重曹

重曹とベーキングパウダーの成分の違いをチェック!代用は可能?

重曹とベーキングパウダーの違い

スポンサーリンク

アク抜きや肉の下処理など、料理でも何かと活躍する『重曹』。

『ふくらし粉』として使うことも、よくありますよね。

 

一方で、生地を膨らませるのには『ベーキングパウダー』もよく使われます。

 

ガスオ
重曹もベーキングパウダーも、効果が同じなら成分も同じでしょ?

いやいや、この2つは成分も違いますし、他にもいろいろと違いがあるんですよ!

 

ということで今回は

  • 重曹とベーキングパウダーの違い
  • 重曹とベーキングパウダーを互いに代用することはできるのかどうか

について解説していきます。

ぜひ読んで、重曹とベーキングパウダーを使いこなしてくださいね!

スポンサーリンク

重曹とベーキングパウダーって何が違うの?

重曹とベーキングパウダー、こんなに違う!

まず、重曹とベーキングパウダーの違いを、表で見てみましょう。

 

重曹ベーキングパウダー
成分炭酸水素ナトリウム炭酸水素ナトリウムの他に

  • 酸性剤
  • 遮断剤

としていろいろな成分が入っている

見た目砂糖のようなさらさらした顆粒状薄力粉のような細かい粉状
焼き上がり黄色っぽくなったり焼き色が濃くなったりしやすい生地が焼けた色そのまま
食感もちもち系ふんわり系
味への影響若干苦みや塩味が出やすい素材の味がそのまま出る
どんなお菓子に使うことが多いか和菓子洋菓子
膨らみ方の違い熱に反応して、横方向に膨らむ水分と熱に反応して、縦方向に膨らむ
膨らませる以外の料理での使い道
  • アクを抜く
  • 栗の渋皮煮の下処理
  • 肉や豆を柔らかくする

など

てんぷら粉に混ぜると衣がサクサクになる
料理以外での使い道掃除や洗濯、消臭などいろいろな使い道がある料理以外には使えない

 

ガスオ
こんなに違いがあると思わなかったな。

そうですね。

 

では、これらの違いについて、さらに詳しく見ていきましょう!

 

成分の違い

まず成分の違いです。

 

重曹の成分は、『炭酸水素ナトリウム』だけです。

 

 

一方、ベーキングパウダーはというと、

  • 炭酸水素ナトリウム 26%
  • リン酸二水素ナトリウム 17.4%
  • リン酸二水素カルシウム 12.4%
  • グルコノデルタラクトン 6.6%
  • L-酒石酸水素カリウム 6%
  • リン酸一水素カルシウム 1.6%
  • 食品素材(でん粉) 30%

となっています。

(日清のベーキングパウダーの場合で、製品によって成分や割合は違う可能性があります。)

 

ベーキングパウダーには、

ガス発生剤(炭酸水素ナトリウム)

⇒炭酸ガスを出して生地を膨らます

酸性剤

⇒生地がアルカリ性になるのを防ぐ

遮断剤

⇒ガス発生剤と酸性剤が化学反応してしまうのを防ぐ

が含まれています。

 

こういったいろいろな役割の成分を配合することで、『生地を膨らませる』という機能に特化したパウダーになっているのです。

 

見た目の違い

重曹もベーキングパウダーも、『白い粉』という点は同じです。

 

でもよく見ると

重曹

⇒サラサラした砂糖のような粉

ベーキングパウダー

⇒薄力粉のような細かい粉状

という違いがあります。

 

焼き上がりや食感、味などの違い

重曹とベーキングパウダーでは成分が違うので、焼き上がりの見た目や食感、味にも違いが出ます。

 

重曹は、

焼き上がり

⇒黄色っぽくなったり、焼き色が濃くなったりしやすい

食感

⇒もちもちっとした食感になる

風味

⇒独特のほろ苦さと塩気、香りがある

 

ベーキングパウダーは

焼き上がり

⇒焼き色に影響しない

食感

⇒ふんわりした食感になる

風味

⇒生地に入れた素材の風味に影響しないので、素材の味を生かせる

 

たとえば、どら焼きや黒糖まんじゅうなどは、生地がもっちりしていて独特の微妙な苦みや塩味がありますよね。

重曹を使うことで、この独特の風味が出るのです。

 

一方、シフォンケーキやパウンドケーキは、ふんわりした食感で、素材の味をそのまま楽しめます。

 

このことから、

重曹

菓子に使う

ベーキングパウダー

菓子に使う

ということが多いです。

(あえて洋菓子に重曹を使ったり、両方使ったりすることもあります。)

 

膨らみ方の違い

ふんわり美味しそうにできた!

ふんわり美味しそうにできた!

 

膨らみ方は、それぞれ

重曹

⇒熱に反応し、横方向に膨らむ

ベーキングパウダー

⇒水分と熱に反応し、縦方向に膨らむ

という特徴があります。

 

重曹は、生地に含まれる水分だけでは膨らみません。

なので、じっくり寝かせてから焼き上げることができます。

 

でもベーキングパウダーは、生地に水分が加わるとすぐに反応が始まり、膨らみ始めます。

そのため、生地を混ぜたら、寝かせずになるべく早く焼く必要があります。

 

焼き菓子に使う場合の使用量の違い

『焼き菓子を膨らませる』という同じ目的で使うときも、重曹とベーキングパウダーでは、使用量が違います。

 

だいたいの目安としては、

重曹

⇒粉に対して1~1.5%

ベーキングパウダー

⇒粉に対して2~2.5%

 

つまりベーキングパウダーは、重曹のだいたい2倍前後の量が必要になるということです。

 

ただ、作る料理やレシピによっても違うので、実際に入れる時はレシピに従ってください。

 

メモ

重曹とベーキングパウダーは、同じ『小さじ1杯』でも

重曹

⇒約5.5g

ベーキングパウダー

⇒約4g

という風に、グラム数も違います。

 

料理に使うときの使い道の違い

ベーキングパウダーは、『生地を膨らませる』という目的で使われます。

てんぷら粉に混ぜてサックリさせることもありますが、それも膨らむ効果を利用してのことです。

 

一方で重曹は、生地を膨らませる他にも

  • たけのこやわらび、ぜんまいなどのアク抜き
  • 栗の渋皮煮を作るときの下処理
  • 豆の皮が破けるのを防ぎながら、柔らかく煮る
  • 肉を柔らかくする
  • 緑色の野菜を茹でるときに加えて、きれいな緑色に茹で上げる
  • パスタを茹でる時に加えてラーメン風の麺にする
  • 炭酸水を作る
  • 柑橘類のワックスを取り除く

といった使い道があるんですよ!

 

重曹は成分がシンプルですが、使い道はかなり豊富ですね。

 

関連記事:ふきのあく抜きを重曹でやる手順解説!正しい下ごしらえ処理とは?

関連記事:たけのこのアク抜きのやり方解説!重曹とぬかはどっちがおすすめ?

 

料理以外の使い道の違い

重曹は、料理以外の場面でも、かなり多種多様な使い方ができます。

  • キッチンの換気扇やコンロなどの掃除
  • 鍋の焦げ落とし
  • 茶渋落とし
  • 研磨作用を利用して、クレンザー代わりに使う
  • 洗濯をする時に加えて、柔軟剤替わりや消臭に使う
  • 浴槽の椅子や洗面器などの皮脂汚れを落とす
  • クエン酸と合わせて使い、いろいろな汚れを落とす
  • アクアリウムに使う流木のアク抜き
  • 靴の消臭
  • スライムを作って遊ぶ

などなど。

 

特に、『重曹を掃除に使う』というのは有名ですよね。

 

一方、ベーキングパウダーは料理にしか使えません。

『焼いて膨らませる料理』に使うために作られているからです。

 

関連記事:焦げ付き五徳の汚れの落とし方(洗い方)を解説【つけおきで掃除】

関連記事:やかんの焦げを落とすには重曹で磨くこと?一番良い方法を解説!

関連記事:流木のアク抜き処理のやり方を解説!塩抜きも同じ方法?【重曹の使い方】

 

重曹とベーキングパウダーはお互いに代用できる?

ベーキングパウダーは重曹の代わりに使える?

ベーキングパウダーは重曹の代わりに使える?

焼き菓子やパンなどならOK!

焼き菓子やパンなど、焼いて膨らませる料理に使うのであれば、

  • 重曹の代わりにベーキングパウダーを使う
  • ベーキングパウダーの代わりに重曹を使う

というのは、OKです。

 

ただし、入れる分量の調整が必要です。

 

ベーキングパウダーの代わりに重曹を使う

⇒レシピに書いてあるベーキングパウダーの量の半分

重曹の代わりにベーキングパウダーを使う

⇒レシピに書いてある重曹の量の2倍

これを目安に調整してください。

 

重曹を入れる量が多いと、苦みが強く出てしまいます。

逆にベーキングパウダーを入れるのが少なすぎると、十分膨らみません。

 

失敗しないためにも、量の調整を忘れないでくださいね!

 

アク抜きにベーキングパウダーを使っても大丈夫?

ガスオ
『山菜のアク抜きにベーキングパウダーを使う』ってできるの?

はい、できます。

ベーキングパウダーにも、重曹が入っていますからね。

 

アク抜きの場合も、『使うベーキングパウダーの量を調整する』ことは必要です。

 

たとえば、日清のベーキングパウダーには、炭酸水素ナトリウムは26%入っています。

重曹を100%として計算すると、ベーキングパウダーは重曹の量の約3.8倍必要ということになります。

 

ベーキングパウダーが重曹の何倍必要かは、

100 ÷ ベーキングパウダーに入っている重曹の割合(%)

で計算してください。

 

ただし、ベーキングパウダーをあく抜きに使うと

  • 重曹より量が必要なので、コストがかかる
  • 重曹以外の成分も入っているため、鍋の底に沈殿物ができる
  • 重曹でアク抜きをするよりきれいな色にならない・色ムラができる

といったデメリットもあります。

 

ベーキングパウダーでアク抜きをするのは、重曹がなくてやむを得ないときくらいにしておきましょう。

 

ベーキングパウダーは掃除にも使える?

『ベーキングパウダーに重曹が入っているなら、掃除にも使えるのでは?』と思う人もいるかもしれませんが、

ベーキングパウダーを掃除に使うのはやめましょう。

 

ベーキングパウダーを掃除に使っても、

  • 重曹以外の成分のほうが多いため、重曹ほどの効果がない
  • 『でん粉成分』が入っているため、掃除のために水分を加えるとベタベタになってしまう

ということから、デメリットの方が大きいです。

 

それに、コストもかかってしまいますよね。

 

ベーキングパウダーは、料理にだけ使うようにしましょう。

 

食用の重曹を掃除に、掃除用の重曹を食用に代用できる?

ガスオ
重曹って食用や掃除用があるけど、食用と掃除用で代用し合うことってできるの?

それは、

食用重曹を掃除に使う

⇒OK

掃除用重曹を食品に使う

⇒NG

です。

 

食用の重曹は純度も高いですし、食品に入れて使った場合の安全性も確認されています。

でも、掃除用の重曹は純度が低く、食用として使った場合の安全性は確認されていません。

 

なので、掃除用重曹は食品に使わないでください。

 

もちろん、パッケージに『料理にも、掃除にも』などと書いてある場合は、どちらに使っても大丈夫です。

スポンサーリンク

まとめ

重曹とベーキングパウダーの一番の違いは、成分が異なります。

 

重曹

⇒炭酸水素ナトリウム

ベーキングパウダー

⇒炭酸水素ナトリウムの他にいろいろな成分が入っている

という違いがあります。

 

その他にも、

  • 重曹は焼き上がりの色が濃くなったり独自の風味が加わったりするが、ベーキングパウダーは色や風味に影響しない
  • 重曹は和菓子に使うことが多く、ベーキングパウダーは洋菓子に使うことが多い
  • 重曹はアク抜きや下処理などにも使うが、ベーキングパウダーは膨らませる目的以外で使うことはほとんどない
  • 重曹は掃除や消臭などにも使えるが、ベーキングパウダーは料理にのみ使う

といった違いがあります。

 

重曹とベーキングパウダーは、生地を膨らませるために使うなら、互いに代用できます。

でも、重曹の代わりにベーキングパウダーを掃除に使うことはできません。

 

『重曹は多用途、ベーキングパウダーは生地を膨らませる専用のアイテム』

と覚えて、上手に使い分けてくださいね!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-重曹