ガス床暖房で快適な部屋

ガス床暖房 プロパンガスの節約

床暖房のガス料金は設定温度で節約できるのかチェック!

ガスの節約術では、よく

『お風呂やシャワーの設定温度を下げる』

『給湯器の温度を下げる』

というのが、節約に効果があると言われます。

 

ではガス床暖房は、どうでしょう。

ガス床暖房は、

『床下の広い範囲にある配管に、お湯を循環させる』

という方法で暖房をしていますが、

設定温度を下げるのは、節約効果があるのでしょうか?

もしあるとすれば、どのくらいの節約効果があるのかも、気になりますよね。

 

ということで今回は、ガス床暖房の温度設定と節約効果について、お話しします。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

設定温度でガス床暖房のガス料金を節約するには

ガス床暖房のリモコン

ガス床暖房のリモコン

設定温度を低めにすることが節約につながる

ガス床暖房も、『ガス器具』の一つ。

他のガス器具と同じように、

温度設定をなるべく低くすることでガス代を節約することができます。

なぜかというと、

『温度設定を低くする=ガスの使用量が減る』

からです。

 

ガス床暖房は、

『水を温めてお湯にして、循環させる』

という仕組みで、部屋を暖めます。

ガスで水を温めるということは、

『温度設定が高い=水をお湯にする時の温度の上げ幅が大きい=ガスの使用量が多い』

ということでもあります。

逆に言うと、温度設定を低くして、温度の上げ幅を小さくすることで、ガスの使用量を減らすことができるのです。

だから、温度設定をなるべく低くすることが、節約につながるわけです。

 

設定温度でガス代はどのくらい違うのか

では、温度設定が違うと、どれだけガス代がちがうのでしょうか?

2つの試算をしてみました。

 

温度が1℃違うと、ガス代はどのくらい違う?

まず、

『温度を1℃上げるのに、ガス代がいくらかかるか』

を計算してみましょう。

今回は、『簡易暖房負荷計算式』を使って、計算してみます。

 

この計算式では、ガス床暖房で温度を1℃上げる時のガス代は

  1. 広さ(平方メートル)×熱損失係数(2.7)×上げる温度(℃)÷熱ロス×使用時間=温度を上げるのに必要なW/h数(数値が出たら、wをkWに換算する)
  2. 温度を上げるのに必要なkW/h数÷低位発量(11.277)×ガスの従量料金=ガス代

という、2つの式で出すことができます。

 

  • 部屋の広さは8畳(13.24m3)
  • プロパンガスの従量料金は350円
  • 運転が安定してからの暖房負荷とする

という条件で計算してみましょう。

(小数点2位以下は四捨五入します。)

 

13.24(平方メートル)×2.7×1(℃)÷0.75×1時間=0.04766kw

0.047664kw÷11.277×350円=1.48円

 

ということで、

温度を今より1℃上げた場合、1時間あたり約1.5円かかる計算になりました。

 

『ほんのちょっとじゃない』

と思うかもしれませんね。

でも、たかが1.5円、されど1.5円

たとえば24℃の温度設定は、23℃の設定より

  • 8時間使うと、11.8円
  • 10時間使うと、14.8円
  • 24時間使えば35.5円
  • 1日8時間で30日使えば、354円
  • 1日8時間で90日使えば、1,062円

多くかかるということになるのです。

 

温度設定が20℃と24℃では、ガス代はどれだけ違う?

次に、

『温度設定を20℃にした場合と、24℃にした場合ではガス代がどれだけ違うのか』

これを試算してみましょう。

条件は、

  • 部屋の広さは8畳
  • プロパンガスの従量料金は350円
  • 気温が10℃の環境で、そこから設定温度にした場合の熱量からガス代を計算する

とします。

今回も、小数点2位以下は四捨五入します。

 

先ほどと同じ式を使うと、20℃設定で1時間使う場合は、

13.24(平方メートル)×2.7×10(℃)÷0.75×1=0.47664kw

0.47664kw÷11.277×350円=14.79円

ということで、約14.8円かかります。

 

24℃設定の場合は

13.24(平方メートル)×2.7×14℃÷0.75×1=0.667kw

0.667kw÷11.277×350円=20.7円

となります。

 

この結果から、使用時間ごとに、差額を見てみましょう。

20℃設定 24℃設定 差額
1時間 14.8円 20.7円 5.9円
8時間 118.4円 165.6円 47.2円
10時間 148円 207円 59円
24時間 355円 496.8円 141.8円
8時間×30日 3,552円 4,968円 1,416円
8時間×90日 10,656円 14,904円 4,248円

と、温度設定が4℃違うと、これだけのガス料金の差が出るのです。

もちろん、これはざっくりした試算です。

実際に床暖房を使う時は

  • 床暖房のスイッチを入れた時にはガスを多く使うこと
  • ガスの従量料金
  • 外の気温
  • 部屋の環境(熱を逃がしやすい部屋か逃がしにくい部屋かなど)
  • 床暖房を使う時間の長さの

など、今回の試算とは条件が違うことも多いので、実際のガス代も今回の結果とは違います。

でも、『設定温度を下げる』ことが、節約につながることには、変わりありません。

 

ガス床暖房の設定温度は低めで大丈夫!

『ガス床暖房の温度設定を低めにする』

といっても、

「温度を低くしたら、寒いんじゃないの?」

と思うかもしれませんね。

でも、大丈夫です。

 

ガス床暖房は、

床から直接暖かさを感じることができます。

これは、温まった床に直接触れることで暖かさを感じることに加え、輻射熱があるからです。

そのため、体感温度が高めになるのです。

エアコンのちょうど良い温度が24℃だとしたら、ガス床暖房は20℃くらいで、体感的には同じくらいの暖かさを感じることができます。

 

リモコンの『19℃』とか『20℃』という数字を見ると、あまり暖かくなさそうに感じるかもしれません。

でも、リモコンの数字で『この温度だから暖かくない』と判断するのではなく、

『自分の体で感じる暖かさ』を大事にして、温度を判断してみてください。

そして、あなたにとってちょうどいい、

『快適な範囲で、なるべく低い温度設定』

を見つけてみてくださいね。

 

ガス床暖房の『室温』について

ところで、ガス床暖房のリモコンで設定する温度は、どこの温度なのでしょうか

配管のお湯の温度?

それとも、室温?

これはもちろん、『室温』です。

リモコンで20℃に設定したら、ガス床暖房では室温が20℃になるように運転するのです

(ただし、『強・中・弱』という運転モードの時は、室温ではなく、一定の出力での運転をしています。)

 

『室温を設定された温度にする』ためには、どこかで室温を計ることになりますよね。

その室温は、リモコンについているセンサーで計っています。

 

ということは、リモコンがどこにあるかで、感知する『室温』も違うということです。

床暖房のある部屋と同じ温度の所にあるなら、リモコンはその部屋の温度を感知します。

でも、温度の低くなりがちな、たとえば廊下の近くなどにあれば、どうしても感知する温度は低めになりますよね

そのように、実際の室温とリモコンが感知する室温が違ってしまうこともあるのです。

 

もし、センサーが実際の室温より低めに感知していると、

『本当はもう温度を上げなくて良いのに、温度が低いと判断して上げようとする』

ということも、あり得ます。

これでは、ガスのムダ遣いになってしまいますよね。

 

なので、やはり

『快適な温度は、体感で判断する』

が大切になってくるわけです。

とくに、リモコンが室温より低い温度の場所にある場合は、余分に温度を上げてしまわないように、注意しておきましょう

 

自動運転を使うのがおすすめ

ガス床暖房を使うなら、『自動運転』の機能を使うのも、節約になります。

自動運転とは、外気や室温に合わせて、快適な温度になるように調整しながら運転する機能です。

 

たとえば、冬の朝は寒いので、温度を少し高めに設定したとしましょう。

そのままの設定で日中も運転していると、室温が高くなりすぎてしまうことがあります。

日中は、日光でも部屋が暖まりますからね。

室温が高くなりすぎるのは、ガスのムダ遣い。

でも、自動運転にしておけば、部屋が自然に暖まる分も考慮して、ちょうど良くなるように運転してくれます

ガスのムダ遣いを防いでくれるので、ガスの節約になるのです。

 

自動運転が付いているガス床暖房も多いですから、この機能をぜひ活用してください。

 

効率よくガス床暖房を使う方法

床暖房で快適な部屋

床暖房で快適な部屋

ガス床暖房の温度設定をなるべく低くして使うためには、

『効率よく床暖房を使い、かつ部屋の暖かさを逃がしにくい部屋』

にすることが大切です。

 

そのためには

  • 窓に厚手のカーテンをかける
  • カーペットは使わない

というのがおすすめです。

 

窓には厚手のカーテンを

ガス床暖房に限らず、どんな暖房器具でも同じですが、

暖房を効果的に使うには、窓にカーテンをかけるのが良いです

 

部屋の中で、一番冷えやすいのは、『窓』のところ

一所懸命に部屋の空気を暖めても、

外の冷気が伝わってくる窓の所で、空気の温度が下がってしまうのです。

それを防ぐために、窓にカーテンをかけるのです。

 

窓にカーテンをかけると、窓と部屋の空気の間に空間を作ることができます。

部屋の空気が直接冷たい窓に触れるのを防ぐことができるので、温度が下がりにくくなります

 

カーテンは薄手のものでも、ないよりはずっと良いです。

でもやはり、厚手のもののほうが断熱効果が高いので、おすすめです。

といってももちろん、日中からカーテンを閉めるわけにもいかないですよね。

日中は開けておくか、レースのカーテンを閉めておき、寒くなる夜は厚手のカーテンを閉めましょう。

カーペットは逆効果

普通のフローリングなら、カーペットを敷くことで寒さを軽減することができます。

でも床暖房の場合は、カーペットはおすすめできません

床から出て来る暖かさが、カーペットによって遮られてしまうからです。

これではせっかく温めても、効率が悪くなってしまいます。

 

カーペットを使わないほうが良い理由は、それだけではありません。

カーペットを敷くと、下に熱がこもってしまい、危険です。

また、素材によっては、カーペットが溶けたりして、床が汚れたり傷んだりしてしまいます

だから、床暖房を使うならカーペットは使わないほうが良いのです。

 

でも、

『カーペットがあるほうが、座りやすい』

という人もいるでしょう。

その場合は、自分の座るスペースだけ覆うような、座布団やクッションを使うと良いです。

なお、床暖房に対応したカーペットもあります。

これなら、熱で溶けたりすることもありません。

どうしてもカーペットを敷きたい時は、必ず床暖房対応のものを使ってください

ただし、『床暖房対応』とは、『暖房効果が減らない』ということではありません。

『床暖房の上に敷いても安全』という意味です。

カーペットを敷くと、どうしても床からの熱はさえぎられてしまいます。

なので、もしカーペットを使うのであれば、

『床暖房対応で、なるべく薄手のカーペット』

を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ガス床暖房には、いろいろな節約術がありますが、設定温度を下げることでもガス代を減らすことができます。

ガス床暖房の特長は、

『エアコンより体感温度が高い』

ということ。

この特長を利用して、

あなたの体感で『過ごしやすいな』と感じられる範囲で、設定温度を下げてみましょう!

 

そして、自動的に室温を調整してくれる『自動運転』の機能も、ぜひ活用してください

こまめに温度設定を変える必要もなく、効率良く運転してくれるので、便利ですよ。

 

温度を下げることでの節約効果は、一見すると、とても小さく見えるかもしれません。

でも、数時間、数日、1ヵ月、ワンシーズン…と積み重なると、けっこうな節約効果になります。

それが年単位になれば、さらに大きな額になりますよね。

小さな節約も上手に積み重ねながら床暖房を使って、おトクに快適にすごしてくださいね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス床暖房, プロパンガスの節約

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.