カセットコンロとカセットボンベ

カセットボンベを使って暖かく過ごす暖房器具のおすすめまとめ!

スポンサーリンク

手軽に買えて、扱いやすいカセットボンベは、とても便利ですよね。

 

一般的には、カセットコンロに使うことが多いですが、カセットボンベの使い道は、コンロだけではありません!

暖房にも使えるんです!

 

ガスオ
そういえば、カセットボンベで使えるストーブがあるって聞いたことがあるよ。

そうなんです。

 

しかも、

  • 屋内用ストーブ
  • 屋外用ストーブ
  • 屋内・屋外両用のストーブ
  • ファンヒーター

と、いろいろな種類があるんですよ!

 

ということで、この記事では、

  • カセットボンベで使える暖房器具のおすすめ機種
  • カセットボンベで使える暖房器具のメリットやデメリット
  • カセットボンベの暖房器具を使うときの注意事項

についてお伝えします。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

カセットボンベで使える暖房器具

ではさっそく、おすすめのカセットボンベ暖房器具

  • 屋内用カセットガスストーブ
  • 屋内・屋外両方で使えるカセットガスストーブ
  • 屋外用カセットガスストーブ
  • カセットガスファンヒーター

を、それぞれ紹介します。

 

どれも、電池やコンセントなどなしで、カセットボンベだけで使えるものばかりです。

 

なお、価格は2021年1月7日現在の価格です。

購入するときは、その都度確認してくださいね。

小型石油ストーブに負けない暖房力! イワタニ『デカ暖』

カセットコンロやカセットボンベで有名なメーカーと言えば『イワタニ』

このイワタニが発売したカセットガスストーブ『デカ暖』。

少ないガス消費量で、小型の石油ストーブに引けを取らない暖房効果を得られるカセットガスストーブです。

 

  • 熱を溜める
  • 熱を放出する

という仕組みとバランスが絶妙で、効率良く熱を使って暖房します。

カセットガス1本でどのくらい使える?

『デカ暖』は、

カセットガス1本で、約2時間半使うことができます。

 

ちなみに、最大発熱量は1.35KW(1,150kcal/h)です。

『デカ暖』の安全機能は?

『デカ暖』には

  • 不完全燃焼防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • 転倒時消火装置
  • 圧力感知安全装置

と、4つの安全装置が備わっています。

『圧力感知安全装置』というのは、

カセットガスボンベ内の圧力が上がりすぎると、自動的にカセットガスが外れ、ガスの供給が止まってストーブも消火する

という装置です。

 

これなら、室内でも安全に使うことができますね。

 

なお、『デカ暖』は屋内専用のストーブです。

屋外では使わないでくださいね。

『デカ暖』のお値段は?

『デカ暖』の価格は、

楽天最安値

⇒10,480円(税込)

Amazon

⇒10,220円(税込)

 

ハイパワータイプだと、

楽天最安値

⇒13,000円(税込)

Amazon

⇒12,800円(税込)

です。

ポータブルタイプのカセットガスストーブ イワタニ『マイ暖』

『マイ暖』はコンパクトで軽く、持ち運びやすいカセットガスストーブです。

冷えやすい足元の暖房や、洗面所などでのヒートショック対策にも使えます。

 

また、

  • 点火してからの立ち上がりが素早い
  • 弱運転にすると、ガスの消費量を約15%抑えることができる

という特徴もあります。

もちろん、弱運転なら標準運転よりガスボンベも長持ちします。

 

『足元にちょっとだけ暖房がほしい』

といった時には、弱運転で使うと良いですね。

カセットガス1本でどのくらい使える?

『マイ暖』はカセットガス1本で、何時間使えるかというと、気温が20~25℃の場合で、

標準モード

⇒約3時間20分

弱運転モード

⇒約3時間55分

 

けっこう長く使えるんですね。

 

そして、最大発熱量は1.0kW(900kcal/h)です。

『マイ暖』の安全機能は?

『マイ暖』も『デカ暖』同様、

  • 不完全燃焼防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • 転倒時消火装置
  • 圧力感知安全装置

この4つの安全装置が付いています。

安心して使うことができますよ。

 

なお、『マイ暖』も屋内専用です。

屋外では使わないでくださいね。

『マイ暖』のお値段は?

『マイ暖』の価格は

楽天最安値

⇒8,040円(税込)

Amazon

⇒7,982円(税込)

となっています。

屋内・屋外兼用のおしゃれなストーブ  アラジン『SAG-BF02』

アラジンの『SAG-BF02』は、レトロなデザインのかわいらしいストーブで、

  • 屋内でも屋外でも使える
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 安全装置もしっかりついている
  • インテリアとしても楽しめる

という、なかなか楽しいカセットガスストーブです。

 

別売で、寒い場所で使うのに適した、低温時対応タイプの専用カセットボンベもありますよ!

カセットガス1本でどのくらい使える?

『SAG-BF02』の連続燃焼時間は、

約1時間40分~4時間20分。

火力によって、連続燃焼時間が違います。

 

最大発熱量は、2.0kW(1,700kcal/h)です。

『SAG-BF02』の安全装置は?

『SAG-BF02』に搭載されている安全装置は

  • 圧力感知安全装置
  • 不完全燃焼防止装置
  • 転倒時消火装置
  • 立ち消え安全装置

と、4つあります。

屋内で使うのにも屋外で使うのにも、ばっちり安全対策がされているんですね。

アラジン『SAG-BF02』のお値段は?

『SAG-BF02』の価格は、レッドの価格で

楽天最安値

⇒29,700円(税込)

Amazon

⇒31,106円(税込)

 

なお、『SAG-BF02』は、

  • レッド
  • ホワイト
  • グリーン
  • アウトドア用品メーカー『LOGOS』とのコラボモデル

があり、バリエーションが豊富です。

 

どれも素敵なので、使うのも楽しくなりそうですね!

屋外専用のカセットガスストーブ

屋外専用のカセットガスストーブについても

  • 新品で入手可能
  • 安全装置が付いていることが確認できる

という条件を両方満たす機種を探したのですが、見つかりませんでした。

 

なので、

  • 安全装置が付いているが、中古での入手になるもの
  • 新品で買えるが、安全装置が付いていないと思われるもの

を2つ紹介しましょう。

 

なお、燃焼時間なども確認しにくい機種がありますが、ご了承ください。

安全装置もばっちり! イワタニ『カセットガス アウトドアヒーター』

イワタニの『カセットガス アウトドアヒーター』には、

  • 転倒防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • 圧力感知安全装置

が搭載されています。

これなら、屋外でも安心して使えますね。

 

最大燃焼時間は、気温20~25℃の環境で、約3時間20分。

従量は、本体のみで1.5kgです。

 

価格は、

楽天の中古品

⇒56,653円

Amazonの中古品

⇒31,000円

です。

コンパクトで軽量  Nabia『SGH-200』

Nabiaの『SGH-200』は、とてもコンパクトで軽い、屋外専用のカセットガスストーブです。

 

広い範囲を温めることはできませんが、足元などちょっとした暖を取るには良いですよ!

実際に使った人によると、『弱でもかなり暖かい』とのこと。

 

また、着脱式のトレイも付いていて、缶入りの飲料を温めたりもできます。

 

ただし、この機種については情報が少ないです。

 

連続燃焼時間については、Amazonの商品ページの質問のところに記載があり、

出品者からの回答

⇒約3時間

使用者からの回答

⇒火力を絞れば4~5時間は持ちそう

とのことです。

 

また、

  • 安全装置が付いていない可能性がある
  • 韓国からの発送なので、届くまでに時間がかかる
  • 取扱説明書が韓国語のみ

とのことなので、その辺りが気になる人は、購入する前にショップに問い合わせるか、他の機種を選んだほうが良いでしょう。

 

価格は

楽天

⇒取り扱いなし

Amazon

⇒8,400円

です。

世界初!カセットガス使用のファンヒーター  イワタニ『風暖』

最後に、カセットガスファンヒーターを紹介しましょう。

『風暖』は、世界初の『カセットガスだけで使えるファンヒーター』です。

 

ガスオ
ファンヒーターだったら、ファンを回すのに電気を使うんじゃないの?

普通はそうですよね。

 

でもこの『風暖』は、

ガスの火の熱から電気を作り、それでファンを回すので、電池もコンセントも要らないのです。

すごいですよね。

なお、暖房できる部屋の広さは

木造戸建て住宅

⇒5畳まで

コンクリートの集合住宅

⇒7畳まで

が目安です。

あまり広い部屋だと暖房効果が弱くなるので、気を付けてくださいね。

カセットガス1本でどのくらい使える?

『風暖』は、カセットガス1本で

標準モード

⇒約1時間43分

弱運転モード

⇒約2時間18分

 

『デカ暖』『マイ暖』に比べると、運転時間は短いですね。

『風暖』の安全性は?

『風暖』には

  • 不完全燃焼防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • 転倒時消火装置
  • 圧力感知安全装置
  • 温度過昇防止安全装置

という、5つの安全装置が付いています。

 

『温度過昇防止安全装置』は、点火中にファンが回らない場合にガスを遮断して消火し、本体が熱くなりすぎるのを防ぐ装置です。

『風暖』のお値段は?

『風暖』の価格は

楽天最安値

⇒19,570円(税込)

Amazon

⇒19,580円(税込)

 

『熱で電気を生み出す』という特殊な技術を使っているだけあって、やはりガスストーブよりは高いですね。

でもファンヒーターなので、暖まりも良いですよ!

 

カセットボンベ暖房器具を使うメリット・デメリット

カセットボンベ暖房器具のメリットとは

カセットボンベだけで使える暖房器具のメリットは

  • カセットボンベを装着するだけで良いので、燃料補給が簡単で、手も汚れない
  • ガスコードを引いたりガスコードに注意したりする必要がない
  • 燃料のカセットボンベは、ホームセンター、コンビニなどで手軽に買えるし、持ち運びも楽
  • カセットボンベの入手や保存が楽で、災害にも備えられる
  • ガスコードもコンセントも要らないので、安全における場所ならどこでも使える
  • 温まりが早い

ということです。

いろいろなメリットがありますよね。

 

さらに、

ストーブタイプ

⇒温風が出ないので、空気が乾燥しにくい

ファンヒーター

⇒温風で部屋の中に暖かい空気を行き渡らせることができる

ポータブルタイプ

⇒コンパクトで軽い機種が多く、持ち運びが楽

といったメリットもあります。

カセットボンベ暖房器具のデメリットとは

カセットボンベ暖房器具のデメリットは

  • 広い空間を温めるのには向かない
  • 気温が低すぎると使えない
  • 普通の暖房器具よりはコストが高い
  • テントや車内など、狭い空間や密閉された空間では使ってはいけない
  • 屋外専用の製品だと、安全装置が付いていないことがある

といったことです。

 

2つ目の気温と、3つ目のコストのことについて、簡単に見ていきましょう。

『密閉された場所で使えない』ことと安全装置については、注意点のところで解説します。

カセットボンベ暖房器具を使える気温

カセットボンベ暖房器具は、

通常のカセットボンベで使う場合は、気温が10℃以上の場所で使ってください。

 

なぜかというと、普通のカセットボンベのガスには

10℃未満

⇒気化しにくくなる

5℃以下

⇒ほとんど気化しない

という性質があり、ガスが気化しなければ、燃料として使えないのです。

 

なので、使う場所の気温にも気をつかう必要があります。

 

なお、アラジンの『SAG-BF02』の専用ボンベは、ある程度寒い場所でも使えます。

カセットボンベ暖房器具にかかるコスト

カセットガス暖房は、普通の暖房器具よりはコストがかかります。

 

1本100円のカセットボンベで、1日5時間、30日間使うとしても、

100円 × 5本 × 30日 = 15,000円

 

1か月でこれだけかかるって、かなりのコストですよね。

 

しかも、カセットボンベ暖房器具は広いスペースには不向きですから、

『足元や小さな部屋など、ちょっとのスペースの暖房でこのくらいのコストがかかってしまう』

ということなのです。

 

ですから、日常的な暖房やメインの暖房としてではなく、

  • 足元など、ちょっとしたスペースに短時間使う
  • 寒い時期のバーベキューなど、アウトドアで使う
  • 災害時に緊急的に使う

など、補助的な使い方や、特別な時に使うにとどめるのがおすすめです。

 

カセットボンベ暖房器具を使うときの注意事項

カセットボンベ暖房器具を使うときには、

  • テントの中や車の中など、密閉された狭い空間では使わない
  • 屋内用のストーブは屋内で使い、屋外用のストーブは屋外で使う

ということを、必ず守ってください。

密閉された空間や狭い場所で使ってはいけない

屋内用、屋外用に関わらず、

テントや車の中など、密閉された狭い空間では、絶対にガスストーブやガスファンヒーターを使わないでください。

 

  • 酸欠
  • 一酸化中毒

などの危険性があり、命に関わる事故にもつながりかねません。

 

また、屋内で使うときには必ず、時々換気をしながら使ってください。

 

これは、普通のストーブやファンヒーターでも、同じですよね。

使う場所を必ず守る

カセットボンベ暖房器具は、

『屋内用』のものは屋内で、『屋外用』のものは屋外で使う

これを厳守してください。

 

なぜかというと、

屋内用と屋外用では、搭載している安全装置が違うからです。

 

屋内用のストーブやファンヒーターには、

  • 転倒した時に消火する装置
  • 立ち消えしたときにガスを遮断する装置
  • 不完全燃焼を防ぐ装置

を搭載することが、法律で義務付けられています。

でも、屋外用の機種では、この3つを搭載していないことがあります。

 

逆に、屋外用の機種は、風への対策がしてあることもありますが、屋内用だと風への対策がされていません。

 

そういうわけで、

屋内用を屋外で、屋外用を屋内で使うのは、リスクがあります。

使う場所に合った機種を選んでくださいね。

 

もちろん、『屋内・屋外両方で使える』としている機種なら、どちらで使っても大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

まとめ

カセットボンベで使える暖房器具は、手軽に使えて持ち運びもしやすく、とても便利です。

屋外用のカセットガスストーブなら、冬のキャンプやバーベキューなどでも使えますし、屋内用なら、冷えやすい足元など、ピンポイントの暖房ができます。

 

災害時用の暖房器具として備えておくのにも、とても適していますよ。

 

ただし、安全に使うために

  • 狭い場所や密閉された空間で使わない
  • 屋内で使うなら屋内用、屋外で使うなら屋外用と、使う場所に適したものを使う

など、使い方の注意は必ず守ってください。

 

そして、カセットボンベ暖房器具は、普通の暖房器具よりコストがかかります。

ですから、補助的な暖房や一時的な暖房として使うのがおすすめです。

 

上手に使って、寒い時期を楽しく快適に過ごしてくださいね!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

-カセットコンロとカセットボンベ

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved