どっちがいいかな…

ガス会社変更サービス プロパンガスの節約

ガス屋の窓口でガス料金を安くする方法!ガス会社を変更する手順解説

プロパンガスの節約についてネットで調べると、

『ガス会社を乗り換えて、ガス料金を安くするのが、一番の近道』

っていう話が、よく出てきますよね。

 

ガス会社を乗り換えるなら、価格や契約内容などの比較は、絶対に必要です。

でも、ガス会社に片っ端から問い合わせるのは、とても大変。

それに、どのガス会社が良いか見極めるのも、なかなか難しいものです。

 

そんな時に役立つのが

『ガス料金比較サービス』

簡単に利用できて、何より無料なのが、とてもありがたいサービスです。

中でも、

『ガス屋の窓口』

は、おすすめの比較サービスの1つです。

 

この記事では、

『ガス屋の窓口』を利用してガス会社を変更する手順や注意点などについて

解説していきます。

ガス代を節約したいあなた、ぜひ最後までお読みくださいね!

『ガス屋の窓口』公式サイト

『ガス屋の窓口』でガス会社を変更する手順

ガス料金が気になる…

ガス料金が気になる…

『ガス屋の窓口』ってどんなサービス?

まず、

『ガス屋の窓口』

や、そのサービスについて、ざっとお話ししましょう。

『ガス屋の窓口』は、

  • プロパンガス料金の診断
  • 良心的で、適正料金でプロパンガスを提供している会社の紹介
  • ガス会社の変更手続きの代行
  • 変更したガス会社で値上げがあった場合の交渉や、差額返金などサービス
  • ガス料金の変動具合の監視

というようなサービスを、

すべて無料

で提供してくれる、ガス料金比較サービスです。

『ガス屋の窓口』の運営会社

『ガス屋の窓口』の運営会社は、

『株式会社エネジスタ』

「プロパンガスユーザーとその地域のプロパンガス会社を、適正価格でマッチングしたい」

ということで、このサービスを始めたとのこと。

この会社は、

プロパンガス取扱業専門の会社で、当然プロパンガス業界の事情も、熟知しています。

プロパンガス業界に詳しい会社が運営しているのは、心強いですね。

『ガス屋の窓口』公式サイト

『ガス屋の窓口』でガス会社を乗り換える手順

では、『ガス屋の窓口』でガス会社を乗り換える手順をお伝えします。

とても簡単ですよ。

  1. ガス代の領収書を用意し、ガス診断をする。
  2. ガス会社を乗り換えようとなったら、メールフォーム、もしくは電話から問い合わせる。
  3. 紹介できるガス会社について、電話で説明してもらい、良い会社があったら紹介してもらう
  4. 新しいガス会社の料金や、契約内容に納得がいったら、契約をする
  5. 新しいガス会社と切替工事日を決め、工事をしてもらう
  6. 工事が終了し、点火確認が終わったら、ガスの切り替え完了!

と、これだけです。

では、詳しく解説します。

1.ガス料金診断をする

まず、

直近のガス代の領収書

を用意しましょう。

領収書には、

使用量と料金

が書いてあるので、チェックします。

 

次に『ガス屋の窓口』公式サイトにアクセスします。

『ガス屋の窓口』公式サイト

アクセスしたら、

『カンタン10秒自動料金診断』

というボタンを見つけてください。

ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

もしくは、

ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

という形になっています。

このボタンを押し、表示されたページの、

住んでいる地域を選びます

 

ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

上記のフォームが表示されるので、領収書に書いてあった

  • 直近のガス使用量
  • 直近の請求金額

を入力して、『診断する』ボタンを押すだけです。

 

そうすると、こんな感じで診断結果が出ます。

ガスの窓口診断結果例

ガスの窓口診断結果例

引用ガス屋の窓口

2.『ガス屋の窓口』に相談する

ガス料金診断の結果を見て、

「ガス会社を乗り換えようかな…」

と思ったら、

『ガス屋の窓口』に相談です

この時、

今のガス会社との契約内容が書かれているものや、契約書がある場合は、手元に用意してください

そして、

  • 違約金があるかどうか
  • ガス設備などの無償貸与契約がどうなっているか
  • 契約期間はどうなっているか

を確認しておくと、話を進めやすいです。

もし、

契約書などがない場合は、ガス会社に問い合わせておきましょう

 

『ガス屋の窓口』での相談方法には

  • 電話
  • フォームから送信

の2つの方法があります。

どちらでも大丈夫ですが、筆者としては

フォームから送信の方をおすすめします

フォームから送信すると、伝えたことを文字に残しておけるので、後で確認しやすいからです。

電話の場合も、話した内容をメモに取り、確認しながら話すことをおすすめします

 

3.紹介できるガス会社について、電話で説明してもらう

『ガス屋の窓口』に相談すると、

『ガス屋の窓口』から電話がかかってきます

この電話では、

  • その地域の適正料金
  • 紹介できるガス会社
  • ガス料金やプランについて

などを説明してくれます。

しっかりメモを取って、

わからないことは確認

しましょう。

ポイント

もし、

納得がいくガス会社がなければ、ここで断っても大丈夫です

また、

『その電話ですぐ契約先を決めなければならない』

ということもありません。

むしろ、

「ぜひ!」

と思う会社があっても、

即決せずに、冷静に考えて決めることをおすすめします

 

4.新しいガス会社と契約する

検討して、良さそうなガス会社が見つかったら、『ガス屋の窓口』に連絡します。

連絡からだいたい1週間くらい

で、ガス会社の人が自宅に訪問してきます

  • ガス料金
  • プラン
  • 契約内容

についてしっかり確認して

納得がいったら契約してください

この時も

  • 契約内容をしっかり確認する
  • わからないことがあったら、そのままにせず質問する

ことが大切です。

料金だけでなく、

契約年数や違約金があるかどうかなどについても、必ず確認してください

 

5. 新しいガス会社と切替工事日を決め、工事をする

新しいガス会社のガスを使うには、

ガスボンベやメーターの交換

をしてもらう必要があります。

その工事をする日を決め、工事をしてもらう相談を、新しいガス会社としてください。

なお、工事には、立ち合いが必要です

 

「あれ?前の会社への、解約の連絡は?」

と思うかもしれませんが、

そういった手続きは『ガス屋の窓口』もしくは、新しいガス会社で代行してくれます

 

6.工事が終了!点火確認が終わったらガスの切り替え完了!

ボンベとメーターの交換が済み、点火確認が終わったら、工事完了

これで新しいガス会社のガスが使えます!

 

『ガス屋の窓口』を利用する時に、気をつけたいこと

ガス屋の窓口を利用する時には、いくつか注意することがあります。

それは

  • 今のガス会社との契約で、契約年数の縛りや違約金、無償貸与の残債金がある場合
  • 賃貸住宅の場合は、入居者がガス会社を変えることはできない
  • ガス会社を変え終わるまでには、1週間くらいかかる

ということです。

 

契約年数の縛りや違約金、残債金に注意!

手順2の所でも触れましたが、ガス会社を切り替えるにあたっては、今のガス会社との契約で、

  • 契約年数のしばりがあるかどうか
  • 違約金や解約金が発生するかどうか
  • 設備の無償貸与契約の残債金などがあるかどうか

を確認しておくことが大事です。

 

でも、

『契約年数内だったり、違約金があったりしたら、絶対ガス会社を替えられない』

というわけではありません

『違約金や残債金などがそんなに高くなくて、ガス会社を変えることでメリットがある』

という場合なら、払ってガス会社を変えるのも、手です。

 

また、『前のガス会社の無償貸与契約を新しいガス会社が引き継ぐ』という形で、ガス会社を変えられる可能性もあります。

ただしこのばあいは、

結局、無償貸与契約の分がガス代に上乗せされるので、無償貸与契約がない場合ほど安くならない可能性が大です。

 

なので、

  • 違約金などが発生しそう
  • 契約年数以内
  • 無償貸与契約の残債金がある

といった場合は、

  • そういった場合どうしたら良いか、『ガス屋の窓口』で相談する
  • 紹介してもらったガス会社に、実際どのくらいの料金になるか、よく確認する
  • 無償貸与契約を引き継いでもらう場合は、無償貸与の分が払い終わった後の料金がどうなるか、確認する

というようにすると良いです。

 

ちなみに、ネットには

「残債金や無償貸与契約を『肩代わり』してくれるガス会社もある」

というように書いてあることもありますが、

実際にはガス会社が『肩代わり』してくれることは、ほとんどないと思った方が良いです。

それをやってたら、ガス会社の経営が回らなくなっちゃいますからね。

なので、もしもガス会社の人が

「残債金はうちが持ちますよ」

などと言った場合は、その分がガス料金に上乗せされるかどうか、確認してください。

 

賃貸住宅のガス会社を変えるには、大家さんの承諾が必要

賃貸住宅の場合は、入居者個人の判断ではガス会社を替えることができません

ガス会社と契約するのは、オーナーだからです。

 

なので、

「プロパンガスが高いな…」

と思ったら、ガス会社を替えてもらえないか、大家さんに相談してみましょう。

賃貸でプロパンガス料金に困っている人は、こちらも読んでみてくださいね。

プロパンガスの配達
賃貸の家でプロパンガス代を節約したい!ガス会社の変更は可能?

続きを見る

 

ガス会社を変えるには1週間以上かかることを忘れずに!

ガス会社を変えることを決めてから、新しいガス会社のガスを使えるようになるまでには、1週間以上かかります。

ですから、

「〇月〇日までにガス会社を切り替えたい」

という場合は、余裕をもってガス会社探しや契約などをしてください。

 

これは、法律で

『解約をする場合は申し込みがあってから、ボンベとメーターを撤去するまでに相当期間を空けること』

と決められているからです。

引っ越しの時なども、

期間には余裕をもってガス会社を選んでくださいね

『ガス屋の窓口』公式サイト

 

わからないことは遠慮なく質問しよう

他にも、

気がかりなことや疑問があったら、遠慮せずに質問する

ことが重要です。

 

たとえば、ガス会社を決めるか迷っている場合などは、

『ガス屋の窓口』を利用した場合、どの時点までキャンセルができるのか

についても、確認しておくと安心ですね。

 

『ガス屋の窓口』を利用するメリット・デメリット

メリットとデメリットをチェック!

メリットとデメリットをチェック!

『ガス屋の窓口』を利用する最大のメリットは、

ガス会社の切り替えがとてもラク

ということです。

「他のメリットやデメリットはどうなの?」

と思う人も多いことでしょう。

ということで、次は『ガス屋の窓口』のメリット、デメリットについて解説します。

 

『ガス屋の窓口』のデメリット

『ガス屋の窓口』のデメリットは

対象エリアになっていない地域がある

ことです。

対応地域は

北海道・東北

北海道海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、福島県、山形県

関東

埼玉県、神奈川県、千葉県、東京都、茨城県、栃木県、群馬県

甲信越

山梨県、長野県

中部・北陸

静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、石川県、福井県

近畿

滋賀県、京都府、奈良県、大阪府

中国四国

岡山県、広島県、愛媛県

九州

福岡県、鹿児島県、熊本県、大分県、沖縄県

となっています。

また、県内でもカバーしていない地域がある可能性もあるので、

『ガス屋の窓口』公式サイトの『対象エリア』のページで確認してくださいね

『ガス屋の窓口』公式サイト

 

他には、

とくに、これといったデメリットはありません

「こういうところに相談すると、ガス会社からセールスの電話が来たりするんじゃ…」

と思うかもしれませんが、実際に『ガス屋の窓口』を利用した人の話によると、

「セールスの電話はぜんぜん来なかった」

とのことです。

これなら、安心して利用できそうですね。

 

『ガス屋の窓口』を利用するメリットは?

では、『ガス屋の窓口』を利用するメリットはどうかというと、

  • 自動料金診断だけなら、個人情報を入力する必要がない
  • ガス代が安くなる
  • 優良ガス会社を紹介してくれる
  • 診断・問い合わせから、ガス会社の紹介、アフターサービスまで無料
  • 1つ1つのガス会社を自分で調べなくても良い
  • ガス会社変更の手続きを代行してくれる
  • ガス会社の値上げがあった場合の料金保障がある
  • 正当な理由による値上げでも、契約後1年以内なら、差額分返金してくれる
  • セールス電話がない
  • 戸建て、持ち家、集合住宅、賃貸オーナー、店舗など、いろいろな住居形態に対応
  • ガス会社変更後の相談や、ガス器具などの購入についても、相談に乗ってくれる

と、たくさんあります。

この中でも、メリットとして、とくに大きいのが

  • 無料でサービスを利用できる
  • ガス会社の変更に手間がかからない
  • 安くなる
  • 優良なガス会社を紹介してくれる
  • ガス料金が値上がりした場合の料金保障や、差額分返金制度がある

というところですよね。

 

自力でガス会社を変更しようと思ったら、それぞれのガス会社に連絡して見積もりをもらい、比較しなければなりません。

手間も時間もかかりますし、しつこいセールスが来たりする可能性もあります。

でも、

『ガス屋の窓口』に頼めば、時間もかからず、セールスが来る心配もいりません

 

それから、ガス会社選びで難しいのが、

『本当に良心的な会社かどうか』

提示されたガス代がどんなに安くても、悪質な会社と契約してしまったら、後が大変です。

悪質な会社の中には、契約の時には安くしておいて、後で価格を吊り上げる、なんてことも…。

何かあった時に、メンテナンスに来てくれるまでに時間がかかるのも、困りますよね。

でも、『ガス屋の窓口』では、

  • 不当な値上げをしない
  • 一定以上の質のサービスを提供する

などの、独自の基準を設けていて、

その基準を満たしたガス会社だけが『ガス屋の窓口』と業務提携できる

という仕組みになっています。

万が一違反した場合は、すぐに契約が解除されるくらい、厳しいです。

そういった、一定水準以上の中から会社を選べるので、安心ですね。

 

また、『ガス屋の窓口』では、

ガス料金の監視もしています

『契約した後に、不当な値上げがあった』

という場合は、

『ガス屋の窓口』に連絡すると、ガスの価格を元に戻すように、交渉してくれます

それでも値上げを止めない場合は、他の、一番条件の良いガス会社を紹介してくれます

 

なお、『不当な値上げ』というのは、

  • 原材料費が高騰したわけでもないのに、ガス会社の都合で値上げした
  • ガス全体が値上がりしているが、平均値上げ幅を上回って値上がりしている

というような場合です。

ガスは、原材料費が上がれば、どうしても値上がりしてしまいます。

それは正当な値上げですが、上に書いたような、そうでない値上げが『不当な値上げ』です。

 

さらに、『ガスの原材料価格の高騰』など、

正当な理由による値上げだとしても

契約後1年以内だと、ガス料金の差額を『ガス屋の窓口』から返金してもらえるのです。

太っ腹ですね。

このサービスは、業界で初めてのものだそうです。

 

これだけのサービスを無料で提供してくれるのは、

提携ガス会社から紹介料をもらっていて、それで運営できるからとのこと。

おトクに利用できて、しかもアフターサービスまでしっかりやってくれるのは、本当にありがたいものです。

『ガス屋の窓口』公式サイト

なぜ『ガス屋の窓口』でガス料金が安くなるのか?

どれだけ節約できるかな…

どれだけ節約できるかな…

『ガス屋の窓口』でガス料金が安くなる理由

『ガス屋の窓口』を利用してガス会社を切り替えると料金が安くなる理由は、実に簡単です。

それは

『適正な料金の、良心的なガス会社と契約できるから。』

もっと詳しく言うと、

  • ガス会社の料金を比較して、安い所を選ぶことができるから
  • ガス会社変更後も不当な値上げをしない、優良なガス会社を紹介してもらえるから
  • 万が一不当な値上げがあった場合、適正な価格に戻すようにしてくれるから

ということです。

 

プロパンガスは自由料金なので、

それぞれのガス会社が自由に価格を決めることができます

そのため、高い価格設定にしているガス会社もあります。

 

また、プロパンガス業界の中には、

『それぞれのガス会社がなるべく儲かるような仕組み』

があったりして、価格競争も起きにくい体質があります。

そのため、どうしても料金が高くなりがちなのです。

そんな中で、料金が安い所を選べば、安くなるのは当然といえば当然ですよね。

 

ただ、安い所を選んだとしても、時には

『契約の時は安い料金設定をして、しばらくするとじわじわ値上げをし、最終的に高い価格になる』

なんてケースもあります。

でも、『ガス屋の窓口』でガス会社を紹介してもらえば、

料金も安く、不当な値上げもしない会社を紹介してくれて、

なおかつ

『ガス屋の窓口』がガスの価格を監視していて、不当な値上げに対応してくれる

ので、ガス料金が高くならないのです。

 

『安心してガス会社を選べて、価格もリーズナブル』

これが、『ガス屋の窓口』でガス料金が安くなる理由です。

 

さらにおトクなガス会社比較の仕方

ガス会社を切り替えるなら、できるだけ良い結果を出したいですよね。

そのために、ちょっとした技を伝授しましょう。

 

その技とは

  • 今のガス会社の契約内容をしっかり把握しておく
  • 他のガス料金比較サービスも利用する
  • わからないことをそのままにせず、必ず質問する

ということです。

 

ガス会社を比較するのに、

今のガス会社との契約内容を把握するのは、とても大事です。

料金や契約内容をよく知らずにガス会社を切り替えて、

「もともと安かったのを知らずに切り替えて、手間をかけたのにあまり安くならなかった」

「違約金が発生してしまった」

なんてことになったら、ガッカリです。

それに、今の料金がわからなかったら、比べようもないですからね。

先にも書いたことですが、今利用しているガス会社の

  • ガスの基本料金と従量料金
  • 直近でどれくらいの量のガスを使い、いくらくらい払っているのか
  • ガス会社との契約内容

は、しっかり把握しておいてください。

 

2つ目の

『他のガス料金比較サービスも利用する』

ということ。

これは、選択肢や情報量を増やすためです。

提携しているガス会社は、ガス料金比較サービスによって違います

ということは、別の比較サービスでは、『ガス屋の窓口』とは違う会社を紹介してくれる可能性もありますよね。

1つの比較サービスだけを利用するより、選択肢が広がります。

また、2つの比較サービスで、同じことを質問してみるのもおすすめです。

片方では得られなかった情報が、もう片方では得られるかもしれません

 

とはいえ、もう一つの比較サービスも、『良心的な会社を紹介してくれるところ』を利用する必要があります

たとえば『エネピ』なら、ここも優良なガス会社を紹介してくれるので、

『優良ガス会社』というところまでは絞り込んだうえで、選択肢を広げることができます

「片方は断らなきゃいけないことになるのは、申し訳ないな…」

などと遠慮することはありませんよ。

せっかくのサービスですから、大いに利用させてもらいましょう。

プロパンガス会社もいろいろ
enepi(エネピ)でお得に!プロパンガス会社を比較する方法を解説!

続きを見る

怪しくないか、調べてみよう
enepi(エネピ)の評価や口コミをチェック!しつこいと評判の真相は?

続きを見る

 

そして、『技』というほどでもないくらい基本的ながら、とても重要なのが

『わからないことや気がかりなことは、そのままにせず、質問する』

ということ。

ガス会社との契約は、家計に関わる大切な契約です

疑問や違和感を抱えたまま契約して、

「やっぱり、よせばよかった…」

なんてことになったら、残念ですよね。

 

また、

ガス会社の人と話せる機会には、慮なく質問をすることで

「どんな対応をしてくれる会社なのか」

ということもわかります

「素人だからわからないけど、こんなこと聞いたら恥ずかしいかな…」

などと思わずに、そういう質問こそ、してみましょう

小さなことでも丁寧に答えてくれる会社なら、きっと安心して契約できると思いますよ

『ガス屋の窓口』公式サイト

まとめ

面倒なガス会社の乗り換えも、『ガス屋の窓口』を利用すれば、とてもラクで、安心です

おおまかな手順は

  1. 『ガス屋の窓口』に相談する
  2. 紹介されたガス会社の中から、良さそうな会社を選ぶ
  3. ガス会社の人に来てもらい、見積もりや契約内容を確認する
  4. 納得がいったら契約する
  5. 工事に立ち会う

と、これだけです。

面倒なセールス電話への対応や、これまでのガス会社への連絡もしないで済みますし、何より、

  • 良心的なガス会社を紹介してもらえる
  • 料金が値上がりした時も、サポートしてもらえる

というのが、安心ですね。

 

さらに、

他のガス料金比較サービスも利用することで、より選択肢を広げて、ガス会社を選ぶこともできます

ぜひ、『ガス屋の窓口』を上手に活用して、おトクで楽にガス会社の切り替えをしてくださいね

きっとガス料金が安くなって、家計も大助かりですよ!

『ガス屋の窓口』公式サイト

評価はどう?
ガス屋の窓口の評判や口コミをチェック!安心して使えるか評価してみた

続きを見る

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス会社変更サービス, プロパンガスの節約

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.