重曹

重曹の食用と掃除用の違いを解説!飲むことの健康デメリットを調査

食用と掃除用の重曹の違い

スポンサーリンク

料理に掃除にと、日々の暮らしの中で活躍してくれる『重曹』。

 

重曹には、

  • 食用
  • 掃除用
  • 医療用

の3種類があります。

 

この中で私たちがよく使う『食用』と『掃除用』の重曹には、どんな違いがあるのでしょうか?

きちんと使い分けるために、チェックしておきましょう。

 

ガスオ
食用の重曹って、水に入れて飲めるんでしょう? でも、飲んでもデメリットはないの?

そうですね、デメリットも確認しておきたいですよね。

 

ということで、この記事では

  • 食用重曹と掃除用重曹の違い
  • 重曹を飲むことでどんなデメリットが発生しうるのか

について解説します。

ぜひ読んで、重曹と上手にお付き合いしてくださいね!

スポンサーリンク

食用の重曹と掃除用の重曹、何が違う?

食用の重曹と掃除用の重曹は、一見すると同じようで、実はいろいろな違いがあります。

さっそく見ていきましょう。

 

適用になる法律や安全基準の違い

食用の重曹と掃除用の重曹では、

適用になる法律や安全基準が違います。

 

食用の重曹は、法的には『食品添加物』に入り、食品衛生法が適用されます。

そのため、食品衛生法の衛生基準や安全基準に基づいて製造・管理・販売されています。

 

一方、掃除用の重曹は、食品衛生法は適用されません。

なので、食品としての管理はしませんし、衛生管理や安全性の基準なども、食用ほど厳しくないのです。

 

純度の違い

食用の重曹は、掃除用の重曹よりも純度が高いです。

 

製品によっても多少違いがありますが、だいたい

食用

⇒98~99%

掃除用

⇒95~98%

です。

 

また、掃除用の重曹には、汚れ落とし効果を高めるための成分が添加されることもあります。

もちろん食用の重曹には、余分な成分は添加されません。

 

メモ

ちなみに、医薬品の重曹は純度100%です。

 

価格の違い

一般的には、食用の重曹のほうが、掃除用の重曹よりも価格が高いです。

 

なぜかというと、食用の重曹は

  • 純度を高める必要がある
  • 食品衛生法に従って製造や管理、販売をしなくてはいけない

といったことから、掃除用の重曹よりも製造して売るまでにコストがかかるからです。

 

ただ、実際にどのくらいの価格差があるかは、製品や販売店の価格設定にもよります。

 

Amazonで調べたところ、

食用(healthy company『重曹』)

⇒950gで598円、100gあたり62.9円

掃除用(ミヨシ『暮らしの重曹』)

⇒600gで525円、100gあたり87.5円

(2021年10月2日現在の価格)

という風に、掃除用のほうが高くなることもあります。

 

使い方の違い

使い方の違いについては、掃除用の重曹から見ていきましょう。

 

掃除用の重曹は、

酸性の汚れを中和して落とす

⇒油汚れは酸性のため、重曹で中和して汚れ落ちを良くすることができる

焦げを落とす

⇒焦げた鍋に水と重曹を入れて沸騰させることで、焦げを落とせる

クレンザー代わりに

⇒重曹は結晶が柔らかいので傷も付きにくいし、かつ研磨作用がある

におい消しとして

⇒生ごみや汗など酸性の臭いに使うと、酸を中和して臭いを弱めることができる

除湿剤として

⇒吸湿作用を利用する

洗濯をする時の補助剤として

⇒洗剤の泡立ちを良くしたり、柔軟剤替わりに使ったりできる

といった使い方があります。

 

食用の重曹は、

膨張剤として

⇒饅頭やどら焼きなどの生地などに入れて膨らませる

飲み物の発泡剤として

⇒炭酸水を作る

アク抜き剤として

⇒たけのこやわらびなどのアク抜き

食材を柔らかくする

⇒豆を柔らかく煮るために入れたり、肉を柔らかくするためにまぶしたりする

食材の彩りを良くする

⇒緑色の野菜を茹でるときに加えて、きれいな緑色を保つ

においやヌメリ取り

⇒魚の切り身を重曹水で洗ったり、切り身に重曹を振りかけたりすると、臭みやにおいが取れる

といった使い方に加えて、

『掃除用の重曹』として使うこともできます。

 

食用の重曹のほうがカバーできる範囲が広いのです。

 

ガスオ
逆に、掃除用の重曹を食用に使うっていうのはできないの?

掃除用の重曹を食品に使うのは、やめてたほうが良いです。

やはり食品に使うものには、食品に使っても安全なだけの品質が必要ですからね。

 

食用の重曹と掃除用の重曹の見分け方

食品用か掃除用かはどこで確認するの?

食品用か掃除用かはどこで確認するの?

食用の重曹と掃除用の重曹をどこで見分けるかというと、

食用

⇒パッケージに『食品添加物』と書いてある

掃除用

⇒パッケージのどこにも『食品添加物』という記載がない

 

『食品添加物』という記載は、多くの場合、品名や原材料を書いてある場所の近くにあります。

 

市販の重曹の中には、パッケージに

  • 『使い方』として掃除用の使い方が主に書かれていて、『食用としても使える』と書いてある
  • 『食品グレード』『食品添加物規格』などと書いてある

ということもあります。

 

でも、食用に使える重曹なら、どこかに必ず『食品添加物』と書いてあるはずです。

 

なので、『食品添加物と書いてあるかどうか』で、食用か掃除用かを判断してくださいね。

 

メモ

『食品グレード』『食品添加物規格』という言葉の定義は、はっきりわかりません。

なのでもし、『食品グレードと書いてあるのに、どこにも食品添加物と書いていない』という重曹があったら、掃除用と考えておいたほうが無難でしょう。

 

『医薬品の重曹』は食用や掃除用とどう違う?

最初に書いたように、『医薬品の重曹』というのもあります。

医薬品の重曹についても、簡単に紹介しておきましょう。

 

使い道の違い

医薬品の重曹の使い方は、主に

  • 胃酸過多
  • 胃の不快感
  • 胃もたれ

など、胃の不調を改善する薬として使われる他、手作りの入浴剤に使う人もいます。

 

また、『医療用医薬品』として、病院での治療に使われている重曹もあります。

 

基準や適用される法律の違い

医薬品の重曹や医療用医薬品の重曹に適用される法律は、『医療品医療機器等法(薬機法)』です。

 

製造や販売も、『医療品医療機器等法』に基づいていて

  • 薬品製造の許可を得た業者が製造をする
  • 薬品製造の認可を受けた施設で製造する
  • 販売する業者も、薬品の販売の認可を受けている

など、厳しい基準を守って製造販売されています。

 

そのため、価格も食品用重曹よりさらに高くなっています。

 

医薬品・医療用医薬品の重曹を使うときの注意

重曹と言えど、医薬品や医療用医薬品に分類されたら、れっきとした『薬』です。

 

  • 用法・用量を守って使う
  • 市販の医薬品重曹であっても、他の薬を飲んでいる人や病院で治療を受けている人は、医師や薬剤師に相談してから使う
  • 医療用医薬品の重曹は、医師が診断をしたうえで処方するものなので、自己判断で服用しない

ということを守ってください。

 

また、食用や掃除用の重曹を薬代わりにするのは、絶対にやめましょう。

 

ガスオ
医薬品の重曹を、食用や掃除用にするのは?

医薬品の重曹も、成分そのものは食用や掃除用と大きな差はありませんが、あくまでも薬は薬なので、やめておきましょう。

それに、食用や掃除用に医薬品の重曹を使うのは、コスパが悪すぎてもったいないです。

 

『重曹を飲むと健康へのデメリットもある』って本当?

重曹を飲むデメリットは?

重曹を飲むデメリットは?

『重曹を水に入れて飲むと、ダイエット効果や健康効果がある』という話もありますよね。

 

一方で、重曹も飲み方によってはデメリットがあります。

 

ここからは、『重曹水を飲むデメリット』について解説します。

 

なお、ここで取り上げるのは『日常的に重曹水を飲む』ということについてです。

料理に使ったり、たまに重曹で炭酸水を作って楽しんだりするくらいなら、デメリットの心配はまずいりません。

 

重曹を飲むデメリットとは

重曹水を飲むデメリットは、まず

  • 発泡で腸が刺激されて、お腹がゆるくなる場合がある
  • お腹にガスが溜まることがある

ということが挙げられます。

 

また、重曹水を飲みすぎると

  • 高血圧
  • むくみ
  • 頭痛
  • 喉の渇き
  • 味がよくわからなくなる

といった症状が出るリスクがあります。

 

さらに、日常的に重曹を摂りすぎていると、

  • 高血圧や動脈硬化、不整脈など循環器系の病気
  • 腎臓の病気
  • 尿路結石など、泌尿器の病気
  • 骨粗しょう症

といった病気にもつながりかねません。

 

なぜこういったリスクがあるかというと、

重曹(炭酸水素ナトリウム)が胃に入ると、胃の中で遺産と反応して塩分ができるからです。

 

つまり、重曹の飲みすぎは『塩分の摂りすぎ』と同じ結果になるのです。

 

重曹を飲んではいけない、または注意が必要な場合

重曹の飲み過ぎで高血圧になったりする可能性があるということは、

『塩分やナトリウムに注意が必要な持病がある人が重曹を飲むのは、リスクが高い』

ということです。

 

  • 塩分やナトリウムを制限するように言われている
  • 腎臓や泌尿器系の病気がある
  • 人工透析を受けている
  • 高血圧や不整脈、動脈硬化など、循環器系の病気がある

といった人は、体調や病状に影響してしまうことがあるので、重曹を飲むのはやめましょう。

 

もしどうしても飲みたいのであれば、事前に必ず医師に相談してください。

上に挙げた以外の病気で治療を受けている・服薬している人も、念のため医師や薬剤師に相談してからにしてくださいね。

 

重曹を飲むならば

持病がなく健康な人でも、

重曹を飲むなら、1日3g未満にしておきましょう。

 

そもそも私たちは、毎回の食事で塩分を摂っていますよね。

その上に重曹を多く飲むと、塩分の摂りすぎになってしまいます。

 

『健康目的で飲んだのに、塩分過多で高血圧になってしまった』なんてことになったら、シャレにならないですものね。

 

そして、

もし重曹を飲んでいて体に異変を感じたら、すぐに飲むのをやめて、医師に相談してください。

 

なお、重曹水を飲むデメリットについては、こちらの記事により詳しく書いています。

併せて読んでくださいね。

関連記事:重曹水を飲む副作用やデメリットまとめ!危険な摂取量とは?

 

重曹を飲むのは本当に健康に良いの?

重曹水を飲むと

  • ダイエット効果がある
  • デトックス効果や体をアルカリ性にする効果がある
  • がんなどの病気が治る

など、『体に良い効果がある』という説があります。

 

でも、

重曹水でのダイエット効果や健康効果は、期待しないほうが良い

というのが、筆者の判断です。

 

もちろん、重曹水でがんなどの病気を治すこともできません。

 

なぜ健康効果は期待しないほうがいいのか?

ダイエットに関しては、

『食事中に重曹水を飲むとお腹が膨れた感じになって、食べる量を減らせる』という効果は起こり得ます。

 

でも、『重曹水を飲むとこんな健康効果がある』という話は、

ダイエット効果や代謝アップ効果

⇒『風が吹けば桶屋が儲かる』的な理屈であり、効果が得られる可能性は低い

デトックス効果

⇒『デトックス』そのものが科学的な根拠のない話である

重曹水を飲むと酸性になった体をアルカリ性にできる

⇒『食べた物に影響されて体が酸性になったりアルカリ性になったりする』ということはない

ということから、科学的裏付けのない話がほとんどだと、筆者は捉えています。

 

ダイエットしたい、健康を保ちたいということなら、毎日重曹水を飲むより、

  • バランスの良い食事をする
  • 適度に運動する
  • 睡眠をしっかりとる

といった基本的なことを地道に続けたほうが、効果的ですよ!

 

『重曹でガンが治る』には科学的根拠がない

『重曹水を飲めばガンなどが治る』といった話もありますが、くれぐれも真に受けないでください。

『重曹水を飲んでで病気を治す・予防する』というのは、科学的な根拠のない治療法です。

 

もし本当にガンなどを治せるなら、とっくに病院で使われているはずですよね。

 

科学的な根拠のない治療法を選んだために治療が遅れ、手遅れになるケースもあります。

  • 不確かな医療情報
  • 斬新な治療法の話
  • 薬や医療に対する不安を煽るような話

には十分注意してくださいね。

 

参考 NHK サイカル『“がんは自分で治せる?”メディアが問われる医療広告』

スポンサーリンク

まとめ

『食用の重曹』と『掃除用の重曹』の違いは、

食用

⇒製造から流通まで食品としての安全基準が守られていて、純度が高い

掃除用

⇒食用に比べて安全基準は厳しくなく、純度も低い

ということです。

 

品質が違うので、

食用の重曹を掃除に使うことはできますが、掃除用の重曹を食べ物に使うのはやめたほうが良いです。

 

重曹は水に入れて飲むこともできますが、健康効果はあまり期待できません。

病気を治す効果も科学的に立証されていません。

 

  • たまに炭酸水として飲んで楽しむ
  • お腹が膨れる感じがするのを利用して、食べる量をいくらか減らす

というくらいが良いでしょう。

 

日常的に重曹を飲むのであれば、

  • 『1日3g未満』を守る
  • 治療中の病気がある人は、医師に相談する
  • 体に異変があったら飲むのをやめて、医師に相談する

ということを、必ず守ってください。

 

『重曹の安全性や効果』を過信せず、上手に重曹を利用してくださいね!

-重曹