重曹

汚れたスニーカーを重曹を使ってピカピカにする洗い方を解説【靴】

重曹でスニーカーを洗う方法

スポンサーリンク

出掛けるときに、お気に入りのスニーカーを履くと、ちょっと気分が上がりますよね。

 

一方で、よく履くスニーカーは、やはり汚れも気になるものです。

お気に入りならなおのこと、きれいにしておきたいですしね。

 

ガスオ
スニーカーの汚れってなかなか落ちないことがあるんだけど、きれいに落とす方法ってないのかな。

あります!

それは『重曹と洗剤を使って洗う』という方法です。

 

ということで今回は

  • 重曹を使ってスニーカーを洗う方法
  • 重曹でスニーカーのにおい対策をする方法

について解説します。

ぜひ読んで、スニーカーをピカピカにしてくださいね!

スポンサーリンク

重曹を使ったスニーカーの洗い方

用意するもの

重曹を使ってスニーカーを洗うときに必要なものは

  • 重曹
  • 液体の洗濯用洗剤(中性)
  • 靴洗い用のブラシ(古い歯ブラシでもOK)
  • スニーカーが入る大きさの容器(バケツなど)
  • 手袋

 

重曹や洗剤を素手で扱うと、手荒れの原因になりかねません。

必ず手袋をして洗ってください。

 

洗う前の準備

スニーカーを洗う前に、準備として

  • スニーカーの素材と洗濯表示ラベルを確認する
  • 靴紐や中敷きを外す
  • 落とせる汚れやほこりは落としておく

ということが必要です。

 

スニーカーの素材と洗濯表示ラベルを確認する

まず、

  • スニーカーの素材
  • 洗濯表示ラベル

を確認しましょう。

 

なぜかというと、

素材によっては、重曹を使って洗うと傷む可能性があるからです。

 

スニーカーの素材が『布』であれば、重曹を使って洗っても問題ありません。

 

でも、

  • 合成皮革
  • 本革(レザー)
  • スエード
  • 洗濯表示ラベルや取り扱い方に、水洗いやアルカリ性洗剤の使用をしないように書いてある

といった場合は、重曹で洗ってはいけません。

 

また、

スパンコールなど、細かい装飾が付いている

⇒ごしごし洗うと、装飾を傷めたり取れてしまったりすることがある

アルミや銅製の金属部品が付いている

⇒重曹を使って洗った場合、変色したりする可能性がある

といったリスクもあるので、注意してください。

 

靴紐や中敷きを外す

スニーカーを洗う前には、

  • 靴紐
  • 中敷き

を外しておきましょう。

 

そのほうが洗いやすいですし、きれいに洗えます。

 

落とせる汚れは落としておく

洗う前に、

ブラシなどを使って、ホコリや砂などの汚れをできるだけ落としておきましょう。

 

そうすれば、重曹や洗剤の洗浄力をムダなく使うことができます。

 

重曹を使ってスニーカーを洗う方法

ではいよいよ、洗う手順を解説していきます。

 

step
1
お湯に重曹と洗剤を入れて溶かす

まず、バケツなどの容器に45℃くらいのお湯を入れ、重曹を入れて良く混ぜます。

重曹が溶けたら、洗濯用洗剤を入れます。

 

お湯と重曹と洗剤の割合は、

お湯1Lに対して、重曹大さじ3杯、洗濯洗剤キャップ1杯

が目安です。

 

水を使っても良いのですが、お湯のほうが重曹が溶けやすく、汚れ落ちも良くなります。

 

step
2
スニーカーと靴紐を浸す

重曹と洗剤を溶かしたお湯に、スニーカーと靴紐を入れ、しばらくそのまま放置します。

 

放置時間は、だいたい1時間くらいが目安です。

汚れの程度がひどいときは、長くしてください。

 

step
3
汚れをこすり落とす

放置時間が過ぎたら、靴用のブラシや歯ブラシを使って汚れをこすり落とします。

 

あまり力を入れすぎると、布が傷むこともあります。

ほどほどの力加減でこすってくださいね。

 

靴紐は、洗剤に浸けながら揉み洗いしましょう。

 

step
4
落ちにくい汚れは重曹ペーストを使う

ブラシや歯ブラシでこすっても汚れが落ちない部分は、重曹ペーストをブラシに付けてこすります。

 

重曹ペーストの作り方は、

重曹にお湯を加えながら、トロっとしたペースト状になるくらいまで練る。

これだけです。

 

重曹ペーストは研磨作用もあるので、汚れを削り落とすことができます。

 

step
5
よく洗い流す

汚れが落ちたら、水で重曹と洗剤をよく洗い流します。

 

重曹のアルカリ成分や洗剤の成分が生地に残ると、日光の紫外線と反応して黄ばんでしまうことがあります。

なので、奥のほうや細かい部分も丁寧に洗い流してくださいね。

 

step
6
脱水する

  • 洗濯機で脱水しても大丈夫なスニーカーである
  • 洗濯機側も、スニーカーの脱水をしても良い機種である

という条件がそろっているなら、洗濯機で脱水しましょう。

 

洗濯機で脱水するときは、

  1. スニーカーの中にタオルを入れる
  2. さらに、スニーカーをネットに入れる

という風にして脱水にかけると、型崩れしにくいです。

 

脱水時間は、長くても1分くらいがおすすめです。

 

洗濯機で脱水できないスニーカーや、洗濯機のほうが靴の脱水NGな場合は、そのまま干しましょう。

 

step
7
日陰に干して乾かす

スニーカーを干すときは、必ず日陰で干してください。

直射日光に当てると、変色や型崩れすることがあるからです。

 

スニーカーの中に新聞紙を丸めて詰めると、

  • 型崩れが防げる
  • 乾きが早くなる

というメリットがあるので、おすすめですよ。

 

重曹を使ってスニーカーを洗うときのポイント

ピカピカになるかな?

ピカピカになるかな?

スニーカーを洗うときのポイントを、ここでまとめておきましょう。

 

  • 45℃くらいのお湯を使うと、汚れ落ちが良くなる
  • 汚れがひどいときやガンコなときは、浸けおき時間を長くする
  • 汚れが落ちたら、洗剤や重曹をしっかり丁寧に洗い流す
  • 干すときは日陰で干す
  • 干すときに新聞紙を詰めると、型崩れが防げて乾きが早くなる

ということです。

 

このポイントは重曹を使わずに洗うときでも同じなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

アルカリによる黄ばみを防ぐには

先にも書いたように、重曹が洗い落としきれずに残ると、黄ばみの原因になることがあります。

 

できるだけ黄ばみを防ぎたいときは、重曹と洗剤入りのお湯で洗った後、

  1. 水で重曹や洗剤をしっかり洗い流す
  2. 水とお酢を半々でバケツに入れ、スニーカーを2~3時間くらい浸けおきする
  3. お酢の臭いが消えるまでよくすすぐ

という手順を加えてから干すと良いですよ。

 

お酢を薄めた水に浸けておくと、重曹のアルカリ性が中和されて黄ばみをふせぐことができます。

 

ひどい汚れ・ガンコな汚れの場合

汚れがひどかったり、ガンコにこびりついてしまったりしている場合は、

  • 重曹と洗剤を入れたお湯で浸けおきする時間を長くする
  • 酸素系漂白剤や『オキシクリーン』などを使う

という方法がおすすめです。

 

浸けおき時間を長くする

『1~2時間浸けおいたくらいでは汚れが落ちない』というときは、浸けおき時間を長くしてみてください。

かなり汚れている場合は、一晩くらい浸けおきすると良いですよ。

 

酸素系漂白剤や『オキシクリーン』などを使う

 

重曹と洗剤で一晩浸けおいても汚れが落ちないときは、『オキシクリーン』などの酸素系漂白剤を使うと良いです。

 

使い方は、酸素系漂白剤の説明に従ってください。

 

ただし、酸素系漂白剤は中性洗剤よりも強いため、生地を傷めることがあります。

酸素系漂白剤を使うのは、『重曹と洗濯洗剤では汚れが落ちない』という場合だけにしておきましょう。

 

重曹を使ってスニーカーを洗うメリットとは

ガスオ
やっぱり重曹を使ったほうが、洗剤だけより落ちるの?

それは、洗剤の洗浄力にもよります。

強力な洗剤なら、重曹なしでも汚れを落とせます。

 

でも重曹を使うと

  • 重曹は皮脂など酸性の汚れに強く、安全性も高いので、強い成分の洗剤を使わずに洗浄力を上げられる
  • 重曹をペースト状にして使えば、研磨作用で汚れを落とすことができる
  • 重曹を使うと金属イオンが抑えられて水質が柔らかくなるため、泡立ちが良くなる
  • 色落ちする心配がない
  • 重曹には消臭効果があるので、靴の臭いもある程度消せる

といったメリットがあるのです。

 

ただ、重曹単体では十分汚れが落ちない可能性もあります。

洗濯用の中性洗剤と併せて使うのがおすすめですよ。

 

【注意!】重曹で洗えないスニーカーもある

『洗う前の準備』のところでも触れましたが、スニーカーの素材によっては

  • 重曹を使って洗うことができない
  • 水洗いそのものができない

ということがあります。

 

水洗い不可のスニーカーや革や合皮、スエードなどのスニーカーは、

  • 靴用のブラシで力を入れずにこすり、すみずみまで丁寧に表面の汚れを落とす
  • 専用のクリーナーやクリームを使う

など、素材に合う方法で手入れをしてください。

 

革や合皮、スエードなどの靴を買う時には、汚れた時のお手入れ方法もチェックしておくと良いですよ。

 

重曹はスニーカーや靴箱のにおい消しにも役に立つ!

重曹でニオイ消しもしておこう

重曹でニオイ消しもしておこう

重曹には、消臭作用があるので、スニーカーや靴箱の消臭にも役立ってくれます。

 

ここからは、重曹をスニーカーの消臭に使う方法を簡単に紹介しましょう。

 

重曹でスニーカーのにおい消しをする方法

重曹をどう使うとスニーカーの臭いを消せるかというと、

  • スニーカーを脱いだら重曹を入れる
  • 重曹水をスプレーする

という2つの方法があります。

 

注意

重曹袋や重曹スプレーでの臭い対策も、革や合皮、スエードなどの靴だと、アルカリ成分で傷む可能性があります。

素材に注意して対策してくださいね。

 

スニーカーの中に重曹を入れておく

スニーカーに重曹を入れてにおい消しをするときは

  1. お茶パックやだしパックに、ゴルフボールくらいの量の重曹を入れる(2つ用意する)
  2. 口を縛る
  3. スニーカーに1つずつ入れる

という方法で使います。

 

これならスニーカーに直接重曹が付きませんし、重曹袋を出せばすぐに履けます。

 

重曹スプレーをかける

『スニーカーを脱いだら重曹水をスプレーしておく』という方法でも、においを防げます。

 

重曹スプレーは、水200mlに対して重曹小さじ1/2くらいを溶かして作ります。

 

直接振りかける方法もあるけれど…

スニーカーのにおい消しには、『重曹を、粉のまま直接ふりかける』という方法もあります。

 

ただ筆者としては、

  • 均等に薄く振りかけないと、粉の重曹がスニーカーの中で固まったりしてしまいそう
  • 履いた時に、重曹が靴下に付いたりするのではないか

ということが気になります。

 

なので、

  • 重曹をお茶パックなどに入れてスニーカーに入れる
  • 重曹水をスプレーする

という方法がおすすめですよ。

 

重曹は下駄箱のにおい消しにもおすすめ!

  1. 重曹を、蓋のない容器に入れる
  2. 靴箱に入れておく

という方法で、下駄箱のにおい対策もできます。

 

ただし、重曹は広い範囲や密閉されていない場所の消臭には向いていません。

扉のない下駄箱だと効果が薄くなるので、扉がない場合は靴に重曹を入れるなどしたほうが良いですよ。

 

なぜ重曹でスニーカーの汚れやにおいが落ちるのか

ガスオ
重曹って、どうしてスニーカーの汚れやにおいを落とせるの?

それは、重曹には、皮脂や汗の汚れを分解したり、雑菌が増えるのを抑える作用があるからです。

 

スニーカーの汚れやにおいは、主に

内側

⇒皮脂や汗による汚れ

外側

⇒泥汚れや、泥が汗や皮脂で固まって落ちにくくなった汚れ

におい

⇒皮脂や汗の臭いや、皮脂や汗をエサにして雑菌が増える

といったことが原因です。

 

重曹は、これらの原因に対して

  • 皮脂や汗の汚れを緩めることで、それによって固まっていた泥汚れを落としやすくする
  • 静菌作用で雑菌が増えるのを抑える
  • 吸湿作用で湿気を抑え、雑菌が増えるのを抑える

という効果があります。

 

だから汚れが落ちやすく、においを抑えることもできるのです。

 

もちろん、重曹も万能ではありませんし、汚れやにおいを除去する能力には限界もあります。

重曹で手に負えないときは、

  • オキシクリーンなどの酸素系漂白剤
  • スニーカー用のクリーナー

などを使ってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

重曹を使ってスニーカーを洗う手順は、

  1. 靴紐や中敷きを外す
  2. ブラシなどで、落とせる汚れを落としておく
  3. 重曹と洗濯用の中性洗剤を入れたお湯にスニーカーを浸けおきする
  4. ブラシなどを使って汚れた部分をよくこする
  5. 汚れが落ちたら、水で重曹や洗剤をよく洗い流す
  6. 洗濯機で脱水できる場合は、脱水する
  7. 日陰に干す

 

洗うときのポイントは、

  • 45℃くらいのお湯を使う
  • 汚れがひどいときは、長めに浸けおきする
  • ブラシでこすっても汚れが落ちないときは、重曹ペーストを付けてこする
  • 干すときに新聞紙を詰めると、乾きが早くなるし、型崩れ防止にもなる

ということです。

 

ただし、スニーカーの素材によっては、重曹や水洗いで傷めてしまうこともあります。

必ず、素材や水洗いが可能かどうかなどを確認してから洗ってくださいね。

 

重曹は、重曹袋や重曹水スプレーなどで、スニーカーのにおい消しにも使えます。

ぜひ重曹を上手に活用して、気持ち良くスニーカーを履いてくださいね!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-重曹