プロパンガスの節約

お風呂の浴槽の容量は何リットル?水道代とガス代を計算してみた!

浴槽の容量や水道代、ガス代を計算する方法は?

スポンサーリンク

疲れを癒すのにも、体を清潔に保つためにも大切なのが『お風呂』。

温かいお湯にゆったり浸かると、本当に気持ち良いですよね。

 

一方で、

水道代とガス代が一番かかるのが、お風呂関連

という現実もあります。

 

水道代やガス代の節約を考えるなら、

家のお風呂にどのくらいの水道代・ガス代がかかっているか

を知っておくと、節約の作戦がより具体的に立てやすくなります。

 

水道代・ガス代を知るためには、浴槽の容量も関わってきますよね。

 

そこでこの記事では

  • お風呂の浴槽容量は何リットルか
  • 浴槽のお湯にかかる水道代・ガス代

を計算する方法を紹介していきます。

実際の計算例を使って説明するので、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

お風呂の浴槽って何リットルの水が入る?

浴槽の容量の計算方法

浴槽の容量は、取扱説明書で調べるのが確実ですが、なくしてしまうこともありますよね。

でも、だいたいの容量は、自分で簡単に計算できます。

 

浴槽の内寸を測って

縦(cm) × 横(cm) × 高さ(cm) ÷ 1000

です。

 

1000で割るのは、立方センチメートルを立方メートルに換算するためです。

 

なお、浴槽の内側には段差や丸みがあったりして、きっちりした直方体ではないことも多いです。

今回は概算として曲線や段差は省いていますが、細かく計算できる人はトライしてみてください。

 

一般的な浴槽の容量

一般的な浴槽の容量はどのくらいかというと、

一般家庭の浴槽

⇒約200~280リットル

一人暮らしのアパートなどの、小さめの浴槽

⇒約165~200リットル

くらいです。

 

ただし、『浴槽の容量』は、『満水の状態でのリットル数』です。

満水にしてお風呂に入らないなら、実際に浴槽に入れるお湯の量はもっと少なくなります。

 

浴槽に使う水道代とガス代はいくら?

浴槽のお湯にはいくらかかっているの?

浴槽のお湯にはいくらかかっているの?

では、水道代とガス代を計算する方法を紹介しましょう。

電卓があれば簡単に計算できるので、ぜひ実際に計算してみてくださいね。

 

なお、この先の計算でも、浴槽の段差や丸みなどの細かいことは割愛して計算しています。

ここで紹介した計算例は、『概算』として捉えてくださいね。

 

浴槽にお湯を張るときの水道代は?

まず、浴槽のお湯にかかる水道代を計算します。

 

浴槽にお湯を張るのにかかる水道代の計算方法

浴槽にお湯を入れた時の水道代の計算式は

縦(cm)× 横(cm)× (深さ(cm)× 深さの何割まで水を入れるか) ÷ 1000 × (1立方メートル当たりの水道代 ÷ 1000)

です。

 

メモ

『深さの何割まで水を入れるか』の数字は、浴槽の深さの9割まで入れるなら数字は『0.9』、6割までなら『0.6』になります。

1立方メートル当たりの水道代を1000で割るのは、1立方メートルを1リットルに換算するためです。

 

浴槽の水道代の計算例

では、実際に計算してみましょう。

 

浴槽のサイズ

⇒縦124.5cm、横67.8、深さ50㎝

お湯を入れる深さ

⇒浴槽の深さの7割

水道代(従量料金)

⇒1立方メートルあたり126円

とすると、

124.5cm × 67.8cm ×(50cm×0.7)÷ 1000 ×(126円 ÷ 1000)= 37円

 

ということで、浴槽に1回お湯を入れる時の水道代は、37円です。

 

お風呂を沸かすのにガス代はいくらかかる?

次はガス代です。

先ほど水道代を計算したのと同じ浴槽を使うとして、

 

浴槽のサイズ

⇒縦141cm、横68㎝、深さ48㎝

お湯を入れる深さ

⇒浴槽の深さの7分目

水道水の温度

⇒17℃

お風呂の湯温

⇒40℃

という条件で計算してみましょう。

 

お風呂を沸かすのにかかるガス代の計算方法

お風呂を沸かすのにかかるガス代を計算するには、

お風呂に入れる水の量 ×(設定温度 - 水道水の温度)÷ ガスの熱量 × ガスの従量単価

という式を使います。

 

ガス代を計算!

では、ガス代を計算してみましょう。

せっかくですから、プロパンガスと都市ガス両方で計算します。

 

お風呂のお湯の量

⇒124.5cm × 67.8cm ×(50cm×0.7)÷ 1000 = 295.4(リットル)

水道水の温度と設定温度の差

⇒設定温度40℃ - 水温17度 = 23℃

ガスの熱量

⇒プロパンガス24,000Kcal / 都市ガス11,000Kcal

ガスの従量単価

⇒プロパンガス300円 / 都市ガス142円

とすると、

プロパンガスの場合

⇒295.4リットル × 23℃ ÷ 24,000Kcal × 300円 = 84円

都市ガスの場合

⇒295.4リットル × 23℃ ÷ 11,000Kcal × 142円 = 87.7円

となりました。

 

なお、これはあくまでも『浴槽に新しいお湯を入れて沸かす場合』の概算です。

前日の残り湯を追い炊きして使う場合は、追い炊きを始めるときの水温が水道水より高い場合もあります。

 

また、実際のガス代は、

  • 給湯器の熱効率
  • お湯の冷めやすさ

など、細かい条件でも変わります。

 

ガス代を月ごとに計算してみると

お風呂を沸かすのにかかるガス代は、

  • 水道水の温度
  • ガスの従量単価

によっても変わりますよね。

 

そこで、季節による水温の変化も加味して、月でのガス代の違いを比べてみましょう。

 

水温

⇒東京都の令和2年度の、月平均水温

従量単価

⇒プロパンガスは300円、400円、500円 / 都市ガスは142円

という条件を加えて、お風呂を1回沸かすのにかかるガス代を計算してみました。

 

結果はこうなりました。

水温

(℃)

設定温度

(℃)

プロパンガス都市ガス
従量単価

300円

従量単価

400円

従量単価

500円

従量単価

142円

4月13.541.0101.5円135.4円169.2円104.9円
5月17.140.084.6円112.7円140.9円87.3円
6月20.840.070.9円94.5円118.2円73.2円
7月22.739.060.2円80.3円100.3円62.2円
8月26.938.041.0円54.6円68.3円42.3円
9月24.439.053.9円71.9円89.9円55.7円
10月18.440.079.8円106.3円132.9円82.4円
11月15.141.095.6円127.5円159.4円98.8円
12月11.442.0113.0円150.7円188.3円116.7円
1月8.442.0124.1円165.4円206.8円128.1円
2月9.542.0120円160円200円123.9円
3月12.542.0108.9円145.2円181.5円112.5円
年平均16.740.587.8円117.1円146.3円90.7円

参考 東京都水道局『水道水の水温 (令和2年度データに更新)』

 

シャワーにかかる水道代とガス代

実際にお風呂に入る時には、シャワーも使いますよね

 

シャワーにいくらくらいのガス代がかかるかというと、

1回のお風呂で使うシャワーの時間

⇒15分(水量約180リットル)

水道水の温度

⇒16.7℃

シャワーの温度

⇒40℃

水道料金

⇒1立方メートル当たり126円

として計算すると、

 

水道代は、

180リットル × 126円 ÷ 1000 = 22.7円

 

ガス代は、こうなります。

プロパンガス(円)都市ガス(円)
従量単価

300円

従量単価

400円

従量単価

500円

従量単価

142円

52.4円69.9円87.4円54.1円

 

お風呂1回にかかる水道代とガス代をまとめると

ここまでの計算から、お風呂1回あたりの水道代・ガス代をまとめると

プロパンガス(円)都市ガス(円)
従量単価従量単価従量単価従量単価
300円400円500円142円
浴槽のお湯の水道代37.037.037.037.0
浴槽のお湯のガス代87.8117.1146.390.7
シャワーの水道代22.722.722.722.7
シャワーのガス代52.469.987.454.1
合計199.9246.7293.4204.5

ということになります。

 

ガスオ
うわあ、けっこうかかるね。

そうですね。

 

でも、水道代やガス代を節約する方法はあります!

次に、節約方法を見ていきましょう。

 

お風呂にかかるガス代と水道代を節約する方法

お風呂の水光熱費を節約したい!

お風呂の水光熱費を節約したい!

浴槽の水道代を節約するには

浴槽の水道代を節約する方法としては

  • お湯の量を、無理のない範囲で少なめにする
  • お湯を毎日替えるのではなく、1~2日おきに替える

という方法があります。

 

ただし、

  • 家族の人数が多くてすぐにお湯が汚れる
  • 小さい子がいるので、安全のため、浴槽に水を溜めたくない
  • お風呂のお湯を毎日替えないと、不衛生な感じして気になる

といった場合は、無理せずに毎日替えてくださいね。

 

節約も大切ですが、安心して気持ちよくお風呂に入れることも、大切です。

 

なお、おふろの残り湯を洗濯や掃除、庭の水まきなどに使うと、家で使う水全体を節約できます。

 

シャワーにかかる水道代の節約法

シャワーの水道代を減らすには、シャワーで使う水の量や時間の長さを減らす必要があります。

 

そのためには、

  • 節水型のシャワーヘッドを使う
  • ボディーシャンプーや石けんは、まず浴槽のお湯でざっと流してからシャワーで流す
  • 髪を洗ったら浴槽のお湯を使ってざっと流し、絞ってからシャワーですすぐ
  • シャワーをこまめに止める
  • 髪や体を洗うのは1日おきくらいにする

といった方法があります。

 

ちなみに髪や体を洗う頻度は、『毎日洗ったほうが良い』という説と、『毎日だと洗い過ぎになって逆に良くない』という説、両方があります。

髪質や肌質、衛生感覚にもよりますから、自分にとってちょうど良い頻度で洗ってくださいね。

お風呂のガス代を節約する方法

浴槽のお湯やシャワーにかかるガス代を節約するには、

  • シャワーや浴槽に使う水の量を減らす
  • 無理のない範囲で、設定温度を下げる
  • 保温シートやふたを使う、浴室に寒さ対策をするなどして、お湯の温度を保ちやすくする
  • お風呂が湧いたら家族が立て続けにお風呂に入る
  • 冬は浴室に寒さ対策をする

といった方法があります。

 

お湯の使用量が減ると、その分だけガスの使用量も減ります。

 

また、浴槽やシャワーの温度が低ければ、その分だけ必要なガスも少なくて済みます。

ただし、温度設定での節約はあくまでも『体がちゃんと温まる範囲』にしましょう。

 

そして、浴槽のお湯の温度を保ち、追い炊きの頻度や時間を減らすこともガス節約になります。

冬の浴室は特に冷えやすいですから、寒さ対策も忘れずにしてくださいね。

 

関連記事:プロパンガスでガス料金を節約するお風呂やシャワーの入り方を紹介

関連記事:お風呂の寒さ対策!浴室の窓を断熱するおすすめの方法を解説!

 

ガス代をもっと節約したいなら

プロパンガスは、従量単価が500円以上のこともザラにありますよね。

 

『プロパンガスが高いのは仕方ないし、自力ではこれ以上節約できないな…』と思ったときは、

『ガス会社変更サービス』に相談してみてください!

 

ガス会社変更サービスに相談すると、良心的な価格とサービスのガス会社を紹介してもらえる可能性があります。

今より料金の安いガス会社に乗り換えれば、ガス代の根本的な節約ができますよ。

 

また、ガス会社変更サービスを利用してガス会社を乗り換えると、

  • 自分でガス会社探しをしなくて良い
  • 新しいガス会社への連絡を代行してもらえる
  • 万が一ガス会社が不当な値上げをした場合、元に戻すように連絡してくれる(『料金保証』がある場合)

といったメリットもあります。

 

実際どのくらい安くなるかは、ケースバイケースです。

でも、相談してみる価値はありますよ!

 

関連記事:【2021最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

関連記事:ガス屋の窓口でプロパンガス会社を変更してみた【料金節約レビュー】

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

まとめ

浴槽の容量や浴槽のお湯にかかる水道代、ガス代は

浴槽の容量(リットル)

⇒浴槽の内寸(cm)を測り、横幅 × 長さ × 深さ ÷ 1000

水道代

⇒浴槽の容量 × 浴槽の深さの何割までお湯を入れるか × 1立方メートルあたりの水道代 ÷ 1000

ガス代

⇒浴槽に入れる水の量 ×(設定温度 - 水道水の温度)÷ ガスの熱量 × ガスの従量単価

という式で計算できます。

 

この計算は細かい要素を省いた概算なので、だいたいの目安として参考にしてくださいね。

 

1年分を計算するとびっくりするような額になりそうですが、

  • 浴槽のお湯やシャワーの設定温度を少し下げる
  • 浴槽のお湯の量を少し減らす
  • 浴槽の温度をなるべく保てるようなお風呂の入り方をする
  • シャワーを使う時間を短くする

といった工夫で、節約することができます。

 

そして、ガス代の節約に一番効果的なのが『安いガス会社に乗り換える』という方法です。

ガス会社変更サービスを利用すれば簡単に乗り換えられるので、ぜひ検討してくださいね!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-プロパンガスの節約