ガスの元栓とガスホース

ガス器具 プロパンガスの違い

プロパンガスと都市ガスのガスホースの違いとは?接続口や接続方法を紹介

日常生活に欠かせない、プロパンガスや都市ガス。

料理をする時や、お風呂を沸かす時など、いつでも簡単に使えて、とても便利な存在ですよね。

 

ところで、プロパンガスと都市ガスでは、いろいろな違いがあります。

たとえば、供給方法やガスの成分、原料、それにガス器具など…。

では、ガスホースについては、どうでしょうか?

 

ガスホースって、色に違いはあっても、どれも似たような感じがしますよね。

でも、お店に行くと、

ガスホースには『都市ガス用』『LPガス用』などと書かれています

何がどう違うのでしょうか?

 

そこで、この記事では、

  • プロパンガスと都市ガスでのホースの違い
  • ガスホースの接続口や接続方法

について、お伝えします。

ガス器具は、ホースのつなぎ方も含めて、正しく使うことが大切なんですよ。

スポンサーリンク

プロパンガスのホースと都市ガスのホースの違い

ガスの火

ガスの火

プロパンガスのホースと都市ガスのホースはここが違う

ではさっそく、プロパンガスと都市ガスのホースの違いを見てみましょう。

プロパンガス 都市ガス
オレンジ色 パステルベージュ

(以前は青)

構造 内側…耐ガス性の良いゴム

中間層…難燃性、対候性の良いゴム

外側…耐可塑性樹脂

内側…耐ガス性の良いゴム

中間層…高強度ゴム

外側…耐熱性の高い合成樹脂

耐用年数 3年 8年

プロパンガスのガスホースと都市ガスのガスホースでは、以上の違いがあります。

 

構造は、どちらも三層構造になっていますから、似ているように見えるかもしれませんね。

しかし、どちらも

それぞれのガスの性質に合わせた素材

で作られているのです。

ガスを安全に使うためには、ガスの種類にあったホースを使うことが必要です。

プロパンガスと都市ガスでホースが違う理由

では、プロパンガスと都市ガスでは、なぜホースに違いがあるのでしょうか?

その理由は、プロパンガスと都市ガスでは

  • 成分
  • 圧力
  • 熱量

に違いがあるからです。

どのくらい違いがあるのか、表で見てみましょう。

プロパンガス 都市ガス
成分 プロパンが主成分。

他にブタンなど。

メタンが主成分。

他に、エタン、プロパン、ブタン

圧力 2.3~3.3KPa 1.0~2.5KPa(13Aの場合)
熱量 24,000Kcal/1㎥ 11,000Kcal/1㎥

このように、

  • 圧力は、プロパンガスが都市ガスの1.3~2倍
  • 熱量は、プロパンガスは都市ガスの2倍以上

と、こんなにも違いがあります。

そのため、プロパンガスには、

圧力や熱量が高くても安全に使えるホース

が必要なのです。

 

また、ガスホースのメーカーは、『(財)化学物質評価研究機構が定めた基準』に合うように、ゴムホースを作っています。

しかし、この検査基準は、あくまでも

『ガスの種類に合ったホースを使った場合』の基準です。

たとえば、プロパンガスに都市ガス用のホースを使った場合のことは、考慮されていないのです。

 

なので、先にも書きましたが、

プロパンガスにはプロパンガスのホースを、

都市ガスには都市ガスのホースを、

必ず使ってください。

 

とくに、

「都市ガスのホースのほうが、耐用年数が長いから」

と考えて、

プロパンガスに都市ガスのホースを使うのは、事故につながることもあり、危険です。

ガスホースの種類について

ガスホースには、何種類かあります。

  • ガスソフトコード
  • ガスコード
  • 強化ガスホース
  • 金属可とう管

などです。

これも、繋ぐガス機器などに合うものを使う必要があります。

では、それぞれのガスホースについて、簡単に説明しましょう。

ガスソフトコード

まず、『ガスソフトコード』

これは、いわゆる

『ガスのゴム管』

と呼ばれているものです。

ガスコンロ、ガス炊飯器、ガスストーブなどのガス器具で使います。

ホースエンド型のガス栓とガス器具をつなぐために使うものです。

ソケットを付ければ、コンセント型の接続口でも使うことが可能になります。

ガスコード

『ガスコード』は、コンセント型のガス栓やガス器具をつなぐものです。

ガス栓用プラグを使えば、ホースエンド型のガス栓にもつなぐことができます。

これも、ガスコンロやガス炊飯器、ガスストーブのほか、衣類乾燥機やガスファンヒーターなどの器具で使います。

強化ガスコードと金属可とう管

そして、『強化ガスホース』『金属可とう管』は、小型湯沸かし器など、据え置き型のガス器具に使うものです。

これらは、接続や交換をするには、資格が必要です。

無資格の人は、付け外しをしてはいけません。

必要な時は業者などに頼んでください

ガスホースを買う時のチェックポイント

ガスホースを買う時には、お店に行く前に

  • ガスの元栓とガス器具の接続口の形
  • ホースエンド型の接続口なら、9.5㎜用か13㎜用か
  • ガスの種類(プロパンガスか都市ガスか、都市ガスなら12Aか13Aか)
  • ガス器具の最大ガス消費量

を確認して、メモしていきましょう。

 

接続口には

  • ホースエンド型
  • コンセント型

の2種類があります。

ガスの接続口

ガスの接続口

この画像で、すぐ違いがわかるでしょう。

  • ホースエンド型は、赤い線があり、接続口が段々になっている。(段の数は、製品によって違います。)
  • コンセント型は赤い線がないことが特徴です。

さらに、ホースエンド型の場合は、

  • 9.5㎜用のガスホース
  • 13㎜用のガスホース

のどちらかが必要な場合があります。

なので、口のサイズも確認してください。

 

それから、使っているガスの種類の確認方法ですが、

  • 家のそばにガスボンベがある場合は、プロパンガス
  • ガスボンベがない場合は、都市ガス
  • 都市ガスの種類は、ガスメーターを確認

という方法で、確認することができます。

 

そして『最大ガス消費量』は、

ガス器具についているステッカー

で確認することができます。

なぜ『最大ガス消費量』を確認する必要があるかと言えば、それはガスホースの長さに関わるからです。

ガスホースの長さは、

『その器具がどれくらいガスを消費するか』

によって決められています。

ガスソフトコードを使う場合なら、ガスの消費量に関係なく、最長3mまでです。

 

その他の場合は、このようになっています。

最大ガス消費量 ガスホースの長さ
4.7kW(4,000Kcal/h以下) 5m
5.8kW(5,000Kcal/h以下) 4m
6.4kW(5,500kcal/h以下) 3m
7.7kW(6,500Kcal/h以下) 2m
9.3kW(8,000Kcal/h以下) 1m
11.0kW(9,500Kcal/h以下) 0.5m

これも、

ガス器具を安全に使うための基準

なので、必ず守ってください。

たとえば、

  • ガスホースが長すぎるのを折りまげて使う
  • ギリギリの長さで張り詰めすぎた状態で使う

という使い方は、事故につながりかねません。

ガスホースは、

長すぎず、ほどよい余裕のある長さ

で使いましょう。

新しくガス器具を買う場合

  • 家で使っているガスの種類
  • 接続口
  • 最大ガス消費量

以上の3つを確認したうえで、お店の人にガスホースを選んでもらうと、確実ですよ。

スポンサーリンク

ガスホースの接続方法について

では次に、ガスホースの接続方法についてです。

ここでは

  1. ホースエンド型の接続口に、ソフトガスコードをつなぐ方法
  2. コンセント型の接続口に、ガスコードをつなぐ方法
  3. 片方がホースエンド型、もう片方がコンセント型の接続口の場合の繋ぎ方

について、お伝えします。

ホースエンド型の接続口に、ソフトガスコードをつなぐ方法

ホースエンド型の接続口には、

ソフトガスコード

を使います。

 

つなぎ方は

  1. ソフトガスコードに、ガスバンドを通しておく
  2. ソフトガスコードを、接続口の赤い線のところまで、しっかり差し込む
  3. 差し込んだところを、ゴムホースの上からガスバンドで固定する

これで完了です。

簡単ですね。

ガスバンドは、下図のような形をしています。

ポイント

接続口に、ソフトガスコードを差し込みにくい時は、

水で少しぬらす

と差し込みやすくなります。

コンセント型の接続口に、ガスコードをつなぐ方法

コンセント型の接続口には、

ガスコード

を使います。

つなぎ方は、

ガスコードのソケットを、接続口に『カチッ』と音がするまで差し込む

これだけです。

とても簡単ですね。

片方がホースエンド型、もう片方がコンセント型の接続口の場合

時には、

『ガスの元栓はホースエンド型だけど、器具の接続口がコンセント型』

ということがあったりします。

その場合は、ガスソフトコード以外に

『ゴム管用ソケット』

が必要になります。

このゴム管用ソケットを、ガスソフトコードの片方の端に付けて、器具につなぐのです。

ゴム管用ソケットは、下図。

↓↓↓

 

ソケットの付け方は、

  1. ガスバンドをホースに付けておく
  2. ソケットの白いところが見えなくなるまで、ガスソフトコードを差し込む。
  3. ガスソフトコードがしっかり入ったら、ガスバンドで固定する

これで完成です。

あとは、

ソケットが付いたほうを、コンセント型の接続口に

ソケットが付いていないほうをホースエンド型の接続口に

それぞれつなぐだけです。

注意ポイント

ソケットには、

ガスバンドを使わず、塩ビチューブを熱湯で縮ませて固定するものもあります

使い方や付け方は、ソケットの説明書きを確認してください。

ガスホースをつなげた後の注意点

ガスホースをつないだら、ガスを使う前に次のことをチェックしてください。

  • 隠ぺい部(日常的に点検しにくい場所)にガスホースを通していないか
  • ガスホースがねじれたり折れ曲がったり、長さがギリギリすぎて張りつめていないか
  • ガスホースが、炎や強い熱が当たるところを通っていないか
  • ガスホースがガス器具や他のものに踏まれていないか

このようなことがあると、

劣化が早くなったり、ガス漏れなどの事故の元になったりします。

くれぐれも、気を付けてください。

ポイント

ガスホースの汚れをマメに取り除くことで、

  • 劣化
  • ネズミに齧られる

といったことを防いだりすることができます。

そしてガスホースには

耐用年数

があります。

耐用年数

プロパンガスなら、3年

都市ガスなら、8年

耐用年数は必ずチェックして、年数を超える前に交換してくださいね

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスと都市ガスは、成分や熱量、圧力などが違います

そのため、それぞれのガスに合ったホースを使う必要があるのです。

使う側としては

「共通して使えたらいいのになぁ。」

と思うところでしょう。

しかし、プロパンガスと都市ガスで、ガスホースに違いがあるのは、

安全に使うため

だからです。

安全は、何より大切ですよね。

そのためにも、

ガスホースの種類や長さ、使う時の注意なども、きちんと守ってください

そして、ときどき点検したり、汚れを取ったりすることもお忘れなく。

 

ガス器具のことって、難しそうに感じることもあるかもしれません。

でも1つ1つ確認していけば、そんなに難しいものでもないんです。

もし、なにかわからなかったり、自信がなかったりするときは、遠慮なくお店の人やガス会社の人に聞いてみてください。

そして、このブログでも、プロパンガスで困ったことを解決できるよう、どんどん記事にしていきますね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス器具, プロパンガスの違い

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.