プロパンガスのメリットとデメリット

大家さんが賃貸物件のガスをプロパンガスにするメリットとデメリット

更新日:

賃貸のプロパンガスって

『賃貸を経営する大家さんにとってはおトク、でも入居者にとってはガス代が…』

というイメージが強いですよね

でも、プロパンガスは、『災害に強い』という良さがあります。

他にも、大家さんにとって、また入居者にとって、いろいろなメリットやデメリットがあります

そこで今回は、

賃貸物件のガスをプロパンガスにするメリットやデメリットを紹介します

その他にも、

  • デメリットの改善方法
  • ガス会社の変更について
  • 入居者からガス料金の相談を受けた場合について

などについて、書きました。

大家さんのあなた、そしてこれから大家さんになりたいあなた、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

賃貸物件のガスをプロパンガスにするメリットとデメリット

プロパンガスのアパート

プロパンガスのアパート

では、賃貸物件でプロパンガスを使用する場合の、メリットとデメリットを紹介します。

まず、デメリットから見ていきましょう。

 

賃貸物件にプロパンガスを入れるデメリット

デメリット1 プロパンガスは料金が高く、敬遠されがち

プロパンガスは、都市ガスよりガス料金が高いことが多いです。

また最近では、

『プロパンガスは都市ガスより高い』

と認識している人が増えています。

そのため、

都市ガスが使える地域では、プロパンガスというだけで敬遠されてしまうこともあります

とくに、学生や単身者など、

『できるだけコストを抑えて生活したい』

という人には、プロパンガスはマイナスに取られやすいです。

 

デメリット2 賃貸のプロパンガスは高くなりやすい

なぜ賃貸のプロパンガスが高くなりやすいかというと、

  • ガスの配管などの設備費
  • ガス会社がつけた貸与のエアコンやインターフォンなどの設備費

といったものが、入居者が払うガス代に上乗せされるからです。

 

賃貸住宅を建てる時には、ガス会社がいろいろなサービスをしてくれることがありますね。

たとえば、追い炊き機能などガスに関わる設備。

また、

ガス周り以外の、エアコンやインターフォンなどといった設備を『無償』で付けてくれる

ということもあるでしょう。

たしかに大家さんからは設備の料金を取らないのですが、

こうした設備の費用は、入居者がガス代に含めて払うことになってしまいます

その分、ガス料金が高くなる

という仕組みなのです。

 

その他に、良心的でないガス会社だと

  • 賃貸だとガス会社を変えられにくいので、ガス会社にとっては値上げしやすい
  • 大家さんの知らないうちに値上げしやすい

ということに乗じて、

さらにガス代を高くしてしまうこともあります

このようなことが重なって、入居者が高いガス代を払う羽目になってしまうのです。

 

デメリット3 ガス料金について、入居者から意見が来ることも

ガス代があまりに高いと、入居者から苦情が来たり、

『ガス会社を変えてほしい』

などとお願いされたりすることもあります。

こういう時は、ちょっと大変ですが、ガス会社の乗り換えなど、大家さんとして何らかの手を打つ必要があります。

 

デメリット4 ガス会社との契約期間内は、ガス会社を変えにくいことも

ガス会社から設備を貸付貸与という形で提供されている場合、

だいたい10~15年くらいの期間で、ガス会社との契約を結ぶことが多いです。

この契約は、簡単に言うと、

『一定の期間ガス会社を利用してもらうことで、入居者が払うガス代から設備費などを回収する』

ということなのです。

『契約期間を満たさずに解約する場合は、設備費などを支払う』

という契約になっている場合も、少なくありません。

つまり、契約期間内はガス代が高いからといって、簡単にガス会社を乗り換えることがしにくい状況になっているのです。

と言っても、

『絶対に乗り換えられない』というわけではありません

残りの契約期間や設備費の額などによっては、新しいガス会社が貸付貸与の契約を引き継いでくれることもあります。

 

デメリット4 家賃収入が減ったり、入居者が転居したりする可能性も…

『入居者が払うガス料金がとても高い』

となると、

『ガス料金が高い分家賃を値下げする』

というような方法で、対応する大家さんもいますが、これだと、

家賃収入が減ってしまいますよね

 

かといって、高すぎるガス料金を放置しておくと、

入居者が、ガス料金のもっと安いところを探して、転居してしまうこともあります

これも、空室ができてしまう上に家賃収入も減ってしまい、大家さんにとっては痛手です。

 

賃貸物件にプロパンガスを入れるメリット

つぎに、賃貸物件でプロパンガスを使用する時のメリットです。

 

メリット1 設備費のコストを抑えられる

プロパンガスを導入する時、多くの場合は

ガス会社が設備費を肩代わりする形で導入できます

つまり、大家さんは設備費を払わずに済むのです。

ただし、先に書いたように、この設備費は、入居者がガス料金に上乗せする形で払うので、

『完全な無料』ではありません

でも、大家さんにとっては、設備費の分、コストが抑えられるのです。

 

メリット2 いろいろな設備を付けてもらえる

ガス会社が無償で設置してくれるのは、ガスの設備だけではありません。

ガス会社にもよりますが

  • インターフォン
  • エアコン
  • ウォッシュレット
  • キッチンや洗面所のリフォーム

などなど。

いろいろな設備を付けてくれたり、整えてくれたりします。

このような設備があったり、キッチンや洗面所がきれいだと、入居者も増えそうですよね。

 

ただしこれも、『貸付貸与』という形なので、完全な「無料』ではありません。

設備費同様、入居者のガス代に含められて費用を回収されます

なので、いくらガス会社が

『無料でサービスしますよ!』

と言っても

その設備を付けてもらうことが、ガス料金にどう影響するのか確認し、よく考えて付けてもらう必要があります

 

メリット3 災害に強く、復旧が早い

プロパンガスの一番の強みは、

災害時も復旧が早いこと。

 

プロパンガスは、都市ガスのように長い導管もなく、1つの設備が1つの建物で完結しています。

なので、

『その建物のガス設備に異常がない』ことさえ確認できれば、供給を再開できるのです。

また、オール電化と違って、停電の時でも使えます

プロパンガスのこの特長は、災害などの万一の時、入居者にとっては大助かりですね。

 

メリット4 都市ガスからプロパンにすると、メンテナンス費用が抑えられる

都市ガスのメンテナンス費用は、大家さんが持つことになっています。

しかし、

プロパンガスはガス会社がメンテナンス費用を持ってくれます

そのため、メンテナンス費用を浮かせることができます。

ガスはメンテナンスが必要なもの。

その費用が浮くのは、大家さんにとってはありがたいことですね。

もちろん、都市ガスからプロパンガスにする場合は工事費などもかかるので、その費用に見合うかどうかも考えて、検討する必要があります。

 

メリット5 『適正料金』のガスなら入居率アップも期待できる

プロパンガスは往々にして都市ガスより高いことが多いです。

でも、

適正料金のガス会社と契約すれば、入居者にとっても負担の少ないガス料金にできます

また、

『プロパンガスでありながら、料金が安い』

ということは、入居者募集の時のアピールポイントにもできるでしょう

都市ガスが使えない地域では特に、良いアピールポイントになります。

 

賃貸のプロパンガスのデメリットを改善する方法

先ほど、賃貸物件をプロパンガスにする場合のデメリットを紹介しましたが、それを読むと

「やっぱりプロパンガスは避けたいな…」

と思うかもしれませんね。

でも、

デメリットを軽減する方法は、ちゃんとあります

これから賃貸住宅を経営しようと思っている人や、ガス会社の変更を検討しようと思っている人は、この対策を意識してガス会社を選んでくださいね。

 

対策1 適正価格のガス会社と契約する

入居者が払うガス料金を安くするには、

『適正価格で安定した供給をしてくれる、良心的なガス会社と契約する』

これが、一番効果的です。

 

プロパンガスの料金は、それぞれのガス会社が自由に決めています。

そのため、とても安い料金の会社から、べらぼうに高いところまで、いろいろです。

その中から『適正価格』のガス会社を見つけて、契約しましょう

 

といっても、ガス会社は『安ければいい』というものではありません

料金がとても安い会社の中には、

  • 契約の時は安いが、数か月たつと徐々に値上げして、高くなってしまう
  • 安値を維持しているが、経営が不安定になる
  • 万が一の時の対応やメンテナンスなどがいいかげん

というケースもあります。

なので、『やたらと安いガス会社』は警戒しておいた方が良いでしょう。

 

また、『適正価格』というのは、国などが決めているものではありません。

ガス会社のサイトに『適正価格で提供します!』と書いていても、

『地域相場より少し安いくらい』という場合もあります

『適正価格』と書いてあったとしても、うのみにせずに、いくつかのガス会社をチェックしたほうが良いでしょう。

 

では、どうすれば『適正価格』のガス会社を見つけられるかというと、

『ガス会社変更サービス』を利用するのが、近道です。

ガス会社変更サービスについては、こちらの記事でも書いているので、読んでみてくださいね。

便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

 

対策2 契約時に必ず確認するべきこと

ガス会社と契約する時には、

契約内容をしっかり確認しましょう

とくに

  • 基本料金と従量単価
  • どういう時に値上げがあるか
  • 給湯器などの設備費がいくらぐらいになるか
  • 入居者が払う設備費は、ガス代のうちいくらになるのか
  • 契約期間は何年か
  • 契約期間を満たさずに解約する場合、残債金や違約金を払うことになるかどうか
  • 残債金を払う場合、どのように計算するか

といったことは、きちんと確認しておいてください。

 

特に設備費は

『設備費がガス代に上乗せされる場合は、入居者にも知らせる』

ということが決められているので、把握しておいてくださいね。

 

対策3 『サービスの設備は入居者のガス料金に上乗せ』を忘れない

先にも書いたように、アパートやマンションを建てるとなると、ガス会社がサービスで、いろいろな設備を付けてくれることがあります。

入居者にとっても、エアコンやインターフォンなどが付いていると、うれしいですよね。

また、大家さんにとっては『無料で設備を付けてくれる』ことになるので、おトク感があります。

 

しかし、ガス会社が設備を付けた分だけ、入居者のガス料金に跳ね返ってくるのです。

そのことを忘れずに、

『ガス会社につけてもらう設備と、その結果入居者のガス料金がどうなるか』

のバランスをしっかり考えましょう。

ガス会社は、契約してほしいので、あれもこれもとサービスしようとするかもしれませんが、欲張りすぎは、禁物です。

 

対策4 賃貸のガス料金を時々チェックする

『ガス会社と契約する時に、基本料金と従量単価をチェックする』

ということはすでに書きましたが、

契約した後も、時々ガス料金をチェックしましょう

ガス料金をチェックしていると、不審な値上がりがあったときに、気付きやすくなります

 

ガス料金は、

『いつか値上がりして当たり前』

です。

なぜかというと、

原油価格や為替レートの変化に影響を受けるからです。

原油価格や為替レートの影響による値上げは、やむを得ない正当な値上げです。

 

しかし、ガス会社の中には

  • 原油価格や為替レートで値上がりする分以上に値上げする
  • 原油価格や為替レートと関係なく、ガス会社の都合で値上げする
  • 正当な理由で値上げをしたが、原油価格などが戻っても、ガス料金を戻さない

という会社もあります。

こうした不当な値上げに気づいたら、ガス会社に問い合わせてください

また、

『ガス会社変更サービス』を通してガス会社と契約し、『料金保障』がある場合は、ガス会社変更サービスに連絡してください

『料金保証』の内容にもよりますが、

ガス会社変更サービスからガス会社に連絡してくれたり、料金を下げさせてくれたりすることもあります

 

なお、大家さんの中には、自分の賃貸アパートに住んでいる人もいるでしょうが、

『自分の経営している賃貸に住んでいるから、ガスの料金は知ってる』

と、油断しないでくださいね。

というのも、

『大家さんの住む部屋のガス代だけ安くしている』

なんて場合もあるからです。

必ず『入居者が払っているガス料金』を確認してください。

 

入居者から『ガス代が高い』と相談されたら

「ガス代のことで相談が…。」

「ガス代のことで相談が…。」

ガス料金が高い状態が続くと、入居者から

「ガス代が高いので、なんとかしてください。」

と、相談されることもあります。

そんな時にどうしたら良いかを、お話ししましょう。

 

料金を確認して、対策を考える

まずは、

入居者が実際にどれくらいの料金を払っているのか

を確認しましょう。

何を確認するかというと、

  • 基本料金
  • 従量料金
  • なるべく直近の使用量や請求予定金額(請求金額)
  • 入居者のガス料金(基本料金と従量料金)が賃貸の料金として高いかどうか

です。

これも、入居している人が実際に払う金額を知る必要があります

できれば、ガス会社からの通知を見せてもらうと良いでしょう。

というのも、使用量が多くて、ガス代が高くなっている可能性もあるからです。

 

そして、

『ガス料金が高いかどうか』を知る方法ですが、これは

『ガス会社変更サービスのサイト』で診断することができます

『集合住宅向け』の自動料金診断で、診断してみてください。

できれば、何か所かのガス会社変更サービスのサイトで診断してみることをおすすめします。

 

料金診断で『高い』と出た場合は

  • ガス会社に料金引き下げの交渉をする
  • ガス会社の変更を検討する

という方法があります。

 

もし診断をして、『適正価格に近い』結果だった場合は、

  • 入居者がガスを使いすぎたりして、ガス料金が上がっている
  • 前は都市ガスを使用していたため、高いと感じている

という可能性もあります。

ただしこの場合も

入居者に、

『ガス料金に何が含まれてこの値段になっているか』

などを、丁寧に説明すると良いでしょう。

 

ガス会社に交渉か、ガス会社変更か?

ガス料金診断で『高い』と出た時の対策として

  • ガス会社に値下げ交渉をする
  • ガス会社を変更する

このどちらがより効果的かというと、『ガス会社を変更する』方法です

なぜかというと、同じガス会社で料金を値下げするのは、限界があるからです。

また、ガス会社によっては

『一旦値下げをして、またじわじわ上げる』

という可能性もあります。

 

でも、もし今契約しているガス会社がガス料金を高く設定しているなら、

適正料金のガス会社に変更することで、料金をしっかり引き下げられます

 

『適正料金(適正価格)』というのは、ガス会社やガス会社変更サービスが設定している料金で、

『プロパンガスも、都市ガス同等か、できるだけ都市ガスに近い価格で提供されるべき』

という考えに基づいて、設定されるものです。

実際には、都市ガスと全く同等とはいかないことが多いですが、

プロパンガスとしてはかなり安い料金です。

そういった『適正料金』でガスを提供しているガス会社と契約すれば、賃貸でもガス料金は押さえられます。

 

ただし、ガス会社を変えられるかどうかは、契約期間や設備費などの条件と、新しいガス会社にもよります

設備費などの残債金が発生しても、それを含めて引き受けてくれるガス会社もあります。

逆に、残債金が多くて引き継げない、今のガス会社と新しいガス会社で関りがあるなど、ガス会社を変更しにくい場合もあります。

 

その辺りは、

  • 今のガス会社との契約の状況
  • 新しいガス会社が契約を引き受ける条件

などにもよるので、

まずはガス会社変更サービスに相談してみてくださいね

便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

 

ガス会社を変更するメリット

「ガス会社を変更するのって、大変そう…。」

と思うかもしれませんね。

でも、変更すると、

  • 入居者が喜ぶ
  • 長く住んでもらえる可能性も増える
  • ガス料金が安いことがアピールポイントになり、入居者が増え、空き室が減る
  • 『ガス代が高い分、家賃を安くする』という対策をしないで済む
  • ガス会社によっては、リフォームや、エアコン、給湯器の交換など、設備も変えてくれる
  • 給湯器などが故障した時、無償や格安で修理してくれるガス会社もある

と、大家さんにも入居者にも、メリットがあるのです。

 

とくに、プロパンガスしか使えない地域では、

『ガス料金が安い』ことは、プロパンガスの賃貸の中では有利に働きます

実際に、ガス代が安いことをアピールして空き室が減ったケースもあります。

ガス会社の変更を検討する価値は、十分にありますよ。

 

ガス会社探しは『ガス会社変更サービス』がおすすめ

ガス会社を変更するなら、

『ガス会社変更サービス』の利用がおすすめです

ガス会社変更サービスでは

  • 適正価格の優良なガス会社の紹介
  • 料金プランなどの提案
  • 『料金保障』として、不正な値上げがあったらガス会社に対応する

など、便利なサービスを提供しています。

 

ガス会社を変える時に一番大変なのが、

『ガス会社選び』

ですよね。

でも、ガス会社変更サービスでは、

おすすめのガス会社の見積もりを出してくれたり、良いガス会社を紹介してくれたりします

自分で何件ものガス会社に連絡を取って調べる手間と時間も必要ありません

また、

『ガス会社に問い合わせたら、そのあとセールスが来てうるさい』

なんてことも避けられます。

 

もう1つ。

ガス会社変更サービスを利用する大きなメリットは

『料金保障』

です。

ガス会社変更サービスによって、料金保証の内容に違いがありますが、

  • 不当な値上げがないように、料金をチェックする
  • 不当な値上げがあった場合はガス会社に値下げするよう、交渉する

という形の保証が多いです。

不正な値上げを防いでくれると、入居者にとっても安心ですね。

 

なお、ガス会社変更サービスにもいろいろありますが、少なくとも

『適正料金でガスを提供し、保安などのサービスもしっかりしていて不正な値上げをしない』

というガス会社を紹介してくれるサービスを選んでください。

便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

 

入居者からの相談を放置しておくとどうなる?

実際にガス料金が高くて入居者が困って相談してきたのを放置してしまうと、

  • ガス会社が、『値上げしても何も言われないから』とさらに値上げしてしまう
  • 入居者が引っ越してしまう
  • 新しい入居者が入りにくくなり、空室が増えてしまう

というように、

入居者にとっても大家さんにとっても、デメリットになってしまいます。

 

大家さんだって忙しいこともありますし、入居者からの相談に対応するのは、大変かもしれませんね。

でも、ひとまず相談を受け止めて、できることはしましょう

『できること』の一歩目は、『ガス会社変更サービス』に相談することです

相談すれば、アドバイスをしてくれるので、まずは一人で悩まずに相談してください。

 

そして、もし結果的にガス会社との交渉も上手くいかず、ガス会社変更もできなかったとしても、相談した入居者にとっては、

『対応しようとしたけど、こういうわけでうまくいかなかった』

というのと、

『プロパンガスが高いのは仕方ないから我慢してくださいと言われる』

のでは、気持ちが違ってきますよね。

しっかり対応することは、大家さんへの信頼にも、つながるでしょう。

 

大家さん自身も、ガスのことはわからないという人も多いと思います。

でも、ガス会社変更サービスには、ガスのプロがいます。

安心して相談してみてください

スポンサーリンク

まとめ

賃貸のプロパンガスは、『料金が高い』ことが多く、都市ガスが使える地域では、敬遠されることもあります。

また、都市ガスが使えない地域でも、プロパンガスの料金に悩む入居者も多いのが現状。

 

しかし、本来プロパンガスは、災害にも強く、メリットの多いガスです

上手にガス会社を選べば、料金面のデメリットも改善でき、大家さんにとっても入居者にとっても、うれしい物件になります

 

より良い賃貸物件にしていくためにも、

  • 新しく賃貸物件を建てるなら、適正料金のガス会社と契約する
  • すでにプロパンガスを使っていて料金が高いなら、ガス会社を変更する

ということをぜひ検討してください。

適正料金の優良なガス会社を探すのも、『ガス会社変更サービス』を利用すれば、簡単です。

ガス会社が変更できるかどうかは、ガス会社との契約期間や残債金にもよりますが、

まずは、ガス会社変更サービスに相談してみてくださいね

関連記事
便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-プロパンガスのメリットとデメリット

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.