カセットコンロとカセットボンベ

【カセットボンベ】OD缶とCB缶の詰め替え事故を解説!その原因は?

スポンサーリンク

キャンプや登山に持っていくガスボンベと言えば、やはり『OD缶』ですよね。

 

でも、このOD缶、『丈夫でアウトドアに携行しやすい形』というメリットがある反面、価格が高いのが玉にキズ。

 

そのことから、

『安いCB缶のガスを、アダプタを使ってOD缶に詰め替えて使っている』

という人もいるんです。

 

しかし、この『ガスの詰め替え』は、事故につながる可能性があり、危ないんです!

 

そこで今回は

  • CB缶からOD缶にガスを詰め替える場合に起きる事故やその原因
  • CB缶からOD缶にガスを詰め替えて良いのかどうか

について解説します。

『OD缶にガスを詰め替えて使おうかな』と考えている人は、ぜひ読んでくださいね!

 

 CB缶からOD缶への詰め替えで事故は起きる?

実際にあった事故の事例

CB缶からOD缶への詰め替えでは、実際に事故が起きています。

まず、その事例を見ていきましょう。

 

平成30年9月に起きた事故では

事故の事例

CB缶からOD缶への詰め替えをする時に、詰め替えやすくしようとしてCB缶を加熱したところ、CB缶が破裂し、ガス漏れが起きた。

とのこと。

 

また、

事故の事例

ガスを詰め替えようとしてアダプタを取り付けたら、中のガスが液体のまま噴き出してきた。

という事例もあります。

 

この事例ではどちらも、幸い火災や爆発には至っていません。

でも、ガスカートリッジやボンベの破裂で怪我をする可能性がありますし、漏れたガスに引火したら大変なことになります。

 

ガスオ
大爆発みたいな、大きな事故の例はないの?

ガスの詰め替えでは、そこまでの大事故の例は、見つかっていません。

 

でも、消防署などに連絡しないで済ませてしまう程度のガス漏れは、発生しているでしょう。

そういったガス漏れも含めると、実際にはそれなりに事故件数はありそうです。

 

なお、プロパンガスの事故の事例はこちらに詳しく書いています。

あわせて読んで見てください。

関連記事:プロパンガスで起きた事故を過去から現在まで調査!ボンベが爆発したことは?

ガスの詰め替えではどんなことが事故の原因になる?

CB缶からOD缶への詰め替えでは、どんなことが事故につながるかというと、

アダプターを接続したときに、きちんと接続していなかった・アダプターのバルブを閉め忘れた

⇒ガス漏れが起きる

ガスが漏れていたところに静電気や電化製品の火花が散る

⇒引火して火災や爆発につながる

OD缶にぎりぎりまでガスを入れてしまう(入れすぎ)

⇒ガス器具に繋げて点火した時に、液体のままのガスが噴き出して火柱になり、火事になる

といったことです。

 

ガスオ
爆発や火柱はともかく、ガス漏れってそんなに危ないの?

はい、危ないです!

 

というのも、ガスは

  • 換気扇など、電気器具のスイッチで起きる火花
  • 静電気の火花

といった、ほんのちょっとした火花でも引火し、火事や爆発につながる可能性があるからです。

『たかがガス漏れ』と思ってはいけませんよ!

 

CB缶からOD缶にガスを詰め替えるのはアリ?

CB缶のガスを入れて持っていきたいけど、詰め替えて良いの?

ガスの詰め替えはOK?それともダメ?

『そもそもCB缶からOD缶にガスを詰め替えても良いのかどうか』ですが、

ガスの詰め替えは、絶対にやらないでください。

 

  • 事故が起きる可能性がある
  • ボンベやカートリッジは、再充填(空のボンベに再度ガスを詰めること)を前提に作っていない

ということからです。

メモ

この記事では主に『CB缶のガスをOD缶に詰め替える』ことについて解説していますが、

  • OD缶のガスをCB缶に詰め替える
  • CB缶のガスを別のCB缶に詰め替える
  • OD缶からOD缶など、同じ種類の別のボンベに詰め替える

といった詰め替えも、同様に危険ですし、禁止されています。

詰め替えは事故につながる可能性がある

たとえば、

ガスを充填するときに、アダプタがきちんとつなげていないと、ガス漏れが発生しかねません。

ガス漏れが起きれば、引火して火事になったり爆発したりする可能性がありますよね。

 

また、先に上げたように

  • ボンベを温めたことで、破裂する
  • 液体のガスが突然噴き出してくる
  • ボンベにガスを詰めすぎて、ガスを使うときに勢いよく噴き出す

といったことが起きる可能性もあります。

ボンベが詰め替えに対応していない

OD缶やCB缶は、『使い切り』を前提に作られています。

 

  • 再充填して使った場合の安全性は確認していない
  • 再充填して使うための、ボンベの法定検査などもされない

ということから、詰め替えた場合の安全性は担保されていません。

 

そのため、

ガスの再充填は、高圧ガス保安法でもカセットガスボンベのメーカーでも禁止しています。

ガスの詰め替えは自己責任

ガスオ
危ないのはわかったけど、やってる人はいるよ?

確かにネット上には、『自分で詰め替えたけど問題なかった』と書いている人もいますよね。

 

でも、

『空のボンベにガスを自分で再充填して使う』のはメーカーが定めた『正しい使い方』ではありません。

ですから、自己責任になりますし、事故を起こしても、メーカーの補償は受けられません。

 

筆者としても、『やっている人がいるから大丈夫』とは思いません。

法律でもメーカーでも禁止しているのは、やはり危ないからなのです。

 

身近なカセットガスも、『可燃性のガス』という危険物です。

そのことを忘れず、決して甘く見ないでくださいね。

『慣れれば大丈夫』ではない

自分で詰め替えている人の中には、

詰め替えをしている人の話

作業に慣れれば、ほとんどガス漏れせずに詰め替えられるようになります。

と言う人も見受けられました。

 

これは一見、『慣れてうまく詰め替えられるようになれば大丈夫』という意味に取ってしまうかもしれませんが、

  • 慣れないうちは、ガス漏れする可能性が高い
  • 『慣れればほとんど漏れない』ということは、慣れても少しはガス漏れする

と、筆者は捉えました。

 

また、

作業に慣れたために油断して、注意がおろそかになることもあり得ますよね。

 

それを考えると、やはり詰め替えはしないのが一番安全です。

CB缶のガスを使いたいなら

ガスオ
詰め替えが危ないのはわかったけど、OD缶って高いんだよね…。

そうですよね。

『OD缶が高いから、CB缶のガスを使ってコストを安く済ませたい』という人は多いです。

 

そこでおすすめなのが

  • CB缶に対応しているバーナーなどを使う
  • CB缶のガスを使うのはあきらめて、普通にOD缶を使う

といった方法です。

CB缶対応のバーナー

『ぜひともCB缶のガスを使いたい』ということなら、

CB缶で使えるガス器具を使うのがおすすめです!

そうすれば、詰め替えしなくて済みますからね。

 

たとえば、バーナーなら

一体型

⇒イワタニ『ジュニアコンパクトバーナー』

分離型

⇒SOTO『FUSION(フュージョン)ST-330』

といったバーナーがあります。

 

他にも、

  • ガストーチ
  • ツーバーナー
  • ランタン

などにも、CB缶で使えるガス器具があります。

素直にOD缶を使う

OD缶はアウトドア向けのガスカートリッジなので、やはり持ち歩きしやすいですよね。

また、CB缶より丈夫にできています。

 

そういったOD缶のメリットを生かしたいということであれば、

コストはかかっても、OD缶を買って使うのが一番良いです。

 

OD缶はたしかにCB缶より高いですが、『安心して使うためのコスト』だと考えてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

CD缶のガスをOD缶に詰め替えるのは、

  • ガス漏れする
  • 漏れたガスへの引火から火災や爆発が起きる
  • OD缶にガスを詰めすぎたために、着火した時にガスが噴き出して火柱になってしまう

といった事故が起きる可能性があります。

危険ですから、絶対にやらないでください。

 

実際に、

詰め替えるためにボンベを温めたら、破裂してガスが漏れた

という事故も起きています。

 

また、カセットガスボンベも、再充填して使うための安全性の確認や検査はしていません。

『カセットボンベのガスの詰め替えは危険性がある』ということで、法律でもガスボンベのメーカーでも禁止しています。

 

ですから、危険を冒して詰め替えをするのではなく、

  • CB缶のガスを使うなら、CB缶で使えるガス器具を使う
  • コストがかかってもOD缶を買う

といった方法を取ってください。

 

アウトドアを楽しむためには、安全であることが大切ですよね。

もちろん、キャンプや登山に行くための準備も、『安全第一』です。

存分に楽しむためにも、カセットガスボンベやカートリッジは、正しく使いましょう!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

-カセットコンロとカセットボンベ

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved