エネルギー供給の面では、最強の備えになるでしょう。

 

また、ガスの使用量が多い家庭にもおすすめです

家族が多かったり、ガスを使う燃料電池を使っていたりすると、どうしても、ガスの量は多くなりますよね。

そういった家庭では、バルクシステムを検討する価値は、十分にあります。

使う量が多ければ多いほど、バルクシステムにするメリットは大きくなるからです

 

逆に、『ガスの使用量が極端に少ない』といった場合には、あまりお勧めはできません。

料金のところでもお話ししたように、あまり使用量が少ないと、ガスボンベでの料金よりバルク料金のほうが高くなるからです。

 

そして先にも書いたように、バルク供給システムは、導入するとやめにくい側面があります。

なので、バルク供給システムを検討する時は、

  • バルク供給システムのどんなメリットを重視するか
  • ガスの使い方
  • 総合して、自分にとってコスパが見合っているかどうか

など、よく考えてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

『バルク供給システム』は、

  • 設備費がかかる
  • 貯槽を置く場所が必要
  • ガス会社を変更しにくくなる

などといったデメリットがあるものの、

  • ガスを安定的に供給できる
  • 供給のコストが減らせる
  • 普通のプロパンガス以上に災害に強い
  • ガス料金を安くしてもらえる可能性もある

といったメリットがある供給方法です。

また、

『災害対応バルクシステム』

という、災害時に頼りになるバルクシステムもあります。

 

料金としても、

ガスの使用量が少なくなければ、ガスボンベでの供給よりおトク。

そしてメリットも多いとなれば、今後普及していく可能性も十分にありそうです。

もし、

『これから家を建てる』『プロパンガスにしたい』

というなら、『バルク供給システム』を検討してみるのも良いと思いますよ。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-プロパンガスのメリットとデメリット

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.