ガス床暖房 プロパンガスの節約

ガス床暖房のガス代をコスパよく節約しながら使う方法を紹介!

更新日:

ガス床暖房って、とても快適な暖房器具ですよね。

冷えがちな足元から温めてくれるし、空気も乾燥しないし、ホコリも立ちません。

「優しい温かさがとても気持ち良くて、ガス床暖房なしじゃやっていけない!」

という人もいるくらいです。

 

一方、

『ガス床暖房を使うと、ガス代が高くなる』

というのも、事実。

特にプロパンガスだと、料金は高くなってしまいます

かといって、せっかく設置したのにあまり使わないのも、もったいないですよね。

 

となると知りたくなるのが、

『ガス床暖房で暖かく過ごしつつ、節約する方法』

そこで今回は、ガス代を節約できる、ガス床暖房の使い方を紹介します

おトクにぬくぬくライフを満喫したいあなた、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

ガス代が節約できるガス床暖房の使い方

暖かくて快適な床暖房

暖かくて快適な床暖房

『ガスを節約する』ということは、ガスの使用量を減らすということです。

なるべく少ないガスの使用量でガス床暖房を活用するには、

  • 『運転し始め』の回数を減らす
  • 運転時間をなるべく短くする
  • 自動運転やタイマーなどの機能を活用する
  • 温度設定を低めにする

という方法があります。

では、それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

 

スイッチを入れる回数はなるべく少なく!

ガス床暖房でガスを節約するには、

スイッチのオン・オフをなるべく少なくして、『運転し始め』の回数を減らすことが大切です。

なるべく、1日のうちで2回くらいまでにしておくと良いでしょう。

そして、『寝ている間と長時間家を空ける時は、スイッチを切る』と考えておくと良いです。

 

ガス床暖房は、

オン・オフの回数が増えると、コストが高くなってしまいます。

その理由は、ガス暖房の仕組みにあります。

 

ガス床暖房は、

  1. ガスで水を温めて、お湯にする
  2. 温めたお湯を床下に循環させる

という方法で、部屋を暖めます。

この中で、一番ガスを使うのが、

『最初に水をお湯にする』

というところ。

タイミングで言うと、スイッチを入れてから1時間くらいまでの間です。

 

スイッチを入れる前は、配水管の中の水も、配水管自体も冷えています。

特に、寒い日ほど水の温度は下がり、周囲の温度も低くなります。

となれば、水を温めてお湯にするには、どうしてもガスをたくさん使いますよね

 

スイッチを入れてから1時間以上たてば、ガスの使用量は少なくなります

一旦お湯になってしまえば、配水管を循環している間に多少冷えたとしても、運転し始めほどは、水温が下がらないからです。

 

スイッチを入れてからの1時間のガス代は、運転が安定してからの1時間の、なんと

約4.4倍

くらいの差があります。

 

ということは、

こまめにスイッチを入れたり切ったりすると、ガスを多く使う『運転し始め』の回数が増え、かえってコストが高くなる

ということになるのです。

 

でも同時に、使う時間がなるべく少ない方がガスの使用量が少なくて済むのも、事実

となると、どう使うかが問題ですよね。

結論としては、

  • 寝ている間と長時間の外出の間は、スイッチを切る
  • スイッチのオン・オフは1日2回くらいまでにする

というのが、おすすめです。

どうしてこの使い方が良いかというと、

『オン・オフの回数を減らす』と『運転時間を短くする』ことのバランスが良いからです。

 

では次に、この使い方がバランスがとれている理由を、

1日の使い方によるコストの違い

から見てみましょう。

 

1日の使い方でのコスト比較

プロパンガスの場合、ガスの料金は地域や業者によって、かなり違います。

床暖房にかかるガス代も、『このくらい』と一概に言うことはできません。

また、実際は気温などによってもガス代は変わります。

そこで、今回は単純計算にしています。

ここでの試算の結果は、あくまでも

『だいたいどのくらい違うのか』

という比較のための数字として読んでくださいね。

 

今回は、ガス料金を『都市ガスの1.5倍』で計算することとして、

スイッチを入れてからの1時間にかかるガス代…46.5円

運転が安定してからの1時間当たりのガス代…10.5円

としておきましょう。

 

そして、使い方のパターンは、

  • 24時間つけっぱなし
  • 12時間つけっぱなし
  • 起きてから寝るまでの間つけっぱなし(18時間連続使用)
  • 朝起きてから出勤するまでと、帰ってから寝るまでの間(2時間+6時間使用)
  • 1日18時間の間に、4回スイッチのオン・オフを繰り返す

として比較しました。

 

24時間つけっぱなしの場合のガス代

ガス床暖房を今日から24時間つけっぱなしにするとなると、ガス代は

46.5円+(10.5円×23時間)=288円

 

2日目以降は、

10.5円×24時間=252円

となります。

 

これで30日間使うと、

288円(最初の1日分)+(252円×29日)=7,596円

 

だいぶ高くなりますね…。

 

1日12時間連続で使った場合

1日のうち12時間、つけっぱなしで使った場合は、

46.5円+(10.5円×11時間)=162円

 

これを30日間繰り返すと、

162円×30日=4,860円

になります。

 

起きてから寝るまでつけている場合

1日12時間使う例を出しましたが、実際に『12時間だけ連続で使う』って、あまりないかもしれませんね。

ということで次に、

『1日中誰かが家にいて、朝起きてから夜寝るまでガス床暖房を使う』

という場合を想定してみましょう。

仮に朝6時に起きて、夜12時に寝るとすると、使用時間は18時間です。

1日分のガス代は

46.5円+(10.5円×17時間)=225円

 

30日分だと

225円×30日=6,750円

となります。

 

朝と夕方から夜にかけて使う場合

もう1つ、生活パターンに合わせてということで、

『朝起きてから出勤するまでと、夕方帰ってから寝るまで使う場合』

を考えてみましょう。

 

朝6~8時、夕方の6時~夜12時まで使うとすると、

(46.5円+10.5円)+(46.5円+(10.5円×5時間))=156円

 

30日分だと、

156円×30日=4,680円

になります。

 

オン・オフを1日4回繰り返した場合

では最後に、

『起きている間に、オン・オフを4回繰り返した場合』

を試算してみましょう。

  • 朝6時に起き、夜12時に寝る(起きているのは18時間)
  • スイッチを切ってから1時間おいて、またスイッチを入れる(運転時間は合計14時間)

という条件だと、

(46.5円×4回)+(10.5円×10)=291円

 

30日このパターンでガス床暖房を使うと

291円×30日=8,730円

毎日24時間つけっぱなしにするよりも、高くなってしまいましたね。

 

試算結果を比較してみよう!

では、これまでの試算を表で見てみましょう。

 

使い方 1日分のガス代 30日分のガス代
24時間つけっぱなし 288円

(2日目以降252円)

7,596円
1日1回12時間つけっぱなし 162円 4,860円
起きてから寝るまで18時間使用 225円 6,750円
朝6~8時、夕方6時~夜12時に使用 156円 4,680円
起きている間に4回、

オン・オフを繰り返す

291円 8,730円

と、このようになります。

先ほども書いたように、かなり単純化した試算です。

実際の生活だと、休みで1日中家にいる日もあれば、買い物や用事で出かけたり、子どもの迎えに行ったりなど、家の出入りもあるでしょう。

でも、目安としては、

  • 寝ている間と長時間の外出の間は、スイッチを切る
  • スイッチのオン・オフは1日2回くらいまでにする

という使い方が、コストとしては安くなることになります。

 

温度設定はどうするのがいい?

ガス床暖房を使いつつ、ガス代を節約するなら、設定温度を少し下げるのも、有効です。

他のガス暖房と同じように、

ガス床暖房も、温度設定を下げると、ガスの使用量も減らせるので、節約になります。

 

床暖房はエアコンと違って

  • 温かい床に触れることで、体に直接温かさが伝わってくる
  • 床が暖まっていることで、輻射熱が伝わってくる
  • 普段冷えがちな足元から温めることができる

という特徴があります。

そのため、エアコンよりも、体で感じる温度が高くなるのです。

体で感じる温度が高いということは、多少設定温度を下げても暖かさを感じられるということ。

エアコンより2~4℃くらい低めでも、十分暖かく感じられます

 

とはいっても、床暖房も『暖かく過ごす』ことが目的ですから、温度を下げるのも、無理のない程度にしてくださいね。

 

自動運転やタイマーの機能を活用!

ガス床暖房には

  • 自動運転
  • タイマー

といった機能があるものも多いです。

この機能もしっかり使って、節約しましょう。

 

運転のムダを省いてくれる『自動運転』

自動運転は、外気や室温などに合わせて、自動的に快適な温度にしてくれる機能です。

この機能を積極的に使いましょう。

 

冬に冷え込む時間帯は、やはり夜から朝にかけてです。

となると、朝はやはり高めの温度にしたくなりますよね。

でも、日中は自然に室温も上がります。

朝に設定した高めの温度のまま1日中つけっぱなしにすると、日中の室温が高くなりすぎてしまうこともあります

必要以上に温度を上げるのは、ガスの無駄遣い。

自動的に温度を調整することで、無駄遣いを防いでくれるのが、自動運転の機能なのです。

 

タイマーで早めにスイッチオフ

寝る前やお出かけ前などは、タイマーを使って早めにスイッチを切るのがおすすめです。

 

床暖房は、スイッチを切っても、30分くらいは暖かさが続きます。

床下の配管のお湯は、スイッチを切ったとたんに冷えるわけではありませんからね。

となれば、寝る前やお出かけ前など、どのみちスイッチを切る時には、早めにオフにしてしまえば良いのです。

「床が冷える前に家を出よう」

「床が暖かいうちに寝なきゃ!」

と思えば、お出かけの支度や寝る支度も、テキパキできるかもしれませんね。

 

カーペットはないほうが良い

床暖房は、基本的にカーペットを使わないほうがおすすめです。

せっかくの熱がカーペットなどにさえぎられて、暖房効果が弱くなるからです。

「でもやっぱりカーペットを敷きたい。」

という場合は、必ず床暖房対応のカーペットを使ってください

なぜかというと、床暖房に対応していないカーペットを使うと

  • カーペットなどの下に熱がこもり、その熱の行き場もないため、危険
  • カーペットの素材によっては、溶けたりべたついたりすることもある
  • フローリングを痛める原因になる

といったリスクがあるからです。

なので、カーペットを敷く場合は、必ず床暖房に対応したものにしましょう

 

また、

『床にじかに座りたくない』

ということなら、座布団やクッションなど、自分が座るスペースだけ床を覆うものを使うと良いです。

他の暖房器具との合わせ技

  • 朝起きてから家が留守になるまでの時間が短い
  • 出先から帰ってからまた出かけるまでの間はあまり長くないが、暖房は使いたい

という場合には、他の暖房器具を使うことでコストが下げられます

 

とはいえ、エアコンは暖まりが遅いし、足元が寒かったりもしますよね。

素早く足元も温めたいなら、ガスファンヒーターや石油ファンヒーターがおすすめです。

特にガスファンヒーターは暖まりが早く、臭いも少ないので、臭いが気になる人にも使いやすいですよ。

関連記事
ガスファンヒーター
ガスヒーターの節約術をチェック!できるだけコスパ良く使う方法!

とても魅力的な暖房器具の1つが、『ガスファンヒーター』です。 石油ストーブのような臭いもありませんし、何より暖まりが早い! 寒い冬の、心強い味方ですね。   一方で、ガスファンヒーターを使う ...

続きを見る

地熱床システムとの併用

ガス床暖房を節約するなら、そしてこれから家を建てるなら、

『地熱床システム』

と組み合わせることで、ガス代を減らすことができます。

 

地熱床システムとは、簡単に言うと、地面の暖かさや冷たさを利用して、冬は暖かく夏は涼しく過ごそうという仕組みです。

夏の間地面に蓄積された熱は、時間をかけてじわじわと放出されます。

その放出される熱を家の中に伝えるのが、冬の地熱床システムの使い方。

冬も床下の温度が暖かく、また床下に冷気も入りにくいので、温水式の床暖房の配管や水の温度も下がりにくいのです。

ということは、お湯を作るのに使うガスも、少なくて済むということです。

 

ただし、地熱床システムを導入するのには、それなりのコストがかかります。

また、床下からの工事が必要なので、すでに建ってしまった家に組み込むのは、かなり大掛かりな工事にもなります。

このシステムは

『これから住宅を建てる』

という場合に、検討すると良いでしょう。

 

さらにガス代を安くするには?

さらなる節約の方法は?

さらなる節約の方法は?

ここまで、ガス床暖房を節約しながら使う方法を紹介してきました。

でも、やはりそれなりにガス代はかかりますよね。

ましてプロパンガスでガス床暖房を使うとなると、どうしてもガス代が高くなります。

 

でも!

実は、もっと根本的な節約の方法があります。

それは

  • プロパンガス会社を変更して、ガス料金そのものを安くする
  • ガス床暖房向けのプランを利用する

という方法です。

 

ガス料金を下げるには、ガス会社変更がおすすめ!

プロパンガスの料金は、地域やガス会社によって、さまざま。

従量料金が280円の場合と500円の場合では、当然ガス代にもかなりの差が出てきます。

従量料金が500円でガス床暖房を使うとなったら、ガス代はすごく高くなりますよね。

となれば、

ガス床暖房を使うなら、できる限り料金が安いガス会社と契約する必要があります

 

でも、自分であちこちのガス会社に問い合わせて安い所を探すのは、大変です。

そんな人を助けてくれるのが、

『ガス会社変更サービス』

ガス会社変更サービスを利用してガス会社を変更すれば、手間も時間もかからず、料金もサービスも良いガス会社を紹介してもらえます

しかも無料

何より、

  • 最初はすごく安くても、後から値上げするガス会社に当たってしまった
  • 料金が安すぎて、経営状況が悪くなってしまった
  • 料金は安いが、保安やサービスなどの質が良くない

というようなリスクも、避けることができます。

また、『料金保証』のあるガス会社変更サービスを利用すれば、万が一ガス会社が不当な値上げをしても、対応してもらうことができます。

簡単に、楽にガス会社を変更でき、ガス代を節約できるので、とてもおススメですよ。

 

もちろん、どのくらいガス料金が安くなるかは、場合によります。

でも、少しでも安くなる可能性があるなら、ガス会社の乗り換えを検討する価値はあるのではないでしょうか。

 

筆者も実際に、ガス会社変更サービスを利用してガス会社を変えてみました。

その体験を書いている記事もあるので、ぜひ読んでくださいね。

関連記事
節約できた!
ガス屋の窓口でプロパンガス会社を変更してみた【料金節約レビュー】

筆者の家でも、プロパンガスを使っています。 正直、ガス代高いです。 そんなに無駄遣いしている覚えはないし、節約も意識しているのですが、 効果はイマイチ…。   という日々でしたが、 『ガス代 ...

続きを見る

ガス床暖房向けのプランを利用しよう!

ガス会社の中には、

ガス床暖房を導入するとガス代が安くなるプラン

を用意しているガス会社も、多くあります。

これを活用しない手はありません。

プランがあるかどうか、ガス会社に問い合わせてみてください

 

また、ガス会社の乗り換えを検討するなら、ガス会社変更サービスに

『ガス床暖房を使っている(これから使いたい)ので、それも含めておトクなプランがあるガス会社を紹介してほしい』

と、相談してみましょう。

 

ガス会社変更サービスでは、ガス料金全般の相談にも乗ってもらえます。

ガス床暖房を使うにあたってのガス料金のことなど、気軽に相談してみてくださいね!

関連記事
便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ

ガス床暖房を使いつつ、できるだけガスを節約するには、

  • スイッチのオン・オフは1日2回くらいまでにする
  • なるべく運転時間を減らす
  • 温度の設定を少し低めにする
  • 自動運転の機能を利用して、効率よく使う
  • タイマーで、寝る前やお出かけ前などには早めにスイッチを切る
  • 短時間だけ暖房が必要な時は、他の暖房器具を使う

という使い方がおすすめです。

もちろん、生活パターンに合わせて無理のない使い方で

温度も、寒さを我慢しなくて良いくらいの設定で使ってください

無理や我慢をしすぎると、節約も続かなくなってしまいますからね。

 

そして、ガス料金そのものを下げることも、節約には大切です。

状況に合わせて、ガス床暖房向けの料金プランや、ガス会社変更サービスを使ってのガス会社の乗り換えなども、おおいに活用しましょう

 

ガス床暖房は、とても使い心地の良い暖房器具です。

上手に節約をしながら、快適な冬を過ごしてくださいね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス床暖房, プロパンガスの節約

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.