プロパンガスの節約

【ガス代節約】断熱効果があるお風呂のふたとは?素材を調査【保温】

お風呂のふたでもガス代を節約!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

家庭の中で最もガスを使う場面といえば、『お風呂』です。

特に冬場は水温が低くなりますし、お湯の温度が下がるのが早いことから、ガスを使う量も多くなりますよね。

 

ガスオ
なんとかして、少しでもガス代節約したいなぁ。

そうですね。

 

ガス代を節約する方法はいくつかありますが、その1つに

断熱効果の高い素材のお風呂のふたを使う

という方法があるんです!

 

ということで、今回は

  • どんな素材のお風呂のふたが断熱効果が高いのか
  • お風呂のふたの選び方

についてお伝えしていきます。

 

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

断熱効果のお風呂のふたはどんな素材のどういうタイプ?

最も断熱効果の高いお風呂のふたは?

最も断熱効果の高いお風呂のふたは、

アルミ樹脂複合板に断熱構造をプラスした、組み合わせタイプのふたです。

 

アルミ樹脂複合板は、断熱効果のある素材です。

アルミ樹脂複合板の保温力にプラスして、

  • アルミ板の間に樹脂を挟んである
  • 発泡スチロールやアルミを樹脂ボードの間に挟み込んである
  • 樹脂板の間に空気層を作って断熱性能を高めている

といった作りになっている製品は、さらに保温力が高いですよ。

 

また、組み合わせタイプだと、隙間なくぴったりとふたをすることができます。

ですから、保温力を重視するなら、組み合わせタイプがおすすめです。

 

ただし、『組み合わせタイプのふた』の中には、プラスチックの板だけの製品もあります。

ですから、買うときには必ず

  • 『アルミ樹脂複合板』を使っているかどうか
  • 断熱材などが入っているかどうか

を確かめて選んでくださいね。

 

メモ

組み合わせタイプのふたは、『組みふた』『パネルふた』とも呼ばれます。

 

断熱効果は素材でも違う?

お風呂のふたの断熱効果は、素材によっても、ある程度違います。

 

おおまかには

保温効果の高い素材

⇒アルミ樹脂複合板・ポリプロピレン樹脂・ヒノキなどの木板

保温効果の低い素材

⇒プラスチック板

となります。

 

ただし、

保温性には、素材そのものだけではなく、構造も関わっているのです。

 

たとえば、同じプラスチック製であっても

プラスチック板だけのふたと、中に発泡スチロールなどの断熱材や、空気層を挟み込む構造になっているふたでは、保温性が違います。

 

ですから、ふたを選ぶなら

  • 素材
  • 構造

の両方をよくチェックしてくださいね。

 

ガス代節約になるお風呂のふたの使い方は?

ガス代の節約になるお風呂のふたの使い方は

  • お風呂を出る時には必ずふたをする
  • 保温シートと併用する

という使い方です。

家族が次々にお風呂に入るとしても、出る時には一旦ふたをしたほうが、お湯が冷めにくいです。

 

また、

  • 次の人が入るまでに間がある
  • 翌日はお湯を変えずに追い炊きでお風呂を沸かす

といった場合は、ぜひ、ふたと保温シートを併用してください。

お湯の温度が少しでも下がらないほうが、消費するガスの量が少なくて済みます。

お風呂のふたの選び方

お風呂のふた、どう選ぶ?

お風呂のふた、どう選ぶ?

お風呂のふたは毎日使う物ですから、

保温性だけでなく、扱いやすさや掃除のしやすさなども考えて選ぶことが大切です。

 

お風呂のふた選びの基本的なポイント

お風呂のふたを選ぶときに必ずチェックしておきたいのは、

お風呂のサイズとふたのサイズが合うかどうか

⇒ふたの保温力を生かせる・事故を防ぐ

素材や構造

⇒使われている素材や、断熱構造になっているかどうかなど

手入れのしやすさ

⇒折り畳みタイプやシャッタータイプは特に、溝の部分が洗いやすいかどうか要チェック

重さ

⇒軽いほうが扱いやすく、特に子どもや高齢者がいる家庭では、軽いほうが良い

安全性

⇒重いふただと落とした時にケガをする可能性があるし、割れやすい素材だと割れた部分でケガをすることがある

という点です。

 

特に、

『浴槽に合うサイズのふたを使う』ことは、保温のためだけではなく、事故を防ぐためにも、とても大切です。

 

サイズが合わないと

風呂のふたに隙間がある

⇒子どもやペットがのぞき込んで転落する

風呂のふたが大きすぎて、浴槽からはみ出ている

⇒ぶつかってケガをする

といった事故につながる可能性があるからです。

 

ふたのタイプ別のメリット・デメリット

ここからは、

  • 組み合わせタイプ
  • 折り畳みタイプ
  • シャッタータイプ(ロールタイプ)
  • 木製の風呂ふた

について、どんなメリットやデメリットがあるのか、見ていきましょう。

あわせて選ぶときのポイントも紹介します。

 

メリットデメリット選ぶときのポイント
組み合わせタイプ
  • 保温性が高い
  • 表面が平らなので掃除がしやすく、汚れやカビなどが付きにくい
  • お風呂に入っている間は立てかけておかなければならず、場所を取る
  • 2枚ふたや重みのあるものだと扱いにくい
  • 2枚のふたが大きくて扱いにくいなら、3~4枚の組み合わせふたを選ぶのもおすすめ
  • プラスチック板だけのふたなど、保温性が低い製品もあるので、素材や構造は要チェック
折り畳みタイプ
  • コンパクトさは3タイプの中でダントツ。
  • 場所を取らないので、浴室を狭く感じにくい
  • お手頃な価格の商品が多い
  • ふたの中が空洞になっている場合、ぶつけた時に割れたりしやすいので注意が必要。
  • 折り畳み部分の溝の掃除がしにくく、カビや汚れが付きやすい
  • 角の部分にゴムなどが付いている製品だと、ぶつけても比較的割れにくい
  • 抗菌・防カビなどの加工がしてあるものだと、カビや汚れも付きにくい
シャッタータイプ
  • くるくると巻いて開け閉めでき、子どもや高齢者にも扱いやすい
  • 巻くとコンパクトになり、そのまま浴槽の端に置いておいても邪魔にならない
  • 巻いたまま立てておくこともできる
  • 溝の部分の掃除に手が掛かる
  • 溝にカビが生えたり汚れが溝に溜まったりしやすい
  • 抗菌や防カビの加工をしてあるものを選ぶのがおすすめ(ただし、加工がしてあっても、こまめに手入れをするのが基本)
  • 一度巻くと戻りにくいタイプのふたもある
木製
  • 保温性もあり、木の香りでリラックスできる
  • ヒバやヒノキのシンプルな板のふたはカビにも強く、腐りにくい
  • 木目の風合いが温かく、高級感が出る
  • 良い木材を使っているものは、価格が高い
  • 安いものだと、反りや節があったりする
  • シンプルな板が扱いにくそうなら、取っ手の付いたふたを選ぶのもおすすめ。
  • 扱いやすいシャッタータイプや折り畳みタイプもある

 

ガスオ
どのふたも、一長一短なんだね。

そうなんです!

『保温性を重視したら、重くて使いにくかった』『扱いやすさで選んだら、掃除が大変』

ということもあります。

 

ですから選ぶときには、できればお店で実物を見てください。

  • どのくらいの重さか、実際に持ってみる
  • 溝の幅や深さをよく見る

といった方法で確認して選ぶのが、最も確実ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

お風呂のふたで、最も断熱性能が高いのは

アルミ樹脂複合板に断熱材や空気層を挟み込んだ、『組み合わせタイプ』のふたです。

アルミ樹脂複合板は、それだけでも保温力のある素材です。

それに断熱構造を加えた製品なら、保温力がさらに高くなります。

 

ただ、組み合わせタイプのふたには、

  • 大きくて扱いにくい
  • 重い

というデメリットもあります。

 

保温力は大切な要素ですが、それだけでなく

  • 軽さ
  • 扱いやすさ
  • 掃除のしやすさ

といったことも考えて、『毎日の暮らしで使いやすいふた』を選んでくださいね。

 

折り畳みタイプやシャッタータイプのふたでも、保温力のある素材や構造の製品もあります。

そして、

お風呂の中に浮かべる保温シートを使うことで、さらにお湯の保温力が高まります。

保温シートは手軽に買えるので、ぜひ併用してください。

しっかりお風呂の保温をして、ガス代を節約しましょう!

-プロパンガスの節約

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved