プロパンガスのメリットとデメリット

プロパンガスをバルク供給システムにするメリットとデメリット

『家庭に供給されるプロパンガス』と聞くと、『ガスボンベ』を思い浮かべる人が多いですよね。

 

実は、プロパンガスには、もう1つの供給方法があります。

それが『バルク供給システム』です。

 

耳慣れない言葉かもしれません。

でも、

『バルク供給システム』は、普通のプロパンガスよりおトクな場合もあるんです。

 

では、その『バルク供給システム』とは、いったいどんなものなのでしょうか。

そして、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

この記事では、

  • バルク供給システムのメリットやデメリット
  • バルク供給システムの安全性や料金

についてお伝えします。

 

ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスの『バルク供給システム』とは?

バルク供給システムについて

『バルク供給システム』とは、ガスボンベではなく、

『バルク貯槽』『バルクタンク』と呼ばれる、大きなタンクにガスを詰めて供給するシステムです。

 

これが『バルクタンク』です。

 

まず、この供給システムについて説明しましょう。

 

この記事での言葉の使い方

家庭用のバルクシステムは『新バルク供給システム』『新バルク』とも呼ばれています。

(この呼び方は、工場などで使っている大型の『バルクシステム』と区別するためです。)

でも、この記事では、家庭用のものも『バルク供給システム』と呼ぶことにします

また、バルク供給でガスを入れる容器には、『バルク貯槽』『バルクタンク』などいろいろな呼び方がありますが、

ここではまとめて『バルクタンク』と呼んでいきます。

バルク供給システムでの供給の仕方

多くの家庭のプロパンガスは、ガスを詰めたボンベでガスを供給しますよね。

一方、バルク供給システムでは、タンクにガスを詰めて、そこから供給するのです。

 

ガスが減ったら、『バルクローリー』というガス輸送トラックでガスを運び、ホースでタンクに直接プロパンガスを補充します。

バルク供給システムのガス料金

バルク供給システムでのガス料金は、

『バルク料金』

という料金コースを利用します。

 

バルク供給システムだと、ガスボンベとは設備も供給の方法も違いますよね。

ですから、料金体系も違うのです。

『災害対応バルクシステム』について

バルク供給システムには、『災害対応バルクシステム』もあります。

 

これは読んで字のごとく、災害時にもガスを供給できるバルクシステムで、

  • バルクタンク
  • ガスメーターやホース、圧力調整器などの供給設備
  • 発電機や煮炊き釜、コンロなどの消費設備

を組み合わせたシステムです。

 

災害対応バルクシステムは、地震などの災害があったときに、

  • 電気が使えなくても、プロパンガスを燃料として発電できる
  • 迅速にエネルギー供給をできる

という機能があり、災害時にも電気や熱源が確保でき、調理や入浴も可能なのです。

 

そのため、

  • 避難所になる学校や公民館などの公共施設
  • 病院
  • 福祉施設

といった場所でも設置されています。

個人の家庭でも、この『災害対応バルク』を使っている人もいるんですよ。

 

プロパンガスは、もともと災害に強いエネルギー源です。

でも、さらに災害時に強いシステムにしたのが、『災害対応バルクシステム』なのです。

 

『バルク供給システム』のメリットとデメリット

では、バルク供給システムのメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

バルク供給システムのメリットとは

バルク供給システムのメリットとしては

  • ガスを安定的に供給できる
  • コスト削減が期待できる
  • ガスの供給が楽になる
  • 災害に強い
  • バルクタンクのサイズや設置のタイプが選べる
  • 美観を損ないにくい

といったことが挙げられます。

メリット1より安定したガスの供給ができる

バルク供給システムでは、

一度に大量のプロパンガスを貯蔵しておくことができます

 

タンクも100kg、300kg、500kg、1,000kgなどと、容量のバリエーションはいろいろ。

使用量に合わせてタンクの大きさを選べるので、ガスをたっぷり溜めておくことができるのです。

メリット2コストの削減が期待できる

バルク供給システムは、バルクローリーから直接ガスを充てんする方法で、ガスを配送しています。

 

そのため

  • ガスボンベの交換や運搬、回収にかかる人件費が減らせる
  • ガスボンベにガスを充てんする作業の回数が減り、ガスの配送の回数も少なくて済む
  • ひいては、流通手段が効率化できる

ということで、ガスの配送にかかるコストが減らせるのです。

メリット3ガスの供給が楽

これは配送する人にとってのメリットです。

バルク供給システムだと、供給が楽にスムーズに行えるんです。

 

ガスボンベの場合は、

  • ガスボンベの設置場所までボンベを運ぶ
  • ガスボンベを交換する
  • 外したガスボンベをトラックまで運ぶ

という作業が必要です。

途中に階段があったり通路が狭かったりすると、大変ですよね。

 

でもバルク供給システムなら、

バルクローリーからタンクまでホースを引っ張っていって、直接ガスを補充すればOKです。

ですから、階段があったり通路が狭かったりしても、供給しやすいのです。

 

ちなみに、利用する側にとってのメリットは、

『ガスボンベの容器を交換する時に比べ、騒音や振動が少ない』

ということです。

メリット4バルクタンクが固定されているので、災害に強い

バルクタンクは、地面にしっかり固定されています。

もしくは、地下に埋め込まれています。

なので、地震などの災害に強いです。

 

プロパンガスは、ガスボンベ式でも災害に強いですが、バルク供給システムだと、さらに災害に強くなります。

心強いですね。

メリット5バルクタンクのサイズや設置の仕方が選べる

バルクタンクは、サイズのバリエーションが豊富です。

 

さらに、設置の仕方も、

  • 地上に設置する
  • 地下に埋設する

と、2通りあります。

(地下に埋設できるかどうかは、設置場所の状況にもよります。)

 

地下に埋設してしまえば、敷地がすっきりしますし、そのスペースを使うこともできますね。

 

ガスボンベだと、必ず敷地内の地上に設置しなければなりませんが、

バルクタンクは、設置方法も自由度が高いのです。

メリット6美観を損なわない

バルク供給システムだと、ガスボンベを置く必要がありません。

バルクタンクが、すっきりした見た目であることから、『美観を損なわない』というメリットもあります

地下に埋設できれば、さらにすっきりしますね。

 

この点は、庭の景観を大切にしたい人には大きなメリットです。

メリット7ガス料金を安くしてもらいやすい可能性も

これはあくまでも『可能性』の範囲ですが、

バルク供給システムにすると、ガス料金を安くしてもらいやすい可能性があります

 

その理由の1つは、先にも触れたように供給のコストが安く済むからです。

 

もう1つの理由は、

『バルク供給システムではガス会社を乗り換えにくくなる』ということがあります。

 

実質的には専属契約に近い形になり、長い期間、同じガス会社を利用することになります。

ガス屋
長く使ってもらう分、安くしておきましょう!

と言ってくれるガス会社もあるかもしれません。

バルク供給システムのデメリットとは

では次に、バルク供給システムのデメリットを見ていきましょう。

デメリット1バルクタンクの設備費用がかかる

プロパンガスは、配管とガスボンベを設置すれば、導入できますね。

設置コストが安く済みます。

 

一方、バルクシステムの場合は、

大きなボンベを安定した場所に設置する必要があり、工事を伴うため、手間も費用もかかります

さらに、地下型のバルクタンクにするとなれば、工事も大掛かりになり、費用も増えてしまいます。

 

設置費用は、普通のプロパンガス同様、

『設置の時は無償貸与という形になり、実際にはガス料金に乗せて支払う』

というやり方もあります。

 

ただ、ガスボンベより費用が掛かるので、

  • ガス代に上乗せされる設備費分が高くなる
  • ガス会社の契約期間が長くなる

ということも。

デメリット2検査にも費用が掛かる

バルクタンクは、設置してから20年がたつと、その後は定期的な検査が必要です。

 

この検査に、けっこうな費用が掛かるのです。

 

というのも、バルクタンクの検査では、検査そのものの費用も必要ですが、

  • バルク貯槽を取り外す・取り付ける
  • バルク貯槽に付いている機器を取り外す・取り付ける
  • 検査場まで運搬する・検査が終わってから元のところまで運搬する

といった作業も必要で、そのための費用もかかるのです。

 

具体的な額は、設置場所の状況や必要な工程にもよるので一概には言えませんが、

『1,000㎏のタンクで、400~500万円という見積もりが出た』という話もあります。

 

家庭用ならタンクが小さいですから、そこまでの額にはならないでしょう。

デメリット3バルクタンクを置く場所が必要

バルク供給システムを利用するには、屋外にバルクタンクを置くスペースが必要です。

バルクタンクはガスボンベよりも大きいので、当然、必要なスペースも大きくなります。

 

バルクタンクの大きさは容量によっていろいろ。

置き方も縦型、横型が選べます。

例として、富士工器株式会社製の100kgのバルクタンク(横型)は、どのくらいの大きさかというと…。

横幅135.5㎝ × 奥行き40㎝ × 高さ78㎝

 

そして、これはバルクタンクそのもののサイズです。

置き場所の状況によっては、バルクタンクより少し広めに、コンクリートの土台などが必要になる場合もあります

デメリット4バルクタンクを撤去するのにも費用が掛かる

何かの理由で『バルク供給システムをやめる』となった時には、バルクタンクを撤去することになります。

撤去の時もガスボンベのプロパンガスより大きな工事になります。

当然、その分費用もかかるのです。

 

ということは、

『一旦バルク供給システムにしたら、やめにくい』

とも言えます。

デメリット5ガス会社を変更しにくくなる

バルクシステムにすると、

ガス会社の変更がしにくくなります

 

なぜかというと、バルクシステムのバルクタンクは、ガス会社の所有になることが多いからです。

 

バルクタンクがガス会社の所有ということは、

  • ガス会社を変えるには、バルクタンクも変える必要がある
  • バルクタンクを変えるには、これまでのタンクを撤去しなければならない
  • 撤去したタンクは運搬や処分が必要

ということでもあります。

 

こうなると、ガス会社の変更もしにくいですね。

 

また、

バルクタンクを無償貸与で利用した場合、ガス会社との契約期間が長くなり、ガス会社の変更も難しくなります

なので、バルク供給システムにする時には、ガス会社選びも慎重にする必要があります。

デメリット6どのガス会社でも契約できるわけではない

バルク供給システムは、

ガスを補給するためのバルクローリーを持っているガス会社でないと、対応できません

どのガス会社でもバルク供給を頼めるわけではないのです。

 

とくに、小さなガス会社や小売店では、バルクローリーがないことも多いので、

これまでのガス会社のまま、バルク供給システムにしたい!

と思っても、できないこともあります。

 

また、地域によっては、ガス会社の選択肢も少なくなることがあります。

バルク供給システムを検討するときにチェックすること

このように、バルク供給システムには、メリットもデメリットもあります。

 

ですから、導入を検討するときには

まず、バルク供給に対応しているガス会社を見つけましょう。

 

そのうえで、

  • バルク供給にしてコスパが見合うだけのガスの消費量があるかどうか
  • バルクタンクの設置やそのための工事にかかる費用
  • バルクタンクを設置するのに必要なスペースや設置場所
  • 設備費を無償貸与にする場合、ガス代にどのくらいの設備費が上乗せされるか
  • 設備費を無償貸与にする場合の契約期間
  • 検査にかかる費用

といったことを、ガス会社とよく相談して検討してくださいね。

 

なお、ガス会社を乗り換える時には、『ガス会社変更サービス』で相談してみることをおすすめします。

良心的なガス会社を紹介してくれるので、安心ですよ!

\ 公式サイト /

ガス屋の窓口

お金は一切かかりません!

ガス屋の窓口

関連記事:【2020最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

バルク供給システムの安全性や料金はどうなの?

どんなにメリットが多いガスの供給方法だとしても、料金が高かったり、安全でなければ、利用できないですよね。

では次に、バルク供給システムの安全性や料金について、見てみましょう。

 

バルク供給システムの安全性は?

バルク供給システムは、安全性がしっかり確保されています。

まず、バルクタンクでは

  • 多重安全装置
  • 安全弁
  • ガス漏れ警報装置
  • 地震感知器
  • 集中監視システム

などがついていて、バルクタンクの安全を守っています。

 

また、

  • ガスの充てんは専門知識のある有資格者が行う
  • バルクローリーにいたずら防止装置などを付ける

といった安全対策もされています。

 

さらに、バルクタンクやバルクローリーを製造するときには、

  • バルクタンクの隣で火災があった場合
  • 充てん中のバルクローリーにトラックが衝突した場合

など、さまざまなシチュエーションでのテストをしています。

 

このように、バルクタンクもバルクローリーも、厳格な安全基準に従って製造されたものが使われています。

ですから、安心して使えますよ。

バルク供給システムの導入にかかる費用は?

バルク供給システムの導入にかかる費用は、

  • バルクタンクの大きさ
  • バルクタンクを置く場所
  • タンクを置く場所に基礎(土台作り)工事が必要かどうか
  • タンクにガードを付けるかどうか

など、条件によって費用がかなり変わってくるので、一概にいくらくらいとは言えません。

 

たとえば、すでにコンクリートの土台があるなら、基礎工事はしなくて済みます。

でも、でこぼこした地面に設置するなら、地面をならして基礎を作るところからやらなければなりませんよね。

これだけでも、だいぶ費用が変わります。

 

となると、費用の面が不安になると思います。

 

でも、バルク供給システムも、ガスボンベと同じように『無償貸与』として

『設置費用はガス会社が持ち、ガス代に含めて少しずつ払う』

というやり方があります。

この方法だと、導入する時に多額の費用がかからないで済みます

バルク供給システムの料金はどう?

バルク供給システムの料金体系は、

『バルク料金』

という、ガスボンベでの供給とは違う料金設定です。

 

どのくらい違うか、例としてサンリン株式会社の料金を見てみましょう。

バルク料金

(1立方メートル当たり)

シリンダー料金※

(1立方メートル当たり)

基本料金2,500円1,500円
~10.0立方メートル385.5円527.3円
10.1~20.0立方メートル481.0円
20.1~50.0立方メートル327.3円461.0円
50.1~70.0立方メートル441.9円
70.1立方メートル~308.2円

引用サンリン株式会社 バルク料金表・シリンダー料金表より

※シリンダー料金とは、ガスボンベで供給する場合の料金です。

※この料金は、2020年5月検針分から適用されている料金です。

 

ガス会社によって違いはありますが、だいたいにおいてバルク料金は

  • 基本料金はボンベより高い
  • 従量料金は、ボンベより安い

という設定になっていることが多いです。

 

では、このサンリン株式会社の料金表で、1ヵ月のガス代を比べてみましょう。

1ヵ月の使用量バルク料金(税抜き)シリンダー料金(税抜き)
5立方メートル4,427.5円4,137円
10立方メートル6,355円6,773円
20立方メートル10,210円11,582円
30立方メートル13,482円16,191円
40立方メートル16,755円20,800円

引用サンリン株式会社 バルク料金表・シリンダー料金表より

このように

  • 使用量が少ないと、ガスボンベの方がおトク
  • ある一定量以上使うなら、バルクのほうがおトク

という料金設定になっています。

 

ポイント

基本料と従量料金、ガス料金の計算方法は、ガス会社によって違います。

バルク供給システムを検討する時は、

  • 候補のガス会社の料金表と計算方法
  • 実際のガスの使用量

を使って計算してみてくださいね。

バルク供給システムは、どんな人におすすめ?

先ほどの料金表から、

『あまりガスを使わないなら、普通のボンベ供給で十分』

ということがわかりましたね。

 

では、バルク供給はどんな人に向いているかというと、

こんな人におすすめ

  • 家族が多い、エネファームを使っているなど、ガスの使用量が多い
  • 災害に対してできる限りの備えをしたい

 

家族が多かったり、ガスを使う燃料電池を使っていると、どうしてもガスの使用量は多くなりますよね。

そういった家庭では、バルクシステムを検討する価値は、十分にあります。

使う量が多ければ多いほど、バルクシステムにするメリットは大きくなるからです

 

逆に、ガスの使用量がそう多くない場合には、あまりお勧めはできません。

料金のところでもお話ししたように、使用量が少ないと、ガスボンベでの料金よりバルク料金のほうが高くなるからです。

 

また、災害に関しては

『災害対応バルクシステム』で、災害時のエネルギー確保にはかなり心強い備えになります!

 

ただ、

『節約しているからガスの使用量は少ないけど、災害に備えてバルクにする』というのは、あまりおすすめできません。

導入にかかるコストと、普段のガスにかかるコストが高くなってしまうからです。

 

ガスの使用量が少ないなら、災害に対しては

  • カセットコンロやガス
  • 懐中電灯やスマホの手回し充電器

といった一般的な備えをしておくほうが、コスパが良いですよ。

 

そして、先にも書いたように、バルク供給システムは導入するとやめにくい側面があります。

なので、バルク供給システムを検討する時は、ガス会社とよく相談するとともに、

  • バルク供給システムのどんなメリットを重視するか
  • 自分のライフスタイルでのガスの使い方や使用量
  • 総合して、自分にとってコスパが見合っているかどうか

といったことをよく考えて検討してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

『バルク供給システム』は、

  • 設備費がかかる
  • タンクを置く場所が必要
  • ガス会社を変更しにくくなる

などといったデメリットがあるものの、

  • ガスを安定的に供給できる
  • 供給のコストが減らせる
  • 普通のプロパンガス以上に災害に強い

といったメリットがある供給方法です。

 

とくに災害の多い日本では、『災害対応バルクシステム』は魅力的ですね。

 

料金としても、

ガスの使用量が多ければ、ガスボンベでの供給よりおトクです。

 

そしてメリットも多いとなれば、今後普及していく可能性も十分にあります。

もし、家族が多かったり、ガスの使用量が多い場合は、『バルク供給システム』を視野に入れて検討してみてください。

\ 公式サイト /

ガス屋の窓口

お金は一切かかりません!

ガス屋の窓口

-プロパンガスのメリットとデメリット

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2020 All Rights Reserved