ガスコンロ

ガス器具 プロパンガスの違い

都市ガスとプロパンガスでコンロを共用できる?器具の違いを紹介

引っ越しや、ガス会社の乗り換えなどで、ガスの種類が変わることがありますよね。

たとえば、これまでプロパンガスだったのが都市ガスになったり、都市ガスからプロパンガスになったり。

そんな時は

「ガスの種類が変わったら、ガス器具を取り換えなければいけない」

という話をよく聞きます。

でも、ガス器具を買い替える費用や、買いに行く時間を考えると、

「今のをそのまま使えればいいのになぁ…」

って思いますよね。

でも、

都市ガスとプロパンガスで、同じガス器具を使って大丈夫なのでしょうか?

そもそも、

「ガスが変わったらガス器具を替える必要がある」

と言われるのは、なぜなのでしょうか?

 

ということで今回は、都市ガスとプロパンガスにおける、ガスコンロなど器具の違いについてお話していきましょう。

ガス会社の乗り換えや引っ越しを検討している人は、ぜひ読んでおいてくださいね。

スポンサーリンク

都市ガスとプロパンガスでガスコンロを共有できる?

ガス器具をチェック!

ガス器具をチェック!

都市ガスとプロパンガスでは、ガス器具が違う

都市ガスとプロパンガスでは、

同じ器具をそのまま使うことはできません

もし、都市ガスからプロパンガスへ、もしくはプロパンガスから都市ガスに変わったなら、

ガス器具を、そのガスに対応できる器具にする必要があります

 

これは、なぜかというと、

プロパンガスと都市ガスではガスの成分や熱量が違うから

です。

 

ガス器具は、

『ガスを出しさえすれば使える』

というものではありません。

ちょうど良い火力になるように、また安全に使えるように、

  • ガスをどのくらい出すか?
  • ガスと空気をどのくらい混ぜるか?

といったことを調節しているのです。

『どのくらいガスと空気を混ぜると、ちょうど良い火力になるか』

は、ガスの成分やガスの熱量によって異なります。

 

プロパンガスは、プロパンやメタンが主成分。

都市ガスは、メタンが主成分です。

そしてプロパンガスは、同じ量でも

都市ガスの倍以上の熱量

があるのです。

そういった違いがあることから、安全に、また使いやすくするには、器具の構造も違ってきます。

たとえば、LPガス(プロパンガス)のノズルは、都市ガスのものより細いですし、バーナーの空気取り入れ口のサイズも違っています。

なので、プロパンガスの器具を、そのまま都市ガスで使うことはできません。

その逆も同じです。

ガスの種類が変わったら、

買い替えるか、ガスに合うように改造してから使いましょう

都市ガスには、ガスの種類がいくつかある

ガスの種類が違うのは、都市ガスとプロパンガスの間だけではありません。

都市ガスの中でも、ガスの種類はいくつかあります

そして、やはりガスの種類に合ったガス機器を使う必要があります。

都市ガスの会社を乗り換えた時も、ガスの種類が変わることがあるので、

ガスの種類を確認し、ガスに合った機器を使ってください

 

都市ガスの種類には、

  1. 12A
  2. 13A
  3. 6A
  4. L1
  5. L2
  6. L3
  7. 5C

の7種類があります。

この中で主流になっているのは、

12Aと13A

の2つです。

残りの6A、L1、L2、L3、5Cは、地方の中小都市ガス会社が使っていたものです。

今では、13Aへの転換が進み、ほとんど使われなくなっていますが、まだ残っている可能性はあるでしょう。

そのため、ガス会社が変わる時には、ガスの種類をよく確認してくださいね。

ちなみに…

プロパンガスの場合は、ガス会社が変わっても器具は共通して使えます。

合わないガス器具を使うとどうなる?

では、ガスの種類に合わないガス器具を無理に使うと、どのようなことが起こるかというと

  • ガス機器の故障
  • 燃焼不良によって、無駄にガスを使ってしまい、ガス料金が高騰
  • 不完全燃焼を起こす
  • 異常点火で、やけどをする
  • ガス漏れの危険性が高まる
  • ガス漏れがあってもガス警報器が反応しない
  • 過燃焼によって火災を引き起こす
  • 一酸化炭素中毒の危険

などが考えられ、とても危険です。

器具が壊れたり、余計にお金がかかったりするだけでなく、

最悪、命に関わる事態にもなりかねません

 

『ガスコンロの買い替えなどの費用を省いたばかりに、家を失ってしまった…』

なんてことにはなりたくないですよね。

ガスコンロは、必ずガスの種類に合ったものを使ってください

ガス機器は買い替えか改造か?

ガスの種類が変わって、これまでのガス器具が使えなくなる時には、

  • ガス器具を買い替える
  • 今持っているガス器具を、これからのガスに合うように改造してもらう

という2つの手段が考えられます。

 

自分で行うことは困難ですが、ガス器具の改造は、

ガス会社やガス器具のメーカーで対応してくれる

ので、問い合わせてみてください。

改造にかかる費用は、器具や機種によっても異なりますが、

ガスコンロで1万円くらい

となるでしょう。

 

ただし、

場合によっては、改造するより買い替えたほうが安く済むこともあります

なので、まずはガス会社やメーカーに問い合わせて、だいたいの費用を確認してみてください。

費用に見合っているかどうかで、買い替えるか改造するか決めることをおすすめします。

 

そして、問い合わせをする時には、前もって

  • 今持っているガス器具の機種と型番
  • これから使うガスの種類(都市ガスかプロパンか、都市ガスならどのガスの種類か)

を調べておいて、伝えてください。

 

さらに改造にかかる費用だけでなく、

  • 改造するのに、何日くらい器具を預ける必要があるか
  • 改造したら保証がなくなるのかどうか
  • 出張訪問費などはかかるかどうか

も確認しておくと良いですよ。

注意!

当然ですが、

素人が自分で改造するのは危険なのでやめてください。

ガス器具を改造する時は、かならずメーカーやガス会社に頼んでくださいね。

高価なガス器具や、使いやすくて気に入っているものなどは、できれば長く使いたいですよね。

ゆくゆくは、ガスの種類が違っても手軽に切り替えられるようなガス器具も、開発されることを期待したいものです。

 

ガスの種類を見分ける方法

ガス器具を替えるにあたって重要なことは、

  • 家で使っている(これから使う)ガスの種類
  • ガス器具が対応しているガスの種類

この二つをきちんと把握することです。

では、ガスの種類は、どこを見ればわかるのかを、お伝えしましょう。

利用するガスの種類を見分ける方法

まず、使っている(これから使う)ガスの種類を見分ける方法です。

『プロパンガスか都市ガスか』

を見分けるのは、とても簡単です。

 

プロパンガスは、ガスボンベで供給されます。

なので、建物のそばにガスボンベがあれば、プロパンガスです。

ガスボンベがない場合は、都市ガスです。

 

都市ガスの場合は、さらにガスの種類を確認しましょう。

都市ガスの種類は、ガスメーターのどこかに

『13A』『12A』

などと書いてあるはずです。

もし、よくわからなかったり、自信がなかったりする時は、ガス会社に問い合わせてみてくださいね。

ガス器具が対応しているガスの種類の確認のしかた

次に、

『ガス器具が、どのガスの種類に対応しているか』

を確認する方法を紹介します。

ガス器具には、このようなラベルがついています。

ガス機器ラベル例

ガス機器ラベル例

このように、

ラベルには必ず適合するガスの種類が書いてあるのです。

都市ガス用の場合は

『都市ガス用 12A』『都市ガス 13A』

プロパンガス用なら

『プロパンガス用』『プロパンガス』

などと書いてあります。

 

これも、自信がない場合は専門の人に確認すると良いでしょう。

都市ガスで12A、13A以外のガスに合うものを探している場合は、特にしっかり確認してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

都市ガスもプロパンガスも、それぞれに長所があり、毎日の暮らしに欠かせないものです。

でも、何より安全に使用しなくてはいけませんよね。

そのためにも、

プロパンガスにはプロパンガス用の、都市ガスには都市ガス用の機器を使いましょう

ガス会社の乗り換えや、引っ越しなどでガスの種類が変わったら、

『使うガスの種類』

『ガス器具が対応しているガスの種類』

を忘れずに確認して、合うものを使ってください。

ガスの種類は

  • 建物のそばにガスボンベがあったらプロパンガス、なかったら都市ガス
  • 都市ガスの種類は、ガスメーターに書いてある

というところで確認できます。

また、ガス器具が対応しているガスの種類も、ガス器具に貼ってあるラベルに書いてあります

「これでいいのか、自信がないな…」

という場合は、ガス会社やガス器具の販売店で確認してくださいね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス器具, プロパンガスの違い

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.