プロパンガスの契約

プロパンガスの契約を解約する方法を解説!賃貸でも問題ない?

更新日:

生活必需品ともいえる

『ガス』

ガスは、ガス供給の契約をすることによって、供給してもらえます。

『契約をすることは、状況によっては『解約する』という時もある』

ということですよね。

たとえば、

  • 引越しをする
  • ガス会社を変える
  • プロパンガスが高いから、ガス自体を使うのをやめたい

というような時です。

 

でも、普段『解約』のことって、あまり考えないですよね。

ガスって、どうやったら解約できるのでしょう?

手続きはややこしいのでしょうか?

 

ということで今回は、プロパンガスを解約する方法について、まとめてみました。

賃貸での解約や、ガスを使わずに生活する場合について

も書いてあるので、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスの解約方法は戸建ても賃貸も同じ

「ガスを解約したいんですけど…」

「ガスを解約したいんですけど…」

プロパンガスの解約は基本的には自由にできる

プロパンガスは、持ち家であっても賃貸であっても、解約できます。

ただ、契約内容によっては、清算金が発生するなど、解約しにくくなる場合もあります。

清算金が発生するのは、一戸建ての場合に多いケースです。

清算金については、このあと『解約時にありがちなトラブル』についてのところで、詳しく書きますので、そちらを読んでくださいね。

 

プロパンガスを解約する方法

プロパンガスを解約するのは、そんなに難しくありません。

解約の手順と、解約に必要な情報、立ち合いについて、順にお話しします。

 

プロパンガスを解約する手順

プロパンガスを解約する手順は

  1. 電話かインターネットなどで解約の申し込みをする
  2. 契約しているガス会社の人が来て、閉栓作業をする
  3. 清算手続きを済ませて、解約完了

と、このようになっています。

 

ガス会社によっては、インターネットで解約手続きができる場合もあります。

ただ、解約の連絡は電話に限っているところもあるので、そのような場合は、電話で連絡してください。

また、検針票を失くしてしまって手元にない場合も、電話のほうがスムーズです。

連絡先が分からない、ガス会社の名前を忘れてしまった、という時は、ガスボンベを見てみてくださいね。

 

プロパンガスを解約する時に必要な情報

ガス会社を解約する時には

  • 契約者の氏名と、解約を申し込む人の氏名
  • 検針票に書いてある『お客様番号』
  • ガスの解約をする建物の住所
  • 建物のタイプ(戸建て、アパート、マンションなど)
  • ガスの使用をやめる希望日と時間帯
  • 引越しの場合、引っ越し先の住所

このような情報が必要になります。

メモ

解約の連絡をする時には、検針票を用意しておくと、スムーズに連絡できます。

もちろん、検針票が無くても大丈夫です。

また、ガス使用をやめる日などもメモしておくと良いですよ。

 

自分で解約手続きをしなくて良い場合

「ガス会社を変えるから、今までのガス会社を解約したい」

という時は、自分で解約の連絡をしなくても大丈夫なことが多いです。

なぜかというと、新しいガス会社で解約手続きを代行してくれることが多いからです。

 

また、賃貸でガス会社を変える時は、大家さんとガス会社でのやり取りになります。

これも、大家さんからガス会社への連絡を依頼されていたりしなければ、入居者がガス会社に連絡する必要はありません。

 

「ガス会社を変更するので、解約します」

って言うと引き止められてしまいそうですが、自分で連絡しなくて良いのであれば、助かりますね。

 

ガス解約の時に立ち合いは必要?

解約の時には、基本的には立ち合いは必要ありません。

ガスを契約する時には、立ち合いが必要ですよね。

これは、開栓の作業と一緒に、点火確認などをしなければならないからです。

でも、解約の時は閉栓だけなので、建物の中の作業は要らないのです。

 

ただし、

  • 自宅の屋内にメーターがある
  • オートロックなどがあり、ガス会社の職員がガスメーターのある場所まで入れない
  • 料金精算が残っている
  • ガスの解約と同時に、警報器やガスコンロなど、ガス関連器具の撤去も希望する

という場合は、立ち合いが必要です。

 

ガスを解約する時の注意

ガスを解約する時には、いくつか注意することがあります。

それは

  • 1週間前までにガス会社に解約の連絡をする
  • 引越しの場合は、1ヵ月くらい前に連絡すると良い
  • 引越しで解約をする時は、確実に解約の連絡をする
  • しつこい引き止めをされたら、きっぱり断る

ということです。

では、解約の時に気を付けることについて、お話ししましょう。

 

1週間前までにガス会社に連絡する

プロパンガスを解約する時には、遅くても1週間前までには、ガス会社に連絡しておきましょう。

なぜかというと、プロパンガスには『1週間ルール』というものがあるからです。

これは、

『新しいガス会社と契約するために今までのプロパンガスを解約する場合は、新しいガス会社はガスボンベを“相当の期間”撤去してはいけない』

という決まりがあり、多くの場合、“相当の期間”を1週間ほどとしているからです。

このルールでは、『新しいガス会社と契約するために』となっています。

でも、引越しでの解約や、ガスの使用をやめる場合も、『1週間はかかる』と思っておいてください。

 

引越しのために解約する時の注意

引越しで解約する時には、

  • 引越しの日が決まったら、なるべく早めに連絡する
  • 引越す時には、確実にガスの解約の連絡をする

ということに気を付けてください。

 

引越しは間近になると、どうしてもあわただしくなってしまうものです。

また、年度末など、引っ越しの多い時期は、どうしてもガス会社も忙しくなります。

閉栓の作業も、すぐにはできない場合もあるので、1か月くらい前には、ガス会社に連絡するようにしておきましょう。

 

そして大切なのが

『ガス会社に、確実に解約の連絡をする』

ということ。

 

引越しの時にガスの解約を忘れたり、

『ガスを使わないから、料金も発生しないでしょ』

と、後回しにしたりすると、料金が発生してしまいます。

なぜかというと、引越しても、解約しなければガスの契約自体は続きます。

ガスを使わなくても、基本料は払うことになるからです。

なので、引っ越しする時には、確実に、ガス会社に解約の連絡をしてください。

もし解約し忘れに気が付いたら、すぐにガス会社に連絡してくださいね。

 

ガスが高いことが理由で解約する時の注意

「ガスが高いから、別のガス会社に乗り換える」

「プロパンガスだとガス代が高くなるから、もうガスを使うのをやめる」

という理由で解約しようとすると、

ガス屋
安くするからやめないで!

と説得されたり、しつこく引き止められたり、時にはやんわりと解約を断られたりすることがあります。

 

もちろん、

「安くするなら、使い続けよう!」

という選択も、ありです。

ただ、その場合は、どのくらい安くなるか、その料金は維持されるのか、しっかり確認してください。

また、

『何も言われなければ安くしないが、解約すると言われると慌てて安くする』

というスタンスのガス会社を、利用し続けたいかどうかも、考えてみたほうが良いでしょう

 

そして、

「やっぱり解約しよう」

となった時には、

「解約するって決めましたから」

と、きっぱり断ることです。

 

それでも解約をやんわりと断られた場合は、ちょっと面倒ですが

内容証明郵便で、解約の連絡をする

という方法がおすすめです。

内容証明郵便で連絡すると、『解約の連絡をした』という証拠が残るので、ガス会社は解約を受け付けざるを得なくなります。

 

解約時にありがちなトラブル

プロパンガスを解約しようとした時、思わぬトラブルが発生してしまうこともあります。

トラブルの中でよくあるのが

  • 違約金を払うように言われた
  • 設備費を払ってくれと言われた
  • しつこく引き止められた

というもの。

どれも、困りますよね。

 

では、こんなトラブルに遭ったらどうしたら良いか、お話ししましょう。

 

『違約金が発生する』『設備費を払ってくれ』と言われたら

まずは、

契約書を確認しましょう。

契約書を失くしてしまった場合は、ガス会社に

ガスオ
契約書の内容を確認させてください

と問い合わせる必要があります。

 

契約書に、

『解約する場合は、違約金が発生する』

『契約期間は〇年で、その間に解約する場合は違約金を払う』

『解約する時には、残りの設備費を払う』

などと書いてある場合は、残念ながら払わなければなりません。

 

といっても、払うのが『違約金』であるケースはまれです。

実際には『無償貸与契約の残債金』ということがほとんどでしょう。

 

『無償貸与契約』って、あまり耳慣れない言葉かもしれませんね。

これは、

「ガスの配管や給湯器などのガス設備を無料で付けます。その代わり、15年はうちのガスを使ってください。」

というような契約です。

 

「無料で付けてくれるならおトク!」

と思うかもしれませんが、

実は無料ではありません。

ガス会社が付けてくれた設備の費用は、毎月のガス代に上乗せされて、回収されています。

でも、回収する前に解約されてしまうと、ガス会社が設備費を払うことになってしまいますよね。

そこで、

  • 設備費が回収できるように、契約年数の縛りを設ける
  • 決められた年数未満で解約する時は、残りの設備費を払ってもらう

というふうにしているのです。

この『残りの設備費』が、『残債金』です。

そして、契約書に

『契約年数未満で解約する時は、残債金を払う』

などと書いてあったら、払わなければならないのです。

 

うちは無償貸与の契約なんてしてないはず…と思いきや!

ガスオ
ガス会社の人もそんな話してなかったし、うちは無償貸与契約してないはず。

と思う人もいるでしょう。

でも、実際にはかなりの割合の家庭で、この無償貸与の契約をしているのです。

 

なぜそんなことになるのかというと、家を建てたりする時に、ガス会社からは

「ガスの配管や給湯器は無料でつけておきますね。」

「ガスの設備を無料でサービスするので、15年間はうちのガスを使ってくださいね。」

くらいの説明しかされないことも多いからです。

これだと、『無償貸与契約』とはわかりにくいですよね。

 

本来なら、無料なんてまぎらわしいことを言わずに、

ガスの配管や給湯器を付けますが、この費用はガス代に上乗せでお支払いいただきます。

15年くらいで費用が回収されるので、その間は契約を続けてください。

もし、それ以前に解約する場合は、残りの費用を払っていただくことになります。

というふうに説明してくれればいいのです。

でも、残念ながら、このように丁寧に説明してくれるガス会社は多くはないのが、現状です。

 

そして、新築や引っ越しのあわただしさに紛れて、契約書の内容をよく確認せずにサインしてしまうと、

気が付かないうちに無償貸与契約をした

ということになってしまうのです。

でも、こちらがどう認識していても、サインした以上、契約をしたことになってしまいます。

 

ガスオ
ちゃんと説明しないで契約させちゃうなんて、おかしいんじゃない?

って思いますよね。

最近は、そういう声も挙がっており、少しずつ改善には向かっているようです。

このような、消費者に対してフェアじゃないところは、早くなんとかしてほしいものですね。

同時に、消費者も、契約の内容をしっかり確認することが大事だということも、よく認識しておく必要があります。

 

『どう考えても説明不足』『残債金が高すぎる』という時は

たとえば

「ガス会社の人は設備のことなんて一言も言わなかったのに、無償貸与契約になっていた」

「契約書に書いてないのに、ガス会社は無償貸与契約していると言い張ってくる」

「どう考えても残債金が高すぎる」

などという時は

消費生活センターに相談しましょう。

 

消費生活センターとは、商品やサービス、契約関係のトラブルで困った時に、相談に乗ってくれる機関です。

全国にあり、電話や来所で相談を受け付けてくれます。

最寄りの消費生活センターがわからない時は、

局番なしの『188』

に電話すると、最寄りの消費生活センターなどの相談窓口を案内してくれます。

 

このサイトに、全国の消費生活センターや消費者ホットラインについて書いてあるので、見てみてくださいね。

全国の消費生活センター等

 

相談する時には、

  • 相談したいこと
  • これまでのガス会社とのやり取り

をまとめておくと、話が進みやすいです。

ちなみに

消費生活センターでは、ガス以外のことでも、商品や契約のトラブル、特殊詐欺などの相談に応じてくれます。

何かの時のために、

『188』

の番号を、ぜひ覚えておいてください。

 

解約をしつこく引き止められたら

「残債金も発生しないし、解約できるはず!」

ということで解約の連絡をしたら、

しつこく引き止められてしまうというケースもあります。

中には、何度も何度も電話や訪問をされて、かなりしつこい引き止めに遭ったという人も。

 

そんな時にはめげずに、

『もう解約すると決めたので』

と、きっぱり断りましょう。

 

それでもしつこく食い下がってくるときには、これも

消費生活センターに相談

です。

もし、ガス会社変更サービスを利用してガス会社を乗り換える時なら、

ガス会社変更サービスに相談してみる

のも、良いでしょう。

 

そして万が一、ガス会社の人が引き止めのために訪問してきて

『断っているのに、帰ってくれない』

という時には、

ガスオ
警察を呼びますよ

と、警察に連絡するのも、アリです。

 

私たちには、プロパンガス会社を選ぶ権利があります。

解約する時には、堂々ときっぱりと、解約しましょう。

 

プロパンガス物件でガスなし生活をする方法

ガスを使わずに生活するには?

ガスを使わずに生活するには?

たとえば賃貸住宅で

「プロパンガスが高いし、大家さんもガス会社を変えられないと言うから、解約してガスを使わずに暮らしたい」

という時に、もう一つ気になるのは

「ガスを使うことが前提の物件で、ガスを使わずに生活することはできるのか?」

ということですよね。

 

ご安心ください。

ガスなし生活は可能です!

では、どうしたらガスを使わずに暮らせるか、お話ししましょう。

 

ガスなし生活で必要なアイテム

ガスを使わずに生活するには、

『これまでガスでやっていたことを、電気でやる』

ということになります。

ここで問題になるのが

  • お風呂
  • シャワー
  • 料理

ですよね。

でも、ガスを使わなくても、お風呂もシャワーも料理も、なんとかなります。

そのためのアイテムを紹介しましょう。

 

電気お風呂沸かし器

まず大問題なのが、

『お風呂をどうやって沸かすか』

ですね。

そこで使えるのが、

『スーパー風呂バンス』

のような、電気式のお風呂の追い焚き機です。

お風呂に水を溜めて、その中に『スーパー風呂バンス』を入れ、スイッチを入れると、お湯を沸かしてくれます。

ただし、

お風呂を沸かすのには、冬だと8~9時間かかる

とのこと。

夏でも、2~3時間はかかるようです。

早めにお風呂を沸かし始めないといけないのが、難点といえるでしょう。

 

バスポンプで作るシャワー

シャワーも

  • 節水シャワーヘッド
  • 湯船のお湯をくみ上げるバスポンプ

を組み合わせれば、シャワーを使うことができます。

この動画では、実際にバスポンプとシャワーヘッドを使ったシャワーを紹介しています。

 

シャワーで使うのであれば、吸い上げる力の強いバスポンプがおすすめです。

一例では、

ナカサ バスポンプ NBP-NBP-50

と、

『タカギ キモチイイシャワピタT 節水・低水圧 ハンドタイプ JSB012』

この二つが良い組み合わせだったとのこと。

こちらに実際にやってみた人の記事があるので、興味があったら読んでみてください。

バスポンプを使ったシャワーの作り方①(脱プロパン)

 

電子レンジ

ガスなしの生活をする時に、調理で重要なアイテムが、

『電子レンジ』

電子レンジがあれば、過熱調理のかなりの割合をカバーできます。

野菜をゆでるなんて余裕でできますし、炒め物や、パスタやうどんをゆでることも可能です。

 

また、オーブンレンジを用意しておけば、焼く料理にも強いです。

肉や魚を焼いたりすることもできるので、ガスを使わないならおすすめですよ。

 

卓上コンロ

カセットコンロか、IHの卓上コンロは用意しておくと良いでしょう。

オーブンレンジではできない調理も、あるからです。

 

たとえば、電子レンジはコップ1杯程度のお湯を沸かすことはできますが、お湯をたくさん沸かすのには不向きです。

温度としても、電子レンジでお湯を沸かしても、80~90℃くらいにしかなりません。

そのため、多くの量の熱湯が必要な時には、やはり鍋で沸かすのが良いです。

また、チャーハンなどは、やはりコンロで作ったほうがおいしくなりそうですよね。

料理全般のことを考えると、卓上コンロを1つ用意しておくことをおすすめします。

 

電気器具で代用する時の注意

お風呂や調理など、ガスを使ってやっていたことを電気でやるようにすると、

当然、電気代はかかります。

また、カセットガスコンロを使えば、カセットボンベの費用も掛かりますし、ガスなし生活をするためのアイテムを買う費用も必要です。

 

そのことをわかったうえで、

『ガスをやめて、実際に節約効果がありそうかどうか』

よく考えてから、ガスの解約をしたほうが良いでしょう。

 

もう1つ気を付けることは、

『電気器具を一度に使いすぎない』

ということ。

電気器具を一度に使って、アンペア数をオーバーすると、ブレーカーが落ちてしまいます。

ブレーカーが落ちたら、電気器具のスイッチを切ってあげればいいだけです。

でも、お風呂に入っている時にブレーカーが落ちて真っ暗になったりするのは、避けたいですよね。

 

なお、賃貸でも契約アンペア数を変えることはできます。

ただし、大家さんや管理会社、電力会社に確認が必要です。

また、アンペアの契約は1年単位なので、1年以内に引っ越す可能性がある場合は、変えられない可能性もあります。

 

季節でガスの契約、解約を繰り返す手もある

中には、ガス使用を完全にやめてしまうのではなく、

冬など、どうしてもガスを使いたい時期だけガス会社と契約し、暖かくてガスがなくても良い季節になったら解約する

というやり方で、ガスを利用している人もいます。

基本的に契約も解約も自由ですから、こういうやり方もあるわけです。

 

といっても、中には渋い顔をするガス会社もあるかもしれませんね。

この方法でガスを利用したい時には、ガス会社に可能かどうか、確認したほうが良いでしょう。

 

なお、契約と解約を繰り返すとしても、

契約する時には開栓の立ち合いは必要になります。

また、解約の時も、解約希望日の1週間前までに連絡をすることも、忘れないでくださいね。

 

ガスなしでの生活は、基本一人暮らし向け

このように、オール電化にする工事などをせずに、ガスなしで生活する方法はあります。

ただ、この方法で節約になるのは、

一人暮らしか、せいぜい2人で暮らす場合

と思っておいたほうが良さそうです。

3人以上になると、電気代がかかりすぎる可能性があります。

コンロも卓上のものでは間に合わなくなるでしょうし、お風呂も、三人がバスポンプでシャワーを使うと、あっという間にお湯が減りそうですよね。

 

3人以上でプロパンガスの賃貸物件で暮らしていて、どうしてもガス代が高い時は

  • 大家さんに交渉して、ガス会社を変えてもらう
  • 都市ガスか、プロパンガスが安い物件、もしくはオール電化の物件を探して引越す

という方法のほうが、暮らしやすいでしょう。

 

また、持ち家一戸建ての場合は、自分でガス会社を選ぶことができます。

無理に電気で生活するよりは、安いガス会社に乗り換えるほうが、おすすめですよ。

関連記事
プロパンガスの配達
賃貸の家でプロパンガス代を節約したい!ガス会社の変更は可能?

プロパンガスって、往々にして都市ガスより料金が高いですよね。 とくに、 『賃貸物件では、一戸建てより、さらにプロパンガス料金が高い!』 ということも、よく言われています。 ならば、よりいっそう節約した ...

続きを見る

関連記事
一人暮らしの節約生活
プロパンガスが高い!一人暮らしでガス代を最も節約できる方法を紹介

社会保険料や物価が上がっている今、 『節約』 って大事ですよね。 光熱費の節約に一番効果があるのは、 『ガスを節約すること』 です。 なぜかというと、 光熱費の中で半分以上を占めているのが、給湯や暖房 ...

続きを見る

関連記事
便利なガス会社変更サービス
ガス料金を安くするプロパンガス会社変更サービスを徹底比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスの解約は、基本的には難しくありません。

ガスの使用をやめる1週間前までに、ガス会社に解約の連絡をすれば、OKです。

また、

ガス会社を変更するために、これまでのガス会社を解約する時は、新しいガス会社の方で解約手続きを代行してくれることがほとんどです。

 

ただし、

状況によっては、解約の時に貸付貸与の残債金を請求されることがあります。

請求されたときは、まずは契約書で貸付貸与契約があるかどうか、確認してください。

もちろん、貸付貸与契約をしていなければ、残債金は払う必要がありません。

 

そして解約の時にトラブルで困ったら

消費生活センターに相談

です。

消費生活センターには、契約トラブルのプロがいます。

一人で悩まずに、遠慮なく専門家に相談してくださいね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-プロパンガスの契約

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.