ガスの検針票

プロパンガスの節約

プロパンガスの検針票はいつ届く?来ない場合の再発行と見方を紹介!

毎日の暮らしに欠かせない『ガス』の料金って、気になりますよね。

ガスの使用量はもちろん、実際いくら払っているのかチェックしておくのは、家計にとても大切なことです。

 

そのために欠かせないのが

『ガスの検針票』

でも、

ガスオ
普段チェックするのは、使用量と請求額だけ

なんて人も、けっこう多いのではないでしょうか?

実は、検針票をよく見てみるのって、大事なんですよ!

 

ということで今回は、

ガスの検針票について、いつ届くのかや来ない場合の再発行について、そして検針票の見方

についてもお話しします。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスの検針票はいつ来る?

ガスの検針票

ガスの検針票

まず、プロパンガスの検針票が来る時期や、来ない場合などについてお話ししましょう。

プロパンガスの検針票が来る時期

プロパンガスの検針票は、ガス会社にもよりますが、

検針の時に、検針担当者がポストなどに入れていくことが多いです。

つまり、

『検針日に検針票が届く』

ということです。

 

ではその検針日はいつかというと、

  • 検針票に『検針予定日』として書いてある
  • ガス会社の会員ページなどで確認できる
  • コールセンターなどに問い合わせる

という方法で知ることができます。

 

検針日は、検針票からも、ある程度目星を付けることはできます。

例として、この検針票を見てみましょう。

赤線の部分が使用期間

赤線の部分が使用期間

この検針票の赤線を引いたところを見てください。

  • 9月分の使用期間は、8月2日~9月3日
  • 10月分の使用期間は、9月3日~10月2日

となっていますね。

ということは、

『だいたい毎月2日か3日あたりに検針に来ている』

と推測できます。

検針日は月によって1、2日ずれることがあります。

 

検針日は、ガス会社や配送エリアによって違います。

効率よく検針に回れるように、ガス会社がルートや検針日を決めているので、

利用者側から検針日を指定することはできません。

プロパンガスの検針票が来ない場合

「検針票が届かないな…」

という場合は、一度、よく探してみましょう。

検針をしてあれば、まず検針票が届いているはずです。

探してもない場合や、明らかに届いていない場合は、ガス会社に問い合わせてみてください。

 

ちなみに、ガス会社によっては、紙の検針票だけでなく、

  • メールでも検針結果が送られてくる
  • ガス会社サイトの会員ページなどで検針結果が確認できる

というふうにしていることもあります。

会員ページなどで確認できるかどうかは、ガス会社のサイトを確認するか、問い合わせてくださいね。

プロパンガスの検針票は再発行できる?

プロパンガスの検針票が再発行できるかどうかは、ガス会社によって違います。

これも、まず問い合わせてみてください。

 

ただし、検針票と前月の領収証が一体になっている場合は、再発行できないこともあります。

領収証は、基本的に再発行できないからです。

 

でも、ガス会社によっては

  • 会員ページなどで、使用量や料金を確認できる
  • 支払い証明書などを発行してもらえる

ということもあるので、ガス会社に問い合わせてくださいね。

ガス料金の振込用紙をなくしてしまった場合

検針票とは少し違う話ですが、振込用紙をなくした場合についても、お話ししておきましょう。

 

料金の振込用紙をなくしてしまった場合は、なるべく早めにガス会社に連絡してください。

振込用紙の再発行ができるかどうかは、ガス会社の判断によります。

場合によっては、

ガス屋
銀行振り込みしてください

と言われることもあります。

まずガス会社に問い合わせて、指示に従ってください。

 

なお、

ガス会社と契約したばかりの場合は、口座引き落としなどで申し込んでいても、初月は振り込みで払うこと

がよくある話です。

その場合は、振込用紙が送られてきます。

引越し直後などだと慌ただしいとしても、振込用紙はなくさないように、気を付けてくださいね。

 

プロパンガスの検針票の見方

ガス検針票の見方は?

ガス検針票の見方は?

では、次に先ほどの検針票を例に、検針票の見方をお話しします。

検針票に書いてある内容や書き方は、ガス会社によって違うので、参考として見てくださいね。

プロパンガス検針票の基本的な見方

では、先ほどと同じ検針票を見てみましょう。

ガス検針票の例

ガス検針票の例

契約者の情報

ガス検針票には、必ず

  • 契約者の氏名
  • 契約者の住所
  • 『お客様番号』や『お客様コード』など、契約者の識別番号

などの、契約者の情報が書いてあります。

 

契約者の氏名や住所が書いてあるのは、当たり前といえば当たり前です。

でも、『契約者の住所氏名が書いてある』ということは、とても大切です。

なぜかというと、

「どこの誰がガスをどのくらい使って、いくら料金を請求するか」

をはっきりさせる意味があるからです。

もし検針票に氏名が書いていなかったら、

ガスオ
もしかして間違って、別の家の検針票を入れてったりしてないかな…。

って、心配になってしまいますよね。

 

ガス会社名や営業所名

これも、『書いてあるのは当たり前だけど大事な情報』です。

どこのガス会社からの検針票か書いていなかったら、どこから請求されるのか、わからないですものね。

 

まずないとは思いますが、

万が一ガス会社名が書いていない場合は、契約しているガス会社に問い合わせて、そのガス会社の検針票か確認する

ことが大切です。

 

1 メーターの指針

ではここからは、内容の部分を見ていきましょう。

番号は、画像の赤い文字で示している部分です。

まず、1の『指針』について。

ここには、

  • 当月指針
  • 前月指針
  • メーター交換までの使用量
  • 前年同月使用量
  • メーター社番

が書かれています。

 

まず、『当月指針』は、今回の検針でのメーター数値です。

『前月指針』は、前回検針のメーターの数値。

当月指針-前月指針

が『今回の使用量』となり、この例では8.2立方メートルです。

 

『メーター交換までの使用量』には、使用期間内にガスメーターを交換した時に、交換前のメーターの使用量が書かれます。

この例の画像だと、9月3日から10月2日の間に、ガスメーターを交換した場合です。

今回はメーターの交換が無かったので、『0.0』という数字になっています。

 

『前年同月ご使用量』は、前年の同じ月にどれだけガスを使っていたかです。

これが書いてあると、月ごとの比較がしやすくて助かりますね。

 

2 料金の内訳

次に、2の『金額内訳』を見てみましょう。

ここは、請求予定金額の内訳が書いてあります。

この例では、『ガス料金 5,782円』しか書いてありませんね。

でも、ガス会社によっては

  • 基本料金
  • 従量料金(使用量×従量単価)
  • 基本料金と従量料金の合計
  • 消費税

と内訳を書いてくれるガス会社もあります。

合計金額だけでなく、

基本料金と従量料金をしっかり分けて書いてくれる方が良心的

と言えるでしょう。

 

さらに、他にも

  • 警報機のリース料
  • 延滞利息
  • 口座振替割引額
  • 前回の請求の繰り越し分
  • 床暖房賃貸設備料

などが、必要に応じて書かれます。

 

3 基本料金と従量単価

ここには、基本料金と従量単価が書かれています。

この検針票だと小さく書いてありますが、

基本料金と従量単価は、ガス料金を計算する時に必要な情報です。

確認するためにも、検針票に毎回書いておいてほしいですね。

 

なお、あとで詳しく触れますが、

基本料金も従量料金もどこにも書いていなくて、請求予定額も合計だけ、というガス会社は、要注意です。

 

4 振替予定日

振替予定日とは、『この日に口座から料金を振り替えます』という日です。

支払い方法によって、

クレジットカード払いの場合…『クレジット払い』

払込書による支払い…『払込期限』

などが書かれます。

 

5 ガス会社からのお知らせ

このガス会社では、検針票にお知らせを書く欄があります。

ガス会社によっては、こういったお知らせの欄で

値上げの通知

をすることもあります。

つい、料金や使用量に目が行ってしまいがちですが、お知らせにもしっかり目を通してくださいね。

 

6 前月分のガス料金の領収証

⑥の部分は、前月分のガス料金の領収証です。

  • 契約者の氏名やお客様番号
  • 使用期間
  • 使用量
  • 領収金額
  • 領収金額の内訳

などが書いてあります。

 

この領収証の部分は、ガス会社によって

  • クレジットカードや払込書での支払い
  • 口座振替でも、領収証を郵送にしている

という時には、記載しない場合もあります。

支払い方法によって変わることもあるので、

「なんで書いていないんだろう?」

と思った時は、ガス会社に問い合わせてみてくださいね。

検針票の大事な項目

今回は一例として、あるガス会社の検針票を見てきました。

検針票の書き方や内容は、ガス会社によっていろいろです。

今回の例にはありませんでしたが、

『検針の時の保安点検の結果』

を書いているガス会社もあります。

 

そのように、書き方や内容はいろいろですが、最低限大事なのは

  • 契約者の氏名と住所
  • 使用期間がいつからいつまでのものか
  • 今回の使用量
  • 今回のメーター指針と前回のメーター指針
  • 請求予定金額
  • 請求予定金額の内訳
  • 基本料金
  • 従量料金
  • 振替予定日、払込期日など

が書いてあること。

つまり、

契約者に対して、料金の中身を明瞭に書いてくれること

が大事なのです。

 

もちろん、わからないことがあったら問い合わせれば良いです。

でも、問い合わせるまでもなく明瞭に書いてくれるほうが、良心的ですよね。

こんな検針票のガス会社には要注意!

中には、

使用量と請求金額くらいしか書いていない

という検針票を出してくるガス会社もあります。

このようなガス会社は、要注意です。

 

使用量と請求金額だけでは、内訳がわからないですよね。

基本料金や従量料金が書いていなければ、いくらの基本料金と従量料金でこの請求額になっているのか、わかりません。

こっそり値上げされていても、気が付きにくいのです。

それに、メーターの数値が書いていなければ、使用量を水増しされていてもわかりません。

料金をごまかされたり、使用量を水増しされていたら、嫌ですよね。

 

さすがに水増しはそうそうないでしょうが、残念ながらプロパンガス会社の中には、

こっそり値上げするような悪質な会社

もあります。

その悪質な会社を見抜く手がかりの1つが、検針票です。

検針票、ぜひよく見てみてくださいね。

良心的なガス会社を利用しよう!

プロパンガスは、ただでさえ都市ガスより高くなりがちです。

となれば、料金面でも、サービス面でもまっとうな会社を選びたいですよね。

検針票をいい加減に書いて、こっそり値上げするガス会社なんて、まっぴらごめん。

検針票を明瞭に書いてくれる、良心的なガス会社と契約したいものです。

 

「でも、良心的なガス会社探すのって、難しいんじゃないの?」

と思う人も多いでしょう。

 

ところがどっこい、簡単です!

どうすれば良いかというと、

ガス会社変更サービスに相談する

この方法なら、簡単で確実です。

 

ガス会社変更サービスでは、良心的なガス会社を紹介してくれます。

なぜ『良心的な』と言えるかというと、ガス会社変更サービスでは

  • 不当な値上げはしない
  • 一定以上の質のサービスを提供する

など、審査基準を設けていて、その基準を守ってくれるガス会社と提携しています。

その提携ガス会社を紹介してくれるので、良心的なガス会社と契約することができるのです。

 

そして、ガス会社変更サービスを利用すると他にも嬉しいことが。

それは

ガス料金が安くなる可能性がある

ということ。

これは家計が助かりますね。

もちろん料金プランも、あなたのライフスタイルに合ったものを紹介してくれます。

 

ガス会社変更サービスは、相談から契約まで、全て無料。

「この検針票、なんだかおかしいな…」

「ガス代が高いな…」

と気になっているなら、気軽にガス会社変更サービスに相談してみてくださいね。

便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ

ガスの検針票は、検針の時にポストなどに投函されていることが多いです。

他にも、ガス会社のサイトの会員ページなどで、検針票を確認できることもあります。

  • 検針票が届かない
  • 検針票や払込票をなくしてしまって、再発行してほしい

という時は、再発行してもらえるかどうか、ガス会社に問い合わせてください。

とくに払込票は、早めに問い合わせてください。

支払いが期日に間に合わなくなってしまうのは、避けたいです。

 

検針票には、ガスの使用状況や料金などに付いて、とても大切な情報が書かれています。

それだけでなく、

ガス会社がどれだけ明瞭に、使用量や料金を伝えてくれるか

を知ることもできます。

ぜひ一度、ガスの検針票をよく見てみてくださいね。

 

そして、

「検針票が何だか変だけど、このガス会社、大丈夫?」

と思った時には、ガス会社変更サービスに相談してみてください。

きっと、良心的なガス会社を紹介してくれますよ!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-プロパンガスの節約

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.