プロパンガスの配管工事の費用は?

ガス器具

プロパンガスの配管工事費用をチェック!耐用年数(寿命)はいつまで?

ガス器具を買う時には、もちろんスペックは気になりますが、値段も気になりますよね。

一方、プロパンガスの配管工事となると、あまり普段から費用を気にすることは、あまりないでしょう。

費用が気になるとすれば、

  • 新築の家でプロパンガスを使うため、配管工事をする
  • プロパンガスの配管の寿命が来て、配管の交換工事が必要になる

という時ではないでしょうか。

 

では実際、プロパンガスの配管の工事って、どのくらいの費用がかかるのでしょう?

また、プロパンガスの配管は、どのくらいで寿命が来るのでしょう?

 

ということで今回は、

プロパンガスの配管の工事費用や寿命

について、お伝えします。

ぜひ、最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスの配管工事費用はどのくらい?

工事にいくらくらいかかるかな…?

工事にいくらくらいかかるかな…?

プロパンガスの配管工事費用の目安

プロパンガスの配管工事にかかる費用は、ガス会社や工事の内容、規模などによって変わりますが、

お風呂とキッチンでガスを使う…12万円以上

キッチンでのみガスを使う…4万円以上

が、だいたいの目安の金額です。

 

ただし、ガス会社の方から

ガス屋
工事費はこちらで持ちますので、無料です

なんて、言われることもあります。

 

その場合は工事費は0円…

と言いたいところですが、ちょっと待った!

 

この『工事費無料』には、

ウラがあるんです!

次のところで、詳しくお話ししましょう。

プロパンガスの配管工事費用が無料になる!?

ガス会社の人が

「配管工事やガス設備の費用は無料ですよ!」

と言う場合、それは

言葉通りの『無料』ではなく、『無償貸与契約』のことを言っている

と思って、ほぼ間違いないです。

 

『無償貸与契約』とは、簡単に言うと、『リース契約』のようなもの。

つまり、

使い初めに費用を払うのではなく、使いながら少しずつ費用を払っていくタイプ

の契約です。

プロパンガスでは、ガス配管やガス設備を、この『無償貸与契約』にすることがよくあります。

 

そして、ガス会社は

  • 配管工事やガス設備にかかった費用を、ガス代に上乗せする
  • 費用を回収するまでの間、ガス会社との契約を維持してもらうため、10~15年くらいの契約期間の縛りを設ける

というような方法で、費用を回収するのです。

本当に工事費を、まるまるガス会社が負担していたら、ガス会社がやっていけなくなってしまいますからね。

 

ガス会社が言う工事費無料は、本当の無料ではない

ということです。

消費者としては

「だったら『無料』なんて言わないで、正直に『後で少しずつ払ってもらう』って言ってくれればいいのに…」

と言いたくなるところですが。

ガス配管は『買取』もできる

『プロパンガスでは、配管工事を無償貸与契約ですることも多い』

と書きましたが、

『工事の時に費用を払って、配管を買い取る』

ということもできます。

実際、筆者の家でも、この『工事費やガス設備費を払って買い取る』というやり方にしました。

 

買取にすると、まとまったお金を支払うことになりますが、

  • 契約期間の縛りがない(ただし、契約による)
  • 工事や設備の費用を上乗せされない分、ガス料金が安く済む
  • ガス会社を変えたいと思った時に変えやすい

という、大きなメリットがあります。

 

買取にしたい場合は、

  • 前もって『配管やガス設備の費用を払って買取にする』とガス会社に伝えておく
  • 工事などの契約の時にも、無償貸与契約になっていないか、しっかり確認する

といったことが大切です。

 

もしかしたらガス会社は、重ねて

払わなくても、うちで費用持ちますよ?
ガス屋

などと言ってくるかもしれません。

そんな時は

ガスオ
それって、完全な無料じゃなくて、無償貸与契約になるんですよね?

無償貸与契約になるなら買取にします。

と、はっきりと伝えましょう。

『買取』と『無償貸与契約』での費用の差

では、『買取』にした場合と『無償貸与契約』では、費用にどのくらいの差があるのでしょうか?

ここで、一般的なガス会社で、15年の無償貸与契約をする場合の工事費で比較してみましょう。

 

買取の場合 無償貸与契約の場合
無償貸与の契約金額 従量単価への上乗せ額

(1立方メートルごと)

お風呂+キッチン 12万円~ 18万円~ 20~60円以上
キッチンのみ 4~8万円 8万円~ 30~100円

参考 配管工事費用

 

これも工事の内容や規模、ガス会社などによって変わりますが、だいたいこのくらいの差が出ます。

実際の工事でどのくらい額が違ってくるかは、ガス会社に問い合わせてくださいね。

『買取』と『無償貸与』どっちがいいの?

工事費を払うとしても、合計では安い『買取』と、工事の時に費用がかからない『無償貸与』。

筆者がおすすめするとしたら、『買取』の方です。

 

その理由は、費用が安く済むからだけではありません。

無償貸与の場合だと

  • 工事費や設備費をガス料金に上乗せされるので、ガス代が高くなる
  • ガス会社が工事費や設備費を回収した後、上乗せ分のガス料金が安くなることはほとんどない
  • 『最低15年はうちのガスを使う』など、契約期間の縛りが発生することが多い
  • 契約期間内に解約する場合は、残債金や清算金(残りの設備費)を請求されることも多い

というデメリットがあるからです。

 

一方、買取なら、先に書いたように

  • 工事や設備の費用がガス代に上乗せされない
  • 契約期間の縛りなしでの契約ができるので、ガス会社を替えやすい
  • 契約期間内に解約する場合に、残りの設備費を払わなくて済む

と、自由度が高くなります。

無償貸与契約をする時にチェックすべきこと

無償貸与契約の一番のメリットは、

『一度にまとまった金額を払わなくて良い』

ということでしょう。

ですから、もちろん

『デメリットをわかったうえで、無償貸与契約を選ぶ』

というのもアリです。

 

ただし、その場合に注意するべきことは

  • 無償貸与の契約金額がいくらになるのか
  • 従量単価にいくら上乗せされるのか
  • 無償貸与分を払う期間は何年何か月になるのか
  • 契約期間の縛りがあるのかどうか
  • 契約期間内に解約する場合、残存費用の支払いはどうするのか
  • 契約期間内の解約で、違約金が発生するかどうか
  • 契約金額を払い終わった後、設備費が含まれない本来のガス料金に戻してもらえるのかどうか

これを必ず確認して、書面で残しておくこと。

 

なぜかというと、もちろん

『契約の内容は確認して書面で残す』

ことが大事だからというのもあります。

でもそれだけでなく、

ガス会社によっては、このようなことをあいまいにして契約すると、

契約金額以上に費用を回収される可能性

も、あるからです。

特に、工事費設備費を払い終わった後、料金を戻してもらえるかは、要確認です。

 

必要な費用や、真っ当な金額を払うのは、当たり前です。

でも、本来払わなくていいはずのお金は、払いたくないですもんね。

 

プロパンガスの配管の寿命は?

ガスの配管の寿命は?

ガスの配管の寿命は?

物はいつか壊れるもの。

ガス器具も、もちろん例外ではありません。

プロパンガスの配管にも『寿命』があります。

ここから先は、プロパンガス配管の寿命について、お話ししましょう。

プロパンガスの配管の寿命

プロパンガスの配管の寿命は、材質や使い方、使う環境などにもよりますが、

25年以上

と言われています。

 

しかし、

『法定耐用年数』だと15年。

 

なぜ、物としての寿命と法定耐用年数に違いがあるのかといえば、

法定年数は税金を徴収することを考えて決められているからです。

この場合の法定年数は、安全性のために決めた年数ではありません。

『15年を超えたら配管としての使用は危ない』

という意味ではないのです。

 

プロパンガスは、契約の内容などをガス会社が決められる『自由契約』です。

なので、ガスの配管などの設備は、法定年数でなければ違反というわけではありません。

でも、耐用年数を15年とするガス会社が多いのです。

どんな時に『法定耐用年数』が絡んでくるのか

「せっかく25年も使えるのに、なんで耐用年数を15年にするの?」

と思う人も多いでしょうね。

この15年の法定耐用年数が絡んでくるのは、無償貸与契約をした場合です。

 

無償貸与契約についての話の中で、

『無償貸与契約では決められた期間は、ガス会社との契約を続けることになる』

ということが出てきましたね。

この『決められた期間』は、ガスの配管などの設備の償却期間。

メモ

『償却期間』というのは、簡単に言うと、『その物を使いながら費用を払う期間』です。

ガス会社では、ガス配管の償却期間を法定耐用年数と同じとすることが多いので、『ガス配管の耐用年数は15年』とすることが多いのです。

ガスの配管は、いつ交換する?

『ガス配管の寿命は25年だけど、法定耐用年数だと15年』

となると、なんだかややこしいですね。

「結局うちのガスの配管は、いつ交換することになるんだろう?」

と思う人も多いでしょう。

 

ガス管をいつ交換するかは、ガス会社との契約や、ガスの配管の状況にもよります。

なので、一番確実なのは、

『ガス会社に問い合わせてみる』

これにつきます。

 

とくに

  • あと数年で、今のガス会社と契約して15年くらいになる
  • 家を建ててから15年くらいになる

というような場合は、一度は確認しておくと良いでしょう。

ガス配管の交換にも費用が掛かります。

少し早めに交換時期を把握して、気持ちと費用の準備をしておくと、安心ですよ。

そのほかのガス器具の寿命

では、ガス配管以外のガス器具などの寿命はどうでしょうか。

これも使い方や環境などにもよりますが、だいたい

  • ガスホース…3年
  • 給湯器…10年くらい
  • ガスコンロ…8~10年前後
  • ガスファンヒーター…10年前後
  • ガス温水式床暖房…温水パイプは30年以上、熱源機は約10年
  • エネファーム…累積発電時間4,000時間または10年の、どちらか早い方

という感じです。

 

例えば、家を建ててガスの配管も器具も新しくすると、

10年後くらいに交換や買い替えのラッシュ

が訪れることになりますね。

それだけに、計画的に少しずつ費用を積み立てておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスの配管の工事費用は、

  • 工事費用を一度に払って、配管を買い取りにする
  • 無償貸与契約で、工事の時には払わない代わりに一定期間少しずつ払う

どちらの方法で契約するかによって、かなり違ってきます。

どのくらい差があるかは工事内容にもよりますが、

お風呂+キッチンに配管をする工事では、約6万円くらいの違い。

 

さらに、

  • ガス会社との契約期間に縛りが発生する
  • 工事や設備の費用を払い終わった後も、費用が上乗せされたままのガス料金でガス代を払うことが多い

というデメリットもあります。

買取と無償契約のどちらにするか、メリットやデメリットをよく考えて選んでくださいね。

 

プロパンガスの配管の寿命は、25年以上。

ただし、法定耐用年数では15年となっています。

 

プロパンガスの配管も、寿命が来れば交換しなければなりません。

交換の時期は、契約の内容などにもよるので、ガス会社に問い合わせてみてくださいね。

交換には費用もかかるので、いつごろ交換するのか、早めに知っておくと安心ですよ!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス器具

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.