カセットコンロとカセットボンベ

カセットコンロは暖房代わりにできる?ガスボンベのコスパをチェック

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

扱いやすいカセットガスボンベで手軽に使えるガス器具が、『カセットコンロ』ですよね。

寒い日には、カセットコンロでアツアツの鍋を楽しめば、心も体も暖まります。

 

ガスオ
鍋でも暖まるけど、なんならカセットコンロを暖房にしちゃえばいいんじゃない?

えっ、コンロを暖房に!?

その発想は、筆者にはありませんでした。

 

でも、確かにカセットコンロも、『火』を使いますものね。

『カセットコンロを暖房として使う』って、実際どうなんでしょうか?

 

ということで、今回は

  • カセットコンロを暖房代わりに使えるのかどうか
  • カセットコンロを暖房代わりに使った場合のコスパ

などについてチェックしました!

スポンサーリンク

カセットコンロを暖房代わりにできる?

結論から言うと、

カセットコンロを暖房器具代わりに使うことはできませんし、絶対にやめてください。

 

  • 危険
  • 暖房効果がない
  • コスパが非常に悪い

と、何一つ良いことはありません。

 

では、詳しくチェックしていきましょう。

カセットコンロを暖房代わりにする危険性

なぜ危険かは、わざわざ言う必要もないくらい、明らかですよね。

火事になるリスクが高いからです。

 

ストーブなどは、安全のため、火がむき出しにならないようになっています。

でも、カセットコンロは火がむき出しです。

上に鍋などを乗せて使う器具ですから、そうでなければ使えないですよね。

 

火がむき出しになっていれば、

  • 手が滑って落とした物などに火が付いてしまう
  • 手を温めようとして、袖に火が移ってしまう

なんてことにもなりかねません。

特に、服に火が付いたら、大変なことになります。

 

ですから、カセットコンロを暖房として使ってはいけません。

ガスコンロは暖房効果もない

ガスコンロを暖房代わりにしても、暖かくなりません。

 

普通の暖房器具は

ストーブ

⇒輻射熱なども使って部屋の空気を温める

ファンヒーターやエアコン

⇒温めた空気を循環させることで部屋を暖める

ガス床暖房

⇒床から足に伝わる熱や輻射熱、温まった空気の対流で部屋を暖め、暖かさを感じられる

というように、『火の熱を効率良く使って、ある程度広い範囲を温める仕組み』があります。

 

でも、ガスコンロの場合は、暖房のために熱を効率良く使う仕組みがまったくありません。

火のすぐそばの空気は温められても、その熱は周りの冷たい空気にどんどん奪われていきます。

 

だから、『暖房』というほど周囲を温める効果がないのです。

 

実際にカセットコンロを暖房として使おうとした経験のある人も、

とてもひと冬は無理でした。

思った以上に部屋は温まらず、手あぶりにしかなりませんでした。

引用 Yahoo知恵袋 『カセットコンロを暖房器具としてひと冬使った経験のある方いませんか?』より

とのこと。

 

カセットコンロは暖房器具の代わりにはならないのです。

コスパも最悪!

カセットコンロを暖房代わりにするのは、コスパも非常に悪いです。

 

カセットボンベ1本で、どのくらいの時間コンロを使えるかは、火力やガスの消費量にもよります。

3.5kWのコンロを最大火力で使った場合は、だいたい1時間です。

 

1本100円の安いカセットボンベを使ったとしても、1時間100円かかります。

1日平均3時間、12月から2月の終わりまで90日間使ったとして、

300円 × 90日 = 27,000円

 

寒い日は1日3時間では足りないですから、実際にはもっとコストがかかるでしょう。

『暖房費がかかるのに、ぜんぜん暖かくない暖房』って、最悪ですよね。

 

これなら、普通のストーブやヒーターを使ったほうが、断然コストが安く済みます。

 

というわけで、カセットコンロは、まったくもって暖房の役目を果たさないのです。

カセットコンロを暖房器具にする意義はまったくありません。

『暖を取る』ためにカセットコンロを使うとしたら

ここまで見てきたように、カセットコンロを『暖房器具』として使うことはできません。

 

でも、『カセットコンロを使って何かしらの方法で暖を取る』ということなら、

  • カセットコンロでお湯を沸かし、湯たんぽに入れて使う
  • カセットコンロで作ったなべ料理などを食べて、体の中から温まる

といった方法があります。

このほうが、コンロで手をあぶるよりは、ずっと安全で効果的ですよ!

 

カセットガスボンベで使える暖房器具について

カセットボンベで使える暖房器具がある!

カセットコンロは暖房にはなりませんが、

カセットボンベを燃料にして暖房できる

  • カセットガスストーブ
  • カセットガスファンヒーター

があります。

 

こういった暖房器具なら、暖房効果もありますし、カセットコンロよりずっとコスパ良く暖房できます。

もちろん、安全性も確かです。

カセットボンベで使える暖房器具のメリット

カセットボンベで使えるヒーターやファンヒーターには

  • カセットボンベをセットするだけで使えるので、灯油を補給したりガスコードをつないだりする手間が要らない
  • コンセントを使わない機種であれば、移動も楽
  • ガスコードが要らないので、どこでも使える
  • 災害時の暖房として備えておける

といったメリットがあります。

 

また、屋外でも使える機種なら、キャンプやバーベキュー、お花見などに持っていくこともできますよ!

 

メモ

カセットボンベを使うストーブやファンヒーターには、

  • 屋内用の機種
  • 屋外用の機種
  • 屋内・屋外両方で使える機種

があります。

屋内用と屋外用では安全装置などの違いもあるので、それぞれの機種の『使って良い場所』を守ってくださいね。

どういう場所で使って良いかは、取扱説明書などに書いてあります。

カセットボンベを使う暖房のコストは?

カセットボンベを使ったストーブやファンヒーターにどれくらいのコストがかかるかは、

  • カセットボンベの値段
  • 暖房器具のガスの消費量
  • どれくらいの火力で使うか

によって違うので、一概には言えません。

 

ここでは一例として、アラジンのポータブルガスストーブ『SAG-BF02』を見てみましょう。

『SAG-BF02』の連続燃焼時間は、カセットボンベ1本で

約1時間40分~4時間20分

とのこと。

火力が強ければ燃焼時間は短くなりますし、弱い火力で使えば、長くなります。

 

そして、このストーブ専用のカセットボンベは、税込みで1本あたり約212円。

(2021年1月6日現在の価格です。)

 

暖房効果があることを考えれば、ガスコンロよりはずっとコスパが良いです。

 

ただし、コスパが良いのは、あくまでもガスコンロと比べた場合です。

 

安いカセットボンベを使ったとしても、

  • プロパンガスや都市ガスで使うガスストーブやガスファンヒーター
  • 電気ストーブやセラミックファンヒーター
  • 灯油を使うストーブやファンヒーター
  • エアコン

といったオーソドックスな暖房器具に比べると、どうしてもコストは高くなります。

 

ですから、カセットボンベの暖房器具は、メインの暖房として使うより、

  • 短時間や狭いスペースでのちょっとした暖房
  • 災害時用の暖房

といった使い方がおすすめですよ。

スポンサーリンク

まとめ

カセットコンロを暖房として使うのは、絶対にやめましょう。

危険ですし、暖房効果もなく、コスパもかなり悪いです。

 

カセットコンロは、暖房には全く向いていません。

コンロはコンロとして使うのが、一番良いですよ。

 

それでも『カセットボンベを使って暖房をする』ということであれば、

カセットボンベで使えるストーブやファンヒーターがあります。

こういった暖房器具を使えば、安全で、暖房効果もあります。

ただし、カセットボンベを使うストーブやファンヒーターなどは、

コスパの面では、ガスや灯油、電気のストーブやファンヒーターに劣ります。

 

ですから、メインの暖房器具として使うより、

  • 洗面所など、小さなスペースでの、短時間の暖房として使う
  • 災害時など、他の暖房器具が使えない場合の暖房として使う

といった使い方がおすすめです。

 

上手に使い分けて、冬を暖かく過ごしてくださいね!

-カセットコンロとカセットボンベ

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved