重曹

加湿器に重曹やクエン酸を入れて運転すると臭いが消える!?

重曹やクエン酸を入れて運転すると加湿器の臭いが消せるの?

スポンサーリンク

乾燥する季節に欠かせないアイテムといえば、『加湿器』!

適度に湿度があると、過ごしやすいだけでなく風邪の予防にもなりますよね。

 

カジコ
うちの加湿器、最近なんだか臭うんだよね…。
加湿器の臭い消しには、重曹水やクエン酸水で運転するのが良いって聞いたことがあるよ。
カジマル

 

私もその掃除方法は聞いたことがありますが、

実際にやる前に、方法や注意点はしっかり知っておきたいですよね。

 

ということで、この記事では

  • 加湿器に重曹水やクエン酸水を入れて運転する掃除方法や注意点
  • その他の重曹やクエン酸を使った加湿器の掃除方法

についてチェックしていきます。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

加湿器の臭いや汚れの原因は?

なぜ加湿器の臭いや汚れの原因になるのは、

  • 加湿器の中で増えた雑菌やカビ
  • ホコリや汚れ
  • たばこのタールやアンモニア

といったものです。

 

雑菌やカビは、暖かく湿った場所で繁殖しやすくなります。

また、加湿器の中に入り込んだホコリや汚れは、カビや雑菌のエサになります。

 

つまり、汚れた加湿器は、雑菌やカビにとって天国のような場所なのです。

 

雑菌やカビが増えれば、臭いが発生します。

さらに、たばこの煙に含まれるアンモニアやタールが加湿器のフィルターに付くと、これも臭いの元になってしまいます。

 

カビや雑菌が増え、臭いが出ている加湿器を使い続けると、

  • カビや雑菌を含んだ空気を吸い込むことで、呼吸器の病気やアレルギーになることがある
  • 臭いが室内に放出され、部屋に広がってしまう

といったリスクにつながります。

 

健康のために使う加湿器で病気になったのでは、シャレになりませんよね。

加湿器はきちんと手入れをしながら使いましょう。

 

加湿器を重曹水やクエン酸水で運転掃除する方法

重曹とクエン酸で掃除しよう!

重曹とクエン酸で掃除しよう!

加湿器の掃除には

重曹

⇒菌の繁殖を抑えることで菌による臭いを防ぐ

クエン酸

⇒水垢などの汚れを取り除くことができる

を使う方法があります。

 

まず、『重曹水やクエン酸水を入れて運転する』という掃除の方法について見ていきましょう。

 

重曹水やクエン酸水で運転掃除をする前に

重曹水やクエン酸水を入れて運転して掃除をしたいときは、まず

『重曹水やクエン酸水を入れて運転しても良いかどうか』を、必ず取扱説明書で確認してください。

機種によっては、内部を傷めて故障や不具合を起こす可能性があるからです。

 

この記事では、重曹水やクエン酸水を入れて運転掃除する方法を紹介しますが、

  • 重曹やクエン酸を使った掃除をしないように、取扱説明書に注意書きがある
  • 『水以外のものをタンクに入れて運転しないように』と書いてある
  • 取扱説明書に書いてある手入れの仕方の中に、重曹水やクエン酸水で運転する方法が書いていない

という場合は、お勧めしません。

 

『それでもぜひやってみたい』というときは、自己責任で行ってください。

 

メモ

メーカーが推奨していない方法で掃除をして故障した場合、保証期間内でも保証の対象外になる可能性が高いです。

そのことも含めて、自己責任の方法で掃除するかどうか考えてください。

 

重曹水を入れて運転する掃除方法

用意するもの

重曹(水3Lに対して大さじ2杯)

 

では、重曹水で運転して掃除をする手順を見ていきましょう。

 

step
1
換気を確保する

掃除を始める前に、窓を開けるなどしてしっかり換気できるようにしておきましょう。

 

なぜかというと、

重曹を含んだ水蒸気を吸い込むと、人によっては気分が悪くなることがあるからです。

 

子どもやペットがいる家庭では、特に注意してくださいね。

 

step
2
重曹水を作ってタンクに入れる

水3Lに対して大さじ2杯の重曹を入れて溶かし、重曹水を作ります。

重曹の量が多いと溶け残ってしまうので、量を守ってください。

 

重曹は水に溶けにくいので、よく混ぜてしっかり溶かしましょう。

溶け残ったままの重曹水を入れると、内部に重曹が残りやすくなります。

 

重曹はぬるま湯のほうが溶けやすいですが、ぬるま湯を使う場合は

  • 加湿器の説明書にタンクに入れる水の温度の上限が書いてある場合は、上限を超えない温度にする
  • 温度の上限が書いていない場合は水を使うか、ぬるま湯を使うとしても人肌程度の温度にしておく

ということに注意してください。

 

重曹水ができたら、タンクに入れて設置しましょう。

 

step
3
加湿器を運転する

加湿器のスイッチを入れて、1時間ほど運転します。

 

『1時間ほど』と書きましたが、運転時間は1時間までにしておくのがお勧めです。

あまり長く運転しっぱなしにすると、重曹で内部が傷む可能性があるからです。

 

運転時間が終わったら、忘れずにスイッチを切ってください。

 

step
4
できる範囲で本体とタンクを洗う

タンクの水と本体に残っている水を排水して、

  • タンクの内部
  • 水洗いできる部品

を水で洗い流しましょう。

 

タンクの内部は、何度か水を入れて振り洗いしてください。

 

部品を洗うときは、本体から外して洗いましょう。

 

汚れが残っているときは、

  • スポンジ
  • 古い歯ブラシ
  • 柔らかい布

などでこすると良いですよ。

 

注意

本体に残った水を排水するときには、電源スイッチなどから内部に水が入らないように注意してください。

また、加熱式の加湿器は、運転が終わった直後は熱くなっていることがあります。

熱くなっている時は冷めるまで待ってから部品を外してください。

 

step
5
洗った部品を拭いて乾かす

タンクの内部や部品を洗い終わったら、乾いた布で水分を拭き取り、よく乾かしましょう。

 

しっかり乾いたら本体に取り付けて、掃除は完了です。

 

クエン酸水で運転して加湿器を掃除する方法

これで内部もきれいになるかな?

これで内部もきれいになるかな?

クエン酸は水垢汚れに効果的です。

機種によっては、取扱説明書でもクエン酸を使った掃除を推奨していることもあるんですよ。

 

今回は、アイリスオーヤマの加熱式加湿器『KSK-260D2/120D2』でのクエン酸を使った掃除の仕方に準じて、手順を紹介します。

クエン酸水での運転掃除の仕方は、機種によって違うことがあります。

取扱説明書に掃除方法が書いてある場合は、説明書に従ってください。

 

用意するもの

  • クエン酸
  • 柔らかい布

 

step
1
クエン酸水を作って注ぐ

まず、5%のクエン酸水を作ります。

水300mlに対して16gのクエン酸を入れ、よく混ぜて溶かしてください。

 

そしてタンクを外し、クエン酸水を本体のタンクの水を受ける部分に注ぎます。

(タンクを外して注げない機種の場合は、タンクにクエン酸水を入れて設置してください。)

 

step
2
クエン酸水で運転する

スイッチを入れ、約1時間運転します。

 

クエン酸で運転するときも、時間は1時間くらいにしておいてください。

あまり長く運転していると、クエン酸で取り除いた汚れなどがまた付いてしまうことがあります。

 

1時間たったらスイッチを切ります。

加熱式の加湿器の場合は、そのまま冷めるまで待ってください。

 

step
3
クエン酸水を捨てて洗う

加湿器が冷めたら本体やタンクに残ったクエン酸水を捨てます。

 

メモ

クエン酸水を捨てる時も、水が内部に入らないように注意してください。

 

そして布を水で絞り、

  • 本体から外せる部品
  • 本体内側の手の届く部分

をよく拭いてください。

 

タンクにクエン酸水を入れた場合は、水を入れて振り洗いしてよくすすぎましょう。

 

step
4
部品が乾いたら取り付ける

部品がしっかり乾いたら、本体に取り付けます。

 

これで掃除は完了です!

 

加湿器を重曹水やクエン酸水で運転して掃除するときの注意点

重曹水とクエン酸水共通の注意点

重曹水で運転するときも、クエン酸水で運転するときも、

  • 取扱説明書で重曹やクエン酸での掃除を禁止している機種では行わない
  • 運転時間は約1時間まで
  • 運転掃除が終わったらできるだけ重曹やクエン酸の成分を取り除いておく

ということに注意してください。

 

最初にも書きましたが、メーカーが重曹水やクエン酸水での運転を推奨していない機種では、

重曹やクエン酸の成分で内部を傷める可能性があります。

 

運転時間を長くしないこと、運転での掃除後に洗える部分を洗うのも、できるだけ重曹やクエン酸を取り除いて内部が傷む可能性を減らすためです。

 

重曹を使うときの注意点

重曹を使うときは、手袋をして使いましょう。

重曹のアルカリ性で手肌が荒れることがあるからです。

 

また、これも先に書きましたが、重曹水を入れて運転するときは必ず換気をしてください。

重曹の入った蒸気を吸い込みすぎると、体に良くありません。

 

クエン酸を使うときの注意点

クエン酸を使うときに一番注意するべきは

塩素系洗剤と絶対に混ざらないようにする

ということです。

 

有毒なガスが発生してしまうからです。

 

重曹水・クエン酸水の運転で加湿器の臭いは取れる?

重曹水やクエン酸水の運転掃除で加湿器の臭いが取れるかどうかについては、

臭いの原因が重曹水やクエン酸水を運転する方法で取り除ける汚れや菌であるなら、効果は期待できます。

 

一方、

  • 重曹やクエン酸では取り除けない汚れや菌による臭いである
  • 重曹水やクエン酸水を入れて運転したのでは落とせない場所に原因がある

といった場合には、効果は期待できません。

 

当然と言えば当然ですが、『どんな臭いでも消せる』というわけではないのです。

 

重曹やクエン酸で臭いが落ちないときは、加湿器用の洗剤を使ってみてくださいね。

 

注意

  • 加湿器に消臭スプレーの液を入れる
  • 加湿器のタンクにアロマを入れる

という方法で臭いを消そうとするのはやめましょう。

どちらも故障の原因になりかねません。

また、消臭スプレーの液を入れて加湿器を運転すると消臭スプレーを吸い込むことになるので、人体にも良くありません。

 

重曹やクエン酸で部品を浸けおき掃除する方法

重曹やクエン酸できれいにする方法は他にもある

重曹やクエン酸できれいにする方法は他にもある

重曹水やクエン酸水で運転してはいけない加湿器なら、

加湿器の部品を外して、重曹水やクエン酸水に浸けおき掃除をする方法もあります。

 

重曹で浸けおき掃除をする方法

用意するもの

  • 40℃よりも低い温度のぬるま湯
  • 重曹
  • ステンレスなどの鍋(アルミや銅、真鍮の鍋はアルカリ性に弱いので避けること)
  • 柔らかいスポンジや歯ブラシ
  • 乾いた布
  • 手袋

 

重曹を使った浸けおき掃除の手順は

  1. 水1Lに対して重曹約60gを入れて混ぜ、できるだけ溶かす
  2. 火にかけて沸騰させる
  3. 沸騰したら火を止めて常温になるまで冷ます
  4. 常温になったら外した部品を入れ、1時間くらい浸けおきする
  5. 重曹水から引き上げ、残った汚れは柔らかいスポンジでこすって落とす
  6. 流水でしっかりすすぐ
  7. 水分を拭き取り、よく乾かす

 

重曹での浸けおきは、ぬるま湯に溶かした重曹でもできます。

でも、重曹水を沸騰させるとアルカリ度が強くなり、汚れ落としの効果も高くなりますよ。

 

重曹で掃除をする時の注意点

重曹を使って加湿器の掃除をするときには

  • 重曹が残らないように、しっかりすすぐ
  • 重曹水を沸騰させるときは、水の状態で重曹を入れてから加熱する
  • 手袋をして作業をする

ということに注意してください。

 

部品に重曹水が残ると、内部に重曹が入り込んでしまう可能性があります。

必ず丁寧にすすいでくださいね。

 

また、重曹は必ず水の状態で入れてください。

沸騰してから重曹を入れると、お湯が一気に噴き出す危険性があります。

 

クエン酸水に部品を浸けおきして掃除する方法

用意するもの

クエン酸

ぬるま湯

バケツなど、外した部品が入る大きさの容器

柔らかいスポンジや歯ブラシ

 

クエン酸で浸けおきする場合も、外せる部品を外して掃除をします。

  1. ぬるま湯1Lに対してクエン酸6gを溶かす
  2. バケツなどにクエン酸水を入れ、加湿器の外せる部品を外して浸けこむ
  3. そのまま2~3時間ほど放置する
  4. 浸けおきしておいた部品を出して、残った汚れを歯ブラシなどでこすって落とす
  5. 流水でよくすすぐ
  6. 水分をよく拭き取って乾燥させる

 

タンク内を掃除するときは、

  1. タンクにクエン酸水を入れて蓋を閉め、振り洗いする
  2. 汚れが取れたら水で振り洗いしてすすぐ

という方法で洗うと良いですよ。

 

加湿器の部品を重曹やクエン酸で浸けおき掃除するときの注意点

重曹やクエン酸で浸けおき掃除するときは、

  • 重曹やクエン酸で浸けおきするのは、取り外せて水洗いして良い部品だけにする
  • アルミや銅、鉄などのアルカリ性や酸性に弱い素材が使われている部品には、重曹やクエン酸を使わない

ということに気を付けましょう。

 

本体をまるごと浸けおきすると、故障する可能性が高いです。

内部に水が入り込んでショートしたりすることもあるので、本体の水洗いや浸けおきはやめましょう。

 

それから、

金属が付いている部品は、重曹水やクエン酸水に浸けないでください。

アルカリ性や酸性に弱い素材が使われている可能性があるからです。

 

具体的にどんな素材がアルカリ性や酸性に弱いかというと、

アルミ、銅、真鍮

⇒アルカリ性に弱い(重曹はNG)

鉄、アルミ、亜鉛

⇒酸性に弱い(クエン酸はNG)

 

でも、金属部品の素材って見ただけでは判断できないこともありますよね。

なので、『金属が付いていたらクエン酸や重曹での浸けおき洗いは避ける』と覚えておいてください。

 

加湿器の汚れや臭いを防ぐには

きちんとメンテナンスすれば臭いも出ない!

きちんとメンテナンスすれば臭いも出ない!

最後に、加湿器の汚れや臭いを防ぐ方法をざっとチェックしておきましょう。

 

日常的な使い方としては、

  • タンクの水は毎日交換する
  • 水道水を使う
  • 長時間加湿器を使わないときは、タンクの水を捨てて簡単にすすいでから乾かしておく
  • 普段から定期的に手入れをする
  • 汚れや臭いに気が付いたら早めに手入れをしてきれいにする

ということが大切です。

 

シーズンオフの前には

  • フィルターの掃除をする
  • タンクの水を抜いてタンクを乾燥させる
  • 外せるパーツを外して洗い、きれいにして乾かす

というメンテナンスをしてからしまいましょう。

 

さらに、加熱式の加湿器を使うのもお勧めです。

加熱式の加湿器は水を加熱して蒸気にするため、超音波式や気化式に比べて菌やカビが繁殖するスピードを抑えられるからです。

 

もちろん加熱式の加湿器であっても、手入れはきちんとしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

加湿器を重曹水やクエン酸水で運転して掃除したいときは、まず、取扱説明書を確認しましょう。

 

取扱説明書に、

  • 重曹やクエン酸を使った掃除はしないように書いてある
  • 水以外のものをタンクに入れて運転しないように書いてある
  • 重曹水やクエン酸水を入れての運転が、掃除の方法として書かれていない

という場合は、お勧めしません。

あえてやってみたい場合は、故障のリスクがあることも踏まえて自己責任で行ってください。

 

重曹水やクエン酸水での運転掃除をするときは

  • 重曹水で運転するときには、きちんと換気をしながら行う
  • 運転時間は約1時間だけにしておく
  • 本体内部に水が入り込まないように注意して扱う

といったことに十分注意してください。

 

重曹水やクエン酸水で運転掃除ができなくても、普段から説明書通りに手入れをしていれば、加湿器の臭いも防ぐことができます。

きちんと手入れして、快適な空間作りに加湿器を活用してくださいね!

-重曹