ガス床暖房

ガス床暖房の故障までの寿命について解説!メンテナンスは不要なの?

ガス床暖房を設置するなら、もしくは設置したら、ぜひ考えておきたいのが、『メンテナンスや修理のこと』。

 

なぜかというと、

床暖房は部屋を暖めるシステムが床下にあるため、故障すると修理が大掛かりになるからです。

修理が大掛かりになれば、費用もそれなりにかかりますよね

 

あらかじめ、床暖房の故障や修理、寿命などについて知っておけば、備えることもできます。

 

そこで今回は、ガス床暖房について

  • 寿命はどのくらいなのか
  • どんな故障が起こりうるのか
  • どんな修理が必要で、その費用はどのくらいかかるのか
  • 床暖房のメンテナンス

について解説します。

 

床暖房を快適に長く使うためにも、ぜひ知っておいてください。

スポンサーリンク

ガス床暖房の寿命はどのくらい?

ガス床暖房はどんな仕組み?

最初に、『ガス床暖房はどんな仕組みで部屋を暖めるのか』について、ざっくり説明しておきましょう。

 

簡単に言うと、

  1. 床下に配管を通す
  2. 配管の中の水を、給湯器(熱源機)でお湯にして循環させる
  3. 配管のお湯が床を温め、その温度が伝わって部屋全体が暖かくなる

という仕組みです。

 

ガス床暖房のシステムが直接温めるのは、『床』だけです。

 

でも、

  • 床に触れたもの(足など)に直接熱が伝わる『伝導』
  • 壁や天井に熱が反射して空間が温まる『輻射』
  • 『暖まった空気が上に行き、冷えた空気は下に降りてまた温められる』という循環で部屋の空気が温まる『対流』

という、3つの熱の伝わり方を利用するため、

他の暖房に比べて体感温度も高く、部屋全体が温まるのです。

 

豆知識

ちなみに『電気ヒーター式』の床暖房は、床下に敷いた電気ヒーターに電流を流して温める方式です。

床暖房の寿命はどれくらい?

ガス床暖房の寿命は、配管と給湯器で違います。

 

だいたいの目安としては、

配管の耐用年数

⇒30年くらい

給湯器の耐用年数

⇒8~10年くらい

 

もちろん使い方や機種などによって、多少の差はあります。

ただいずれにせよ、

配管も給湯器も、耐用年数が過ぎたら交換が必要です。

 

ガス床暖房の導入を検討する時には、

  • どのくらいの耐用年数か
  • 交換する時に、どのくらいの費用が掛かるか

も、しっかりチェックしておくことが大切です。

 

床暖房の故障と修理について

ガス床暖房そのものは、しっかりできているシステムですから、多くの場合は寿命まで、故障せずに使い続けられます。

でも、10年以上経つと、少しずつですが、故障の確率も上がってきます

 

では、どんな原因で故障するのか、修理方法、費用について、見ていきましょう。

床暖房の故障の原因は?

床暖房を設置して間もない時期に故障した場合は、初期工事が原因となる場合も多いです。

 

でも、ガス床暖房そのものはシステムがしっかりしています。

  • うっかりして、床にくぎやビスを打ってしまった
  • 床暖房の上に重い家具を置いてしまった

など、良くない使い方をしていなければ、多くの場合は寿命まで故障せずに使えます。

 

それ以外に故障の原因として考えられるのは、

  • 長期間床暖房を使わない間に配管の中の水が腐り、配管が詰まってしまった
  • 鉄の配管を使っていたために、錆びて穴が開いてしまった
  • 給湯器内の水が凍結して給湯器が壊れた

といったことです。

 

ただ、給湯器の故障は、原因不明のこともよくあります。

はっきりした原因がない限り、業者でも

ガス屋
寿命でしょうね…。

と判断することが多いのが実情です。

床暖房の修理方法

床下の配管が故障した場合

温水式床暖房は、床下に配管を設置していますよね。

この配管が壊れると、当然床暖房として機能しなくなってしまいます。

 

配水管が壊れた場合は、シンプルに

『床をはがして、壊れた配水管を交換する』

ということになります。

給湯器が故障した場合

給湯器が壊れた場合は、『修理』になる場合と『交換』になる場合があります。

修理で済むか交換になるかは不具合の状況によるので、メーカーや販売店に不具合を伝え、相談してください。

 

でも、給湯器は屋外にあるので、修理も交換も、配管より簡単です。

費用も比較的安く済みます。

ガス床暖房の修理費用はどのくらい?

気になるのが、修理にかかる費用ですよね。

あくまでも大まかな目安ですが、

配管の交換

⇒30~80万円

給湯器の交換

⇒10~40万円

くらいかかります。

 

もちろん実際には、必要な修理、設置面積、給湯器のスペックなどによって変わります。

 

ガスオ
けっこうかかるね。

急に数十万の出費は痛いなぁ…。

そうですよね。

ですから対策として、

  • 床暖房を設置すると同時に、万が一に備えて少しずつ貯金を始める
  • 設置の費用に修理費用も含めて考えておき、最初からその費用分をキープしておく

としている人もいます。

 

いずれにせよ、なるべく早い時期から『修理の時の費用』も、ある程度考えておくと良いですよ。

 

ガス床暖房のメンテナンスについて

せっかく取り付けた床暖房、長く快適に使いたいですよね。

ここからは『床暖房のメンテナンス』について解説します。

 

メンテナンスとしては、

  • 私たちユーザーが日常的にするメンテナンスや点検
  • 配管や給湯器の定期的なメンテナンスや点検

があります。

2つ目は、業者に依頼してやってもらうことです。

 

では、詳しく見ていきましょう。

普段のメンテナンスや点検

床暖房の室内部分は特にメンテナンスなし!

床暖房の室内の部分については、日常的には、これといった特別なメンテナンスは必要ありません。

エアコンやファンヒーターのような、フィルターの手入れのような作業も要りません。

 

あえてあるとすれば、

  • 普通の床と同じように掃除する
  • 水などをこぼしたら、すぐに拭き取る
  • 床暖房の上に重い家具を置かないなど、使い方の注意を守る

ということくらいです。

給湯器のメンテナンス

室外の給湯器については、

  • 運転中に給湯器から異常な音が聞こえないか
  • 給湯器の外観に異常がないか
  • 給湯器の周りや排気口、排気筒トップのそばに燃えやすいものがないか
  • お湯の蛇口の先端に泡沫器が内蔵されているものは、ときどき内部のフィルタ(金網)を掃除する。
  • 機器本体のラベルが読める状態になっているか(はがれたり読めなくなったりしたら、販売店に連絡して新しいラベルに貼り替える)

といったことを時々チェックし、

異常を見つけた時は、すぐに販売店に連絡してくださいね。

 

そのほかに、取扱説明書に書いてあるメンテナンスも、なるべくきちんとしましょう。

(給湯器のメンテナンスの内容は機種によるので、取扱説明書を確認してください。)

 

たとえば、あるメーカーの給湯器の場合は、お手入れ方法として

給水水抜き栓先端のストレーナにゴミなどが付いていると、お湯の量が減ることがあります。

お湯の量が少なくなった場合は、給水元栓を確実に閉めて、給水水抜き栓を外し、ストレーナーのゴミを取り除いてください。

 

給湯器の給気口にホコリやゴミが詰まった状態で使用すると、不完全燃焼などを起こすことがあります。

給気口のホコリやゴミを取り除いてご使用ください。

といったお手入れ方法が書いてあります。

 

給湯器は屋外に設置してあるので、つい忘れてしまうことも多いですよね。

でも、安全に使うため、またなるべく長持ちさせるために、説明書をよく読み、必要なメンテナンスをしてください。

業者による定期的なメンテナンスと点検

ガス床暖房も、他のガス器具と同じように、業者による定期的なメンテナンスや点検が必要です。

 

どのようなメンテナンスが必要かというと

  • 不凍液の交換(寒冷地など、不凍液を使っている場合)
  • 給湯器の点検
  • その他、説明書に書いてある点検とメンテナンス

不凍液の交換

温水式床暖房で使う不凍液の交換は、メーカーにもよりますが、目安として

  • 4年ごとの追加補充
  • 10年に1度、不凍液の全交換

が必要です。

 

不凍液は、寒冷地などで使うことがあり、

  • 凍結防止
  • 配管を腐食から守る

という役割があります。

 

この不凍液は、空気に触れると酸化し、腐食してしまいます。

そうすると、配管や給湯器の故障につながりかねません。

そのため、定期的な補充や交換が必要なのです。

 

不凍液の全交換には、3~6万円くらいかかります。(不凍液の量にもよります)

ガス床暖房の点検

ガス床暖房の給湯器は、年に1度くらいの点検が必要です。

この点検の時期などは業者によって違うので、業者に確認してくださいね。

 

また、これも業者によりますが、

有料で床暖房の定期的な点検を頼めるところもあります。

 

一例だと、

『その点検の契約をしていると、給湯器が壊れた場合に新しいものと交換してもらえる』

という契約もあります。

 

このような契約をすると、維持費はかかります。

でも、故障の予防としては、有料点検を頼んでおくと安心できますね。

その他のメンテナンスや点検

不凍液の交換や給湯器の点検のほかに、

  • 取り扱い説明書に書いてある点検やメンテナンス
  • 業者からするように言われている点検やメンテナンス

がある場合は、きちんとするようにしましょう。

 

場合によっては費用がかかったり、ちょっと面倒に思うこともあるかもしれません。

でも、メンテナンスや点検をきちんとしておくと、安心して使えます!

メンテナンスや修理について確認しておきたいこと

ここで

床暖房を設置するときに、メンテナンスや修理について、どんなことを確認しておくと良いか

をまとめておきましょう。

 

業者に確認すること一覧

  • ガス床暖房の耐用年数
  • 給湯器の耐用年数
  • 床暖房と給湯器、それぞれの修理や交換にかかる費用
  • 不凍液を使う場合は、不凍液の補充や交換の時期とその費用
  • 床暖房の有料の点検やメンテナンスのサービスがあるかどうか、ある場合どのような内容で、どのくらいの費用か
  • 床暖房の保証の期間と、保証の内容

 

もちろん、修理や点検などの費用は、状況にもよります。

でも、『どんな時に、だいたいどのくらいの費用がかかるのか』を知っておくことは、大切です。

 

そして、できる範囲で良いので、万が一の故障に備えておくと安心ですよ。

床暖房にかかる費用を抑えるには

ガスオ
床暖房って、点検やメンテナンスにも、けっこう費用がかかっちゃうね。

そうですね。

床暖房のメンテナンスや修理にも費用がかかるとなれば、

  • 設置の費用
  • 普段使っている時の、ランニングコスト

をなるべく抑えておきたいですよね。

 

ということで、床暖房の設置費用やランニングコストを抑える方法を、ざっとお伝えしましょう。

設置費用をなるべく抑える方法

床暖房の設置費用を抑えるためには

効率的に部屋を温められて、なるべく少ない面積に設置する

という方法があります。

設置面積が少なくて済めば、費用も抑えられますからね。

 

床暖房は、部屋の床全面に設置する必要はありません。

だいたい5~7割くらいで、十分に暖房効果があります。

 

ですから、設置するときには、

『どこにどう設置すると、少ない面積で効率良く暖房効果を得られるか』

を、業者とよく相談してくださいね。

関連記事
床暖房を設置する費用は?
ガス床暖房の設置費用を紹介!フローリング張替えのリフォームは必須?

続きを見る

使い方でランニングコストを抑える方法

床暖房のランニングコストを抑えるには

スイッチのオン・オフは1日2回までにする

⇒スイッチを入れてから1時間くらいの間にガスを多く使うので、その回数をなるべく減らす

『自動運転モード』を使う

⇒外気温や室温に合わせて自動的に運転を調節し、ムダを省くことができる

タイマーを使って、30分くらい早めにスイッチを切る

⇒スイッチを切ってしばらくは温かさが続くので、早めに切っても大丈夫

温度設定を低めにする

⇒床暖房は他の暖房器具より体感温度が高いので、2~4℃低めの設定でOK

といった方法があります。

 

上手に使って、コストをなるべく抑えましょう!

 

床暖房の上手な使い方はこちらの記事で詳しく解説しているので、あわせて読んでください。

効果抜群
床暖房でポカポカ
ガス床暖房のガス代をコスパよく節約しながら使う方法を紹介!

続きを見る

ガス床暖房向けの料金プランを使う

どんなに節約して使っても、そもそも料金が高かったら、ガス代が高くなってしまいますよね。

それに、ガス床暖房を使うと、どうしてもガスの使用量が増えます。

普通の料金プランでは、ガス代が高くなってしまうのは、目に見えています。

 

そこで活用したいのが、床暖房向けのガスの料金プラン。

ガス会社では、床暖房向けのプランを用意しているところも多いので、ぜひ利用してください。

ぜひというより、『必須』と言っても過言ではありません。

 

もし、契約しているガス会社で床暖房向けプランがない時は、

ガス会社変更サービスを使って、『床暖房に良い料金プランのあるガス会社はありませんか?』と問い合わせてみてください。。

ガス会社変更サービスは利用料もかかりません。

 

ガス会社変更サービスについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:【2020最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

\ 公式サイト /

ガス屋の窓口

お金は一切かかりません!

ガス屋の窓口

スポンサーリンク

まとめ

床暖房は、基本的に30年間は安心して使える暖房です。

でも、長く使うためには点検やメンテナンスが大切!

必要なメンテナンスや点検は、しっかり受けておいてくださいね。

 

万が一、修理となると、どうしても費用がかかってしまいます。

その時に慌てないためにも、

  • 耐用年数が過ぎたり、修理が必要になったりした時の費用について考えておく
  • 保証の期間や内容、メンテナンスや点検、修理の内容と費用について、業者に確認しておく

といったことが大事です。

 

ガスオ
設置した時から修理の費用を考えなきゃいけないのも、ちょっと面倒だなぁ…。

その気持ちも、わかります。

 

でも、気軽に買い替えたりできないのが、床暖房。

どのみち費用がかかるなら、早くからどう工面するか考えておくほうが、安心です。

床暖房のメリットを満喫するためにも、できる範囲での備えを、ぜひ考えてみてください。

\ 公式サイト /

ガス屋の窓口

お金は一切かかりません!

ガス屋の窓口

-ガス床暖房

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2020 All Rights Reserved