ガス器具 プロパンガスの節約

ガスのスイッチや元栓を閉めると使用量は減る?節約効果をチェック

更新日:

「物価は上がるのに、お給料は変わらない…。」

そんなこのごろ、家計に少しでも余裕を持たせるためには、節約したいですよね。

 

家計の中でもかなりの割合を占めるのが、『ガス代』。

ガスを節約するにはいろいろな方法があります。

その1つとして言われるのが

『ガスを使わない時は、元栓を閉める』

という方法。

でも実はこれ、

『節約になる』という話も、『節約にならない』という話

もあります。

一体どちらなのでしょうか?

 

今回は、

『ガスの元栓を閉める』ことと節約の関係について、またガス器具のスイッチと節約について

お話しします。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

ガスの元栓を閉めることの節約効果は?

ガスの元栓での節約効果は?

ガスの元栓での節約効果は?

ガスの元栓を閉めると節約になる?

結論からずばり言うと、

『使わない時にガスの元栓を閉める』という方法には、節約効果はありません

 

なぜかというと、

ガスはガス器具で火をつけて使う時にのみ、消費されるからです。

通常は、ガスの元栓が開いていても、ガス器具からガスが出ることはありません。

ガス器具は、使わない時にはガスが漏れないような仕組みになっています

そのため、ガス器具を使わなければ、ガスの消費量は変わらないのです。

 

たとえば、ガスコンロを使わないまま元栓を開けっぱなしにしていても、ガスは出ていません。

というか、出ていたらそれは『ガス漏れ』で、とても危険ですよね。

 

そんなわけで、残念ながら『ガスの元栓を閉める』のは、節約にはならないのです。

 

『ガスの元栓を閉めたら使用量が減った』場合は…

でも、次に紹介する場合には、

『ガスの元栓を閉めたら使用量が減った』

ということが起きます。

どんな場合かというと

  • 使っていないガス栓の元栓が開いていて、キャップが取れていた
  • ガスホースに亀裂があるなど、ガスの元栓の先でガス漏れを起こしている
  • ガス器具が故障や破損していて、使っていないのにガスが出てしまう

というように、要するに『ガス漏れ』の場合です。

 

もし

「先月と同じくらいしか使っていないはずなのに、先月よりかなり使用量が増えた。」

「ガスの元栓を閉めるようにしたら、ガスの使用量が減った。」

なんてことが起きた場合には、

真っ先に疑うべきは『ガス漏れ』

です。

「元栓を閉めて節約できた!」

と喜んでいる場合ではありません!

ガスの使用をすぐに中止して、ガス会社に連絡し、点検してもらってください。

 

ガスの元栓を閉めたほうが良いわけ

このように、ガスの元栓を閉めること自体には節約効果はありません。

でも、やはり使わない時は元栓を閉めたほうが良いです

何のためかというと

『安全のため』

です。

 

先にも書いたように、ガスの元栓を閉めなかったからといって、それだけでガス漏れが起きるわけではありません。

でも、

  • いつの間にかガスホースが外れていた
  • ガスホースが劣化して敗れていることに気づかなかった

なんてことがないとも言えません。

そんな万が一に備えるには、やはり『使わない時は元栓を閉める』ことが大切なのです。

 

そしてさらに安全性を高めるには、時々でも良いので

ガスの注意ポイント

  • 元栓とガスホースをつなぐ部分が緩んでいないか
  • ガスホースが劣化したり亀裂が入っていたり、油汚れが点いたりしていないか
  • 使っていない元栓に、ゴムキャップがしっかりはまっているか
  • 使っていない元栓が占めてあるか
  • ガスコンロのバーナーの詰まりや、劣化や故障などはないか

ということを点検してください。

そして、4年以内に1度の、ガス会社の点検も、しっかり受けてくださいね。

 

長期の旅行や出張の時の節約術

長期の旅行や出張など、長い間留守になる場合は、

ガス会社に依頼して元栓を閉めてもらいましょう。

安全性の面ももちろんありますが、ガス会社によってはオトクになります。

 

なぜかというと、ガス会社に依頼して元栓を閉めてもらうと、

その間は『契約していない期間』として扱われ、基本料金が安くなることがあるからです

 

ただし、基本料金を日割りにしてくれるかどうかは、ガス会社にもよります。

なので、長期にわたって留守にする場合は、ガス会社に知らせて、基本料金を日割りにしてもらえるかどうかも、問い合わせてみましょう。

 

元栓がないタイプのガス栓の場合

『元栓を閉めようにも、そもそも元栓がない』

という場合もありますよね。

今は、元栓のないガス栓も増えています。

 

ガスの元栓がない場合は、元栓のことを気にせずに使って大丈夫です。

元栓のないガス栓は、ガス栓そのものに、自動的に開閉する栓が組み込まれています

スライド式の栓で、接続具を差し込むとガス栓が開き、外すとガス栓が閉まる仕組みです。

万が一、地震などでガス器具が外れても、自動でガスが止まるようになっているので、安全が保たれます。

 

ガス器具のスイッチは切ったほうが節約になる?

ガスファンヒーター

ガスファンヒーター

ガスの元栓を閉めても節約につながらないことはわかりましたが、ではガス器具についてはどうでしょうか。

スイッチを切ったほうが、節約になるのでしょうか?

 

これが実は、ガス器具によっても違うのです。

ここでは家庭で使われているガス器具として、

  • ガス給湯器
  • ガスストーブやファンヒーター
  • 種火のあるタイプの風呂釜
  • 床暖房

について、お話ししましょう。

 

給湯器の場合

今多く出回っている、リモコン操作式のガス給湯器のほとんどは、

使わない時にスイッチを切っても、ガスの消費量は変わりません。

 

リモコン式のガス給湯器は、種火を使わず、使う時に火を点ける方式です。

そのため、種火のある風呂釜と違って、お湯を使わない時にはガスを使わないで済みます。

だから、スイッチを切るかどうかでは、ガスの消費量は変わらないのです。

 

ただし、リモコンのパネルやセンサーなど、細かい所で待機電力は消費しています。

そのため、使わない時にはスイッチを切っておくと、待機電力分の電気代の節約になります。

関連記事
ガス給湯器
ガス湯沸かし器やボイラーのお得な使い方・節約方法をチェック!

お風呂やキッチンで使うお湯を供給するのに便利なのが、 ガス湯沸かし器やボイラー(給湯器)。 今や生活に欠かせないものになっていますよね。   ところで、給湯器でかかるガス代は、光熱費の約3割 ...

続きを見る

 

種火のある風呂釜の場合

種火のあるタイプの風呂釜の場合は、

お風呂を使い終わったら種火を消し、元栓を閉めるようにしましょう。

といってもこれも、種火が付いているからといって、そんなにガスを食うわけではありません。

どちらかというと、安全面からです。

なので、たとえば家族が何人かいる家庭で、

『一人がお風呂を使い終わったらその都度消して元栓を閉める』

というところまでする必要はありません。

 

でも、種火で使うガスも、わずかとはいえ使っているわけです。

お風呂が終わったらすぐに消したほうが、わずかながらも節約にはなるでしょう。

 

お風呂では、むしろお風呂やシャワーの使い方に気を付けたほうが、節約できます

家族が立て続けに入るようにする、お風呂の温度を上げ過ぎないなど、

お風呂やシャワーの節約方法を、実行してみてくださいね。

関連記事
節約のアイディア
プロパンガスでガス料金を節約するお風呂やシャワーの入り方を紹介

家計の中で、けっこう高くなってしまうのが、ガス料金。 とくに冬場は、ガスをたくさん使いますよね。 おまけに使っているガスが、プロパンガスとなれば、どうしてもガス料金が高くなります。 ガス料金の明細を見 ...

続きを見る

 

ガスストーブやファンヒーターの場合

ガスストーブやファンヒーターは

使わない時はもちろん、タイミングよくスイッチを切ると、ガスの節約ができます。

 

ガスファンヒーターやガスストーブのメリットは、温まるのが早いこと。

それを利用して、

部屋が温まったらスイッチを切ってエアコンに切り替えると、ガスの使用量を抑えられます

逆に、ガスファンヒーターやストーブをつけっぱなしにすると、

部屋が暖まり過ぎて、ガスの無駄

になってしまうこともあります。

賢く使って、ガスの使用量を抑えてくださいね。

関連記事
夏と冬、どうしたらガス節約できる?
季節ごとのガス節約術を紹介!夏と冬に限界までガス料金を下げる方法

家計の中でも割合の大きい、ガス代。 なんとか節約して、なるべく抑えたいと、誰もが思うはずですよね。   そのガス代は、季節によって変化します。 夏はガスを使う量も少なくなりますし、冬はやはり ...

続きを見る

 

床暖房の場合

ガスの床暖房は、

こまめにスイッチを切るより、なるべく長い時間運転したほうが、節約になります。

 

床暖房で一番ガスを使うのは、スイッチを入れてから約1時間の間。

最初に水をお湯に温める時点で、ガスを多く使うのです。

その後は、温めたお湯の温度を保ちながら循環させるので、最初ほどガスは使いません。

でも、一度スイッチを切って、水が冷えてからスイッチを入れると、また最初から温め直しです。

ということは、ガスを多く使う『運転し始め』を何度も繰り返すよりは、

一度運転し始めたら長く運転しておいた方が、コストは安くなります。

 

床暖房には、『自動運転』や『パワフル運転』などの機能が付いているものもあります。

そういった機能も上手に使って、節約してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ガスの節約方法はたくさんありますが、残念ながら

『ガスの元栓を閉める』

というのは、『節約』にはなりません。

でも、元栓を閉めること自体は、安全のためにとても大切です。

  • 使い終わったら元栓を閉める
  • 寝る前や外出前には、元栓が閉まっているか確認する

ということを、習慣にしてくださいね。

 

元栓がないガス栓の場合は、元栓を気にしなくて大丈夫です。

万が一、ガス器具が外れてしまっても、自動的にガスを止める仕組みが付いているので、安全です。

 

そして、ガス器具について。

『こまめにスイッチを切ったほうが節約になるかどうか』は、ガス器具によって違います。

それぞれのガス器具の特徴に合わせて、オン、オフを上手に使ってみてください。

それで少しずつでも、ガス代が節約できますよ!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス器具, プロパンガスの節約

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.