床暖房がいまひとつ温かくない時は…

ガス床暖房

ガス床暖房が温まらない原因をチェック!カーペットは絶対NG?

寒い冬をポカポカ快適に過ごせる、ガス床暖房。

…のはずが

『スイッチを入れているのに、暖かくない!』

なんてことになっていませんか?

せっかくの床暖房なのに暖かくなかったらガッカリしちゃいますよね。

 

『床暖房が温まらない』

には、どんな原因があるのでしょうか。

また、

『床暖房にカーペットを敷くと、暖まりが悪くなる』

なんて話もありますよね。

これは本当なのでしょうか?

 

そこで今回は、

ガス床暖房が温まらない原因と、チェックポイント、そして床暖房とカーペットの関係について

お話ししましょう。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

ガス床暖房が温まらない!何が原因?

床があったかくないよ!

床があったかくないよ!

床暖房が温まらない時に考えられる原因

床暖房が温まらない原因は、多岐にわたります。

ちょっとしたことから、床暖房の故障や、家の構造そのものの問題まで。

 

たとえばちょっとしたことなら、

  • スイッチを入れ忘れている
  • タイマーなどでスイッチが切れた状態になっている
  • リモコンの温度設定が低くなっている
  • スイッチを入れてまだ時間がたっていない
  • 室内の温度感知センサーがついたリモコンに、直射日光や他の暖房器具の温風が当たっている
  • 床暖房を点けている範囲が狭い
  • カーペットやラグを敷いているために、熱が遮られてしまっている

といったことが考えられます。

 

また、床暖房の機械的な問題が原因となっている場合は

  • 不凍液が足りない
  • 給湯器に不具合がある
  • リモコンが壊れてしまった
  • 給湯器や床暖房の初期不良
  • カーペット仕上げの床暖房に重いものを置いているため、配管が圧迫されている

 

そして、建物全体の問題が原因となるものには

  • 床下の断熱の措置が不足している
  • 部屋の広さに対して、床暖房の面積が少ない
  • 家の断熱性が低い

といったような原因があります。

では、それぞれの原因について、簡単に説明しましょう。

 

スイッチが切れている

「床暖房が温かくないな…」

と思ったら、まずチェックするのがこれですね。

『スイッチを入れたつもりでいて切れていたり、スイッチは入れたけどタイマーでスイッチが切れた』

ということもあるものです。

リモコンを確認してみましょう。

 

リモコンの温度設定が低くなっている

「うっかり、リモコンの温度設定を下げたままだった…」

なんてことも、時にはあるものです。

スイッチが入っているかどうか確認するのと一緒に、温度設定も確認しておきましょう。

 

スイッチを入れてからまだ時間がたっていない

床暖房は、スイッチを入れてから暖まるまでに、30分から1時間くらいかかります。

これは故障でも何でもないので、暖まるまで待ってくださいね。

もし、

「どうにもこうにも寒くてしょうがない!」

という時には、

暖まるまで、エアコンやファンヒーターなどを使うと良いですよ。

 

リモコンに直射日光や他の暖房器具の温風が当たっている

床暖房の室内温度のセンサーは、リモコンについていることもよくあります。

その場合、リモコンに日光や他の暖房器具の温風が当たっていると、センサーが温まって

『部屋がもう十分暖まっている』

と判断してしまい、室温が低くても十分な運転をしなくなってしまうことがあります。

この場合は、

リモコンに直射日光や温風が当たらないように、工夫してみてください。

 

床暖房を点けている範囲が狭い

たとえば、

リビング・ダイニングが続いていて、両方に床暖房が付いているが、ダイニングしか床暖房を付けない

という使い方をすると、やはり十分暖かくはなりません。

部屋の広さに対して、使う床暖房の面積が少ないからです。

 

両方の床暖房をつけるか、

もし、

『朝は出かけるまでの間しか暖房を使わないから、両方点けるのはもったいない』

というようなことであれば、朝はファンヒーターやエアコンを使うのも、方法の1つです。

 

カーペットやラグを敷いているために、熱が遮られてしまっている

カーペットについては、後で詳しく書きますが、

床暖房にカーペットを敷くと、どうしても熱が遮られてしまいます。

できれば、床暖房にはカーペットを使わないほうが良いです。

 

不凍液が足りない

不凍液を使っている場合、

配管の中の不凍液が足りなくなると、温まりが悪くなってしまいます。

また、部屋を温めようとして、よけいにガスを消費してしまうこともあります。

 

不凍液が足りなくなると、床暖房のリモコンにエラーメッセージが出ます。

時々、床暖房のリモコンの表示を確認して、必要な時には説明書に従って不凍液を補充してください。

特に、シーズン最初に運転する時には、少し気を付けてリモコンを確認してくださいね。

 

なお、

『ついこないだ補充したばかりなのに、また水位低下の表示が出た』

というような場合は、配管の破損などもあるかもしれません。

業者に問い合わせてみてくださいね。

 

給湯器に不具合がある

ここからは、機械的な故障や不具合が原因で、床暖房が温まらないケースです。

器械的な故障や不具合が原因だと、自分で直すことはできません。

この後で故障のチェックポイントも書きますが、

器械的な不具合かなと思ったらメーカーや業者に連絡してくださいね。

 

さて、給湯器の不具合が原因で床暖房が温まらない場合についてです。

床暖房は給湯器で水を温めるので、給湯器に不具合が出ると床暖房にも影響が出てしまうことがあります。

 

給湯器の故障には

  • 寿命
  • 凍結
  • 排水管や給水バルブなどの、給湯器の部品の故障
  • 雨や台風の影響で一時的に不具合が出る

といった原因があります。

寿命や部品の故障の場合は、業者に対応してもらう必要があります。

 

この中に、『雨や台風の影響』というのがありますが、ちょっと気になりますよね。

給湯器は、ある程度の雨や風に耐えられるように作られています。

でも、

想定以上の激しさで雨が降ると、給湯器の中に雨が入り込んでしまい、点火しにくくなることがあるのです

 

リモコンの故障

リモコンも器械ですから、故障することもあります。

初期不良による不具合や、寿命で壊れてしまうことももちろんあります。

ただ、意外なところでは

落雷で壊れる

なんてこともあります。

滅多にないことではありますが、

雷が落ちた後に電気機器に異常があった時は、給湯器や床暖房のリモコンもチェックしてみてくださいね。

 

給湯器や床暖房の初期不良

給湯器も床暖房も、

基本的にはきちんと設計され、テストもしたうえで販売や設置、施工がされています。

でも、中には初期不良が起きてしまう時もあります。

『設置して間もないのに、不具合が出た』

という時は、これも業者に連絡です。

 

配管が圧迫されているなど、配管の流れが悪くなっている

配管の中の水や不凍液の流れが悪くなると、床暖房の温まりは悪くなってしまいます。

普通に使っている分には、配管が詰まることはあまりありません。

でも、たとえば

『カーペット仕上げの床暖房の上に、重いものを置いている』

というような場合、

配管が圧迫されて、流れが悪くなってしまうことがあります。

 

フローリングの床暖房でも、大きな家具や重い家具を置く場合には、

  • 床暖房の上を避ける
  • ピアノなどの重い物を置く場合には、下にパッドを敷く

といった注意が必要です。

床暖房のある部屋に大きな家具や重い家具を置く時は念のため、業者にどうやって置くと良いのか、確認することをおすすめします。

 

床下の断熱の措置が不足している

ここからは、床暖房の設置の仕方や、建物の構造などが原因になっている場合です。

 

せっかく床暖房を設置しても、

床下の断熱性によっては、十分暖かくならないこともあります

床暖房を入れる時には、たいてい、床下の断熱材の状況をチェックし、必要なら取り換えたり、足したりします。

でも、万が一この工程がいいかげんだったりすると、床暖房の効きも悪くなってしまいます。

 

もし、

『床暖房や給湯器をチェックしてもまったく異常がないのに、温まりが悪い』

という場合には、施工業者に断熱材の仕様や状況を確認してみると良いでしょう。

 

部屋の広さに対して、床暖房の面積が少ない

部屋の広さに対して床暖房の面積が足りないために、部屋が暖かくならないこともあります。

といっても、持ち家の新築やリフォームで設置したなら、このようなケースは少ないでしょう。

床暖房の設置面積も自分で確認できますし、業者も、あまり面積が少ないと

「これではあまり暖房効果がありませんよ」

と教えてくれるはずです。

(教えてくれないとしたら、その業者はかなり不親切ですよね。)

 

でも、賃貸や分譲マンションでは、自分で床暖房をつけるわけではありませんよね。

その場合、

『部屋の広さに対して、暖房効果があるように床暖房が設置されているかどうか』

は、確認しないとわからないわけです。

 

実際、『床暖房が温かくない』というトラブルの中には、

12.6畳の広さの部屋に、2畳分程度の床暖房しか設置されていなかった

というケースもあります。

この場合、部屋の広さに対して、床暖房の面積は約15~6%ほど。

床暖房は、目安として

部屋の広さの50~70%程度は必要

なので、これでは圧倒的に不足しているわけです。

でも、貸す側、売る側としては

『床暖房付であることに変わりはない』

ということで、『床暖房付』と書いていたのでしょう。

『床暖房』と書いてあるから借りたり買ったりしたのに、これではがっかりだし、腹も立ちますよね。

 

そう多くはないとはいえ、このようなこともあるので、『床暖房付』と書いてある物件を借りたり買ったりする時は

  • 床暖房のついている部屋の広さ
  • その部屋についている床暖房が、どのくらいの広さで設置されているか

確認することをおすすめします。

 

家の断熱性が低い

床暖房は、

家の建物そのものの断熱性が低いと、十分な効果が出なくなってしまいます。

せっかく温めても、熱が逃げやすく、部屋の中の暖かさを保てないからです。

 

特に、古い住宅などでは、家の断熱性が低い場合や、地域や気候に合った断熱施工がされていないこともあります。

そういう住宅では、床暖房の効果も落ちてしまいます。

 

そのため、古い家をリフォームして床暖房を入れる時には、

家の断熱性を高めることも、とても大切です。

リフォームをする時に、

  • 気密性を高める
  • 断熱性を高める

ということも、併せて考えてくださいね。

 

ちなみに、

古い住宅をリフォームする場合、気密性や断熱性を高めるだけでも、けっこう暖かくなることもあります。

中には、

『断熱性能をがっつり考えてリフォームしたら、床暖房を付けないで済んじゃった』

なんてケースも。

リフォームで断熱性能が上がりそうだったら、どのくらい暖かくなりそうかも考えて、床暖房を検討すると良いでしょう。

 

床暖房が温まらない時は、ここをチェック!

ここで、床暖房が温まらない時にチェックすることを、まとめておきましょう。

 

第1段階 簡単にできるチェックポイント

『床暖房が温かくないな…』と思ったら、まずここをチェックです。

簡単にできるチェックポイント

  • スイッチは入っていますか?
  • リモコンにエラーメッセージは出ていませんか?
  • 設定温度は低くありませんか?
  • スイッチを入れてから時間がたっていますか?
  • リモコンに、直射日光や温風が当たっていませんか?
  • 床暖房は全面オンになっていますか?
  • 不凍液は足りていますか?
  • 窓が開いていたり、換気扇が回りっぱなしになったりしていませんか?

エラーメッセージが出ていたら、説明書に従って対応してください。

また、不凍液も自分で補充することができます

説明書を読みながら、やってみてくださいね。

ただし、これらで解決できるものは、故障ではありません。

 

第2段階 ちょっと本格的なチェック

次に、ここまで書いたことをチェックしてみても温まらない場合のチェックポイントです。

機械的なこともそれなりに入ってくるので、

できる範囲で確認してくださいね。

本格的なチェックポイント

  • ヘッダーボックスを開けて、中の配管が温かいかどうかチェック
  • 熱源機(給湯器)のガス栓は開いているか
  • 暖房用元バルブがある場合は、全開になっているかどうか
  • 電源プラグがコンセントに差し込まれているか(コンセントでない場合は、熱源機のブレーカーが『入』になっているかを確認)

機械が苦手で自信がない場合や、チェックしてみてもわからない場合は、販売店や業者に問い合わせてみましょう

 

第3段階 『故障』かどうかを確かめる方法

ここまでのことをチェックしても温まらない場合は、故障の可能性も考えられます。

故障かどうかを確かめるには、

  1. 設定温度を35℃以上にする
  2. 半日くらいそのまま運転する

ということをやってみましょう。

これで温度が上がれば、故障ではありません。

でも、もしこれで温度が上がるのが感じられなければ、不具合の可能性が大きいです。

販売業者に連絡して、点検してもらってくださいね。

また、

『この方法では温度が上がったけど、やっぱり時々温度が上がらない』

というような時も、念のため点検してもらったほうが、安心です。

 

建物の構造的な問題の場合

ここまでのことをチェックして、

業者の点検でも『異常なし』となった場合は、建物の断熱性などの問題である可能性もあります。

断熱材の状況などを、業者に確認してみるとわかるでしょう。

 

ただ、難しいのは、

『確認した後どうするか』

ですよね。

業者の施工の問題で断熱性能が不十分な場合は、交渉もできるでしょう。

でも、元々の家の構造で断熱性が高くない場合は、

『何か手を打つか諦めるか』

ということになります。

また、断熱性を高めるとすれば、いずれにせよまた大掛かりな工事にもなってしまいます。

 

どうするかは、工事の規模や、かけられる費用にもよります。

なので、業者とも相談しつつ、よく考えてくださいね。

 

『床暖房が温まらない』以外の気になる症状

床暖房で

『これって故障?それとも気にしなくて良いの?』

と思うような症状は、温まりが悪いこと以外にも、あります。

 

たとえば、ありがちなものとしては、

  • 床暖房を使っていないのに床が温かい
  • 床から音がする

というようなものです。

 

この2つの症状について、簡単に説明しましょう。

 

床暖房を使っていないのに床が温かい

これは、明らかに温度が高いのでなければ、様子を見て大丈夫です。

温水式床暖房は、配管の中に空気が溜まることがあります。

その空気を抜くために、約半月~1ヵ月ごとに、自動的にポンプが作動します。

この時、浴室暖房などの他の機器を使っていると、床の温度が一時的に、少し上がることがあるのです。

なので、これは特に異常というわけではありません。

 

ただし、明らかに温度が高い場合や、あまりに頻繁で気になる場合は、点検してもらったほうが安心です。

 

床から音がする

床暖房で

「パチパチ」

と音がすることがあります。

これは、異常ではない場合と、点検したほうが良い場合、両方が考えられます。

判断が難しいこともあるので、念のため点検してもらうと良いでしょう。

 

まず、気にしなくて良いのは、

『パネルや仕上げ材、床の構造体などが、床暖房のお温度の変化によって膨張したり収縮したりすることで音が出ている』

という場合です。

これは自然なことなので、異常ではありません。

 

また、温水式床暖房では、配管を水が通る音がすることもあります。

これも、異常ではないので、大丈夫です。

 

一方、点検してもらったほうが良いケースとしては

  • 温水の流れる速さが速すぎる
  • 配管の中を空気が流れている

ということが原因の場合です。

 

配管の中を流れる温水が速すぎると、配管の曲がったところに温水がぶつかり、音が出ることがあります

この場合は、流れる速度の調整が必要です。

 

配管を空気が流れてしまうのは、

エア抜き装置が付いていない場合

もありますが、他に

  • ポンプの組み込み位置が悪い
  • 配管の工事の仕方が悪く、空気が配管の中で滞ってしまう
  • 配管が長すぎて、温水の流れが遅くなってしまい、空気を追い出せなくなっている

ということも考えられます。

 

部屋の中で音がするって、なんだか気になってしまいますよね。

気にしながら過ごすより、業者にチェックしてもらったほうが、安心です。

 

床暖房が故障した!修理費用はどのくらい?

床暖房が故障してしまった時に気になるのが

修理にかかる費用

ですよね。

 

床暖房の修理には、

床暖房そのものの修理…30~80万円

給湯器の故障…1~10万円

くらいかかってしまいます。

もちろん、床暖房の設置範囲や故障の具合にもよりますが、けっこう大きな額ですよね。

やはり、なるべく故障させずに使いたいものです。

 

床暖房をなるべく長持ちさせるためには、

必要なメンテナンスや点検をしておく

ことが大切です。

 

また、急な故障があっても費用のことで慌てないで済むように、早めに、修理費用について考えておくと良いでしょう

 

床暖房の寿命や修理についてはこちらの記事に詳しく書いてあります。

ぜひ読んでくださいね。

関連記事
床暖房の修理やメンテは?
ガス床暖房の仕組みと故障までの寿命を紹介!メンテナンスは不要?

続きを見る

 

ガス床暖房にカーペットはダメ?

床暖ではカーペットなしのほうが良い?

床暖ではカーペットなしのほうが良い?

床暖房が温まらない原因の1つに

『カーペットやラグで、熱が遮られている』

というものもあります。

『床暖房ではカーペットを使わないほうが良い』

と、よく言われたりしますよね。

でも、どんなときにも、カーペットを使ってはいけないのでしょうか?

 

ここからは、床暖房とカーペットについて、考えてみましょう。

 

床暖房でカーペットを敷かないほうが良い理由

結論から言うと

必要でないのなら、床暖房にはカーペットを敷かないほうが良い

です。

 

先にも書いたように、

カーペットが床暖房の熱を遮ってしまうため、暖房の効率が落ちてしまう

という理由もありますが、その他にも

  • カーペットを敷いた場所に熱がこもって危険
  • 素材によっては、カーペットが溶けたりべたついてしまったりする
  • カーペットが溶けたりすると、床も傷めてしまう

といった理由からです。

 

なので、

「とても気に入ったカーペットがあるから、インテリアに!」

と敷くのは、やめておいたほうが良いです。

暖房効率が落ちることもありますし、せっかくのカーペットが傷んだらがっかりですよね。

 

もし、

「床の上に直に座りたくないんだよね…」

ということなら、

座る時に、座るスペースだけを覆う小さいカーペットやクッション、座布団などを使う

という方法が、おすすめです。

床暖房にカーペットを使いたい場合は

床暖房にはカーペットを敷かないほうが良い、と言われても

『子どもがいて、走り回ったり飛び跳ねたりする音が気になる』

『自分のインテリアのセンスとして、カーペットなしはあり得ない!』

ということもあるかもしれませんね。

 

でも、ご安心ください。

床暖房対応のカーペット

もあります。

普通のカーペットに比べて、暖房の効率も落ちにくいですし、耐熱性もあるので、溶ける心配もありません。

床暖房にカーペットを敷くなら、必ず『床暖房対応のカーペット』を使ってください。

カーペットを敷いたうえで、より暖房効率を重視するなら、

  • 薄手のカーペットを敷く
  • なるべく小さい範囲に敷く

のがおすすめです。

 

なお、床暖房対応のカーペットを使う場合にも、

やはり床全面に敷いてしまうのは、おすすめできません。

床を覆う範囲が広すぎないように、配置などを工夫してくださいね。

また、これから床暖房を施工する場合で、全面カーペットにしたいなら、

カーペット仕上げの床暖房にする

という方法もあります。

これなら、フローリング仕上げの上にカーペットを全面敷くより、暖房効率も落ちません

ただし、施工してしまってから

『やっぱりフローリングに戻す』

ということはできないので、よく考えて、床仕上げ材を選んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

床暖房は、

普通に使っている分には、そうそう故障することはありません。

「なんだか温まらないな…」

と思った時は、

まずは、リモコンのパネルをチェックすることから

そして、

取扱説明書も見ながら、できる範囲で機械部分などもチェックしてみてください。

床暖房が温まらない原因には、

ちょっとした操作ミスから本格的な故障まで、

いろいろなものがあります。

 

「一通りチェックしても温まらないし、故障かも?」

と思った時は、

  1. 設定温度を35℃以上にする
  2. 半日くらいそのまま運転する

という方法で、故障かどうかを確かめられます。

  • この方法で温度が上がらない
  • この方法では温度が上がるけど、やっぱりなんだかおかしい

という時は、

業者に連絡して、点検してもらってください。

 

カーペットを床暖房に敷くと、床暖房の熱をうまく使えず、部屋が暖まりにくくなる一因にもなり得ます。

基本的には、床暖房にはカーペットを敷かないほうが良いです。

でも、もし使うなら、必ず床暖房対応のカーペットを使ってくださいね。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス床暖房

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.