プロパンガスの節約

【ガス代節約】窓に断熱カーテンを設置する断熱効果を解説【省エネ】

断熱カーテン

スポンサーリンク

ガスのヒーターや床暖房って、寒い季節をとても快適に過ごせることがメリットですよね。

 

ただ、やはり気になるのが『ガス代』です。

冬に暖房を使わないわけにはいきませんが、ガス代はできるだけ抑えたいですよね。

 

暖房にかかるガス代を節約するためには、『部屋の熱を逃がさない』ことが大切。

 

そして、部屋の熱を逃がさないためにぜひおすすめしたいのが、

『断熱カーテン』です!

 

断熱カーテンで部屋の温度を保てれば、省エネにもなりますよね。

 

ということで、この記事では

  • 断熱カーテンにはどのくらい効果があるのか
  • 断熱カーテンの効果的な使い方

について解説します。

 

実は、断熱カーテンが役に立つのは、冬だけではありません。

暖房の省エネ以外の効果についても書いているので、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

窓に断熱カーテンを設置すると、どんな効果があるの?

『断熱カーテン』とは?

まず、『断熱カーテン』とは、どんなものか紹介しましょう。

 

断熱カーテンは、

  • 冬に窓から冷気が入って来るのを防ぐ
  • 夏に窓から熱気が入って来るのを防ぐ

という機能のあるカーテンです。

 

普通のカーテンと、なにがどう違うかというと、

  • 生地が特殊な織り方で作られていて、糸の密度が高かったり、目が詰まっていたりする
  • カーテンに裏地が付いていて、表地と裏地の間に空気の層を作る構造になっている
  • 裏面にアルミや酸化チタンなどでコーティングをして断熱効果を高めている
  • 裏地の縫い付け方を工夫している

といった製法で、熱気や冷気の遮断に特化した構造になっているのです。

 

中には、表面を特殊な二重織りにして、裏にコーティングをするなど、断熱構造を組み合わせている製品もあるんですよ。

 

窓に断熱カーテンを設置する効果とは?

窓に断熱カーテンを設置すると、

  • 窓から冷気や熱気が入って来るのを防ぐ
  • 冬には、窓のところで部屋の暖気が冷えるのを防ぎ、室内の温かい気温をキープする
  • 夏には、窓のところで部屋の冷気が温まるのを防ぎ、室内の涼しい気温をキープする

という効果があります。

 

『窓』は、部屋の空気の温度を変えてしまう場所です。

  • 夏に部屋の外から入って来る熱気のうち、約71%が窓から入って来る
  • 冬に室内の外に出て行ってしまう暖気のうち、約60%弱が窓から出て行ってしまう

とも言われているのです。

 

つまり、『窓にどういう断熱対策をするか』で、冷暖房の効果が大きく左右されるわけです。

 

そして、断熱対策に効果的なアイテムが、断熱カーテンなんです。

なぜ断熱カーテンが冷暖房に効果的なのか

断熱カーテンを設置すると、窓と室内の空気の間に

  • 布地
  • 布の間に含まれる空気
  • 布地と窓の間にある空気

という層ができます。

この層を作ることによって、熱気や冷気を防ぐことができ、冷暖房の効果を上げることができるのです。

 

メモ

断熱カーテンには、断熱効果だけではありません。

  • 窓と部屋の空気を遮ることで、窓で冷えた空気と温かい室内の空気が直接触れるのを防ぎ、結露を抑える
  • 空気の層を作ることで、ある程度の防音対策もできる

という効果もあります。

 

ただし、断熱カーテンの防音効果は、防音カーテンほどではありません。

おまけ程度の効果と考えておいてください。

 

断熱カーテンありとなしではどのくらい差がある?

寒い部屋じゃ、ヒーターから離れられない…

寒い部屋じゃ、ヒーターから離れられない…

断熱カーテンを掛けた場合と掛けない場合では、具体的にはどのくらいの差があるのでしょうか?

 

一例として、『くれないWeb 本店』のサイトに載っている2つの実験結果を見てみましょう。

 

なお、実際にどのくらいの断熱効果があるかは、製品や構造、部屋の環境によっても違います。

ここで引用した実験は、参考として捉えてくださいね。

 

冷気を遮る効果を調べる実験

くれないWebでは、『断熱カーテンが部屋に入ってくる冷気をどのくらい防げるか』という実験をしています。

 

この実験では、くれないWebで販売している断熱カーテンの生地と同じ『ダブルS縫製』の製品を使って

  1. 部屋を模した装置に窓を設置し、窓に接する形で冷気室を設置する
  2. 窓の部分に『ダブルS縫製』の製品を掛けた場合と掛けない場合の温度差を比べる

という方法で実験をしました。

 

その結果、

窓に布を設置しなかった場合

⇒装置の中は25℃から12.9℃下がり、12.1℃になった

窓にダブルS縫製した布を設置した場合

⇒装置の中は25℃から6.8℃下がり、18.2℃になった

引用 遮光カーテン裏地使用のダブルS縫製(二重カーテン) 

という結果でした。

 

つまり、

ダブルS縫製した布を設置すると、設置しない場合しないより6.1℃温度を保てた

ということです。

 

冬場の6.1℃は、なかなか大きいですね。

 

熱気を遮る効果を調べる実験

熱気を遮る効果を調べた実験の結果も、見てみましょう。

 

この実験は、

  1. 室内を模した装置に窓を付け、その窓から室内を赤外線ランプで60分照射する
  2. 窓の部分に『ダブルS縫製』の製品を掛けた場合と掛けない場合の温度差を比べる

という方法で行われました。

 

結果は、

布を設置しなかった場合

⇒装置の中は25℃から24.4℃上昇し、49.4℃になった

ダブルS縫製した布を設置した場合

⇒装置の中は25℃から10.8℃上昇し、35.8℃になった

引用 遮光カーテン裏地使用のダブルS縫製(二重カーテン)

という結果で、ダブルS縫製の布を掛けなかった場合と掛けた場合では、13.6℃の差がでたのです。

 

こんなに差が出るんですね。

 

先にも書いたように、ここで挙げた実験は一例です。

でも、保てる温度は多少違っても、断熱カーテンがあるのとないのとでは、

冷気や熱気を防ぐ力に大きな差があります。

 

となればやはり、断熱カーテンを使わない手はありませんね!

 

『断熱カーテン』と『遮熱カーテン』の違いとは

ガスオ
『断熱カーテン』と似たような製品に『遮熱カーテン』っていうのがあるけど、どう違うの?

 

断熱カーテンと遮熱カーテンの違いは、簡単に言うと

断熱カーテン

⇒『空気の層を作る』という方法で、窓際の空気と室内の空気を遮断する

遮熱カーテン

⇒『熱を反射させる』という方法で、外の熱が室内に入らないようにする

ということです。

 

ガスオ
じゃあ、遮熱カーテンは夏向け?

いえいえ、夏だけではなく、冬にも使えます。

 

遮熱カーテンも

  • 厚みのある生地を使う
  • 目が詰まるように織った生地を使う
  • 裏にコーティングなどの特殊加工をする

などの方法で作られていて、熱気や冷気が通りにくいカーテンです。

また、窓と室内の間に空気の層を作ることもできます。

 

ですから、

断熱カーテンと遮熱カーテンは、効果の面ではあまり変わりはない

と考えてOKです。

 

断熱カーテンのデメリットは?

断熱カーテンは、冷暖房には効果的ですが、デメリットもあります。

 

それは

生地の密度が高かったり生地の裏に加工してあったりするので、カーテンを閉めると部屋が暗くなる

ということです。

 

ガスオ
冷暖房の効果は上げたいけど、部屋が暗くなるのはいやだなぁ…。

そうですよね。

 

部屋が暗くならないほうが良い場合は、

  • 『非遮光断熱カーテン』を使う
  • レースカーテンを断熱性のあるものにして、日中はレースカーテンだけを閉めておく

という方法があります。

 

『非遮光断熱カーテン』とは、文字通り、外からの光を遮りすぎないカーテンです。

ネットショップでも、扱っています。

また、レースカーテンの中にも断熱性のある製品があります。

 

生地が薄いので、断熱性はドレープカーテンには及ばないですが、一般的なレースカーテンよりは断熱効果があります。

 

ですから、日中は断熱のレースカーテンだけにしておくのも良いですよ。

 

より効果的に断熱カーテンを使うには

断熱カーテンの力を生かしたい!

断熱カーテンの力を生かしたい!

ここからは、効果的な断熱カーテンの使い方について解説します。

 

断熱カーテンの選び方

まず、断熱カーテンの選び方です。

 

断熱カーテンは

  • サイズ
  • ドレープの数

を考えて選ぶことがおすすめです。

 

なお、楽天やAmazonなどで断熱カーテンを探すと、『遮光カーテン』がヒットすることが多いです。

遮光カーテンも気密性が高いので、断熱効果があるのです。

 

ただ、遮光効果より断熱効果をメインに考えて選ぶなら、

  • 商品名や説明に『断熱』と書いてある製品
  • 断熱効果に言及した説明書きがある製品

を選ぶと良いですよ。

 

サイズは大きめのカーテンを!

断熱カーテンを設置するなら、

窓のサイズより大きめの製品を選びましょう。

窓ギリギリのサイズだと、ちょっとしたことで隙間ができてしまい、十分な断熱効果が得られません。

 

また、冷気は下に降りてくるので、長めのカーテンを選ぶのがおすすめです。

床まで届く長いカーテンを使うのも良いですよ。

床まで届くカーテンなら、床に降りて来た冷気も防ぐことができます。

 

ドレープの数が多いほうが効果あり

ドレープ(ひだ)の数は、多いほうが断熱効果があります。

空気の層をより多く作ることができるからです。

 

ですから、なるべくドレープが多いカーテンを選ぶのがおすすめです。

 

断熱効果をどう判断するか

先にも書いたように、断熱効果は素材や生地の織り方、裏地や加工の有無で違います。

 

ですから、『どの素材が一番断熱力があるか』ということは、一概には言えません。

 

断熱効果を確認して買いたい人は、

商品の説明書きに、どのくらいの断熱効果があるかが具体的に書いてある製品

を選ぶと良いでしょう。

 

最大限省エネしたい!断熱カーテンの効果的な使い方

せっかく断熱カーテンを使うなら、効果的に使いたいですよね。

そのためには、

  • レースのカーテンと併用する
  • 窓に断熱フィルムを張る
  • カーテンレールカバーを付ける
  • 家を新築したりリフォームしたりするなら、窓を複層ガラスや二重窓にする

という方法があります。

 

ぜひ併用したい『レースカーテン』

断熱カーテンを使うなら、

断熱カーテンと窓の間に、レースのカーテンを使うのがおすすめです。

レースとはいえ、空気の層をより厚くできるからです。

 

普通のレースカーテンでも、ある程度効果はありますが、

断熱レースカーテンを使うと、より保温効果がアップしますよ!

 

窓に断熱フィルムを貼る

窓に断熱フィルムを貼るのも、保温効果アップには効果的です。

 

断熱フィルムはホームセンターでも売っていますし、自分で貼れる製品も多いですから、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

ただし、断熱フィルムは

  • 複層ガラス
  • 網入りガラス
  • すりガラス
  • 凹凸のあるガラス

などには貼れない製品が多いです。

(すりガラスや凹凸のあるガラスには、対応した断熱フィルムもあります。)

 

貼りたい断熱フィルムが窓ガラスの種類に対応しているかどうか、確認してから買ってくださいね。

 

レールカバーの設置もおすすめ!

断熱カーテンを設置しても、どうしても隙間ができてしまうのが、カーテンレールの部分です。

 

そんな時は、

カーテンレールのカバーを付けると、隙間をふさぐことができて断熱効果もアップします。

 

といっても、工事などをする必要はありません。

後から自分で設置できるレールカバーもあるので、探してみてくださいね。

複層ガラスや二重窓ならさらに断熱力アップ!

もし、これから家を建てたり、窓のリフォームをする機会があったりするなら、

複層ガラスや二重窓にすると、部屋の保温効果が、かなり高くなります。

 

筆者も二重窓の家に住んだことがありますが、冬は日差しで温まった部屋の空気が逃げないので、暖房も少なくて済んでいました。

 

二重窓や複層ガラスに断熱カーテンを併せて使えば、かなりの効果が期待できそうですね。

 

番外編 DIYで窓に断熱対策

簡単にできる、窓の断熱対策もあります。

 

それは、

厚手の発泡スチロールなど、断熱性の高い板を窓枠のところにはめ込む

という方法です。

 

発泡スチロールの板は、ホームセンターなどで買えます。

買ったときにお店で窓のサイズに切ってもらえば、あとは、はめ込むだけです。

ただし、この方法には

  • 板を窓にはめっぱなしだと、外が見えないし日光も入らないし、換気もできない
  • 日中は板を外すとなると置いておく場所が必要だし、外している間は断熱効果はない
  • カーテンで抑えられる程度の大きさと重さの板でないと、発泡スチロール板が倒れてくる可能性がある
  • はめたり外したりするのが少し面倒
  • 掃き出し窓などの大きな窓には設置できない

といった欠点があります。

 

筆者も実際にやったことがありますが、毎朝晩の付け外しが面倒で、1シーズンで終わってしまいました。

だとしても、日没後の断熱対策としては、ある程度の効果がありましたよ。

 

断熱カーテンを使うときの注意

断熱カーテンを使うときの注意点は、

  • 窓の端に隙間ができないように、カーテンでしっかり窓を覆う
  • カーテンを閉める時は、左右のカーテンが重なる部分に隙間ができていないように閉める

ということです。

カーテンに隙間があると、そこから冷気や熱気が入ってきてしまうからです。

 

カーテンは、『ちょっと丁寧に閉める』ことを心がけてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

断熱カーテンは、空気の層を作ることで、

  • 寒いときは、窓で冷えた空気で部屋の気温が下がるのを防ぐ
  • 暑いときは、窓の外の熱気で部屋の空気が温まるのを防ぐ

という機能があるカーテンです。

 

断熱カーテンを使えば、冬の暖房に使うガス代のみならず、夏の冷房に使う電気代も節約できますよ!

 

断熱カーテンを設置するときは、窓をしっかり覆えるサイズのカーテンを選ぶことが大切です。

 

さらに、

  • レースのカーテンと併用する(断熱レースカーテンならさらに効果的)
  • 窓に断熱フィルムを貼る
  • カーテンレールにカバーを設置する
  • カーテンを閉める時は、隙間ができないように閉める

といった使い方をすると、冷暖房の効率を、より上げることができます。

 

断熱カーテンは、一度設置してしまえば、面倒なこともなく冷暖房費を節約できます。

いち早く取り入れてみてください。

 

関連記事:ガスファンヒーターで効率よく部屋を暖める置き場所を解説【使い方】

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-プロパンガスの節約