お風呂周り

お風呂のおもちゃをカビ取り掃除!カビを予防する方法とは?

お風呂のおもちゃのカビ取りとカビ予防

スポンサーリンク

お風呂のおもちゃは、子どもたちが楽しくお風呂に入るのには欠かせないアイテムです。

 

でも、お風呂のおもちゃにも、カビが付いてしまうことがあります。

お風呂で使うものは、どうしても湿気や湯垢が付きやすいからです。

 

子どもが使うおもちゃとなれば、衛生面は気をつけたいものですよね。

 

カジマル
簡単におもちゃのカビを掃除する方法ってある?

 

はい、あります!

どこの家庭にもあるアイテムでカビ掃除ができるんですよ!

 

ということで今回は

  • お風呂のおもちゃに付いたカビの掃除方法
  • お風呂のおもちゃを掃除するときの注意点
  • お風呂のおもちゃにカビが付くのを予防する方法

についてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

お風呂のおもちゃのカビをきれいにする方法

さっそく、お風呂のおもちゃに付いてしまったカビを掃除する方法を見ていきましょう。

 

  • 食器用中性洗剤+アルコール
  • 熱湯をかける・煮沸する
  • 重曹で浸けおきする
  • 酸素系漂白剤で浸けおき洗いする

という方法があります。

 

食器用中性洗剤とアルコールを使う

一番手軽なのが、

  • 食器用中性洗剤
  • 消毒用のアルコール

を使って掃除する方法です。

 

手順は、

  1. おもちゃを食器用の中性洗剤でよく洗う
  2. 水気を拭き取って乾かす
  3. 乾いたら除菌用アルコールスプレーをかけ、拭き取らずにそのまま乾燥させる

 

この方法だと、アルコールで雑菌やカビの菌を退治できるので、効果的です。

 

アルコールスプレーは、まな板や食卓などに使える製品を選ぶと、より安心ですよ。

 

注意

  • ゴム製品
  • コーティングされた素材
  • 革製品

などの素材はアルコールに弱いので、アルコールスプレーをかけないでください。

 

熱湯や煮沸で洗う

熱湯もカビや雑菌退治に使えます。

 

  1. 水で洗って汚れを落とす(汚れがひどいときは中性洗剤で洗う)
  2. 汚れと洗剤を洗い流す
  3. おもちゃに熱湯をかける、もしくはおもちゃを鍋に入れて煮沸する
  4. そのまま乾かす

 

熱湯や煮沸で洗う前に、必ず耐熱温度を確認してください。

熱に弱いおもちゃだと、傷んでしまうことがあります。

耐熱温度のわからないおもちゃは、熱湯をかけたり煮沸したりするのは避けた方が無難です。

 

熱湯を使うときは、やけどにも十分注意してくださいね。

 

重曹で浸けおき洗いする

家の中の掃除で大活躍の『重曹』。

重曹は、お風呂のおもちゃのカビを落とすためにも使えます。

 

メモ

重曹の分量は、100mlに対して小さじ1杯が目安です。

 

手順は

  1. おもちゃを軽く洗う
  2. 洗面器やバケツなどにぬるま湯を入れ、重曹を入れてよく混ぜて溶かす
  3. 重曹湯の中におもちゃを20~30分浸けおきする
  4. やわらかいスポンジなどでこすってカビや汚れを落とす
  5. 汚れと重曹を水でよく洗い流す
  6. 水気を拭き取って乾燥させる

 

重曹は、水だと溶けにくいです。

40℃くらいのぬるま湯を使うことがおすすめです。

 

オキシクリーンなどの酸素系漂白剤で浸けおき洗いする

 

『オキシクリーン』などの酸素系漂白剤を使うことでも、カビの掃除ができます。

 

手順は

  1. バケツや洗面器に40~60℃のお湯と酸素系漂白剤を入れ、おもちゃを浸ける
  2. そのまましばらく浸けおきする
  3. 残った汚れをスポンジなどでこすって落とす
  4. 水でよく洗い流す
  5. 水気を拭き取り、よく乾かす

 

酸素系漂白剤を使う場合は、使い方をよく読んで、浸けおき時間や分量を守ってください。

 

オキシクリーンの場合は、

分量

⇒お湯4Lに対して、付属のスプーン1/2杯

浸けおき時間

⇒20分

 

『2~6時間浸ける』『一晩浸けおきする』

という人もいますが、素材によっては傷む可能性もあります。

漂白剤の説明に書いてある浸けおき時間を守ってください。

 

また、素材によっては酸素系漂白剤で傷むことがあります。

説明書きをよく読んで、『どんな素材に使ってはいけないか』もチェックして使ってくださいね。

 

お風呂のおもちゃを洗うときのポイント

お風呂のおもちゃを洗うときは、

  • 細かいデコボコの部分は歯ブラシなどを使って洗う
  • 中に水が入るおもちゃは中も洗う

ということがポイントです。

 

細かいデコボコのあるおもちゃ

細かいデコボコや手の届きにくいくぼみがあるおもちゃは、

  • 歯ブラシなどでこする
  • つまようじでこする

といった方法で掃除をすると良いですよ。

 

細かいところに入り込んだ汚れやカビは、つい見落としがちです。

しっかりチェックして、きれいにしてくださいね。

 

中に水が入るおもちゃの洗い方

ジョウロや水鉄砲など、中に水が入るタイプのおもちゃは、

  • 中に洗剤入りの水や重曹液を入れて、振り洗いする
  • 熱いお湯を入れて振り洗いする

といった方法で、できる範囲で中も洗うようにしましょう。

 

特にジョウロなどは、持ち手やハス口と本体を繋ぐ筒の部分にも、カビが生えることがあります。

丁寧に振り洗いしてくださいね。

 

洗剤を使って洗ったときは、すすぎもしっかりしておきましょう。

 

知育ポスターもきれいにしよう!

 

お風呂の壁に貼れる知育ポスターも、お風呂を楽しくしてくれるアイテムですよね。

でも、ポスターや貼った部分の壁にも、カビが生えることがあります。

 

  • お風呂が終わったら剥がして水気を拭き取り、風通しの良い場所に干しておく
  • ポスターを張る部分の壁も、時々洗って水分を拭き取る

という風にして、きれいにしておきましょう。

 

ポスターのカビを防ぐ方法として、

お風呂の壁にフックを付けてポスターをかけ、ポスターと壁の間に隙間ができるようにする

という方法もあります。

 

フックを付けた場合も時々はポスターを外して、ポスターの裏や壁をきれいにしてくださいね。

 

お風呂のおもちゃを洗うときの注意点

お風呂のおもちゃを洗う時に注意することは?

お風呂のおもちゃを洗う時に注意することは?

お風呂のおもちゃを洗うときは、

  • 素材を傷めない洗剤を使う
  • 傷をつけないように洗う

ということに注意してください。

 

おもちゃの素材と洗剤の相性に注意!

おもちゃの素材によっては、使った洗剤で傷んでしまうことがあります。

 

なので、洗剤ごとに

  • 使って良い素材と使ってはいけない素材
  • 洗剤を使うときの注意点

は必ずチェックして、守ってください。

 

今回紹介した、アルコール、重曹、酸素系漂白剤、熱湯では、どんな素材がダメージを受けるかというと、

アルコール

⇒ゴム、革、コーティングされたものなど

重曹

⇒アルミや銅、大理石、無垢の木、革、動物性の素材など

酸素系漂白剤

⇒皮、金属、ラテックス塗装の物、チーク材などの木材、貴金属など

熱湯

⇒耐熱温度の低い素材

 

おもちゃの素材や耐熱温度がわからないときは、

  • アルコール、重曹、酸素系漂白剤などを使う前に、目立たない場所に少し付けてみて変色や変質が起きないかチェックする
  • 中性洗剤で洗って乾かすだけにする

という風にするのがおすすめです。

 

傷を付けない洗い方をする

たとえば、

  • メラミンスポンジでゴシゴシこする
  • 金属たわしなど、硬いものでこする
  • クレンザーなどの研磨剤が入った洗剤でこすって洗う

といった洗い方をすると、おもちゃに傷がついてしまうことがあります。

 

傷が付くと傷の中に汚れが入り込み、カビが繁殖してしまう可能性があります。

傷に入り込んだカビは落としにくくなるので、傷を付けないように洗ってくださいね。

 

関連記事:激落ちくんに毒性は本当?メラミンスポンジの正しい使い方と原理を解説

 

お風呂のおもちゃのカビを予防する方法

カビを防ぐ方法は?

カビを防ぐ方法は?

最後に、おもちゃにカビが付くのを防ぐ方法をチェックしておきましょう。

 

カビ予防の基本は『洗って乾燥』!

カビ予防には、

  • 洗ってきれいにする
  • 水気を取り除いて乾燥させる

この2つがとても重要です。

カビは『汚れ』と『水分』で増えるからです。

 

お風呂のおもちゃも、

  • 使い終わったらお湯でさっと流し、水気を拭き取る
  • 中に水が入った場合は中の水を出し、できるだけ中も乾かす
  • 汚れが付いたら早めに洗ってきれいにする
  • 風通しの良い場所に、おもちゃ同士がくっつかないようにして置いて乾かす

ということを心掛けましょう。

 

お風呂のおもちゃの保管方法

保管するときも、風通しの良い保管方法をすることが大切です。

 

ネットの袋に入れるときは

  • おもちゃが乾いてから入れる
  • 1つの袋におもちゃを入れすぎない
  • 浴室以外の、風通しの良い場所に置く
  • 浴室内におもちゃを置いておくときは、湿気の溜まりにくいかごやネットの袋などに入れ、床に接触しないように吊るしておく

など、できるだけ湿気に当たらず乾燥した状態になるようにしておきましょう。

 

おもちゃを1つずつ吊るしておくのも良いですよ。

 

浴室もきれいにしておこう

おもちゃのカビは、

  • 湯垢や皮脂汚れなどがおもちゃについて、カビのエサになる
  • 浴室の湿気が付く
  • 浴室のカビからおもちゃにカビの胞子が付く

といったことが原因で増えます。

 

なので、

浴室をきれいにしておくことも、おもちゃにカビが付きにくくする方法の1つです。

 

定期的に掃除をしておけば、安心して気持ちよくお風呂を楽しめますよ!

 

関連記事:お風呂の椅子を掃除する方法!水垢汚れにはクエン酸が効果抜群?

関連記事:お風呂のドア掃除!扉のレールや溝・ゴムパッキンをキレイにする方法

関連記事:お風呂の天井をクイックルワイパーでカビ取りピカピカ掃除【浴室】

スポンサーリンク

まとめ

お風呂のおもちゃのカビを取り除く方法は、

  • 食器用中性洗剤で洗い、アルコールスプレーをかけて乾燥させる
  • 熱湯をかけるか、煮沸する
  • 重曹を入れたぬるま湯に浸けおきする
  • 酸素系漂白剤で浸けおき洗いをする

という方法があります。

 

洗うときは、

  • 洗剤や洗い方でおもちゃが傷まないかどうか確認して洗い方を選ぶ
  • デコボコの部分や手の届きにくい場所もできるだけ洗う
  • 傷が付かないようにして洗う
  • 洗剤や重曹などはよく洗い流す

といったことに注意してください。

 

洗った後は、中に入った水を抜き、外側の水気も拭き取って乾燥させることが大切です。

 

保管するときも、風通しが良く、なるべく乾燥した場所に保管しましょう。

そうすれば、おもちゃにカビが付くのを防げますよ!

-お風呂周り