ガス器具

プロパンガスの配管工事費用をチェック!耐用年数や交換時期も確認!

プロパンガスの配管工事費用をチェック!耐用年数(寿命)はいつまで?

スポンサーリンク

ガスの配管について考えることって、普段はあまりないですよね。

 

でも、

  • 新築の家でプロパンガスを使うため、配管工事をする
  • プロパンガスの配管の寿命が来て、交換工事が必要になる

となれば、当然費用もかかります。

 

カジマル
プロパンガスの配管の工事って、どのくらいの費用がかかるの?
プロパンガスの配管の耐用年数や交換時期って、いつ頃?
カジコ

 

費用を用意するためにも、知っておきたいですよね。

 

ということで、この記事では、

  • プロパンガスの配管工事にかかる費用
  • プロパンガス配管の耐用年数や交換時期

について、チェックしていきます。

ぜひ、最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスの配管工事費用はどのくらい?

工事にいくらくらいかかるかな?

工事にいくらくらいかかるかな?

配管工事の費用は『買取』と『無償貸与』の2種類がある

具体的な費用の話に入る前に、

ガス設備や配管の工事費用の払い方には2種類あることを、簡単に解説しておきましょう。

 

2種類というのは

買取

⇒工事費用を自分で負担して、配管を買い取る形にする

無償貸与

⇒『ガス会社が設備費や工事費用を一旦負担する』という形にして、ガス代に上乗せして少しずつ払う

です。

 

ここで押さえておきたいポイントは、

『無償貸与』とは、長い期間をかけて少しずつ費用を払うことである

という点です。

簡単に言えば、リース契約のようなものです。

 

カジマル
少しずつ払うってことは、無料っていう意味の『無償』じゃないってこと!?

 

そうなんです。

『無償』ではないだけでなく、最終的には買い取るよりも高くなることが多いんですよ。

 

プロパンガスの配管工事にかかる費用は、

配管を『買取』にするか『無償貸与』にするかでかなり違います。

 

プロパンガス配管の工事費用

では、プロパンガス配管の工事費用を見ていきましょう。

 

一般的なガス会社で、

  • 買取の場合
  • 15年の無償貸与契約をする場合

の工事費は、目安としてこのくらいです。

 

買取の場合無償貸与契約の場合
無償貸与の契約金額従量単価への上乗せ額

(1立方メートルあたり)

お風呂+キッチン12万円~18万円~60円~
キッチンのみ4~8万円8万円~30~100円

参考 プロパンガス料金消費者協会『配管工事費用』

 

カジコ
買取と無償貸与って、こんなに金額が違うんだ?

 

そうなんです。

 

なので、無償貸与契約にするか買取にするかは、よく考えて決めたほうが良いですよ。

 

なお、実際の費用は、設備の状況や工事する範囲の広さ、工程などによって違います。

工事をするときは、ガス会社に見積もりを出してもらってよく検討してくださいね。

 

買取と無償貸与のメリット・デメリット

ガス配管を買取にする場合と無償貸与にする場合の、一般的なメリットとデメリットを比べてみましょう。

 

ブルーのマスはメリット、ピンクのマスはデメリットです。

 

買取無償貸与
工事の時に払う費用負担自分で負担する

(まとまった出費になる)

一旦ガス会社が負担する

(まとまった出費がなくて済む)

設備に払う最終的な金額無償貸与より安くなる買取より高くなる
月々のガス料金設備費用を上乗せされないので、無償貸与より安い設備費用が上乗せされるので、高くなる
契約期間の縛りないことが多い

(契約内容によっては、契約期間の縛りがある場合もある)

無償貸与契約が終わるまでは契約が続く

(契約期間内に解約する場合、違約金や残債金が発生する)

ガス会社の切り替えしやすい契約期間内はしにくい

 

こうして見ると、買取のほうがメリットが多いですね。

 

『買取』と『無償貸与』どっちがいいの?

買取と無償貸与!どっちにする?

買取と無償貸与!どっちにする?

工事費を払うとしても、合計では安い『買取』と、工事の時に費用がかからない『無償貸与』。

 

私としては、どちらでも選べる状況なら、買取がおすすめです。

私の家でも買取にしていたことで、契約期間の縛りや違約金がなく、自分が決めたタイミングで安いガス会社に乗り換えることができたからです。

 

ただ、状況によっては無償貸与のほうが良いケースもあります。

 

『一度に高額の費用を出さないで済む』というのは、無償貸与の大きなメリットですよね。

このメリットが買取にするメリットを上回る場合は、無償貸与契約のほうが良いでしょう。

 

買取にする場合の注意点

配管を買取にしたい場合は、

  • 自分にとって買取のほうが無償貸与よりメリットが多いかどうか、よく検討する
  • 『配管やガス設備の費用を払って買取にしたい』と、きちんとガス会社に伝えておく
  • 工事などの契約の時にも、買取の契約内容になっているか、しっかり確認する
  • 『無償貸与の方が良い』と勧められたときは、その理由や無償貸与契約の内容をよく確認して検討する

といったことが大切です。

 

もしガス会社の人に『ガス設備や工事の費用はうち(ガス会社)で負担しますよ』と言われたときは

『無償貸与契約ということですか? そうでしたら、契約内容を教えてください』と確認しましょう。

 

『費用はうちで負担しますよ』くらいの話で乗ってしまってはいけませんよ!

 

メモ

ガス会社には、無償貸与契約の内容を契約者にきちんと伝えることが、法律で義務付けられています。

実際は無償貸与契約なのに『全額ガス会社が負担し、契約者は無料でガス設備を使える』と誤認させるような説明をした場合は、不実告知にあたる可能性があります。

『設備費負担なし』ばかりを強調してくる業者なら、契約は再検討したほうが良いかもしれません。

 

無償貸与契約にする場合の注意点

無償貸与契約をするときは、契約前に

  • 設備費の金額は最終的にいくらになるのか
  • ガス料金に設備費がいくら上乗せされるのか
  • 設備費を払う期間は何年何か月になるのか
  • 設備費を払う期間が15年を超えていないかどうか
  • 契約期間の縛りがあるのかどうか
  • 契約期間内に解約する場合、残債金や違約金が発生するかどうか
  • 残債金や違約金などが発生する場合の金額や計算の方法
  • 契約金額を払い終わった後、設備費が含まれないガス料金になるのかどうか

を必ず確認して、書面で残しておきましょう!

 

なぜかというと、こういったことをあいまいにしたまま契約すると、

ガス会社によっては契約金額以上に設備費を回収しようとする可能性があるからです。

 

メモ

『設備費を払う期間が15年を超えていないかどうか』というのは、設備の償却期間が、通常10~15年だからです。

償却期間や、それに関わる『法定耐用年数』については、のちほどお伝えします。

 

そして、

  • 設備費を払う期間が15年を超えている
  • 従量単価に上乗せされる設備費が契約書と違う
  • 設備費を払う期間が終了してもガス料金から設備費分が引かれない

といった場合は、ガス会社に理由を問い合わせてください。

 

設備費を払う期間が15年を超えている場合は、15年にしてもらえないか相談すると良いですよ。

 

プロパンガスの配管の寿命や耐用年数は?

ガスの配管の寿命は?

ガスの配管の寿命は?

物はいつか壊れるものですよね。

 

プロパンガスの配管にも『寿命』があります。

ここから先は、プロパンガス配管の寿命や『耐用年数』について、見ていきましょう。

 

プロパンガスの配管の寿命や交換時期

プロパンガスの配管の寿命は、25年以上

と言われています。

(実際の寿命は、材質や使い方、使う環境などにもよります。)

 

でも、ガスを供給する設備を、壊れるギリギリまで使うわけにはいきませんよね。

 

配管をいつ交換するかは、配管の状況によります。

 

いつ交換するかを知るには、

  • ガス会社による定期点検(4年に1回以上)をきちんと受ける
  • 『家を建ててから、もしくはガスの配管を交換してから、あと少しで15年くらいになる』というタイミングで、ガス会社に問い合わせる

という方法があります。

 

ガス会社による定期点検は、法律で定められたものなので、必ず受けましょう。

点検を受けていれば、ガス会社が必要と判断した時に交換時期が来たことを教えてくれるでしょう。

 

早めに交換時期を把握しておくと、費用などの準備ができて良いですよ。

 

配管の『法定耐用年数』は15年

カジコ
『配管の寿命は25年以上』って言うけど、『法定耐用年数』は15年って聞いたよ?
法定耐用年数を超えて使うなんて、危ないんじゃないの?
カジマル

 

はい、『法定耐用年数』は15年です。

でも、15年以上使っても、安全性にはまったく問題ありません。

 

なぜかというと、

『法定耐用年数』というのは、国が税金の徴収のために『資産』としての価値がある期間を定めた年数だからです。

法定耐用年数は、安全性とは全く関わりなく決められています。

 

つまり、ガス配管の『寿命』と『法定耐用年数』は

寿命

⇒配管がいつまで設備として使えるかを意味する

法定耐用年数

⇒税制上のことで、『資産の価値』を判断する目的で決められている

という違いがあるのです。

 

『法定耐用年数を超えて使うと危ない』という意味ではないので、安心して使ってくださいね。

 

どんな時に『法定耐用年数』が絡んでくるのか

カジコ
法定耐用年数って、ガスを使う人にどう関係あるの?

 

この15年の法定耐用年数が絡んでくるのは、先に書いた『無償貸与契約』をした場合です。

 

ガス会社では、法定耐用年数を償却期間とすることが多いです。

 

メモ

『償却期間』というのは、簡単に言うと、『その物を使いながら費用を払う期間』のことです。

 

無償貸与契約についての話の中で、『無償貸与契約では決められた期間は、ガス会社との契約を続けることになる』という話が出てきましたね。

この『決められた期間』というのが、ガス配管などの償却期間なのです。

 

ここで注意したいのは、

  • 償却期間を過ぎても設備費を上乗せされる
  • 無償貸与契約で設備費を払う期間が15年を大幅に超えている

といった場合は、設備費の払い過ぎになる可能性があります。

 

償却期間が法定耐用年数を超えていても違法ではないのですが、

法定耐用年数を大幅に超えている場合は、ガス会社に理由を聞いたり、15年にしてもらうように交渉したりしたほうが良いですよ。

 

そのほかのガス器具の寿命

最後に、いろいろなガス器具の寿命もざっと見ておきましょう。

 

だいたいの目安としては、

ガスホース

⇒3年

給湯器

⇒10年くらい

ガスコンロ

⇒8~10年前後

ガスファンヒーター

⇒10年前後

ガス温水式床暖房

⇒温水パイプは30年以上、熱源機は約10年

エネファーム

⇒累積発電時間4,000時間または10年の、どちらか早い方

というところです。

(使う頻度や使い方、環境などによっても、寿命は変わります。)

 

例えば、家を建てたりしてガスの配管も器具も新しくすると、

10年後くらいに交換や買い替えのラッシュ

が訪れることになりますね。

 

他にも家電など、10年くらいで買い替えが必要になるものは多くあります。

 

買い替え時期が来るときのために、計画的に少しずつ費用を積み立てておくのがおすすめですよ!

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスの配管の工事費用は、

  • 『買取』にして工事のときに自分で費用を払う
  • 『無償貸与契約』にして、費用をガス料金に上乗せして少しずつ払う

どちらの方法で契約するかによって、かなり違いがあります。

 

通常は、『買取』のほうがトータルの費用が安く済みます。

 

買取にするか無償貸与契約にするかは、

  • 買取、無償貸与契約それぞれの場合に払う金額
  • 無償貸与契約の期間
  • ガス会社との契約期間の縛りがあるかどうかや、その期間
  • 契約期間内に解約する場合の違約金や残債金

といったことをしっかり確認して、よく考えて選んでください。

 

プロパンガスの配管の寿命は、25年以上。

法定耐用年数は15年ですが、法定耐用年数=寿命ではありません。

 

交換の時期は、配管の状況にもよるので、ガス会社に問い合わせてみてくださいね。

交換には費用もかかるので、いつごろ交換するのか、早めに知っておくと安心ですよ!

-ガス器具