重曹

ダイソーなど100均で買える重曹のお店ごとの違い比較【食用と掃除用】

100均の重曹って何が違うの?

スポンサーリンク

家の中のいろいろな場所の掃除で大活躍してくれる『重曹』。

 

主にドラッグストアやホームセンターなどで売っていますが、

  • ダイソー
  • セリア
  • キャンドゥ

といった100均でも買えます。

 

100均で売っていると、とりあえず安く手に入れたいときに助かりますよね。

 

ガスオ
100均の重曹って、チェーンによって違いはあるの?

そこは、気になるポイントですね。

 

ということで、この記事では

  • 100均で買える重曹の違い
  • 100均とドラッグストアやホームセンターなどで売っている重曹の違い

について比較していきます!

 

掃除用だけでなく食用の重曹に付いても触れているので、ぜひ読んで、お得に重曹を使ってくださいね!

スポンサーリンク

100均で売っている重曹の違いは?

100均にも、いろいろなお店がありますが、今回は

  • ダイソー
  • セリア
  • キャンドゥ

で扱っている重曹のお掃除アイテムを比較します。

粉末重曹だけでなく、スプレータイプやシートタイプなども含めて見ていきましょう。

 

なお今回の記事で取り上げているのは、2021年12月2日現在、筆者が普段利用している店舗で扱っている商品です。

  • 同じチェーンの100均でも、店舗によっては扱っていない
  • 1つの店で取扱商品が変更になる

といったこともあるので、その点はご了承ください。

 

ダイソー・セリア・キャンドゥの重曹を一覧比較

まず、ダイソー、セリア、キャンドゥで扱っている重曹にはどんな製品があるか、ざっくり比較してみましょう。

 

商品名タイプ内容量
ダイソー激落ちV重曹粉末360g
重曹粉末500g
激落ちV重曹クリーナースプレーボトル280ml

詰め替え500ml

激落ちVアルカリ電解水+重曹シートシート30cm×20cm

25枚

重曹ペーストペースト200g
セリア重曹粉末360g
重曹粉末

食用可

240g
重曹+酵素パワー粉末重曹+酵素220g
重曹クリーナースプレーボトル260ml

詰め替え用400ml

重曹スプレースプレー300ml
重曹クリーナーシート20cm×12.5cm

40枚

キャンドゥ重曹清掃用粉末300g
重曹粉末360g
重曹クリーナースプレー300ml
重曹キッチンクリーナーシート12.5cm×20cm

40枚

重曹ジェルジェル150g

 

重曹のお掃除アイテムは各店5~6種類

それぞれの店で、

  • 粉末、スプレータイプ、シートタイプの製品を取り揃えている
  • ダイソーとキャンドゥでは、ペースト状の重曹も扱っている
  • アルカリ電解水や酵素など、洗浄力を高める成分を加えている商品もある

ということがわかりますね。

 

成分は違う?

『重曹』とは、『炭酸水素ナトリウム』のことです。

ですから、成分に『重曹』とだけ書かれている製品であれば、

中身は同じです。

 

ただし、

『掃除用の重曹』と『掃除にも食用にも使える重曹』では、同じ『100均の重曹』であっても

純度が違います。

 

『食品添加物』の重曹であれば、100均の重曹であっても食品衛生法が適用になるので、

掃除用の重曹(『食品添加物』と書かれていない重曹)

⇒純度は95~98%

セリアの重曹のうち、『食品添加物』と書かれている製品

⇒純度は98~99%

という違いがあるはずです。

 

関連記事:重曹の食用と掃除用の違いを解説!飲むことの健康デメリットを調査

 

扱っている重曹のタイプの違い

扱っている重曹のタイプにも、少し違いがあります。

 

(〇…取扱あり ×…取扱なし)

ダイソーセリアキャンドゥ
粉末
食用・掃除用兼用(粉末)××
重曹以外の成分を加えた粉末タイプ××
スプレー
スプレーの詰め替え×
シート
重曹以外の成分を加えたシートタイプ××
ペーストまたはジェル×

 

このように、

  • 掃除用にも食用にも使える重曹
  • 粉末タイプで、重曹以外の成分を加えた製品
  • シートタイプで、重曹以外の成分を加えた製品
  • スプレータイプの詰め替え用
  • 重曹ペーストや重曹ジェル

に関しては、どのチェーンでも買えるというわけではありません。

 

100均の重曹をタイプごとに比べてみると

100均の重曹をタイプ別に比較!

100均の重曹をタイプ別に比較!

ここからは、タイプ別に各100均の重曹を比べてみましょう。

 

なお、価格比較の部分は、税別の価格で計算しています。

 

粉末の重曹

まず、一番オーソドックスな粉末の重曹です。

 

成分は同じなので、

  • 内容量とコスト
  • 食用の重曹があるかどうか

といったことを見ていきましょう。

 

内容量とコストの比較

100均で売っている粉末重曹の内容量と10gあたりの値段を比べると、こうなります。

 

商品名内容量10gあたりの価格
ダイソー激落ちV重曹360g2.8円
重曹500g0.1円
セリア重曹360g2.8円
重曹(食用可)240g4.2円
重曹+酵素パワー220g4.5円
キャンドゥ重曹300g3.3円
重曹360g2.8円

(小数点2位以下は四捨五入)

ダイソーの500g入りは、ダントツの1位ですね!

 

この中で一番量が少なく、10gあたりの価格が高いのは、セリアの食用可の重曹です。

でも、『食用にもできる重曹が100円で買える』という点では、コスパ十分です。

 

そして、もう1つ高めの商品なのが、セリアの『重曹+酵素パワー』です。

これも、重曹以上の効果が期待できることを考えれば、コスパは悪くないでしょう。

 

食用の重曹を扱っているかどうかの比較

先ほどの表で見たように、筆者の行動範囲内のダイソー、セリア、キャンドゥでは

食用にできる重曹を売っていたのは、セリアのみでした。

 

『食用にも使える重曹を100円で買う』ということなら、まずセリアに行ってみると良いですよ。

 

メモ

『【ローソン10】でも食用にできる重曹を買える』という情報もあります。

 

ただ、『セリアなら必ず食用の重曹がある』とは言い切れません。

食用の重曹を確実に手に入れたいなら、スーパーマーケットの製菓材料や調味料などの売り場のほうが、置いてある確率はずっと高いです。

 

関連記事:重曹を売ってる場所をチェック!食用と掃除用で売り場が違う?

 

重曹以外の成分が入っている製品

粉末タイプで重曹以外の成分を加えている製品は、

セリアの『重曹+酵素パワー』のみでした。

 

この製品は、酵素を加えることで汚れ落とし力を強めています。

『重曹だけでは落としきれないかも?』というときは、使ってみてください。

 

ただ、酵素も種類によってどんな汚れに働きかけるのかが違います。

『重曹+酵素パワー』の成分表示には『酵素』としか書かれていなかったので、どんな酵素が入っているのかは、不明です。

 

参考 【酵素入り洗剤】ってよく聞くけど、そもそも酵素って何なの?

 

スプレータイプの重曹

次はスプレータイプの重曹です。

 

  • 内容量とコストの比較
  • 詰め替えタイプの有無

を見ていきましょう。

 

内容量とコストの比較

まず、内容量とコストの比較です。

 

商品名タイプ内容量10mlあたりの価格
ダイソー激落ちV重曹クリーナースプレーボトル280ml3.6円
詰め替え500ml2円
セリア重曹クリーナースプレーボトル300ml3.3円
重曹スプレースプレーボトル260ml

 

3.8円
詰め替え用400ml2.5円
キャンドゥ重曹クリーナースプレー300ml3.3円

(小数点2位以下は四捨五入)

 

10mlあたりの価格で一番安いのは、

スプレーボトル

⇒セリア、キャンドゥの300ml入りスプレーボトル

詰め替え用

⇒ダイソーの『激落ちV重曹クリーナー』

 

頻繁に使うのであれば、『最初はボトル入りを買い、その後は詰め替え用を買う』という風にしたほうが、コストは抑えられます。

 

逆に、

  • あまり使う機会がない
  • ひとまず試しに使ってみたい

というときは、量の少ない商品を選ぶのがおすすめです。

開封後に使わないまま長い間放置すると、効果が薄れる可能性があるからです。

 

詰め替えタイプがあるかどうか

スプレーボトルの詰め替え用を扱っているのは、

  • ダイソー
  • セリア

の2店舗でした。

キャンドゥでも詰め替え用が買えるようになると良いですね。

 

シートタイプの重曹

取り出せば、すぎに掃除ができて便利!

取り出せば、すぎに掃除ができて便利!

3つ目は、ウエットティッシュのようなシートになった重曹アイテムです。

 

これも内容量とコスト比較から行きましょう。

 

商品名サイズと内容量1枚あたりの価格
ダイソー激落ちVアルカリ電解水+重曹シート30cm×20cm

25枚

4円
セリア重曹クリーナー20 cm×12.5cm

40枚

2.5円
キャンドゥ重曹キッチンクリーナー12.5 cm×20 cm

40枚

2.5円

 

ダイソーの『激落ちVアルカリ電解水+重曹シート』が他の2製品に比べて高いのは、おそらく

  • アルカリ電解水を加えている
  • 1枚当たりの大きさが他の2製品より大きい

ということからではないかと考えられます。

(1パッケージあたりのシートの総面積では、ダイソーのほうがセリアとキャンドゥより大きいです。)

 

ただ、ダイソーの『激落ちVアルカリ電解水+重曹シート』だと、

  • アルカリ電解水で汚れ落とし力を高めている
  • 大きくて広い場所を拭いたりするときに使いやすい

というメリットもあります。

 

ペースト・ジェル状の重曹

ペーストタイプトジェルタイプの重曹を扱っているのは、

  • ダイソー
  • キャンドゥ

です。

 

内容量とコストを比べると、

商品名タイプ内容量10gあたりの価格
ダイソー重曹ペーストペースト200g5円
キャンドゥ重曹ジェルジェル150g6.7円

(小数点2位以下は四捨五入)

このように、10gあたり1.7円の差です。

 

ジェルやペーストの重曹は、『手間なしで重曹ペーストを使える』というメリットがある一方で、

コストを考えるなら、自分でペーストを作ったほうが安い

というデメリットもあります。

 

メモ

重曹ペーストは、

粉末の重曹にぬるま湯を少しずつ加えながら練る

という方法で簡単に作れます。

 

また、

  • 先が細くなっていて、中身が固くなると絞りだすのに力がいる
  • なかなか絞り出せなくて、中蓋を開けてかきだした

といった感想が上がっていて、多少使いにくいこともあるようです。

 

100均と普通のお店の重曹はどう違う?

ドラッグストアやホームセンターの重曹との違いは?

ドラッグストアやホームセンターの重曹との違いは?

ガスオ
100均の重曹の違いはわかったけど、100均とドラッグストアやホームセンターの重曹はどう違うの?

 

成分は変わりないので、

  • パッケージに入っている量
  • 価格

であると言えます。

 

パッケージあたりの量の違い

100均で買える粉末の重曹は、多くても500g入りまでです。

でも、ドラッグストアやホームセンター、通販などなら、それよりも多く入っている商品があります。

 

たとえば、カインズや東急ハンズなら、

  • 500g入り
  • 600g入り
  • 1kg入り

などがあります。

 

価格はどちらが安い?

100均の重曹と、100均以外の重曹のコストも比べてみましょう。

 

たとえば、粉末タイプの

  • Loft通販の『ミヨシ 暮らしの重曹』
  • カインズ通販の『キッチンクラブ 重曹』
  • ダイソー、セリア、キャンドゥの360g入り重曹
  • セリアの食用可の重曹

で比べてみると、こうなります。

 

内容量価格10gあたりの価格
ミヨシ

暮らしの重曹

600g350円5.8円
キッチンクラブ

重曹

1kg298円3円
ダイソー360g100円2.8円
セリア(食用可)240g100円4.2円

(小数点2位以下は四捨五入)

 

ここからわかることは、

  • 掃除にしか使わず、特にもメーカーにこだわりがないなら、100均の方が安いことが多い
  • 普通のお店や通販で買える重曹でも、100均との値段の差が小さいこともある

ということですね。

 

ちなみに食用にもできる重曹だと、10gあたりの価格は

セリアの食用可の重曹

⇒4.1円

丹羽久『住まいの魔法のパウダー 重曹』600g入り 楽天最安値389円

⇒6.5円

となっていて、これも100均のほうが安いです。

 

100均以外の店で重曹を買うメリットは?

ガスオ
100均の方が安いなら、ドラッグストアやホームセンターとかで買うメリットってないんじゃない?

それが、一概にそうとも言えないんです。

 

100均以外の店で買うのには

  • 大手メーカーや気に入ったメーカーの重曹が買える
  • 食用にも使える重曹が100均よりも手に入りやすい
  • 天然重曹など、製造や品質にこだわりのある重曹を買える

といったメリットがあります。

 

また、ネット通販では業務用の大容量の重曹が安く手に入ります。

友達やご近所さんなどと共同購入すれば、コスパ抜群ですよ!

スポンサーリンク

まとめ

100均で売っている重曹は、成分は同じです。

 

ダイソー、セリア、キャンドゥでは、扱っている重曹のタイプもほぼ共通。

  • 粉末
  • スプレー
  • シートのクリーナー

を扱っています。

 

違いがあるとすれば、

ダイソー

⇒500g入りの商品がある

セリア

⇒食用にも使える重曹がある

ダイソーとキャンドゥ

⇒重曹ペーストや重曹ジェルがある

といった点くらいです。

 

気になる価格は、

粉末の重曹(10gあたり)

⇒ダイソーの500g入りが一番安い

スプレータイプ(10mlあたり)

⇒ボトル入りではセリアとキャンドゥが安い

シートタイプ(1枚あたり)

⇒セリアとキャンドゥが安い

という違いがあります。

 

使いたいアイテムによって100均を使い分けるのも良いですね。

 

100均の重曹は安いですが、

  • 重曹をたくさん買いたい
  • 食品にも掃除にも使える重曹を確実に買いたい
  • 品質やメーカーにこだわりがある

といったときは、100均は不向きです。

ドラッグストアやホームセンター、通販などで買ってくださいね。

-重曹