カセットコンロとカセットボンベ

カセットガスボンベOD缶のサイズ(大きさ)や重さを種類ごとに解説!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

カセットガスボンベには、家庭用のカセットコンロで使う『CB缶』のほかに、

『OD缶』

と呼ばれるボンベがあります。

このOD缶には、いくつかのサイズがあります。

 

ガスオ
ガスがたくさん入っている大きいサイズのほうがいいよね。

それが、一概にそうとも言えないのです。

 

大きいボンベは、その分、重さも増えます。

でも、アウトドアに持っていくなら、なるべく軽いほうが良いですよね。

また、使うガス器具によっても、使うボンベのサイズを選んだほうが良いのです。

 

ということで、この記事では

  • OD缶の種類と、その大きさや重さ
  • OD缶のサイズはどう使い分けると良いか

について解説していきます。

スポンサーリンク

アウトドア用カセットガスボンベ『OD缶』のボンベのサイズの種類は?

OD缶のサイズの種類

OD缶には3種類のサイズがあり、小さいものから順に

  • 110缶
  • 250缶
  • 500缶

があります。

 

メーカーによっては

110缶

⇒『105』

250缶

⇒『230』

500缶

⇒『470』

と書くこともあります。

でも、内容量や缶のサイズは、ほとんど同じです。

OD缶のサイズごとの大きさや重さは?

では、OD缶の大きさや重さなどについて見ていきましょう。

 

なお、重さや内容量は、メーカーやガスのタイプ、成分によって多少前後します。

呼び方110缶

(105)

250缶

(230)

500缶

(470)

ガスカートリッジの大きさ(約)直径90mm × 高さ 65mm直径110mm × 高さ 90mm直径110mm × 高さ 150mm
充填してあるガスの量約105g約230g約470g
ガスカートリッジの重さ

(ガス満タン時)

約180~190g約360~380g約670~680g

OD缶はサイズでどう使い分ける?

OD缶は、大きさによって適した使い方があります。

 

基本としては、

110缶、250缶

⇒一体型のシングルバーナーやストーブ(分離型バーナーもOK)

500缶

⇒ランタンやツーバーナー、分離型バーナー

 

なぜこういう使い分けをするかというと、

  • バーナースタンドは、だいたいにおいて250缶で使うように作られている
  • 500缶で一体型のシングルバーナーを使うと背が高くなってしまい、不安定になりやすい
  • ランタンは使用時間が長いので、500缶を使ったほうがカートリッジ交換の手間が省ける

といったことからです。

 

ガスオ
そっか、入ってるガスの量だけじゃなくて、ガス器具の使いやすさや安定性も大事なんだね。

はい、そうです。

安全に使いやすく使えることが、大切ですからね。

OD缶のガスにはどんなタイプがある?

OD缶のカートリッジには、サイズだけでなく、用途に合わせて

ノーマルタイプ

⇒春~秋の温暖な時期向け

ハイパワータイプ

⇒オールシーズン向け

寒冷地向け

⇒低気温に強く、冬山でも使えるカートリッジもある

と、3つのタイプがあります。

 

メモ

寒冷地向けのガスカートリッジは、夏に使うとガスの出方が強くなることがあります。

気を付けて使ってくださいね。

3つのタイプは何が違う?

この3種類のガスは何が違うかとうと、ガスの成分と割合です。

 

イワタニ『プリムスガス』の

  • ノーマルタイプ
  • ハイパワータイプ
  • ウルトラガス

で比べてみましょう。

 

ノーマルタイプ

ハイパワータイプ

ウルトラガス

ブタン

(ノルマルブタン)

65%75%
イソブタン33%70%
プロパン25%30%

※『その他』のガスが入っている場合があるので、合計が100%にならないものもあります。

 

どのガスをどの割合で混ぜるかは、メーカーやガスの種類によって違いますが、

ノーマルタイプ

⇒ブタンが主成分で、製品によってはイソブタンも入っている

ハイパワーガス

⇒ブタン+プロパン

寒冷地向け

⇒イソブタン+プロパン

という組み合わせが多いです。

 

なぜ混ぜるガスの組み合わせがこうなるか、ざっくり言うと

  • プロパン⇒イソブタン⇒ブタンの順に、低温でも気化しやすく、火が付きやすい
  • 低温で火が付きやすいガスを混ぜることによって、寒い場所でも使いやすいガスになる

ということからです。

ガスのタイプが違うと重さも違う?

ガスは、成分によって重さが違いますから、

どの成分がどのくらいの割合で入っているかによって、カートリッジの重さも変わります。

 

  • イワタニ『プリムスガス』ノーマルガス
  • イワタニ『プリムスガス』ハイパワーガス
  • イワタニ『プリムスガス』ウルトラガス250缶
  • スノーピークス『プロイソ』500缶

のガスの重量で比べてみましょう。

 

『プリムスガス』ノーマル(250缶)

『プリムスガス』ノーマル(500缶)

『プリムスガス』ハイパワー(250缶)

『プリムスガス』ハイパワー(500缶)

『プリムスガス』ウルトラ(250缶)

『プロイソ』(500缶)

250缶約230g約225g約220g
500缶約470g約460g約450g

 

ガスオ
えっ、気温が低い所で使いやすいガスは、量が少ないの?

この表をパッと見ると、そう思いますよね。

でも、ガスの体積は同じです。

 

なぜ寒冷地向けのほうが軽いかというと、

同じ体積でも、ブタン>イソブタン>プロパンの順に、重量が重いからなのです。

 

OD缶には互換性はある?

OD缶を選ぶときに注意しておきたいのは、

OD缶は日本では規格が統一されていない。

バーナーやコンロで指定しているOD缶を使う必要がある

ということです。

 

ガスオ
えっ、でも、どのメーカーのも同じ形だよね?

確かに、一見同じに見えますよね。

『ガス器具とカートリッジのメーカーが違っていたけど普通に使えた』という人もいます。

 

でも、

  • 接合部分の大きさ
  • ノズルの太さ
  • ねじ穴の位置

といった部分が微妙に違っていたりします。

 

そのため、

  • カートリッジとガス器具をしっかりつなぐことができない
  • ガス漏れや正常に燃焼しないなど、不具合が起きる可能性がある
  • ガス器具を傷めてしまう可能性がある

といったリスクがあります。

 

また、

ガス器具で指定している以外のカートリッジを使って事故があっても自己責任となり、『生産物賠償責任保険』の対象外になります。

損害が出てもメーカーの賠償を受けられません。

生産物賠償責任保険の対象になるのは、『正しく使って事故が起きた場合』だからです。

 

なので、やはりガス器具で指定しているカートリッジを使ったほうが安全ですよ!

スポンサーリンク

まとめ

カセットガスボンベの『OD缶』は、アウトドアに携行しやすいボンベです。

 

サイズは、

110缶

⇒缶の高さは約65㎜、ガスの量は約105g

250缶

⇒缶の高さは約90㎜、ガスの量は約230g

500缶

⇒間の高さは約150㎜、ガスの量は約470g

の3種類。

 

一体型のバーナーやストーブは、250缶が向いています。

500缶だと、不安定になりやすいからです。

 

逆に、500缶はランタンなどを長時間使う用途に向いています。

バーナーを500缶で使うなら、分離型バーナーがおすすめです。

 

ガス器具によって、缶のサイズを選んだほうが良い場合があることにも、留意してくださいね。

 

また、OD缶には、

  • ノーマルタイプ
  • ハイパワータイプ
  • 寒冷地向け

があります。

使う場所の気温に合わせて選びましょう。

 

そしてOD缶は

ガス器具で指定しているものを使うことが大切です。

ガス器具とカートリッジのメーカーが違うと、不具合が起きる可能性もあるからです。

 

ガス器具やカートリッジは正しく安全に使って、アウトドアでの料理を楽しんでくださいね!

-カセットコンロとカセットボンベ

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved