プロパンガスの節約

ガス圧力鍋と電気圧力鍋の光熱費を比較!電気代とデメリットを調査

ガス圧力鍋と電気圧力鍋

スポンサーリンク

『圧力鍋』

は、時短調理でガスが節約できて、何より料理がおいしく作れる、とてもお役立ちの調理器具です。

 

圧力鍋にはガス圧力鍋と電気圧力鍋がありますが

  • ガス圧力鍋で使うガス代
  • 電気圧力鍋で使う電気代

は、どちらが安いのでしょうか?

 

また、圧力鍋を使うなら、デメリットも知っておきたいですよね。

デメリットを知ることで、どちらの圧力鍋を選ぶかも、決めやすくなります。

 

ということで今回は

  • ガス圧力鍋と電気圧力鍋ではどちらの光熱費が安いのか
  • ガス圧力鍋と電気圧力鍋のデメリット

について調査しました。

 

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

ガス圧力鍋と電気圧力鍋の光熱費はどのくらい違う?

ガス圧力鍋のガス代と電気圧力鍋の電気代どちらが高い?

結論から言うと、

  • プロパンガスの従量単価が300~320円台なら、プロパンガスでも都市ガスでも電気(通常プラン)でも、光熱費に大きな差はない
  • プロパンガスの従量単価が高くなるほど、電気とプロパンガスの差が開く
  • 都市ガスと電気の通常プランでも、大きな差はない
  • 深夜料金が安い電力プランでは、深夜電力ではない時間帯に電気圧力鍋を使った場合は、高くなる

ということです。

 

ただしこれは、大まかな試算による結論です。

 

実際のガス代、電気代は、

  • 契約しているガスや電気の料金
  • ガスや電気圧力鍋の出力や使用電力
  • 調理するときの火力や調理する時間

などでも変わります。

 

圧力鍋にかかるガス代と電気代を計算してみた

では、圧力鍋に掛かる光熱費が

  • プロパンガス
  • 都市ガス
  • 電気

で、具体的にどのくらい違うのか、見ていきましょう。

 

今回は『圧力鍋を30分間使う』として、条件を以下のように決めて計算しました。

プロパンガス・都市ガスについては

調理時間

⇒強火で10分、弱火で20分

ガスの出力

⇒強火2.7kW、弱火0.4kW

ガスの発熱量

⇒プロパンガス100.48MJ、都市ガス45MJ

ガス料金

⇒プロパンガスは300円、400円、500円それぞれを比較

⇒都市ガスは145円

 

電気については、

消費電力

⇒700W

調理にかかる時間

⇒30分

電気料金(2021年5月14日現在の東京電力料金)

⇒スタンダードS、120kWhまでの料金で19.88円

⇒夜トク8(午前7時~午後11時)で32.74円

⇒夜トク8(午後11時~翌日午前7時)で21.16円

 

計算の結果は以下の通りです。

従量単価ガス代・電気代(約)
ガス用圧力鍋プロパンガス300円6.4円
400円8.5円
500円10.5円
都市ガス145円6.9円
電気圧力鍋スタンダードS19.88円7.0円
夜トク8(午前7時~午後11時)32.74円11.5円
夜トク8(午後11時~翌日午前7時)21.16円7.4円

 

ということで、ベスト3は

  1. 従量単価300円のプロパンガスでのガス用圧力鍋
  2. 従量単価145円の都市ガスでのガス用圧力鍋
  3. スタンダードSプランでの電気圧力鍋

です。

 

ベスト3といっても、1位と3位の差は0.6円です。

ですから、僅差と言って良いでしょう。

 

ただ、当然ながら

  • プロパンガスの従量単価が高い
  • 深夜電気の料金が安くなるプランで、安くない時間帯に電気圧力鍋を使う

といったときには、光熱費が高くなってしまいます。

 

ちなみに、プロパンガスの従量単価がいくらになると電気より高くなるかを計算した結果、

今回の条件での計算では、従量単価329円で電気代を超えます。

 

計算式を紹介

今回の試算で使った計算式を紹介します。

この式を使えば、圧力鍋にだいたいどのくらいの光熱費がかかるか計算できます。

あなたの家で契約しているガスや電気料金で、計算してみてくださいね。

 

ガスの場合

⇒ガスコンロのガス代=コンロの出力(kW)×3.6MJ/h×使用時間 ÷ ガスの発熱量(MJ/㎥)×ガス料金(円/㎥)

(ガスの発熱量は、プロパンガス:100.48MJ、都市ガス:45MJ)

電気の場合

⇒消費電力(W)÷1000×使用時間 × 電気料金の単価(円/kWh)

 

プロパンガス料金を節約する方法

今回の試算では、

『プロパンガスの従量単価が300~320円台なら、電気や都市ガスとほとんど変わらない』

という結果でした。

 

実際のプロパンガスの従量単価は、500円を超えることも珍しくありません。

場合によっては、600円以上なんていうこともあります。

となれば、やはり電気圧力鍋のほうが光熱費は安くなります。

 

でも、圧力鍋を電気にしたくらいでは、なかなか節約効果は出にくいです。

 

そこで、おすすめなのが、

『ガス会社変更サービスを利用して、安くて良心的なガス会社に乗り換える』

という方法です!

ガス料金を安くしてしまえば、根本からガス代を節約できます。

 

ガス会社変更サービスを利用すれば、

  • 自分で探さなくても、料金が安くてサービスもきちんとしているガス会社を紹介してもらえる
  • しつこい勧誘に遭うこともない
  • ガス会社変更サービスによっては、乗り換え後の料金値上げを監視してくれたり、不当値上げをやめるように通告してくれたりする

といったメリットもあります。

 

もちろん、相談だけで紹介を断っても、紹介してもらったガス会社を断っても大丈夫です。

 

『プロパンガスが高い』と悩んでる人は、ぜひ一度相談してみてくださいね!

関連記事:【2021最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

関連記事:ガス屋の窓口でプロパンガス会社を変更してみた【料金節約レビュー】

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

ガス圧力鍋と電気圧力鍋のメリットとデメリットは?

圧力鍋で美味しいご飯を!

圧力鍋で美味しいご飯を!

ガス・電気の圧力鍋のデメリットとは?

ここからは、圧力鍋のデメリットを見ていきましょう。

 

ガス圧力鍋のデメリット

ガス圧力鍋のデメリットは

  • おもり式の圧力鍋はシューシュー蒸気の出る音がするので、人によっては『音が気になる』『なんとなく爆発しそうで不安』と感じることがある
  • 使い方を守らないと、中身が噴き出したり爆発したりする可能性がある
  • 圧力が上がったら火力を調整しなければならないため、使っている間は鍋のそばを離れられない

といったことが挙げられます。

 

圧力鍋を使うときに最も心配なのが、『爆発』と思う人は多いです。

特に、蒸気が出る音がすると、ちょっと怖く感じる人もいます。

 

また、

  • 蒸気孔が詰まってしまうような食材を入れて調理する
  • 加圧中にふたを開ける
  • 圧力が十分下がる前にふたを開ける
  • 急に冷やす
  • 衝撃を与える

といったことをすると、実際に爆発する危険性もあります。

 

でも、圧力鍋には爆発を防ぐための安全装置も付いています。

ですから、説明書を読んで正しく使いさえすれば、まず爆発の心配はありません。

 

メモ

蒸気の出る音に関しては、音が気になる人は、おもり式ではなく『スプリング式』の圧力鍋を使うのがおすすめです。

スプリング式なら、蒸気の出る音はしません。

火加減は『表示ピン』で知らせるので、見落とさないようにしてくださいね。

また、タイマーで火加減のタイミングを知らせてくれる圧力鍋もあります。

 

それから、ガス圧力鍋は、圧力が高くなったら弱火にする必要があります。

弱火にせず加熱しすぎると、圧力が高まりすぎて危険です。

ですから、火力を変えるタイミングを逃さないように、ついていなければなりません。

 

電気圧力鍋のデメリット

電気圧力鍋のデメリットは

  • 電気がなければ使えないし、他の電気機器と合わせて使う場合には使用電力量に注意が必要
  • 火加減を自分で調節できないので、微妙な調整ができない
  • 価格が高め

ということです。

 

電気圧力鍋は、それなりに電力量が必要です。

ですから、

他の電気機器も使っている場合、電力量がオーバーするとブレーカーが落ちてしまいます。

 

また、電気を使うということは、『コンセントが届き、なおかつ安全に置ける場所』に置く必要も出てきますね。

 

それから、電気圧力鍋は自動調理です。

自動調理は、『簡単においしく作れる』メリットがある一方で、

自分で火加減や煮込み時間などを調整できないため、微妙な味の調整がしにくい

というデメリットがあるのです。

 

ですから、安定した味にはなりますが、自分好みの味や煮込み具合にこだわりたい人にとっては、ちょっと物足りないかもしれません。

 

そして電気圧力鍋は、だいたいにおいてガス圧力鍋よりも価格が高いです。

楽天で調べたところ、1万円未満の商品もありますが、7,800~23,000円くらいの価格帯が多いです。

火力調整などの制御機能が必要なので、ガス圧力鍋ほど安くはできないのでしょう。

ガス・電気の圧力鍋のメリット

せっかくですから、ガス圧力鍋と電気圧力鍋のメリットもチェックしておきましょう。

どちらもいろいろなメリットがあるんですよ!

 

ガス圧力鍋のメリット

ガス圧力鍋には、

  • 火力や加圧時間を自分で調整できるので、料理を自分好みにアレンジできる
  • ガスが使えれば、停電中でも使える
  • 全体的に価格が安い

というメリットがあります。

 

一番のメリットは、『調理時間や火加減を自分で調整できる』ということです。

 

調理時間や火加減を変えると、

  • 味の染み込み具合
  • 煮込み具合

などを変えられますよね。

そういう点では、ガス圧力鍋は電気圧力鍋に比べて、自由度が高いです。

 

ですから、味にこだわりたい人なら、ガス圧力鍋がおすすめです。

 

また、電気を使わないで済むのもメリットの1つ。

ガスが通っていれば停電中でも圧力鍋での調理ができますし、もちろん使用電力量がオーバーしないように気を使う必要もありません。

 

そしてありがたいのが、

価格が安い製品が多い

ということです。

 

ガス圧力鍋は、安いものでは3,000円台~1万円以内で買える製品が多く出回っています。

『圧力鍋を使ってみたいけど、あまりコストをかけたくない』という人には、ガス圧力鍋がおすすめですよ。

電気圧力鍋のメリット

電気圧力鍋のメリットは、なんといっても

  • 自動的に火加減をしてくれるので、簡単においしい料理が食べられるし、調理中に傍についていなくて良い
  • 安全性が高く、爆発の心配がまずない

ということです。

 

電気圧力鍋は、圧力を上げるところから加圧調理、減圧まで自動でやってくれます。

ですから、ガス圧力鍋のようにそばについていなくても大丈夫です。

 

また、レシピ通りに食材を用意して入れ、スイッチを入れれば仕上がるので、おいしい料理も簡単に作ることができます。

 

そして、『安全性が高い』ということも、大きなメリットです。

 

電気圧力鍋はよほどのことがなければ爆発などの事故は起こりません。

ですから、小さい子どものいる家庭なら、電気圧力鍋のほうが安全です。

 

ただし、

いくら安全に作られていても、取扱説明書は必ず読み、正しい使い方を守って下さいね。

 

電気圧力鍋の『予約調理』について

電気圧力鍋には、製品によっては『予約調理』の機能が付いています。

 

でも

多くの場合は、予約調理ができるのは『炊飯』くらいです。

 

なぜ、炊飯以外の予約調理ができない製品が多いかというと、

鍋の中に生の食材を長時間入れておいた場合、傷んで食中毒の原因になりかねないからです。

 

食中毒は『火を通せば大丈夫』というイメージが強いですが、食中毒は加熱だけで防げるとは限りません。

中には、120℃で90分加熱しても残る毒素を出す菌もあります。

 

それに、傷んだ食材で作った料理って、おいしくないですよね。

 

ですから、『加熱する』ということを過信せず、

  • どのメニューなら予約調理して良いか確認する
  • 加熱調理をして良い料理以外は予約調理をしない

ということを守ってくださいね。

 

ガス圧力鍋と電気圧力鍋 メリットとデメリットを一覧で比較

ここで、ガス圧力鍋と電気圧力鍋のメリット・デメリットを表で比べてみましょう。

水色のマスはメリット、ピンクのマスはデメリット、色のないマスはどちらともいえないことです。

 

ガス圧力鍋電気圧力鍋
調理中の音おもり式の圧力鍋

⇒シューシューと蒸気の出る音がする

スプリング式の圧力鍋

⇒蒸気の音は出ないが、タイマー音が出る製品もある

音が静か
火加減の調節圧力が上がったら火力を調節する必要がある

(そのため、調理中は鍋のそばにいる必要がある)

火加減の調節をする必要がない
予約調理できない予約調理機能付きの製品もあるが、多くの場合は炊飯以外はできない
保温機能ない機種によってはある
料理の簡単さ火加減の操作が必要簡単
火加減などでのアレンジしやすさしやすい基本的にできない
安全性使い方を守らないと中身の噴出や爆発が起きることがあるよほどの事が無ければ事故は起きない
価格1万円以内で買える製品が多い1万円以上の製品が多く、10万円以上する製品もある
その他のメリット電気が要らないので、停電時でも使える

料理へのこだわりも工夫次第で実現できる

料理を簡単においしくつくれる

小さい子のいる家庭でも安心して使える

その他のデメリット安全に使うには、使い方の注意を守ることが必要使用電力量がオーバーするとブレーカーが落ちる

自分好みの火加減や煮込み加減にできない

 

こうしてメリットもデメリットも比べると、どちらが自分に合っているか、考えやすいですね。

 

また、

ガス圧力鍋を買う場合

⇒おもり式とスプリング式どちらが良いか

⇒表示ピンが見やすいかどうか

⇒片手鍋と両手鍋、どちらが自分にとって使いやすいか

電気圧力鍋を買う場合

⇒使いたい機能や必要な機能が付いているかどうか

⇒安全に置ける場所があるかどうか

といったことも考えて選んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ガス圧力鍋と電気圧力鍋の光熱費を比べると、

従量単価300円くらいのプロパンガス

⇒ガス圧力鍋も電気圧力鍋もほとんど差がない

従量単価が329円~のプロパンガス

⇒電気圧力鍋のほうが安い

都市ガスでのガス圧力鍋と電気圧力鍋

⇒ほとんど差がない

 

つまり、『プロパンガスの場合は、ガス料金次第で電気圧力鍋より高くなる』のです。

 

プロパンガスの従量単価は、500円以上のこともよくあります。

でも安くできる可能性もあります。

ガス料金が気になったら、ガス会社変更サービスに相談してみてくださいね。

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

 

圧力鍋には、

ガス圧力鍋

⇒使い方を守らないと事故の危険性がある

⇒自分で火加減を調整する必要がある

電気圧力鍋

⇒自分で火加減を調整できない

⇒電力量オーバーに注意が必要

といったデメリットもあります。

 

でも、

  • 正しい使い方を守る
  • 電力量に気を付ける

といったことを守れば、安全においしい料理を楽しめますよ!

 

あなたに合う圧力鍋を選んで、おいしいご飯を楽しんでくださいね!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-プロパンガスの節約