ガスファンヒーター

ガスファンヒーターで効率よく部屋を暖める置き場所を解説【使い方】

スポンサーリンク

リビングの暖房、特に寒い朝の暖房には最強!

と言われているガスファンヒーター。

素早く部屋が温まって、とても使いやすいガス暖房です。

 

せっかく有能な暖房器具を使うなら、効率よく部屋を暖めたいですよね。

効率よく暖房できれば、快適なのはもちろん、ガス代の節約にもつながります。

 

では、ガスファンヒーターで、効率よく部屋を暖めるには、具体的にどうしたら良いのでしょうか?

 

ということで、この記事では、

  • 効率よく部屋を温められるガスファンヒーターの置き場所
  • ガスファンヒーターの上手な使い方
  • 効率よく暖まる部屋にする方法

について解説します。

そんなに難しいこともないので、ぜひ読んで、やってみてください!

スポンサーリンク

ガスファンヒーターの置き場所はどこがベスト?

効率よく部屋を暖められるガスファンヒーターの置き場所

ガスファンヒーターは、どこに置くのが良いかというと、

窓側に、窓に背を向ける方向で置く

これがベストです。

 

なぜ窓側が良いのかというと、

窓のところで冷えた空気を温めて、部屋の中に循環させられるからです。

 

『窓』は、

  • 外の冷たい空気が入り込みやすい
  • 部屋の中の空気が窓のところで冷やされる

つまり、部屋の暖かさが、最も逃げる場所なのです。

 

そこで、ファンヒーターを窓に背を向け、部屋の中に向かって温風が出る向きに置けば、

  • 窓のところで冷えた空気を温めて、部屋の中に循環させる
  • 窓から入ってくる冷気が部屋の中に広がることを防ぐ

という効果が得られます。

 

逆に、部屋の中から窓に向けて置く置き方だと、

  • せっかく温めた空気が、窓のところで冷えてしまう
  • 天井から降りてきた暖かい空気が窓で冷え、その冷えた空気が足元に来て、寒さを感じる

というように、暖房の効果が減ってしまいます。

 

だからファンヒーターは、『窓に背を向けて、窓側に置く』がベストポジションなのです。

ファンヒーターを窓側に置く時の注意

ファンヒーターを窓側に置くときには、気を付けなければならないことがあります。

 

それは

  • ファンヒーターにカーテンがかかったりしないように置く
  • 窓に近づいたときに、蹴飛ばしたりしないようにする

ということです。

 

窓にカーテンを掛けるのは、暖房にはとても有効です。

でも、カーテンがファンヒーターにかかってしまうと、火事にもなりかねません。

 

  • カーテンを開けた時は、きちんとカーテン留めでまとめておく
  • 換気などで窓を開ける時には、風でカーテンがあおられてヒーターにかからないようにする

ということに気を配ってください。

 

また、窓やシャッターの開け閉めで窓の近くに行くときは、

  • ヒーターを蹴飛ばさないようにする
  • コンセントやガスコードに足を引っかけたり踏んだりしないようにする

といったことにも注意してくださいね。

 

ガスファンヒーターの上手な使い方

効率よく暖房をするには、ファンヒーターの選び方や使い方も大切です。

ここからは、何を目安に選ぶかや、上手な使い方について解説しましょう。

ガスファンヒーターの選び方

ガスファンヒーターを選ぶときには

  • 家で使っているガスがプロパンガスか都市ガスか
  • 木造住宅か、コンクリート住宅か
  • ファンヒーターを置く部屋の広さ(畳数)

が大事です。

買いに行くときは、必ずチェックしてから行きましょう。

ファンヒーターのガス種を確認!

まず大事なのが『家で使っているガスの種類』です。

 

ガスファンヒーターには

  • プロパンガス用
  • 都市ガス用

があります。

必ず、家で使っているガスに合うものを選んでください。

 

プロパンガス用のものを都市ガスで、都市ガス用のものをプロパンガスで使うと、過燃焼や不完全燃焼の可能性があり、危険です。

関連記事:都市ガスとプロパンガスでコンロを共用できる?器具の違いを紹介

家の造りと部屋の広さを目安に選ぶ

ガスの種類の合うヒーターの中から

『家の造りや部屋の広さに合う暖房能力』のものを選びましょう。

 

ガスファンヒーターの仕様を見ると、

木造住宅:7畳まで

コンクリート住宅:9畳まで

などと書いてあります。

この記載を参考にして選んでくださいね。

 

畳数ではなく『号数』で書いてある場合は、以下の表を目安に選んでください。

号数木造住宅コンクリート住宅
20号7畳まで9畳まで
30号9畳まで13畳まで
35号11畳まで15畳まで
50号15畳まで21畳まで

 

豆知識

木造住宅とコンクリート住宅で目安の畳数が違うのは、断熱性能が違うからです。

今は、木造住宅でも気密性や断熱性が高い住宅もあります。

でも、特に『高断熱住宅』でなければ、『木造』を基準に選ぶほうが良いでしょう。

目安より小さめのファンヒーターでも大丈夫?

ガスオ
ガス代を節約したいから、目安より小さめのにしようかな…。

それはおすすめしません。

 

広い部屋で暖房能力が低いファンヒーターを使うと、

  • 部屋が暖まるのに時間がかかる
  • いまひとつ暖かくならない
  • 暖房効率が悪くて、余分にガスを消費してしまう

といったことになりかねません。

 

ですから、節約したいならなおのこと、部屋の広さに合うヒーターを選んだほうが良いですよ!

 

サーキュレーターや扇風機を使おう

効率よい暖房のためにぜひ使いたいのが、サーキュレーターや扇風機です。

 

サーキュレーターや扇風機で部屋の空気をかき混ぜると、部屋の空気が循環し、暖かい空気が部屋全体に行き渡ります。

サーキュレーターや扇風機の使い方のコツ

サーキュレーターや扇風機は、

床(床に近い場所)に置いて、上に向けて回す

という使い方が良いですね。

 

空気は、

  • 温まると上に行く
  • 冷えると下に行く

という性質があります。

 

ガスファンヒーターは、足元から温風を吹き出すので、ファンヒーターの近くは、足元も暖かいです。

でも、放っておくと、暖かい空気が上に行って、天井付近ばかり暖まってしまいます。

 

せっかく暖房してるのに、座っている場所や足元は寒いままでは、しょうがないですよね。

低い所にも温かい空気が来るように、ぜひサーキュレーターや扇風機を使ってください。

サーキュレーターや扇風機を使うときの注意

サーキュレーターや扇風機を使うときは、

  • サーキュレーターや扇風機の風が、ファンヒーターに当たらないようにする
  • カーテンがサーキュレーターや扇風機の風であおられてファンヒーターにかからないようにする
  • 人に直接風が当たらない場所に置く

ということに気を付けてください。

 

特に、風がファンヒーターにあたると、火事になる危険性が高くなります。

空気が過剰に送られてくることで、火力が強くなりすぎてしまうことがあるからです。

ファンヒーターの後ろからであっても、風は当てないようにしてくださいね。

 

もちろん、風にカーテンがあおられてヒーターにかかるような使い方も、厳禁です。

 

また、人も、サーキュレーターや扇風機の風にあたりすぎると、体によくありません。

 

サーキュレーターや扇風機の置き場所や風を送る方向にも気をつけてくださいね。

豆知識

換気の時に、サーキュレーターを窓の外に向けて回すと、換気の効率が良くなります。

なるべく短時間で換気をしたいときにはおすすめです。

ぜひ試してみてください。

ガスファンヒーターのお手入れも大事!

ガスファンヒーターの使い方で大切なことの1つが『手入れ』です。

2週間に1度から月に1度は、ファンヒーターの手入れをしましょう。

 

それ以外にも、『フィルター掃除サイン』などが点いたりした時には、説明書に従って手入れをしてください。

 

手入れをする時には、

  • ガスファンヒーターのスイッチを切る
  • ガス栓を閉める
  • コンセントを抜く

その後、取扱説明書の手入れの仕方を読んで、手入れをしてください。

 

ガスファンヒーターの手入れの仕方は、基本的には

  • 電気掃除機などで、温風の吹き出し口のほこりやゴミを吸い取る
  • 温風吹き出し口の汚れがひどい時は、柔らかい布でふき取る
  • ヒーターの表面は、ぬるま湯でよく絞った柔らかい布で拭く
  • 裏側のフィルターも、電気掃除機などでほこりやゴミを吸い取る
  • フィルターは基本的には付けたままでよいが、汚れがひどい時は、フィルターを外して詰まった汚れを取り除く

と難しくはありません。

 

手入れをすると、暖房効率も良くなってガスの節約にもつながりますよ!

 

ただし、分解しての掃除は、絶対にしてはいけません。

万が一、どこか壊してしまって、ガス漏れや発火などの事故が起こったら大変です。

エアコンとの併用で節約

ガスファンヒーターは、部屋が暖まるまでの時間が短く、とても使いやすい暖房です。

でも、ガス代が高くなりがち。

 

そこで、もしガス代を節約するためには

ガスファンヒーターで部屋を暖め、ある程度、部屋が暖まったらエアコンにバトンタッチする

という方法をおすすめします。

 

エアコンは、部屋が暖まるまでに、時間がかかります。

でも、室温を維持するのは得意。

ガスファンヒーターで部屋が暖まった後にエアコンに切り替えれば、両方の長所を活かして効率よく暖房できます。

 

コストもエアコンの方が比較的安いので、この方法はおすすめですよ!

関連記事:ガスヒーターの節約術をチェック!できるだけコスパ良く使う方法!

部屋を『効率よく暖まる部屋』にする方法

『効率のよい暖房』のためには、

効率よく暖房できるように、部屋の環境を整える

ということも大切です。

どんなに上手にファンヒーターを使っても、部屋が暖まりにくい状態だと、暖房の効率も落ちてしまいます。

 

では、どう部屋を整えていけばよいのか、見ていきましょう。

最も重要なのが『窓』対策

先にも書きましたが、部屋の熱が最も逃げやすいのが、『窓』です。

なんといっても、冷たい外気に一番触れやすい場所ですから。

となれば、暖房効率を上げるには、窓に対策を施すことが大切です。

 

でも、二重窓や断熱窓にするのは、難しいことも多いですよね。

そこでおすすめなのが

  • 窓枠より10㎝以上長い、厚手のカーテンをかける
  • カーテンは、できればレースのカーテンと二重にする
  • 窓に隙間があるなら、隙間テープなどを貼ってふさぐ
  • 窓に断熱シートを貼る

という方法です。

カーテンは保温効果あり!

カーテンをかけると、

  • 窓からの冷気を遮る
  • 温めた部屋の温度が窓に直接触れて冷えてしまうのを防ぐ

という効果があります。

 

あまり短いカーテンだと冷気が部屋に入ってしまうので、窓枠より10㎝以上長いものがおすすめです。

窓の隙間はしっかり防ごう!

また、窓に隙間があると、どうしても部屋が冷えてしまいますよね。

隙間はしっかり塞いでおきましょう。

隙間テープは、100円ショップなどでも手軽に買えますよ。

 

断熱効果で暖房効率アップ!

窓に断熱シートを貼るのも効果的。

もちろん、断熱用のシートでも良いですが、少しでも安く上げたいなら、梱包用のプチプチシートでも断熱効果が得られます。

ドアの隙間も塞ぐ

窓同様、ドアの隙間もしっかり防ぎましょう。

これも、隙間テープで防げるものは、隙間テープを使うと良いです。

 

でも最近の家では、通気性のためにあえてドアと床の間に隙間を作ることもあります。

そんな時は、たとえば『ニトムズ ドア下部シールテープ』のような、ドア下部用のテープを使うのがおすすめです。

ドア下部テープを貼ったドア

こんな感じになります。

ドア下部テープは、透明なものやドアの色に合うもの、クッションタイプや防音もできるものなど、いろいろありますよ。

床で熱が奪われるのを防ぐには

暖房の熱は、

冷えた床に触れることでも奪われてしまいます。

 

それに、フローリングのままだと、足元が冷えがちですよね。

 

対策としては、

保温のためにカーペットやラグを敷くことも、おすすめです。

タイルカーペットなら、家具の配置に合わせて敷き詰めることもできますね。

また、カーペットの下に保温シートを敷くと、さらに床からの冷えを遮断することができます。

 

ただし、

  • 保温シートを敷く場合は、滑り止め加工になっているものを使う
  • もし床暖房も使っているなら、カーペットは敷かないか、床暖房対応のものにする

ということにも気をつけてください。

関連記事:ガス床暖房が全く暖かくない!暖まらない理由はカーペットのせい?

暖める空間を狭くする

暖める空間が広いと、どうしても暖まるまでの時間も、ガス代もかかってしまいます。

ドアやふすまを閉めるなどして、なるべく部屋のサイズを小さくしましょう。

 

『2部屋繋がっていて、片方しか使わないけど間に仕切りがない』というような場合は、

突っ張り棒を利用してカーテンで仕切っても良いかもしれませんね。

ふすまやドアほどの効果はありませんが、いくらか違いますよ。

効率よく暖めるなら『湿度』にも気を配ろう

湿度は、50~60%くらいになるようにしてください。

 

もちろん、加湿器を使っても良いですし、

  • 水の入った器を置いておく
  • 洗濯物や絞ったタオルをかけておく

といった方法もあります。

 

ガスオ
温度の話なのに、どうして湿度の話が出てくるの?

なぜ湿度の話をするかというと、

湿度が上がると、体感温度も上がるからです。

 

たとえば、夏。

湿度が高いと暑く感じますよね。

でも、同じ気温でも湿度が低いと、いくらか暑さが和らぎます。

 

それと同じで、

冬も湿度が高い方が、いくらか暖かく感じるのです。

 

湿度を上げると、風邪やインフルエンザ、肌の乾燥を防ぐ効果もあるので、一挙両得ですよ。

番外編 インテリアの色でも暖房効率を上げられる!?

たとえば、

  • 暖色のカーテンやベッドカバー、ブランケットなどを使う
  • 照明の色を暖色系にする

というのも、暖房効果アップの方法になりそうです。

 

というのは、単に『あったかそうな色だから』というだけではありません。

カネボウによる実験では、

『赤い照明の部屋にいると、2分で抹消皮膚温度が2度上がった』

という結果が出ました。

 

つまり、

視覚から体感温度を上げられる可能性がある

ということです。

体感温度が上がれば、その分、ファンヒーターの温度を控えめにできますね。

スポンサーリンク

まとめ

ガスファンヒーターで、効率よく部屋を暖かくするためには、

ガスファンヒーターを窓側に、窓に背を向ける方向に向けて置く

ということが大切です。

 

さらに

  • 部屋の広さに合ったガスファンヒーターを買う
  • サーキュレーターや扇風機を上に向けて回し、部屋の空気をかき混ぜる
  • 2週間から1ヶ月に1度は、ファンヒーターの手入れをする
  • エアコンと併用する
  • 窓にカーテンをかける、カーペットを敷くなど、熱が逃げにくい部屋にする

といった方法で、暖房効率はアップします。

 

特に、ファンヒーターを窓側に置くことと、サーキュレーターや扇風機を使うことは、暖房効率化の基本です。

 

そして、

  • カーペットを敷く
  • ドアやふすまを閉めるなどして、暖める範囲をなるべく狭くする
  • 湿度を50~60%に保つ

といったことでも、暖房の効率を上げられます。

できることから取り入れて、寒い冬を快適に乗り切ってくださいね!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-ガスファンヒーター