ガス器具 プロパンガスの違い

都市ガスとプロパンガスでコンロを共用できる?器具の違いを紹介

引っ越しなどで、ガスの種類が変わることがありますよね。

これまでプロパンガスだったのが都市ガスになったり、都市ガスからプロパンガスになったり。

 

そういう時には

『ガスの種類が変わったら、ガス器具を取り換えなければいけない』

とよく言われます。

 

ガスオ
今のをそのまま使ったほうが、安上がりなのになぁ。

そう思いますよね。

 

でも、

都市ガスとプロパンガスで、同じガス器具を共用できるんでしょうか?

 

ということで、この記事では、ガス器具の中でも『ガスコンロ』を取り上げて、

  • 都市ガスとプロパンガスでガスコンロを共用できるのか
  • ガスに合うコンロを選ぶためにどこをチェックすれば良いか

について紹介していきます。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

都市ガスとプロパンガスでガスコンロを共用できる?

都市ガスとプロパンガスでは、合うガスコンロが違う

結論から言うと、

都市ガスとプロパンガスで同じガスコンロを使うことはできません。

 

必ず

都市ガス

⇒都市ガス用のガスコンロ

プロパンガス

⇒プロパンガス用のガスコンロ

を使ってください。

 

なぜかというと、

危ないからです。

合わないガス器具を使うとどうなる?

ガスの種類に合わないガス器具を無理に使うと、

  • 不完全燃焼を起こす
  • 異常点火で、やけどをする
  • ガス漏れの危険性が高まる
  • ガス漏れがあってもガス警報器が反応しない
  • 過燃焼によって火災を引き起こす
  • 一酸化炭素中毒を引き起こす

といったリスクがあり、とても危険です。

 

さらに、

  • ガス機器が故障する
  • 燃焼不良によって無駄にガスを使ってしまい、ガス料金が高騰してしまう

という可能性もあります。

 

ガスオ
そんな危険性があるなら、やっぱりちゃんと買い替えたほうが良いね。

そうですよ。

器具が壊れたり、余計にお金がかかったりするだけでなく、

場合によっては、命に関わる事態にもなりかねませんからね

なぜ都市ガスとプロパンガスではコンロが違うのか?

都市ガスもプロパンガスも、『家庭で使うガス』であることに変わりはありません。

なのに『ガスの種類でコンロが違う』って、ちょっと不思議な気もしますよね。

 

これはなぜかというと、

都市ガスとプロパンガスでは、ガスの成分や熱量が違うからです。

 

成分や熱量が違うということは、

『ガスと空気をどういう割合で混ぜると、安全に使えて、ちょうど良い火力になるか』

も違います。

 

だから、都市ガスとプロパンガスでは、ガス器具が違うのです。

 

では、都市ガスとプロパンガスの成分や熱量の違いについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

都市ガスとプロパンガスの成分の違い

都市ガスとプロパンガスの成分がどう違うかというと、

都市ガス

⇒メタンが主成分

プロパンガス

⇒プロパンやブタンが主成分

成分が違えば、当然熱量も違いますよね。

都市ガスとプロパンガスの熱量の違い

都市ガスとプロパンガスの熱量を比べてみましょう。

 

1立方メートル当たりでは

都市ガス

⇒11,000Kcal

プロパンガス

⇒24,000Kcal

と、2倍以上の違いがあるのです。

 

このことから、都市ガスとプロパンガスでは、安全に使いやすくするには、

  • プロパンガス用コンロのノズルは都市ガスのものより細い
  • 都市ガス用のコンロとプロパンガス用のコンロでは、バーナーの空気取り入れ口のサイズが違う

といった、構造の違いも必要なのです。

 

だから、都市ガスとプロパンガスでコンロを共用することができないのです。

もちろん他のガス器具も、共用できません。

 

都市ガスとプロパンガスの原料と熱量の違いについては、こちらに詳しく書いてあります。

都市ガスとLPガスの、原料と熱量の違い

関連記事:プロパンガスと都市ガスとLPガスと天然ガスの違いをチェック!

都市ガスには7種類ある

ガスの種類は、大きく分けると『都市ガス』と『プロパンガス』の2種類です。

 

でも、都市ガスには、さらにいくつかの種類があります。

 

ガスオ
ということは、都市ガスの種類によってガス器具が違うこともあるの?

その通りです!

 

ですから、

  • 都市ガスの物件から都市ガスの物件に引っ越した
  • 都市ガスの会社を乗り換えた

というときも、必ずガスの種類を確認し、合うガス器具を使ってくださいね。

 

 

都市ガスの種類には、

  • 12A
  • 13A
  • 6A
  • L1
  • L2
  • L3
  • 5C

の7種類があります。

 

この中で主流になっているのは、12Aと13Aの2つです。

 

残りの6A、L1、L2、L3、5Cは、地方の中小都市ガス会社が使っていたものです。

といってもこれらの種類のガスは、今では13Aへの転換が進んで、ほとんど使われなくなっています。

でも、完全になくなったわけではありません。

 

だから念のため、『都市ガスから都市ガスへ』の変更でも、確認が必要なのです。

 

メモ

プロパンガスの場合は、ガス会社が変わっても器具は共通して使えます。

ガスコンロを改造して使うことはできる?

ガスの種類が変わって、これまでのガスコンロが使えなくなる時には、

  • ガス器具を買い替える
  • 今持っているガス器具を、これから使うガスに合うように改造してもらう

という2つの方法があります。

 

ガスオ
へえ、『改造』っていう方法もあるんだ?

そうなんです。

 

ただし、

ガスコンロの改造は、必ず業者やメーカーに依頼し、絶対に自分ではやらないでください。

素人が改造するのは、とても危険です!

ガスコンロの改造にかかる費用はどのくらい?

ガスコンロの改造にかかる費用は、器具や機種によっても異なりますが、

だいたい1万円くらいが目安です。

 

ただし、器具の状態などにもより、場合によっては、改造するより買い替えたほうが安く済むこともあります

 

なので、まずはガス会社やメーカーに問い合わせて、だいたいの費用を確認してみてください。

費用に見合っているかどうかで、買い替えるか改造するか決めることをおすすめします。

改造を依頼するときのチェックポイント

ガス会社やメーカーにコンロの改造の問い合わせをする時には、前もって

  • 今持っているガス器具の機種と型番
  • これから使うガスの種類(都市ガスかプロパンか、都市ガスならどのガスの種類か)

を調べておいて、伝えてください。

そうすると、改造できるかどうかなども回答しやすくなります。

 

そして問い合わせる時には、

  • 改造にかかる費用
  • 改造するのに、何日くらい器具を預ける必要があるか
  • 改造したら保証がなくなるのかどうか
  • 出張訪問費などはかかるかどうか

といったことも確認しておくと良いですよ。

 

ガスに合う器具を選ぶ時のチェックポイント

ガスに合うコンロは、どこを見ればわかる?

ガス器具を替えるにあたって重要なことは、

  • 家で使っている(これから使う)ガスの種類
  • ガス器具が対応しているガスの種類

この二つをきちんと把握することです。

 

そのためのチェックポイントを紹介しましょう。

利用している(これから利用する)ガスの種類を見分ける方法

まず、今使っている(これから使う)ガスの種類を見分ける方法です。

 

『プロパンガスか都市ガスか』を見分けるのは、とても簡単です。

建物の敷地内にガスボンベがある

⇒プロパンガス

ガスボンベがない

⇒都市ガス

 

都市ガスだったら、さらにガスの種類を確認しましょう。

 

都市ガスの種類は、ガスメーターのどこかに

『13A』『12A』

などと書いてあるはずです。

 

よくわからない、判断に自信がないというときは、ガス会社に問い合わせてくださいね。

ガス器具が対応しているガスの種類の確認方法

次に、『このガス器具が、どのガスの種類に対応しているか』を確認する方法を紹介します。

ガス器具にラベルが付いている場合

多くの場合、ガス器具にはこのようなラベルがついています。

ガス機器ラベル例

このように、ラベルには必ず適合するガスの種類が書いてあります。

 

都市ガス用の場合

⇒『都市ガス用 12A』『都市ガス 13A』

プロパンガス用

⇒『プロパンガス用』『プロパンガス』

などと書いてあります。

 

これも、自信がない場合は、専門の人に確認すると良いです。

都市ガスで12A、13A以外のガスに合うものを探している場合は、特にしっかり確認してくださいね。

ラベルが付いていない・確認できない場合

  • ガス器具にラベルが付いていない
  • ネットショップなどの通販で買うので、ラベルを見て確認できない

という場合は、

型番の最後に書いてある英数字を確認してください。

 

『12A13A』『12A』などと書いてある

⇒都市ガス用

『LP』と書いてある

⇒プロパンガス用

というように、型番の中の英数字でも、都市ガス用かプロパンガス用かを見分けることができます。

 

これも、判断に迷うときはショップに問い合わせてくださいね。

 

そして、コンロが届いたら、すぐに『使うガスの種類に合ったものかどうか』を確認してください。

 

メモ

コンロは、やはりお店で新品を買うほうが、確実に安全です。

でも、もしネットオークションやフリマサイトなどで買うなら、

ラベルや型番をきちんと確認して、教えてくれる出品者

から買ってください。

スポンサーリンク

まとめ

都市ガスもプロパンガスも、それぞれに長所があり、毎日の暮らしに欠かせないものです。

でも、何より安全に使用しなくてはいけませんよね。

 

そのためにも、

プロパンガスにはプロパンガス用の、都市ガスには都市ガス用のガス器具を使ってください。

 

引っ越しやガスの変更などでガスの種類が変わったら、

  • 使うガスの種類
  • ガス器具が対応しているガスの種類

を忘れずに確認して、合うものを使ってください。

 

ガスの種類は

  • 建物のそばにガスボンベがあったらプロパンガス、なかったら都市ガス
  • 都市ガスの種類は、ガスメーターに書いてある

というところで確認できます。

また、ガス器具が対応しているガスの種類も、ラベルや型番で確認できます。

しっかり確認してガスに合う器具を選び、安全に快適にガスを使ってくださいね!

-ガス器具, プロパンガスの違い

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2020 All Rights Reserved