ガス器具 プロパンガスの節約

ガスのスイッチや元栓を閉めると使用量は減る?節約効果をチェック

スポンサーリンク

ガスを節約するには、いろいろな方法があります。

 

その1つとして言われるのが

ガスを使わない時は、元栓を閉める

という方法です。

 

でも実はこれ、

『節約になる』という話も、『節約にならない』という話もあります。

真実は、どちらなのでしょうか?

 

ということで、この記事では

  • 『ガスの元栓を閉める』のは、節約になるのかどうか
  • 『ガス器具のスイッチを切る』ことは節約につながるかどうか

についてチェックしていきます!

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

『ガスの元栓を閉める』のは節約効果ある?

ガスの元栓で節約できるのかどうか

結論からずばり言うと、

『ガスを使わない時には元栓を閉める』ということには、節約効果はありません。

 

なぜかというと、

ガス器具で火をつけて使う時にのみ、ガスを使うからです。

 

たとえばガスコンロは、火が付いていない時は、元栓が開いていてもガスは出ていません。

(もし元栓が開いているだけでガスが出ていたら、火をつける時にガスに引火して、大事故になります。)

ですから、元栓を閉めなくても、火が付いていなければ、ガスは消費されないのです。

 

そんなわけで、残念ながら『ガスの元栓を閉める』のは、節約にはなりません。

『ガスの元栓を閉めたら使用量が減る』のはどんな時?

『ガスの元栓を閉めたらガスの使用量が減った』ということがあるとすれば、『ガス漏れ』の可能性が高いときです。

 

たとえば

  • 使っていないガス栓の元栓が開いていて、キャップが取れていた
  • ガスホースに亀裂があるなど、ガスの元栓の先でガス漏れを起こしている
  • ガス器具が故障や破損していて、使っていないのにガスが出てしまう

といった形でガス漏れをしていると、元栓を閉めることで使用量が減ります。

 

もし

  • 先月と同じくらいしか使っていないはずなのに、先月よりかなり使用量が増えた。
  • ガスの元栓をこまめに閉めるようにしたら、ガスの使用量が減った。

といったことが起きた場合には、

  1. すぐにガスの使用を中止する
  2. ガス会社に連絡して、点検してもらう
  3. 安全が確認できるまで、絶対にガスを使わない

という対応をしてください。

 

『元栓を閉めて節約できた!』なんて喜んでいる場合ではありませんよ!

ガスの元栓はやっぱり閉めたほうが良い

ガスの元栓を閉めること自体には節約効果はありません。

でも、ガスを使わない時は、元栓を閉めたほうが良いです。

 

なぜかというと『安全のため』です。

 

先にも書いたように、ガスの元栓を閉めなかったからといって、それだけでガス漏れが起きるわけではありません。

でも、

  • いつの間にかガスホースが外れていた
  • ガスホースが劣化して破れていることに気づかなかった

といったことが、ないとは言えません。

 

万が一の時に、より安全を確保するためにも、やはり『使わない時は元栓を閉める』ことが大切なのです。

 

ガスの注意ポイント

  • 元栓とガスホースをつなぐ部分が緩んでいないか
  • ガスホースが劣化したり亀裂が入っていたり、油汚れが付いたりしていないか
  • 使っていない元栓に、ゴムキャップがしっかりはまっているか
  • 使っていない元栓が占めてあるか
  • ガスコンロのバーナーの詰まりや、劣化、故障などはないか

時々で良いので、上記を点検してください。

4年以内に1度のガス器具の点検も、きちんと受けてくださいね。

長期の旅行や出張の時の節約術

長期の旅行や出張など、長い間留守になる場合は、

ガス会社に依頼して元栓を閉めてもらいましょう。

安全性の面ももちろんありますが、ガス代が節約できるかもしれません。

 

なぜかというと、ガス会社に依頼して元栓を閉めてもらうと、

その間は『契約していない期間』として扱われ、基本料金が安くなることがあるからです。

ポイント

基本料金を安くしてくれるかどうかは、ガス会社によります。

 

それに、何より確実に安全ですよ!

元栓がないタイプのガス栓の場合

『元栓を閉めようにも、そもそも元栓がない』

という場合もありますよね。

今は、元栓のないガス栓も増えていますから。

 

ガスの元栓がない場合は、元栓のことを気にせずに使って大丈夫です。

 

元栓のないガス栓は、ガス栓そのものに、自動的に開閉する栓が組み込まれています。

スライド式の栓で、接続具を差し込むとガス栓が開き、外すとガス栓が閉まる仕組みです。

地震などでガス器具が外れても、自動でガスが止まるようになっていますから安全ですよ!

 

ガス器具のスイッチは切ったほうが節約になる?

ガスファンヒーターのスイッチは切ったほうが節約になるの?

ガスの元栓を閉めても節約につながらないことはわかりました。

では、ガス器具についてはどうでしょうか?

スイッチを切ったほうが、節約になるのでしょうか?

 

この回答は、

ガス器具によって違います。

 

ここでは、家庭で使われているガス器具として、

  • ガス給湯器
  • 種火のあるタイプの風呂釜
  • ガスストーブやファンヒーター
  • 床暖房

について、チェックしていきましょう。

給湯器の場合

今多く出回っている、リモコン操作式のガス給湯器のほとんどは、

使わない時にスイッチを切っても、ガスの消費量は変わりません。

 

リモコン式のガス給湯器は、種火を使わず、『使う時に火を点ける』という方式です。

そのため、種火のある風呂釜と違って、お湯を使わない時にはガスを使わないで済みます。

 

だから、スイッチを切るかどうかでは、ガスの消費量は変わらないのです。

 

でも、使わない時にスイッチを切っておくと、待機電力分の電気代は節約できます。

リモコンのパネルやセンサーなど、細かい所で待機電力を消費しているからです。

関連記事:ガス湯沸かし器やボイラーのお得な使い方・節約方法をチェック!

種火のある風呂釜の場合

種火のあるタイプの風呂釜の場合は、お風呂を使い終わったら種火を消し、元栓を閉めるようにしましょう。

 

種火が付いていても、ガスの消費量は、そんなに多くはありません。

でも、お風呂が終わったらすぐに消したほうが、わずかながらも節約にはなります。

 

もちろん、何人かでお風呂を使うときには、種火を消すのは最後の人が使い終わった時でOKです。

『一人がお風呂を使い終わったら、その都度種火を消す』ということまでする必要はありません。

 

こまめに種火を消すより、むしろお風呂やシャワーの使い方に気をつけたほうが、節約できます。

『間を開けずに次々入る』『設定温度を上げ過ぎない』など、お風呂やシャワーの節約方法を、実行してみてください。

関連記事:プロパンガスでガス料金を節約するお風呂やシャワーの入り方を紹介

ガスストーブやファンヒーターの場合

ガスストーブやファンヒーターは

使わない時はもちろん、タイミングよくスイッチを切ると、ガスの節約ができます。

 

ガスファンヒーターやガスストーブのメリットは、温まるのが早いこと。

それを利用して、

部屋が温まったらスイッチを切ってエアコンに切り替えると、ガスの使用量を抑えられます。

 

逆に、ガスファンヒーターやストーブをつけっぱなしにすると、部屋が暖まり過ぎて、ガスの無駄になってしまうこともあります。

 

賢く使って、ガスの使用量を抑えてくださいね。

関連記事:ガスヒーターの節約術をチェック!できるだけコスパ良く使う方法!

関連記事:ガスファンヒーターで効率よく部屋を暖める置き場所を解説【使い方】

床暖房の場合

ガスの床暖房は、こまめにスイッチを切るより、なるべく長い時間運転したほうが、節約になります。

床暖房で最もガスを使うのは、スイッチを入れてから約1時間の間だからです。

その後は、温めたお湯の温度を保ちながら循環させるので、最初ほどガスは使いません。

 

でも、一度スイッチを切って、パイプの水が冷えてからスイッチを入れると、また最初から温め直しです。

 

だから、床暖房は一度スイッチを入れたら、なるべく入れっぱなしが良いのです。

 

床暖房には、『自動運転』や『パワフル運転』などの機能が付いているものもあります。

そういった機能も上手に使って、節約してくださいね。

関連記事:床暖房のガス代が高い!節約するならつけっぱなしのほうが安い真相

関連記事:床暖房のガス料金は設定温度で節約できるのかチェック!

スポンサーリンク

まとめ

残念ながら、『ガスの元栓を閉める』というのは、『節約』にはなりません。

 

でも、元栓を閉めること自体は、安全のために、とても大切です。

寝る前や外出前には、元栓をしっかり閉めてくださいね。

元栓がないガス栓の場合は、元栓を気にしなくて大丈夫です。

 

そして、ガス器具について。

『こまめにスイッチを切ったほうが節約になるかどうか』は、ガス器具によって違います。

 

給湯器

⇒こまめにスイッチを切ると待機電力分の電気代を節約できる

種火のある風呂釜

⇒お風呂を使い終わったらスイッチを切ると、節約になる

ガスストーブやファンヒーター

⇒タイミングよくスイッチを切ることで節約できる

床暖房

⇒一度スイッチを入れたら、なるべく入れっぱなしのほうが節約になる

 

それぞれのガス器具の特徴に合わせて、オン、オフを上手に使ってみてください。

少しずつでも、ガス代が節約できますよ!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

-ガス器具, プロパンガスの節約

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved