停電で真っ暗!

ガス器具

プロパンガス発電機をチェック!災害時の停電でも自宅で電気を作る方法

大きな地震に、台風や水害…。

日本は災害の多い土地ですが、特にここ数年、毎年のように大きな災害が起きています。

 

災害で一番大変なのが、

ライフラインが使えなくなること。

特に電気が止まると、照明も冷蔵庫も使えなくて、とても不便ですよね。

筆者も東日本大震災の時は、夜は真っ暗だし照明も電子レンジも使えないしで、大変でした。

 

そんな時のために備えておくと安心なのが

プロパンガス発電機!

『家庭に設置してあるプロパンガスボンベのガスを使って電気を作れる』

という優れものです。

でも、あまりなじみがない人も多いでしょうね。

 

そこで今回は、プロパンガス発電機についてお話しします。

災害への備えのためにも、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

災害や停電の時に電気を作れるプロパンガス発電機

ランタンの明かりだけじゃ心もとない…

ランタンの明かりだけじゃ心もとない…

『プロパンガス発電機』って何?

『プロパンガス発電機』とは、読んで字のごとく

プロパンガスを燃料として発電できる発電機

のことです。

 

イベントの屋台や工事現場などで、発電機を使っていたりしますよね。

あのような場所では、ガソリンや軽油を使った発電機がよく使われています。

そういった発電機と同じように、プロパンガスを使って発電する発電機があるのです。

それが『プロパンガス発電機』です。

 

プロパンガス発電機には、イベントや屋台のガソリンなどを使う発電機のようなポータブルタイプのものや、家の敷地に設置して使うタイプがあります。

プロパンガス発電機の特徴

プロパンガス発電機の最大の特徴は

家庭に置いてあるガスボンベや、カセットガスボンベのガスで発電できる

ということです。

つまり、災害などで停電してしまった時でも、プロパンガスボンベかカセットボンベさえあればOK。

ガソリンや軽油のように、買いに行く必要はありません。

災害後は、ガソリンスタンドもすごく混んだりするので、これは助かりますね。

ただし、家庭のプロパンガスボンベからガスを引く場合は、事前にそのための工事も必要です。

 

プロパンガス発電機で使う燃料のプロパンガスには

  • ガスボンベが安全に置ける場所であれば、どこにでも持っていける
  • プロパンガスは長い期間でも劣化しにくく、長期保存ができる燃料
  • プロパンガスボンベはガス会社が定期的に交換してくれるので、管理や補充などの手間がいらない

というメリットもあります。

一方、ガソリンだと、備蓄するにしても管理が大変です。

そういう点でも、プロパンガス発電機は、とても便利なのです。

 

さらに、プロパンガスの発電機の中には

カセットボンベで発電できる

というタイプのものもあります。

もちろん、ガスボンベからガスを引くよりは、発電できる時間は短いです。

でもいざという時、しばらくの間をしのぐには、十分役に立ってくれるでしょう。

注意ポイント

発電機は、プロパンガスボンベとカセットガスボンベ両用のものはありません。

買う時には、どちらか選ぶことになるので、その点を留意してください。

プロパンガス発電機でどのくらいの電気が作れる?

非常用発電機で気になることの一つは

『どのくらいの時間、どのくらいの電気が作れるのか』

ですよね。

 

では、プロパンガスの発電機では、どのくらいの電気が作れるのでしょうか。

実際に販売されている、3つのプロパンガス発電機を例として、見てみましょう。

 

ポータブルプロパンガス発電機で供給できる電気

まず、ホンダ製のポータブルのプロパンガス発電機『EU9iGP』の場合。

この『EU9iGP』の定格出力は、900VA

  • 携帯充電器(2W)
  • パソコン(25W)
  • CDラジカセ(70W)
  • 給湯器(300W)
  • 100Wの白熱電球2個(100W×2個)

が使えます。

生活をするのに必要最低限の電気を確保することができますね。

運転時間は、家庭によくある50㎏のプロパンガスボンベ1本で、約110時間。

使い方にもよりますが、だいたい4日半くらいもつ計算になります。

 

同シリーズでもう少しパワフルな『EU15iGP』だと、投光器やレジ、テレビ、ハロゲンヒーターなども使えます。

こちらの運転時間は、50㎏ボンベで約74時間。

1日中使ったとしても、3日くらいはもつでしょう。

 

カセットガスボンベで発電できる発電機

プロパンガス発電機には、カセットガスボンベで発電できるものもあります。

たとえば、ホンダ製の『エネポEU9iGB』。

これもポータブルタイプですが、カセットガスボンベ2本使用で、先ほど紹介した『EU9iGP』と同じ、900VAの定格出力があります。

 

発電できる時間は、カセットガスボンベ2本で約1~2時間くらい。

さすがに発電できる時間は短いです。

替えのボンベを多めに備蓄しておくと安心ですね。

 

据え置き型のプロパンガス発電機で供給できる電気

据え置きタイプのプロパンガス発電機で有名なのが、GENERAC社の『GUARDIAN』シリーズ。

最も発電量の小さい『G7030』のモデルだと、100%運転の場合は、50㎏ボンベ1本で18時間くらい発電ができる計算になります。

 

こちらは、自動的に停電を感知して発電をし、家全体の電気を賄うタイプの発電機です。

そのため、使うプロパンガスの量も多くなります。

プロパンガス発電機を使う時の注意

プロパンガス発電機を使う時の注意としては

  • 必ず風通しの良い屋外で使う
  • 安定しておける場所で使う
  • 騒音が発生することもある
  • 機種によっては、パソコンやスマートフォンなどの精密機器を使う時に、専用のアダプタが必要になる

といったことに気をつけてください。

 

風通しの良い屋外で使う

プロパンガス発電機は、

必ず風通しの良い屋外で使ってください。

 

プロパンガス発電機の排気ガスには、有害な『一酸化炭素ガス』が多く含まれるからです。

一酸化炭素ガスは、吸入すると中毒を起こし、命に関わることもあります。

 

屋内での使用や、屋外でも風通しの悪い場所での使用は厳禁です!

 

安定しておける場所で使う

据え置きタイプの場合は、設置する時に業者が安全に使える場所を選んでくれるでしょう。

ポータブルタイプの場合は、

発電機が確実に安定して置ける場所で使ってください!

たとえば

  • 水平で、発電機が多少振動しても大丈夫
  • 発電機の上に物が落ちてきたりしない
  • 人が通った時に蹴飛ばしたりする可能性がない

というような場所です。

もちろん、ガスコードやコンセントも、踏んだり足に引っかかったりしないように、気をつけてくださいね。

 

騒音が発生することもある

発電機を動かすと、それなりに音が出ます。

その対策のため、防音用のカバーやボックスも販売しているくらいです。

買う時に、どのくらいの音が発生するか確認し、必要であれば防音カバーなども用意しておくと良いでしょう。

 

精密機器を使う時に、専用のアダプタが必要になる機種もある

発電機の機種によっては、パソコンやスマホなどの精密機器をつないで使う時には専用のアダプタが必要な場合もあります。

アダプタを使わずにつなぐと、パソコンやスマホなどが壊れてしまうかもしれません。

精密機器をつなぐ可能性があるなら、アダプタが必要かどうかも確認してください。

その他、発電機の使用上の注意や使い方などは、必ず守ってくださいね。

 

非常用プロパンガス発電機のタイプや選び方

我が家に合うプロパンガス発電機はどれ?

我が家に合うプロパンガス発電機はどれ?

プロパンガス発電機にはどんなタイプがある?

先ほども紹介しましたが、プロパンガス発電機には、

  • ポータブルタイプで、家庭のガスボンベのガスを使うもの
  • ポータブルタイプで、カセットガスボンベのガスを使うもの
  • 据え置きタイプ

があります。

 

では、それぞれの特徴を比べてみましょう。

 

ここでは、それぞれのタイプの代表として、先ほど紹介した

  • ポータブルタイプ…ホンダ『EU9iGP』
  • カセットガスボンベ使用のもの…ホンダ『エネポEU9iGB』
  • 据え置きタイプ…GENERAC社の『GUARDIAN G7030』

で比較しています。

もちろん、仕様や発電量、運転可能時間などは機種によって違います。

購入を検討する時に、きちんと確認してくださいね。

 

ポータブルタイプ

ホンダ EU9iGP

ポータブルタイプ

(カセットガスボンベ)

ホンダ エネポEU9iGB

据え置きタイプ

GUARDIAN G7030

定格出力900VA900VA9kW
運転可能時間50㎏ボンベで約110時間。カセットガスボンベ2本で1~2時間。50㎏ボンベで18時間分。
使い方ガスボンベから引いた専用のガスコードをつなぎ、スイッチを『運転』にして、スターターレバーを引くと発電を開始する。カセットガスボンベ2本をセットし、スイッチを『運転』にして、スターターレバーを引く。普段から庭などに据え置いておく。

停電時に、自動的に停電を感知して作動し、電気が復旧すると自動的に待機状態に戻る。

どんな目的に向いているか最低限必要な電力を確保する。

キャンプなどに持って行って使う。

停電時にも、いつも通りに電気を使えるようにする。
工事家のガスボンベとつなげられるようにするための工事が必要。必要なし設置工事が必要
メリット家にプロパンガスボンベがあれば使える。

長時間使うことができる。

カセットガスボンベがあれば使える。

工事も要らず、手軽。

自動的に作動し、自動的に待機に戻るので、操作がいらず、すぐに電気が使える。

外出中に停電になっても安心。

安全に使える場所であれば、どこへでも持っていける。
デメリット使う電気の量が発電できる電気の量を超えないように、注意が必要。価格が高い。

昼間の停電など、電気が要らない場合にオフにできるかどうかは、確認が必要。

プロパンガスボンベからガスコードを引けるようにするための工事が必要。カセットガスボンベを交換しなければ、長時間使えない。

ある程度長時間使いたい場合は、カセットガスボンベを十分な数だけストックしておく必要がある。

価格の目安

(メーカー希望小売価格)

205,200円118,800円価格についての情報なし。

残念ながら、『GUARDIAN G7030』については、価格の情報を見つけることができませんでした。

でも、据え置きタイプで高性能の非常用発電機となれば、

「120万円くらいするのでは?」

と、筆者は考えています。

プロパンガス発電機を選ぶときの注意

プロパンガス発電機を選ぶ時には、予算だけでなく

  • 停電の時に、どんな電気機器をどのくらい使いたいか
  • どのくらいの電気を確保したいか・発電機をどう使いたいか

を考える必要があります。

 

どんな電気機器をどのくらい使いたいか

自分にとって最適なプロパンガス発電機を選ぶためには、まず

発電機を使う時に接続する電気機器が、どれくらいの電力を消費するか

をよく調べましょう。

一度に使う電気機器の消費電力量の合計が、発電する電気の量を下回る範囲でないと使うことはできないからです。

 

ここで大事なのは

消費電力だけでなく、『起動電力』も調べること。

 

『起動電力』とは、電気機器を動かし始めた時に必要な電力です。

電気機器によっては、この起動電力が消費電力の1.2~5倍にもなるものがあります。

そのため、消費電力は発電量の範囲内でも、起動する時にオーバーしてしまうこともあるのです。

 

もちろん、消費電力が発電量を超えない範囲で、電気機器を交換しながら使うこともできます。

その時にも、合計が発電量の範囲内に収まるように、電気機器の組み合わせには気をつけてください。

 

どのくらいの電気を確保したいか・どう使うか

「非常時には最低限、携帯や照明、ラジオの電気くらいは確保したい」

「非常時でも普段と同じように電気が使えないと、とても困る」

「非常時に備えつつ、キャンプでも使いたい」

など、プロパンガス発電機で、どのくらいの電気を確保したいかや、どう使いたいかは、人によっていろいろですよね。

 

では、どんな時にどんなものが向いているか、表で見てみましょう。

なお、ここでの『最低限の電気』は、災害時を想定して

  • 自分がいる場所の照明など、小さな範囲の照明
  • ラジオを聴くための電源
  • 携帯電話やスマホなど、通信機器のための電気の確保

が余裕をもって確保できるくらいの電気と考えています。

 

ピンクの欄は、それぞれの使い方や目的に向いているものです。

ポータブルタイプ据え置きタイプ
プロパンガスボンベ使用カセットガスボンベ使用
家以外の場所でも使いたい持ち歩きは不可能
停電時にも確実に普段通り電気が使えようにしたい××GENERAC社の製品など、可能な機種がある。
停電時には最低限の電気が確保できればいい

ただし、長時間使うなら、カセットガスボンベのストックが必要。

機種によっては『最低限』を上回る電気が確保できる。

 

家に備え付けのプロパンガスボンベにつなげて使いたい×家のプロパンガスを利用することが前提。
カセットガスボンベで使いたい不可能不可能

 

このように、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。

また、同じシリーズの発電機でも、発電量や性能は、機種によっていろいろです。

しっかり下調べをして、あなたにとって使いやすい発電機を選んでくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

「災害で停電した!」

そんな時に最低限の電気だけでも確保できたら、けっこう安心ですよね。

 

非常用の発電機でおすすめなのが、プロパンガス発電機。

プロパンガス発電機の最大の強みは、

『家庭にあるプロパンガスボンベやカセットボンベのガスで発電できる』

ということです。

いつも身近に燃料を置いておけるので、いざという時にもすぐ使えます。

 

プロパンガス発電機には

  • 家庭においてあるガスボンベからガスを引いて発電できるもの
  • カセットガスボンベを使って発電できるもの
  • 家の電気を、自動的に全面的にバックアップしてくれるもの

など、いろいろな種類があります。

 

プロパンガス発電機を選ぶ時には、

  • 発電機にどんな電気機器をつなぎたいか
  • つなぎたい電気機器の消費電力と起動電力

を、よく考えて選んでくださいね。

 

プロパンガス発電機は、災害対策グッズの中では、けっこう費用が掛かるアイテムと言えます。

でも用意しておくと、いざという時に、きっと大きな助けになってくれるはずですよ!

-ガス器具

Copyright © プロパンガスの教科書 , All Rights Reserved.