ガス器具

都市ガスとプロパンガスのコンロの見分け方と変更や変換の方法を紹介

更新日:

家庭で使うガスには、

  • プロパンガス(LPガス)
  • 都市ガス

の2種類があります。

ガスの種類が違うと、ガスコンロも違いますよね

 

でも、メーカーでは、

同じ型のガスコンロで、都市ガス用とプロパンガス用、両方を出していることがあります

もちろん、型が同じだと、見た目も同じです。

となると、気になるのは見分け方。

間違って使ってしまってはいけないので、見分け方は覚えておきたいところですよね。

 

また、

都市ガス用のコンロを、プロパンガスで使えるように変更すること

も実はできます。

でも、どうすれば変更できるのでしょうか?

 

ということで、今回の記事では、

  • 都市ガスとプロパンガス用のガスコンロの見分け方
  • ガスコンロを違うガス種で使えるようにするための、変更や変換の仕方

について、お伝えします。

スポンサーリンク

都市ガスとプロパンガス用のガスコンロの見分け方

ガスコンロはどこで見分ける?

ガスコンロはどこで見分ける?

ではまず、都市ガスとプロパンガス用のガスコンロを、どこで見分けるかについてお話ししましょう。

 

プロパンガスと都市ガスの表記

まず、ガスコンロのガス器具などで、都市ガスやプロパンガスがどう表記されているか、チェックしておきましょう。

プロパンガス…

『プロパンガス』『LPガス』『LPG』『LP』

都市ガス…

『都市ガス』『12A』『13A』

と、このように表記されています。

まず、このことを覚えておいてくださいね。

メモ

なお、都市ガスだと、まれに

『6A』『5C』『L1』『L2』『L3』

という表記もあります。

これらは、

今はほとんど使われていないガス

の種類です。

もし、これらの種類のガスを使っている場合は、ガス器具を買う時は気を付けてくださいね。

ガスコンロはどこで見分けられる?

ガスコンロが、どのガス種に対応しているかを見分けるには、

  • ガスコンロのラベル
  • ガスコンロの型番

を見れば、わかります。

 

テーブルコンロの場合

テーブルコンロの場合は、

ガスコンロの左側面に、メーカーや型番が書いてあるシール

が貼ってあります。

そのシールの中に、

『12A』『13A』『LPG』『プロパンガス』

などと書いてあります。

メモ

都市ガスで、12Aと13A両方が書いてある場合は、どちらにも使えるコンロです。

ビルトインコンロの場合

ビルトインコンロの場合は、

  • ガスコンロの電池ボックスの周り
  • 電池ボックスの蓋

などに、ラベルが貼ってあります

ちなみに、筆者の家のコンロは、このように電池ボックスの蓋を開けたところにラベルが貼ってありました。

電池ボックスの蓋の中に、ガス種が書いてあります

赤丸の部分が、ガスの種類です。

ラベルなどが、はがれたり汚れていたりして読めない場合

もしラベルが、はがれたり汚れたりしていて、ラベルで見分けることができない場合には、

型番でも対応するガス種を判断できます

型番の末尾に『LP』『LPG』

⇒プロパンガス

型番の末尾に『12A』『13A』『12A13A』

⇒都市ガス

ただし、都市ガス用の場合は、

型番に『13A』としか書いていなくても、12Aと共通で使えるもの

もあります。

 

いくつか、例を挙げておきましょう。

  • KGM33NBEL 13A(都市ガス13A用)
  • NG60SVR13A(都市ガス12A、13A用)
  • IC-N36BS-L-12A13A(都市ガス12A、13A用)
  • KGM33NBER LP(プロパンガス用)
  • NG60SVLLPG(プロパンガス用)

 

でも、ラベルがはがれていたり読めなかったりするようなものを確かめる場面って、あまりないですよね。

ネットショップなどで買う場合には、どのガス種用か、はっきり書いてあるはずです。

もしも中古のガスコンロを買ったりもらったりするために確認したいなら、

  • ラベルが読めない
  • ラベルがはがれている
  • ネットオークションやフリマサイトなどで、説明書きでしか機種を確認できない

という状況のものは、おすすめできません。

安全性が担保できないからです。

 

中古のガスコンロについては、こちらの記事にも書いてあります。

ガスコンロを中古でと考えているなら、ぜひ一度読んでみてください。

プロパンガスのコンロ
プロパンガスのコンロの中古売買は危険?ガス漏れの心配をチェック

キッチンで毎日大活躍の、『ガスコンロ』。 毎日使っていれば、ガスコンロもくたびれてきます。 古くなって調子が悪くなったら、新しく買う必要がありますよね。 また、都市ガスからプロパンガスになった時も、買 ...

続きを見る

 

自信がない時は…

もし、お店などでガスコンロを買う場合で、

  • 型番やシール、説明書きから判断しにくい
  • 書いてはあるけど、自信がない

という場合は、

お店の人に確認することが、確実です

「プロパンガス用のガスコンロを探しています。」

「都市ガス13A用のコンロがほしいのですが、これで大丈夫ですか?」

こんな風に確認すると、安心ですよ。

スポンサーリンク

ガスコンロをガス種に合わせて変更・変換する方法

業者に頼んでコンロの変換

業者に頼んでコンロを変換

ここからは、

ガスコンロをガスの種類に合わせて変換する方法

について、お伝えします。

『ガスコンロをガスの種類に合わせる』というのは、

  • プロパンガス用のガスコンロを、都市ガス用にする
  • 都市ガス用のガスコンロを、プロパンガス用にする

ということです。

つまり、改造するのです。

どう改造するかというと、内部の部品の交換です。

改造してもらえば、引越してガスの種類が変わった時も、引き続き使えますよ。

 

ガスコンロの変換はメーカーやガス会社に頼むこと

必ず守ってほしいのが

『ガスコンロの変換(改造)は、メーカーやガス会社に依頼してやってもらう』

ということです。

もちろん、依頼すれば費用はかかりますが、いくら節約したいからと言っても、

自分で改造することは、絶対にしないでください。

もっとも、改造に必要な部品を、個人で手に入れることはできません。

 

理由は、もちろん『危ないから』です。

ガスコンロ(他のガス機器も)は、火やガスを扱うものです。

素人が改造して間違ってしまったら、火事やガス漏れなどの重大な事故につながる可能性があります

ガスコンロの改造は、必ずメーカーやガス会社に依頼しましょう。

 

ガスコンロの変換の方法

では、ガスコンロを変換してもらうには、どうするかというと、

ガスコンロのガス種を変換するまでの流れ

  1. 引越しの場合は、引っ越し先でコンロのサイズが合うかどうか、確認しておく
  2. 合わない場合、ガスコンロのメーカーやガス会社に、ガスコンロの変換ができるか問い合わせる
  3. 費用や日数、保証などについてきいておく
  4. 変換してもらう(何日か、メーカーに預ける場合もある)

というようにします。

 

1.引っ越しの場合は、コンロのサイズを確認しておく

『今まで都市ガスだったけど、引越し先がプロパンガス』

など、

「引越し先でも、このガスコンロを使いたい!」

などという場合は、まず

引越し先で、そのガスコンロを置けるかどうか

を確認してくださいね。

せっかく変換してもらっても、サイズが合わなくて使えなかったら、残念なことになってしまいます。

 

2.ガスコンロの変換ができるか、問い合わせる

変換してもらうとなったら、

メーカーやガス会社に、ガスコンロの変換について問い合わせてみましょう

問い合わせる時には、

  • 型番
  • 都市ガス用からプロパンガス用にするのか、その逆か

を伝えてください。

事前に問い合わせが必要なのは、

型番や年式によっては、部品がなくて改造できない場合もある

からです。

 

3.費用や日数についてきいておく

問い合わせた時は、かかる費用や日数などについても、確認しておきましょう。

費用は、

  • 部品の費用
  • 技術費
  • ビルトインの場合は、付け外しに来てもらう必要があるので、その出張費

などがかかります。

 

具体的な費用については後でお伝えしますが、

状況によっては、ガスコンロ本体より高く

ついてしまうこともあります。

なので、いくらくらいかかるかは必ず聞いておきましょう

 

また、改造するには、

その場でできる場合と、何日かメーカーに預ける場合

があります。

預ける間は、当然ガスコンロが使えなくなってしまうので、その期間もきいておいてください。

 

そして、改造すると、保証がなくなる場合もあります

保証期間を過ぎていない場合は特に、保証についても、確認しておきましょう。

 

4.改造してもらう

改造に出す時には、ガスコンロを外す必要があります。

テーブル式のガスコンロを外す時には

  • 周りに引火するものや火のついたものがないか、確認する
  • ガスの元栓を確実に閉めてから外す

ということに気を付けてください。

 

なお、元栓がないガス栓の場合は、自動的にガスの異常流出を止める機能が付いています。

元栓がないガス栓の場合は、そのままガスホースを抜いて大丈夫です。

 

ビルトインコンロの場合は、業者に外してもらう必要があります。

外す工程の中でガス工事があり、その工事をするには、資格が必要だからです。

改造が終わってから、つけてもらう時にも、業者にやってもらう必要があります。

くれぐれも自分では付け外しをしないでくださいね

 

ガスコンロの改造にかかる費用

先ほども書きましたが、ガスコンロを改造してもらうには

  • 部品の費用
  • 技術料
  • 出張費(必要な場合)

がかかります。

 

どのくらいかかるかというと、だいたいの場合は

  • 部品代で2,000~5,000円
  • 交換の費用が5,000円前後くらい
  • 出張費は業者による

という感じで、

およそ10,000円前後

で、ガスコンロの改造ができることが多いです。

 

ただし、状況によっては、もっとかかることもあります。

時には、ガスコンロ本体より高くついてしまうこともあります。

もし改造費のほうが高くて、

『ぜひこのコンロを使いたい』

というこだわりも特にないなら、買い替えたほうがおトクです。

 

変換したガスコンロは安全?

ガスコンロで一番気になるのが、

『安全に使えるかどうか』

ですよね。

『改造する』

と聞くと、

「大丈夫なの?」

と思う人もいるのではないでしょうか。

 

でも、

メーカーやガス会社での改造は、安全にガスコンロが使えるようにすることも含めての『改造』です

なので、安全に使うことができます

 

繰り返しになりますが、

自分で改造したコンロは、安全性が確実ではありません

変換する時は、メーカーやガス会社に頼んでくださいね。

 

ガスコンロはガス種に合ったものを使うこと

自分で改造できないし、頼めば費用が掛かるからといっても

ガス種に合わないコンロを使うのは、絶対にやめましょう

 

プロパンガス用のコンロを都市ガスで、都市ガス用のコンロをプロパンガスで使うと

  • 不完全燃焼や、それによる一酸化炭素の発生
  • 過燃焼による火災
  • ガス漏れの危険性が高まる
  • ガス器具の故障

など、事故や火災につながる可能性があります。

 

なぜかというと、都市ガスやプロパンガスでは、熱量も成分も違うからです。

ガスは空気とまぜて燃やしていますが、その混ぜる割合も、都市ガスとプロパンガスでは違います。

つまり、安全に使うための仕様が違うのです。

 

ガスコンロは、必ず

プロパンガスにはプロパンガス用のものを

都市ガスには、都市ガス用のものを

使ってください。

 

都市ガスとプロパンガスのコンロの違いは、こちらの記事に詳しく書いてあります。

ぜひ、あわせて読んでみてくださいね。

ガスコンロ
都市ガスとプロパンガスでコンロを共用できる?器具の違いを紹介

引っ越しや、ガス会社の乗り換えなどで、ガスの種類が変わることがありますよね。 たとえば、これまでプロパンガスだったのが都市ガスになったり、都市ガスからプロパンガスになったり。 そんな時は 「ガスの種類 ...

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ

ガスコンロは、プロパンガス、都市ガス、それぞれに合うものを使う必要があります。

どちらに合ったガスコンロなのかを、どこで見分けるかといえば、

  • ガスコンロの側面に貼ってあるラベル
  • ビルトインコンロの場合は、電池ボックスの周りや蓋
  • 型番の末尾のアルファベットや数字

などを見ることで、どちらなのか見分けることができます。

『プロパンガス』『都市ガス』といった書き方のほかに

『LPG』『LP』=プロパンガス

『12A』『13A』=都市ガス

ということを覚えておけば、簡単に見分けることができるでしょう。

 

ガスコンロが、ガスの種類に合わない場合は、

メーカーやガス会社に依頼して、合うように変換してもらうこと

で、ガスの種類に合わせることが可能です。

当然、費用は掛かりますが、

メーカーやガス会社で変換してもらったものなら、安全に使えます。

絶対に、個人で改造をしてはいけません。

必ずメーカーやガス会社に依頼してくださいね。

 

ガスコンロは、毎日使うものです。

それだけに、正しく安全に使いたいものです。

そのためにも、買い替えたり、引っ越しなどでガスの種類が変わったりする場合には、ガスの種類とガスコンロが合っているか、確認してくださいね。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス器具

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.