ガス器具 プロパンガスの違い

プロパンガス(LPガス)とカセットコンロ用ガスに成分の違いはある?

更新日:

『カセットコンロ』って、とても便利ですよね。

テーブルの上に置いて、なべ料理や焼き肉を楽しんだりもできますし、災害の時にも、とても役に立ちます。

そして、普段ガスコンロなどで使っている『LPガス』

しっかりした火力で使えますし、その都度ガスボンベをセットしなくても済んで、これもとても便利です。

 

ところで、LPガスもカセットコンロのガスも、大きさの違いこそあれ、

『ガスボンベに詰められている』

という点は同じですよね。

 

それに、家の外に置いてあるプロパンガスのボンベには『LPG』と書いてありますし、カセットボンベにも『LPG』と書いてあるものが多いです。

ということは…。

ガスの成分も同じなのでしょうか?

それとも違うのでしょうか?

 

そんな疑問から、今回は

プロパンガス(LPガス)とカセットコンロ用のガスに、成分の違いはあるのかどうか

について調べてみました。

表記のポイント

記事中では、

LPガスキッチンのガスコンロなどで使うプロパンガスのこと

プロパンガスの一種の名前

として表記しています。

スポンサーリンク

LPガスとカセットコンロ用ガスの成分の違いは?

カセットコンロで料理

カセットコンロで料理

LPガスとカセットコンロ用ガスの成分はどう違う?

LPガスも、カセットコンロ用のガスも、ガスの分類としては

『液化石油ガス(LPガス)』

です。

なので、同じ成分や似たような成分が含まれています。

ただし、成分の割合が違うのです。

たとえば、

ガス 成分
家庭のキッチンなどで使っているLPガス プロパン95%

ブタン他

"家庭などで使う"カセットコンロ用ガス ブタン70%

イソブタン30%

"冬山で使えるような"カセットコンロ用ガスやプレミアムガス イソブタン95%

プロパン5%

ガスの成分や割合は、メーカーや製品によって違います。

と、このような成分と割合になっているのです。

 

LPガスとカセットコンロ用ガスで使われている主な成分は

  • プロパン
  • ブタン
  • イソブタン

の3種類となっています。

 

LPガスは、プロパンとブタンが主成分

その中で、

プロパンは95%以上

を占めています。

そのため、家庭で使うガスを『プロパンガス』と呼ぶのです。

カセットコンロ用ガスの中でも成分が違うものがある

表にもあったように、同じ『カセットコンロ用ガス』でも、ガスの成分や割合が違うものがあります。

カセットコンロ用のガスの場合は、使用場面に合わせて

ブタンイソブタンプロパン

のどれが主成分になるかが変わるのです。

 

たとえば、家庭で使うカセットコンロ用ガスは、ブタンが主成分になっていることが多いです。

ブタンガスは、比較的コストも安く、日常的に使いやすいのがメリットです。

ただし、温度が低い場所や季節によっては、ガスの出が悪くなることもあります。

そのため、冬の屋外などでは使いにくいガスになってしまいます。

 

一方、イソブタンとプロパンが混ざっているガス

比較的低温に強いことから、冬山用などのカセットコンロ用ガスに使われていたりします。

気温が低い場所でも安定して使えるようになっていますが、コストはそれなりに上がります。

このようにガスは、使う場面や用途に合った性質のガスを、ちょうど良い割合に混ぜてあるのです。

 

LPガスやカセットコンロ用ガスの成分の特徴は?

では、家庭用のLPガスやカセットコンロ用ガスによく使われる

  • プロパン
  • ブタン
  • イソブタン

それぞれの特徴をみてみましょう。

表記のポイント

これから出てくる『沸点』『蒸気圧』という言葉は、

沸点:液化されたガスが気化する温度

蒸気圧:気化しやすさで、この数字が高いほど気化しやすい

という意味で、どちらもガスの気化に関わる数字です。

この記事で出てくる蒸気圧は、25℃の環境の場合の数値となっています。

プロパンの特徴

プロパンは、家庭などで使うLPガスの主成分です。

沸点は-42.1℃と、ブタン、イソブタンに比べて一番低いです。

蒸気圧は8.5kg/㎤で、これも他の2つに比べてダントツに高いです。

そのため、-40℃でも火をつけることができ、低温の環境でも安定した出力で燃え続けることができます。

ブタンの特徴

ブタンは、

『ノルマルブタン』『n-ブタン』

などとも呼ばれます。

これは、家庭などで使う、卓上カセットコンロなどの燃料によく使われています。

沸点は-0.5℃と、プロパン、イソブタンに比べて一番高い温度です。

また、蒸気圧は1.8kg/㎤

こちらも他の2つのガスに比べて、一番低いです。

つまり、

3種類のガスの中では一番気化しにくいガス

ということです。

そのため、冬など温度の低い環境では、火力が落ちてしまいやすい性質を持っています。

しかし、比較的コストが安く、日常的に使うには便利なガスでもあります

イソブタンの特徴

そしてイソブタンは、

冬でも使えるキャンプ用コンロのガスや、プレミアムガスの主成分

として使われています。

沸点は-11.7℃、蒸気圧は2.6kg/㎤。

-10℃の環境でも火をつけることができ、比較的安定した出力で燃え続けることができます

なぜ複数のガスを混ぜて使うのか?

LPガスも、カセットコンロ用のガスも、多くの場合、ガスを混ぜて使っています。

それはなぜかといえば、

ガスを1種類だけで使った場合の弱点を補うことができるからです。

 

たとえば、イソブタンガスは-10℃でも火をつけることができます。

しかし、冬山など、さらに寒いところで使う場合には、燃えにくくなってしまいます。

そこで、-40℃でも火が付くプロパンを混ぜて、より寒い場所でも火が付きやすいようにしているのです

 

「だったらプロパンだけでいいんじゃない?」

と思うかもしれませんね。

確かに、『寒くても火が付く』ことを考えれば、プロパンだけで良いでしょう。

しかし、プロパンだけだと、今度はガスの圧力が強くなってしまいます

圧力の強いガスを持ち歩くには、『頑丈で重いボンベ』にしなければなりません。

そうすると今度は、持ち歩くのに不便になりますよね。

とくに、登山などに持って行くなら、荷物はできるだけ軽いほうがよいでしょう。

だから、イソブタンをメインにして、プロパンをちょっと混ぜているのです。

 

また、家庭で使うカセットコンロ用のガスは、ブタンが主成分のものが多いです。

ブタンは沸点が-0.5℃ですが、『氷点下の室内で鍋をやる』なんてことは、まずないですよね。

だから、ある程度の気温がある場所で使うことを前提に、コストを抑えられるブタンガスを中心にしているのです。

 

このように、3種のガスの混ぜ具合は、

  • ガスとしての性能や使いやすさ
  • ボンベの重さなど、携帯しやすさなども含めた使いやすさ
  • コストとしての使いやすさ

などに関わってくるのです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

家庭で使うLPガスに、カセットコンロ用ガス。

同じ『ガス』で、同じようにボンベに入っていても、使い道や使う場面によって、成分が違っています。

成分を組み合わせたり、割合を替えたりすることで、より使いやすくしているのです

そういった工夫によって、寒い雪山でも使えるガスも作り出されました。

でも、もしかしたらそのうち、

『場所も気温も問わずにどこでも使えて、コスパも良くて、安定した火力が出て、オールマイティーに使えるガス』

なんて、すごいガスがいずれ開発されるかもしれません。

そうしたら、このような面倒な配分を考える必要もなくて助かりますよね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス器具, プロパンガスの違い

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.