ガス器具 プロパンガスの節約

給湯器のガス元栓をこまめに閉めると使用量は減る?節約効果を確認

給湯器のガスの元栓!こまめに閉めるとガスを節約できる?

スポンサーリンク

光熱費の多くは、給湯器で使うガス代が占めています。

ガス代を節約するには、『給湯器でのガスの使用量』を減らすことが大切ですよね。

 

ガス節約術の1つに

ガスを使わない時は、元栓を閉める

という方法があると言われています。

 

でも実はこの方法、

『節約になる』という話も、『節約にならない』という話もあるんです。

実際、節約になるのでしょうか? ならないのでしょうか?

 

ということで、この記事では

  • 給湯器などのガス器具の元栓をこまめに閉めると、ガス代を節約できるのかどうか
  • 給湯器のガスを節約する方法
  • ガス器具のスイッチを切るのは節約になるかどうか

についてチェックしていきます!

ぜひ読んでくださいね!

\ 知ってる人だけがトクをする /

ガス代を減らす裏技

実は私は…コレで8万円オトクになりました!

『元栓を閉める』という方法のガス節約効果は?

給湯器の元栓をこまめに閉めると節約になる?

結論からずばり言うと、

給湯器の元栓をこまめに閉めたとしても、ガスの節約にはなりません。

 

なぜかというと、

元栓が開いていても、火をつけない限りはガスが消費されないからです。

 

これは給湯器以外のガス器具でも同じです。

たとえば、ガスコンロの元栓を開けっぱなしにしていても、コンロで火を付けなければガスは使われないのです。

 

そんなわけで、残念ながら『ガスの元栓を閉める』という方法は、節約術にはなりません。

 

給湯器の元栓は開けっ放しにするべし!

そもそも、給湯器の元栓を毎日開けたり閉めたりするのは、むしろ良くありません。

 

なぜかというと、

ガス漏れのリスクが上がってしまうからです。

 

カジコ
えっ、元栓を開け閉めるとガス漏れしやすくなるって、どういうこと?

 

給湯器の元栓には、普通の元栓と違う『ねじ栓』という栓が使われています。

『ねじ栓』は、開けっ放しで使うように作られていて、頻繁に開け閉めすると中のグリスが切れてガス漏れしやすくなってしまうのです。

 

給湯器は元栓を閉めなくても安全に使えるようにできています。

給湯器の元栓は開けっ放しで使ってくださいね。

 

『元栓を閉めたらガスの使用量が減る』のはどんな時?

元栓を閉めてガスの使用量が減ることがあるとすれば、『ガス漏れ』が起きている可能性が高いです。

 

たとえば

  • 使っていないガス栓の元栓が開いていて、キャップが取れていた
  • 元栓とガス器具をつなぐホースに亀裂などがあるために、ガス漏れを起こしている
  • ガス器具が故障していて、使っていないのにガスが出てしまう

といった形でガス漏れをしている場合は、元栓を閉めることで使用量が減ります。

 

もし

  • 先月と同じくらいしか使っていないはずなのに、先月よりかなり使用量が増えた
  • ガスの元栓をこまめに閉めるようにしたら、ガスの使用量が減った

といったことが起きた場合には、

  1. すぐにガスの使用を中止する
  2. ガス会社に連絡して、点検してもらう
  3. 安全が確認できるまで、絶対にガスを使わない

という対応をしてください。

 

『元栓を閉めたら節約できた』なんて喜んでいる場合ではありませんよ!

 

給湯器のガスを節約する方法は?

給湯器で使うガスを節約したい!

給湯器で使うガスを節約したい!

元栓を閉めてもガスは節約できませんが、給湯器のガスを節約する方法はあります。

 

ポイントは

  • 使うお湯の量を減らす
  • 使うお湯の温度を下げる

ということです。

 

具体的には

  • お風呂やシャワーの温度を下げる
  • 節水シャワーヘッドを使う
  • 洗髪でシャンプーなどを流すときは、髪を絞ってからシャワーをかける
  • 家族で立て続けにお風呂に入り、追い焚きの回数や時間を減らす
  • 浴槽の蓋や保温シートを活用する
  • 浴室に寒さ対策をして、お湯の温度をなるべく保てるようにする
  • キッチンの洗い物でお湯を使うときは、『冷たくない』くらいの温度に設定する
  • ガスが節約できるグッズを使う

といった方法があります。

 

ただし、お湯の温度を下げるのは『無理のない範囲』にしましょう。

特にお風呂やシャワーは、温度を下げすぎて風邪をひかないようにしてくださいね。

 

関連記事:プロパンガスでガス料金を節約するお風呂やシャワーの入り方を紹介

関連記事:ガス料金を節約する給湯器の使い方!コスパの良い設定温度とは?

関連記事:ガス料金を節約するおすすめグッズを紹介【絶対に買うべきアイテム】

 

元栓を閉めたほうが良いガス器具もある

給湯器以外のガス器具でも、ガスの元栓を閉めること自体には節約効果はありません。

 

でも、

  • テーブルコンロ
  • ガスファンヒーター
  • ガスストーブ
  • 瞬間湯沸かし器
  • 風呂のバランス釜

といったガス器具の元栓は、使わないときには閉めましょう。

節約ではなく、安全のためです。

 

先にも書いたように、ガスの元栓を閉めなかったからといって、それだけでガス漏れが起きるわけではありません。

 

でも、

  • いつの間にかガスホースが外れていた
  • ガスホースが劣化して破れていることに気づかなかった

といったことが、ないとは言えません。

 

万が一の時の危険を回避するためにも、やはり『使わない時は元栓を閉める』ことが基本です。

 

メモ

  • 元栓がないガス器具である
  • ガス器具の近くに元栓が見つからない

というときは、元栓を気にせずに使って大丈夫です。

元栓のないガス栓は、ガス栓そのものに自動的に開閉する栓が組み込まれているので、ガス漏れの心配もありません。

 

関連記事:ガスの元栓はどこにあるの?家の中の設置場所をチェック!

 

長期間留守にするときは元栓を閉めてもらおう

長期の旅行や出張など、長い間留守になる場合は、ガス会社に依頼して元栓を閉めてもらいましょう。

安全性の面ももちろんありますが、ガス代が節約できるかもしれません。

 

なぜかというと、ガス会社に依頼して元栓を閉めてもらうと、

その間は『契約していない期間』として扱われ、基本料金が安くなることがあるからです。

 

メモ

基本料金を安くしてくれるかどうかは、ガス会社によります。

 

ガス器具のスイッチは切ったほうが節約になる?

ガスファンヒーターのスイッチは切ったほうが節約になるの?

カジマル
元栓を閉めても節約にならないことはわかったけど、スイッチはどうなの?

 

スイッチを切ると節約効果があるかどうかは、ガス器具によって違います。

 

  • ガス給湯器
  • 種火のあるタイプの風呂釜
  • ガスストーブやファンヒーター
  • 床暖房

について、チェックしていきましょう。

 

給湯器の場合

今多く出回っている、リモコン操作式のガス給湯器のほとんどは、

使わない時にスイッチを切っても、ガスの消費量は変わりません。

 

リモコン式のガス給湯器は、種火を使わず、『使う時に火を点ける』という方式です。

お湯を使わなければ、ガスは消費しません。

 

だから、『スイッチを切るかどうか』では、ガスの消費量は変わらないのです。

 

でも、使わない時にスイッチを切っておくと、待機電力分の電気代は節約できます。

リモコンのパネルやセンサーなど、細かい所で待機電力を消費しているからです。

 

関連記事:ガス湯沸かし器やボイラーのお得な使い方・節約方法をチェック!

 

種火のある風呂釜の場合

『バランス釜』など、種火のあるタイプの風呂釜は、お風呂を使い終わったら種火を消して元栓を閉めましょう。

種火が付いていてもガスの消費量はそんなに多くはありませんが、わずかながらも節約にはなります。

 

もちろん、何人かでお風呂を使うときには、種火を消すのは最後の人が使い終わった時でOKです。

一人がお風呂を使い終わるたびに種火を消す必要はありません。

 

関連記事:プロパンガスでガス料金を節約するお風呂やシャワーの入り方を紹介

 

ガスストーブやファンヒーターの場合

ガスストーブやファンヒーターは

使わない時はもちろん、タイミングよくスイッチを切ると、ガスの節約ができます。

 

ガスファンヒーターやガスストーブの特長は、温まるのが早いこと。

その特徴を生かして、

『部屋が温まったらスイッチを切ってエアコンに切り替える』という使い方をすると、ガスの使用量を抑えられます。

 

賢く使って、ガスの使用量を抑えてくださいね。

関連記事:ガスヒーターの節約術をチェック!できるだけコスパ良く使う方法!

関連記事:ガスファンヒーターで効率よく部屋を暖める置き場所を解説【使い方】

 

床暖房の場合

ガスの床暖房は、こまめにスイッチを切るより、なるべく長い時間運転したほうが、節約になります。

床暖房で最もガスを使うのは、スイッチを入れてから約1時間の間だからです。

その後は、温めたお湯の温度を保ちながら循環させるので、最初ほどガスは使いません。

 

でも、一度スイッチを切ってパイプの水が冷えてしまうと、また最初から温め直しです。

その分、ガスを多く使いますよね。

 

だから、床暖房は一度スイッチを入れたら、なるべく入れっぱなしが良いのです。

 

『自動運転』や『パワフル運転』などの機能が付いている機種なら、機能を上手に使って節約してください。

 

関連記事:床暖房のガス代が高い!節約するならつけっぱなしのほうが安い真相

関連記事:給湯器や床暖房の設定温度を低くするとガス代を節約できるか確認

 

\ 知ってる人だけがトクをする /

ガス代を減らす裏技

実は私は…コレで8万円オトクになりました!

まとめ

給湯器に限らず、ガス器具は

元栓をこまめに閉めても、ガスの節約はできません。

 

元栓が開いていても、火をつけない限りガスは消費されないからです。

もし元栓を閉めたことでガスの使用量が減ったとしたら、ガス漏れしている可能性があります。

 

むしろ、給湯器の元栓は開けっ放しにしておいてください。

給湯器の元栓をしょっちゅう開け閉めすると、逆にガス漏れしやすくなってしいます。

 

他の

  • テーブルコンロ
  • ガスファンヒーター
  • ガスストーブ
  • バランス釜

などは、安全のために、使い終わったら元栓を閉めましょう。

 

元栓がないガス栓や、屋外に元栓がある場合は、元栓の開閉を気にしなくて大丈夫です。

 

スイッチをこまめに切った方が良いかどうかについては、ガス器具によって違います。

ガス器具の特長に合わせて、上手にオン・オフを使ってくださいね。

少しずつでも、ガス代や電気代が節約できますよ!

-ガス器具, プロパンガスの節約