ガス床暖房 プロパンガスの節約

床暖房のガス料金は設定温度で節約できるのかチェック!

床暖房のガス代!設定温度で節約できる?

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

ガス料金を節約するには、

  • お風呂やシャワーの設定温度を下げる
  • 給湯器の温度を下げる

という方法が効果的と、よく言われますよね。

 

ではガス床暖房は、どうなのでしょうか?

 

ガス床暖房も、給湯器を使っていますよね。

ということは、やはり設定温度を下げれば節約効果があるのでしょうか?

もしあるとすれば、どのくらいの節約効果があるのかも、気になりますよね。

 

ということで今回は、ガス床暖房のガス料金について

  • 設定温度でガス料金を節約する方法
  • 効率良くガス暖房を使う方法

についてチェックしていきます。

 

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

設定温度で床暖房にかかるガス料金を節約するには

設定温度を低めにすることが節約につながる

ガス床暖房も、『ガス器具』の一つ。

 

他のガス器具と同じように、

設定温度をなるべく低くすることで、ガス代を節約することができます。

設定温度が低いほうが、使うガスが少なくて済むからです。

 

ガス床暖房は、

  1. ガスで水をお湯にする
  2. お湯を床下に循環させる

という方法で暖房をしています。

 

ガスで水を温めるということは、

『設定温度が高い=水温の上げ幅が大きい=ガスの使用量が多い=ガス料金が高くなる』

ということでもあります。

 

逆に言うと、設定温度を低くして水温の上げ幅を小さくすることで、ガスの使用量を減らすことができるのです。

 

設定温度でガス代はどのくらい違うのか

では、設定温度が違うと、どれだけガス代がちがうのでしょうか?

2つの試算をしてみました。

 

温度が1℃違うと、ガス代はどのくらい違う?

まず、『温度を1℃上げるのに、ガス代がいくらかかるか』を計算してみましょう。

今回は、『簡易暖房負荷計算式』を使って、計算してみます。

 

この計算式では、ガス床暖房で温度を1℃上げる時のガス代は

  1. 広さ(平方メートル)×熱損失係数(2.7)×上げる温度(℃)÷熱ロス×使用時間=温度を上げるのに必要なW/h数(数値が出たら、wをkWに換算する)
  2. 温度を上げるのに必要なkW/h数÷低位発量(11.277)×ガスの従量料金=ガス代

という、2つの式で出すことができます。

 

  • 部屋の広さは8畳(13.24m3)
  • プロパンガスの従量料金は350円
  • 運転が安定してからの暖房負荷とする

という条件で計算してみましょう。

(小数点2位以下は四捨五入します。)

 

13.24(平方メートル)×2.7×1(℃)÷0.75×1時間=0.04766kw

0.047664kw÷11.277×350円=1.48円

 

ということで、

温度を今より1℃上げた場合、1時間あたり約1.5円多くかかる計算結果になりました。

 

ガスオ
1.5円なら、ほんのちょっとしか違わないね。

そう思うかも知れませんが、たかが1.5円、されど1.5円なんです。

 

たとえば24℃に設定すると、23℃の設定より

  • 8時間使うと、11.8円
  • 10時間使うと、14.8円
  • 24時間使えば35.5円
  • 1日8時間で30日使えば、354円
  • 1日8時間で90日使えば、1,062円

多くかかるということになるのです。

 

設定温度が20℃と24℃では、ガス代はどれだけ違う?

次に、

『設定温度を20℃にした場合と、24℃にした場合ではガス代がどれだけ違うのか』

これを試算してみましょう。

 

条件は、

  • 部屋の広さは8畳
  • プロパンガスの従量料金は350円
  • 気温が10℃の環境で、そこから設定温度にした場合の熱量からガス代を計算する

とします。

今回も、小数点2位以下は四捨五入します。

 

先ほどと同じ式を使うと、20℃設定で1時間使う場合は、

13.24(平方メートル)×2.7×10(℃)÷0.75×1=0.47664kw

0.47664kw÷11.277×350円=14.79円

ということで、約14.8円かかります。

 

24℃設定の場合は

13.24(平方メートル)×2.7×14℃÷0.75×1=0.667kw

0.667kw÷11.277×350円=20.7円

となります。

 

この結果から、使用時間ごとに、差額を見てみましょう。

20℃設定24℃設定差額
1時間14.8円20.7円5.9円
8時間118.4円165.6円47.2円
10時間148円207円59円
24時間355円496.8円141.8円
8時間×30日3,552円4,968円1,416円
8時間×90日10,656円14,904円4,248円

と、設定温度が4℃違うと、これだけのガス料金の差が出るのです。

 

もちろん、これはざっくりした試算です。

実際に床暖房を使う時は

  • 床暖房のスイッチを入り切りする回数(スイッチを入れてしばらくはガスを多く使うため)
  • ガスの従量料金
  • 外の気温
  • 部屋の気密性や暖房効率の良さ
  • 床暖房を使う時間の長さ

といった条件が違ったり変動したりすることが多いですよね。

ですから、実際のガス代も今回の結果とは違います。

でも、『設定温度を下げる』ことが節約につながることには、変わりありません。

 

ガス床暖房の設定温度は低めで大丈夫!

ガスオ
設定温度が低いほうが節約できるのはわかるけど、温度を下げたら寒いんじゃない?

たしかに、温度を下げ過ぎたらやっぱり寒いです。

でも、床暖房の設定温度は、エアコンより低めでも大丈夫なんです。

 

床暖房は、温かい床に足が触れることで、直接温かさを感じられますよね。

そのため、体感温度が高めになるのです。

 

個人差はありますが、

エアコンのちょうど良い温度が24℃だとしたら、ガス床暖房は20℃くらいで、体感的には同じくらいの暖かさを感じることができます。

 

リモコンの『19℃』『20℃』という数字を見ると、あまり暖かくなさそうに感じるかもしれませんね。

でも、数字で暖かさを判断するのではなく、『自分の体で感じる暖かさ』を大事にして、温度を判断してみてください。

 

そして、あなたにとってちょうどいい、『快適な範囲で、なるべく低い温度』を見つけてくださいね。

 

ポイント

ガス床暖房のリモコンが、廊下の近くなど冷えやすい場所に設置されている場合、

センサーが実際の室温よりも低めに感知してしまうことがあります。

センサーが感じる温度が低いと、ガスを多く使うことになってしまいます。

リモコンが温度の低くなりやすい場所にある場合は特に、設定温度を上げ過ぎないように気を付けてください。

そういう意味でも、『適温』を体感で判断することは大切です。

 

効率よくガス床暖房を使う方法

床がぬくぬくで気持ちいいにゃ~

床がぬくぬくで気持ちいいにゃ~

ガス床暖房の設定温度をなるべく低くして使うためには、

『効率よく床暖房を使い、かつ部屋の暖かさを逃がしにくい部屋』

にすることが大切です。

 

そのためにできることとして、

  • 床暖房の使い方を工夫する
  • 室内の温かさを保てるように、部屋の環境を整える

という方法があります。

 

床暖房の効率の良い使い方のポイント

床暖房を効率よく使うためには

  • 自動運転機能を使う
  • スイッチのオン・オフは1日2回くらいまでにする
  • タイマーなどで早めにオフにする

という方法があります。

 

自動運転を活用しよう!

ガス床暖房の『自動運転』の機能を使うのも、節約になります。

自動運転とは、外気や室温に合わせて、快適な温度になるように調整しながら運転する機能です。

 

たとえば、冬の朝は寒いので、温度を少し高めに設定したとしましょう。

そのままの設定で日中も運転していると、室温が高くなりすぎてしまうことがあります。

室温が高くなる過ぎるのは、ガスのムダ遣いにもなってしまいます。

 

でも、自動運転にしておけば、部屋が自然に暖まる分も考慮して、ちょうど良くなるように運転してくれます

ガスのムダ遣いも防げます。

 

自動運転が付いているガス床暖房も多いですから、この機能をぜひ活用してください。

 

スイッチのオン・オフはなるべく1日2回まで

床暖房のスイッチを入れたり切ったりする回数は、1日2回までがベストです。

 

なぜかというと、

スイッチを入れてから1時間後くらいまでが、一番ガスを消費するからです。

 

とはいえ、寝ている間にスイッチを入れっぱなしにするのも、もったいないですよね。

 

なので、スイッチを切るのは

  • 寝ている間
  • 長時間家に誰もいないとき

くらいにしておくと良いですよ。

関連記事:ガス床暖房をつけっぱなしにすると1日にかかるガス代はいくら?

 

タイマーなどで早めにオフにするのも節約に効果的

出かける時間や寝る時間が決まっているなら、その時間に合わせてタイマーで早めにスイッチを切るのも、節約につながります。

 

床暖房は、スイッチを切っても30分くらいは温かさが続きます。

ですから、寝る前ギリギリまで、出かける直前まで点けておかなくても良いのです。

 

『床が冷えてきたら、寝る時間・出かける時間』という習慣にしておけば、うっかり時間を過ぎてしまうことも減らせるかもしれませんね。

参考記事:ガス床暖房のガス代をコスパよく節約しながら使う方法を紹介!

 

部屋の保温力を高めよう!

ガス床暖房に限らず、どんな暖房器具でも同じですが、暖房を効果的に使うには、

部屋の保温力を高めること、特に『窓の断熱対策』をするのが効果的です。

 

部屋の中で、一番冷えやすいのは、『窓』のところです。

一所懸命に部屋の空気を暖めても、

外の冷気で冷えた窓に部屋の空気が接することで、室内の温度が下がってしまうのです。

 

ではどんな断熱対策があるかというと、

  • 窓に断熱カーテンをかける
  • 窓ガラスに断熱シートを貼る
  • 窓に断熱ボードを設置する
  • 床暖房のある部屋に階段の出入り口があるなら、出入り口の所に仕切りのカーテンをかける

といった方法があります。

こういった断熱対策をすると、室内の熱が逃げにくくなり、暖房効率が良くなります。

 

わりと安いコストで簡単にできる対策もあるので、無理のない範囲でぜひやってみてくださいね。

 

なお、カーテンは

断熱カーテン(厚手のカーテン)と断熱レースカーテンを併用すると、さらに効果的です。

 

関連記事:【ガス代節約】窓に断熱カーテンを設置する断熱効果を解説【省エネ】

関連記事:【節約】窓ガラスに貼る透明断熱フィルムの効果と口コミをチェック

関連記事:窓に貼る断熱ボードと断熱シートを比較!効果の違いとは?

関連記事【ガス代節約】間仕切りに断熱カーテンを設置する断熱効果を解説

 

カーペットは逆効果

普通のフローリングなら、カーペットを敷くことで寒さを軽減することができますよね。

 

でも床暖房の場合は、基本的にカーペットは敷かないほうが良いです。

 

  • 床から来る暖かさが、カーペットによって遮られる
  • カーペットの下に熱がこもってしまい、素材によってはカーペットが溶け、床を汚したり傷めたりする可能性がある

というデメリットやリスクがあるのです。

 

もし『床に座るのが好きで、カーペットがある方が座りやすい』ということなら、

  • 自分の座るスペースだけ覆うような、座布団やクッションを使う
  • 床暖房対応のカーペットやラグを使う

という方法をおすすめします。

特にカーペットを敷くときは、必ず床暖房対応の、なるべく薄手の製品を使ってくださいね。

 

ただし、『床暖房対応カーペット』は、『床からの熱を遮らないカーペット』という意味ではありません。

『床暖房の上に敷いても安全』という意味です。

 

カーペットを敷くと、どうしても床からの熱は遮られてしまいます。

そのこともわかったうえで、使ってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ガス床暖房には、いろいろな節約術がありますが、設定温度を下げることでもガス代を減らすことができます。

 

ガス床暖房の特長は、

『エアコンより体感温度が高い』

ということ。

 

この特長を利用して、

あなたの体感で『過ごしやすいな』と感じられる範囲で、設定温度を下げてみましょう!

 

そして、自動的に室温を調整してくれる『自動運転』の機能も、ぜひ活用してください

こまめに温度設定を変える必要もなく、効率良く運転してくれるので、便利ですよ。

 

温度を下げることでの節約効果は、一見すると、とても小さく見えるかもしれません。

でも、数時間、数日、1ヵ月、ワンシーズン…と積み重なると、けっこうな節約効果になります。

それが年単位になれば、さらに大きな額になりますよね。

 

小さな節約も上手に積み重ねながら床暖房を使って、おトクに快適にすごしてくださいね!

-ガス床暖房, プロパンガスの節約

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved