ガス器具

【浴槽】ゴム栓の正しい選び方をわかりやすく解説!サイズが大事!

お風呂のゴム栓の選び方

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

『お風呂にお湯を張るのに、前より時間がかかるようになった』

『お風呂にお湯を張った後、何もしてないのにいつの間にかお湯が減ってる』

なんてこと、ありませんか?

 

それはもしかしたら、風呂のゴム栓が劣化して、水が漏れているのかもしれません!

 

ゴム栓は、長く使っていると劣化してひびが入ったりすることがあります。

劣化に気がついたら、早めの交換が必要です。

 

ガスオ
浴槽のゴム栓って、どう選べばいいの?

種類もサイズもいろいろありますから、迷っちゃいますよね。

 

ということで今回は

  • 浴槽のゴム栓の種類や選び方
  • ゴム栓の交換方法

について解説します。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

浴槽のゴム栓の選び方は?

お風呂のゴム栓の種類

まず、ゴム栓の種類についてチェックしておきましょう。

 

お風呂のゴム栓には

  • ゴム栓の部分だけ交換できるタイプ
  • 交換するときにはヒートン(浴槽の壁に鎖を取り付ける金具)を外して鎖ごと交換するタイプ

の2種類があります。

 

この2種類のゴム栓のうち、自分で交換できるのは、

  • ゴム栓の部分だけ交換できるタイプの栓
  • 鎖ごと交換するタイプの栓のうち、自分で交換して良いことが確認できる栓

です。

 

鎖ごと交換するタイプのゴム栓は、ヒートンの付け方によって

  • ヒートンを浴槽の裏側から固定する必要がある
  • ヒートンを交換するときに、水漏れ防止などの処置が必要になる

といったことから、自分では交換できない場合があります。

 

自分で交換しても大丈夫かどうかは、取扱説明書で確認するか、メーカーに問い合わせてくださいね。

 

浴槽ゴム栓のサイズはどうやって調べる?

自分でゴム栓を交換する場合には、サイズを確認する必要がありますよね。

 

サイズの確認で一番確実なのは、

浴槽の取扱説明書で、ゴム栓のサイズや型番を確認する

という方法です。

 

自分で測る場合は、ノギスなどを使ってミリ単位で正確に測る必要があります。

不正確だと、ゴム栓が排水口に収まらなかったり小さすぎたりして、使えないことがあるからです。

 

でも、

取説明書をなくしてしまっても、正確にサイズを測れなくても、合うゴム栓は探せます!

次の選び方のところで、解説しましょう。

 

ゴム栓の選び方

ゴム栓の選び方は、とても簡単です。

サイズがわからなくても合うゴム栓を選ぶ方法があるんですよ!

 

一番簡単な選び方

ゴム栓を選ぶときは

  • 取扱説明書に書いてあるゴム栓の型番を確認して製品を選ぶ
  • 古いゴム栓をお店に持って行き、お店の人に聞く
  • 古いゴム栓をお店に持って行き、ゴム栓のパッケージに古いゴム栓を合わせて同じサイズの製品を探す

という方法がおすすめです。

これなら、自分でサイズが測れなくても大丈夫です。

 

ガスオ
現物を持って行ってお店の人に聞けば、まず間違いはないものね。

そうです。

それに、ゴム栓は、パッケージにゴム栓のサイズを表すへこみが付いている製品が多いです。

古いゴム栓をそのへこみに合わせてみて、隙間なくぴったり収まる製品を探せばOKです。

 

ネット通販で購入する場合

ネット通販でも、ゴム栓は買えます。

 

でも、

  • 取扱説明書でサイズを確認できる
  • 自分で確実に正確にサイズを測れる

という場合以外は、ネットでの購入はおすすめしません。

サイズが正確でないと、合わない水栓を買ってしまう可能性があるからです。

 

せっかく買っても、合わなかったらがっかりですよね。。

なので、筆者としてはやはり『現物を持って行ってお店で買う』ことをおすすめします。

 

ゴム栓のサイズがまったくわからない場合

かなりのレアケースだとは思いますが、

『取扱説明書がなく、なおかつ古いゴム栓がボロボロになりすぎて、店に持って行ってパッケージに合わせることもできない』という場合は、業者に相談するのが一番確実です。

お風呂の排水溝のサイズから合うゴム栓を探し当てるのは、けっこう手間がかかりますから。

 

でも、そんなことにならないように、

浴槽のゴム栓を時々チェックして、ひびが入るなど劣化した様子があったら、早めに交換してくださいね。

 

もし交換したゴム栓が合わなかったら

買ったゴム栓が浴槽の排水口とぴったり合わない場合は、前に使っていたゴム栓のサイズが間違っていた可能性があります。

 

となると現物がないので、サイズは取扱説明書で調べるしかないですよね。

取扱説明書がなくてサイズがわからない場合は、メーカーに相談してください。

 

ゴム栓の交換方法

ゴム栓の交換は簡単!

ゴム栓の交換は簡単!

ここからは、ゴム栓の交換方法を簡単に解説しましょう。

 

ゴム栓だけ交換できる場合の交換方法

ゴム栓だけを交換できるタイプのゴム栓交換は、

  1. 古いゴム栓を、チェーンのリングから外す
  2. 新しいゴム栓をチェーンのリングに取り付ける

これだけでできます。

とてもシンプルですね。

 

チェーンのリングを開きにくい場合は、マイナスドライバーなどを使うと良いですよ。

 

ヒートンを外す必要がある場合

ヒートンを外して鎖ごと交換するゴム栓の場合は、

まず取扱説明書で、自分で交換できるかどうかを確認してください。

先にも書いたように、業者でなければ交換できない場合があるからです。

 

ヒートンがねじで固定されている場合の交換の仕方は、

  1. ヒートンのねじを外す
  2. 古い鎖を外し、新しい鎖を取り付ける
  3. ヒートンをはめ込み、ねじで固定する

 

鎖がリングで固定されている場合は

  1. リングを開いて古い鎖を外す
  2. 新しい鎖をリングに取り付ける

 

どちらも、そんなに難しい作業ではありません。

 

ただし、ねじを外すときは

  • 排水口を養生テープなどでふさいでおく
  • 排水口に古いゴム栓をはめ込んでおく

など、ねじが排水口に落ちないように、十分注意してください。

 

『ワンプッシュ水栓』の場合

浴槽の栓には、ゴム栓のほかにも『ワンプッシュ水栓』という種類の栓があります。

これは、ボタンを押して開閉するタイプの水栓で、ユニットバス(システムバス)でよく使われています。

 

ワンプッシュ水栓は、自分で交換することはできません。

 

  • 栓の間から水漏れしている
  • 排水栓のゴムパッキンが劣化して亀裂が入っている
  • 栓や排水口の掃除をしても不具合がある

といった場合は、早めに業者に相談しましょう。

 

メモ

『排水栓が下がったまま、もしくは上がったまま止まってしまう』というトラブルの場合は、ある程度自分で対処できます。

  1. ボタンを押して栓を開け、栓をつまんでまっすぐ上に引っ張り上げて栓を外す
  2. 栓や排水口にごみなどが付いていないか、よく見てみる
  3. ごみなどが付いていたら、綿棒やつまようじなどで取り除く
  4. 栓を元に戻す

という手順です。

 

ゴム栓を交換するまでの間水漏れを止める方法

ゴム栓を交換するまでお風呂が使えないと、困りますよね。

 

そんなときは、ちょっとひと工夫して浴槽の漏れを防ぎましょう。

 

ゴム栓に亀裂が入っている場合

ゴム栓が劣化してひびが入っている場合は、

  1. ゴム栓にラップを巻く
  2. 排水口にラップを敷いてからゴム栓をする

という方法で、ひびの部分をラップで補って栓として使える可能性があります。

 

ただしこの方法を取るときは

栓を抜く時にラップが排水口に流れ込まないように、十分注意してください。

 

ビニール袋とスーパーボールを使う方法

古い栓が栓としてまったく使えない場合は、

ビニール袋とスーパーボールを使うことでも、栓ができる可能性があります。

 

  1. ビニール袋を、お風呂の栓をはめる部分の上に広げる
  2. 排水口の上にスーパーボールを載せる

という方法です。

お湯が溜まると水圧で袋とスーパーボールが固定され、栓のようになるのです。

スーパーボールは、排水口よりも少し大きいくらいのサイズが良いでしょう。

 

この方法を使うときも、排水のときにビニール袋が流れないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ゴム栓の選び方は、

  • 浴槽の取扱説明書でサイズや型番を調べて選ぶ
  • 古いゴム栓をお店に持って行き、お店の人に聞くか、商品のパッケージに合わせてみる

という方法がおすすめです。

 

ゴム栓の交換も、難しい作業ではありません。

でも、ゴム栓を自分で交換して良いのは

  • ゴム栓だけ交換できるタイプの栓である
  • 鎖ごと交換するタイプのゴム栓のうち、自分で交換して良いものであることが確認できている

という場合です。

 

自分で交換できないゴム栓を無理に交換すると、

  • 金具を外したは良いが取り付けられなくなる
  • 金具の部分から水漏れしてしまう

といった可能性もあります。

自分で交換できないタイプの栓の場合は、業者に連絡して交換してもらってくださいね。

 

そして、ゴム栓は劣化してきたら早めの交換がおすすめです。

浴槽の掃除をするついでに栓もチェックして、ひびが入り始めているなどの劣化の兆候があったら、水漏れする前に交換しましょう。

-ガス器具

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved