プロパンガスの違い

プロパンガスの店舗・業務用と家庭用の違いをわかりやすく解説!

投稿日:

家庭ではおなじみの、プロパンガス。

このプロパンガスが使われるのは、家庭だけではありません。

飲食店や美容院などの店舗や、病院や福祉施設、そして工場など、いろいろな場所で使われています。

これらは、いわゆる『業務用プロパンガス』というものですね。

 

お店や施設、工場では、使うガスの量も家庭よりも多いですよね。

ということは、業務用のプロパンガスは、家庭用のものとは違いがあるのでしょうか?

違うとすれば、どんなところが違うのでしょうか?

 

そこで今回は、

店舗などの業務用のプロパンガスと家庭用のプロパンガスの違い

について、お話しします。

使用量や料金のこと、ガス器具などについても書いているので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

スポンサーリンク

店舗・業務用と家庭用のプロパンガスの違い

強い火力でおいしい中華料理!

『業務用プロパンガス』とは?

『業務用プロパンガス』とは、

一般家庭以外で使うプロパンガス

のことです。

たとえば、

  • 飲食店や美容院、クリーニング店などの店舗
  • ゴルフ場やスポーツジムなどの民間施設
  • 高齢者施設や障害者施設などの福祉施設
  • 機械や食品、金属加工などの工場
  • 農業や畜産業などの生産施設
  • 病院や助産院などの医療関係

などなど。

 

『業務用』と『店舗用』では、おおむね違いはありません。

お店で使うものは『店舗用』ですが、

店舗も業務に含まれるので、どちらも『業務用』です。

ただ、『業務』といっても、小さなお店から大きな工場まで、いろいろですよね。

その中で特に、

工場で製品を作ったり金属加工したりするために使うものを『工業用』と呼びます。

 

家庭用のプロパンガスの主成分は『プロパン』。

店舗や施設などでも、給湯や調理、冷暖房に使うのは、プロパンが主成分のガスです。

でも、金属加工などの工業用の場合には、用途によってはブタンガスが中心のガスを使うこともあります。

店舗・業務用と家庭用のプロパンガスは何が違う?

では、店舗や業務用のプロパンガスと家庭用のプロパンガスでは、何が違うのでしょうか?

まず、表でざっと比べてみましょう。

 

業務用 家庭用
成分 店舗や施設などの業務用プロパンガスの成分は、家庭用と変わりない。

ただし、工業用ではブタンを主成分とする『ブタンガス』が使われることも多い。

プロパンを主成分として、ブタンが混ざっている。

(家庭で使われるカセットガスボンベでは、主にブタンが使われている。)

使用量 月に300立方メートル以上が『業務用』として『業務用価格』が適用される目安。

ただし、状況によっては100立方メートルくらいでも適用される。

一般家庭では冬でも月に30立方メートルくらい。

一人暮らしなら、8立方メートル

料金 『業務用価格』があり、一般家庭より安い料金設定になる事が多い。

ガス会社によっては、業務用価格には基本料金がないこともある。

『基本料金+従量単価』という料金体系のことが多い。
ガス器具 ガスコンロ 家庭用より火力が強く、飲食店では10,000Kcal以上のものを使うことも多い。

マッチなどで火をつける。

火力は、高火力バーナーでも3,610Kcal。

最大でも4,000Kcalくらい。

ボタンやつまみで火をつける。

給湯器 大量のお湯を頻繁に使うことを前提に作られている。

寿命は3年程度。

50号以上の給湯器を設置・交換する時は、消防署への届け出が必要。

家庭で使う分のお湯を想定しているので、それほど大量のお湯は供給できない。

業務用より価格が安く、寿命は10年くらい。

使うガスボンベ 店舗などでは、50㎏までのボンベを使うこともあるが、工業用では425~3,000㎏のガスボンベを使うことも。

また、工場や施設などでは、バルクタンクを使うことも珍しくない。

20~50㎏のガスボンベを使うことが多い。

使用量の多い家庭では、バルクタンクを使うこともある。

適用される法律 用途によって、『液化石油ガス法(液石法)』が適用される場合と、『高圧ガス法』が適用される場合がある。 『液化石油ガス法(液石法)』が適用される。

 

では、それぞれの違いについても、詳しくお話ししましょう。

業務用と家庭用!使用量はどれくらい違う?

まず、一般家庭のプロパンガスの1ヶ月の使用量は、使用量が多くなる冬でも

1人暮らし…8立方メートル

2人暮らし…15立方メートル

3~4人暮らし…30立方メートル

と、だいたいこのくらいです。

(使用量は、地域や環境、ライフスタイルなどによって違います。)

 

それに比べて業務用は、店舗や施設にもよりますが、

1か月あたり100~300立方メートル以上!

家庭での使用料の、3倍から10倍以上ですね。

もちろん、業種や店舗の規模によっては、もっと多く使うお店や、100立方メートルに満たないお店もあるでしょう。

業務用と家庭用!プロパンガス料金の違い

業務用のプロパンガス料金は

  • 基本料なしで、従量料金のみのことも多い
  • 従量単価は、家庭の従量単価より安く設定されることが多い

これだけ聞くと、うらやましい気がしますよね。

でも、基本料がないのも従量単価が安いのも、それだけ大量にガスを使うからです。

つまり、

『基本料なし』や従量単価が安めの料金設定でも、ガス会社には十分利益があるくらい使う

ということなんですね。

そのため、業務用でプロパンガスを使う店舗や施設を『大口需要家』と呼ぶこともあります。

家庭用と業務用!ガス器具の違い

家庭用と業務用では、ガス器具も違います。

なぜかというと、

業務用では調理も給湯も、大量に効率良くする必要があり、よりパワフルなガス器具を使うからです。

 

家庭用と業務用のガスコンロの違い

飲食店では、大量に効率よく調理をしなければならないですよね。

もちろん、おいしさも大事。

そのため、

業務用のガスコンロは10,000Kcal以上の高火力のもの

を使うことが多いです。

また、バーナーも2重になっています。

 

一方、家庭のガスコンロは、バーナーが1重ですし、カロリーも3,600Kcalくらい。

安全装置もついていて、家庭で安全に調理ができるように作られているのです。

 

家庭で業務用コンロを使うことは可能?

『強い火力で効率的に調理できる』

と聞くと、

「業務用のコンロを家で使えないかな…」

と思う人もいるかもしれませんね。

 

家庭で業務用コンロを使うこと自体は、不可能ではありません。

でも、やめた方が良いです。

なぜかというと、

  • 業務用のコンロには、家庭用のコンロのように安全装置が付いていない
  • 家庭用の換気扇で業務用コンロを使うと換気が追い付かず、室内にガスがこもったり、不完全燃焼を起こしやすくなったりして危険
  • ビルトインの業務用ガスコンロがない
  • ガスホースなども業務用に対応するものにしなければならない
  • 業務用コンロは、家庭用コンロよりも壁からの距離を取らなければならず、スペースを取る
  • 家庭用コンロがボタンやつまみで着火できるのに比べ、業務用コンロは、マッチやチャッカマンなどで火をつけるものが多く、やけどする可能性がある

 

要するに、

家庭で業務用コンロを使うのは、安全ではないし使いにくい

ということなのです。

 

もし、

『できるだけ火力の強いコンロが欲しい』

ということであれば、家庭用で火力の強いものを使うのがおすすめ。

たとえば、リンナイのVamo.(バーモ)なら、4,000Kcalの高火力です。

これは家庭用コンロとしては、最大級の火力。

安全装置もついているので、家庭で安心して使えますよ!

 

業務用と家庭用!給湯器の違い

給湯機も、業務用と家庭用では違います。

使う頻度や供給するお湯の量が違うからです。

 

給湯器は号数が大きくなるほど、たくさんのお湯を供給することができます。

家庭で使われる給湯器の号数は、だいたい10~28号。

一方、業務用では32号や50号など、大きくてパワフルな給湯器が使われています。

 

さらに、業務用の場合、複数の給湯器を連結して使うこともあります。

これは、1つが故障しても、他の給湯器でカバーして業務に差し支えないようにするためです。

業種によっては、お湯が使えなくなったら営業ができなくなってしまいますからね。

 

そして、

業務用給湯機は頻繁に大量にお湯を作るため、寿命が短く、だいたい3年くらいで交換時期

になってしまいます。

一方で家庭用は、業務用ほど使う頻度も作るお湯も多くありません。

そのため、家庭用給湯器の寿命は10~15年くらいです。

そのため当然、価格も家庭用の方が安いです。

 

「業務用の方がパワフルなら、家庭で業務用の給湯器をつけたらいいんじゃない?」

と思うかもしれませんが、コンロ同様、

家庭には家庭の給湯器が向いています。

なによりも、業務用給湯機をつけるには、配管は業務用に対応したものにしなければなりません。

そして、大きさによっては消防署への届け出も必要です。

やはり、適材適所が一番ということですね。

工業用だとガスボンベも違う

だいたいにおいて、

一般家庭では20㎏や50㎏のボンベを複数置いて使いますよね。

筆者の家でも、50㎏ボンベを2本でプロパンガスを使っています。

もしくは、ガスの使用量が多い家庭では、家庭向けのサイズのバルクタンクを使うこともあるでしょう。

 

一方、業務用となると使用量が多いので、使用量によって

  • 50㎏ボンベを3本以上で使う
  • 工業用のガスボンベを使う
  • バルクタンクを使う

という使い方をしています。

 

工業用のガスボンベは、425㎏~3,000㎏。

家庭用の8~60倍の容量があります。

かなり大きいボンベですよね。

 

また、工場や施設などでは、使用量に合う大きさのバルクタンクを使うこともあります。

バルクタンクは、安定して大量のガスを供給することができ、配送もボンベに比べて安くできるので、使用量が多い場合には効率的なのです。

関連記事
いろいろなガスボンベ
プロパンガスのボンベの種類を紹介!容量や大きさ(サイズ)・重さをチェック

家庭でのガス供給などで使われている 『プロパンガスボンベ』 家の敷地の中に、大きいボンベが2本立てられているのを、よく見かけますよね。 また、イベントの屋台などで、小さめのガスボンベを見かけることもあ ...

続きを見る

関連記事
ガスを充てんするバルクローリー
プロパンガスをバルク供給システムにするメリットとデメリット

家庭に供給される、プロパンガス。 多くの人は、 『プロパンガス=ガスボンベ』 というイメージを持っていることでしょう。 でも実は、プロパンガスには、もう1つの供給方法があります。 それが『バルク供給シ ...

続きを見る

業務用と家庭用では適用される法律も違う?

プロパンガスに関わる主な法律には、

『液化石油ガス法(液石法)』

『高圧ガス保安法』

という法律があります。

 

家庭用は、『液化石油ガス法』が適用になります。

でも、業務用の場合は、使い道によってどちらが適用されるのかが変わります。

 

どういう時にどちらが適用されるかというと、

一般家庭で、調理や給湯の燃料としてプロパンガスを使う

⇒液化石油ガス法

店舗や工場などの業務での使用でも、一般消費者と同じような使い方で、法律に定められた使い道である場合

⇒液化石油ガス法

生産設備や製造工程などに使う場合

⇒高圧ガス法

 

これではちょっとわかりにくいですね。

業務用で使う場合に、どちらが適用されるか、具体的な例でみてみましょう。

 

適用される法律 用途 使用例
液化石油ガス法 プロパンガスを冷暖房や調理に使う 飲食店や給食センターでの調理、スーパーなどの店舗の冷暖房、工場の事務所の冷暖房など
プロパンガスを蒸気の発生や、水温を上げるために使う ホテルのお風呂、理美容院での洗髪、病院などの医療・保健業、銭湯、福祉施設のお風呂や給湯、スポーツジムなど
高圧ガス保安法 生産設備・生産工程に使う 生産設備やコンピューターなどを冷却するために使う

農産物の栽培のために使う

畜舎の冷暖房

店舗に卸す食品(例えばコンビニのおにぎり、サンドイッチ、弁当など)を作る

 

これを見ると、理美容店や飲食店など、

一般のお店であれば、まず『液石法』になる

と考えてよいでしょう。

法律が気になることは、場面として多くないでしょう。

でも、よくわからずに、どちらの法律になるか気になる場合は、ガス会社に問い合わせてくださいね。

 

プロパンガスを業務用価格で利用するには

美容院でも大量のガスを使う

美容院でも大量のガスを使う

さきほど、

『業務でプロパンガスを使う時には、業務用価格が適用される』

と書きました。

『業務用価格』って、業務での利用であれば、どんな場合でも適用になるのでしょうか?

 

ここからは、プロパンガスの『業務用価格』についてお話しします。

業務用価格は、どんなときに適用される?

プロパンガスを業務用価格で利用するには、

『業務用で使う』というだけでなく、基準の使用量もあります。

その基準の使用量とは、

月間300立方メートル以上。

多くの場合、これが目安です。

 

でも、業種や店舗によっては

『300立方メートルも使わないけど、100立方メートルくらいは行く』

ということもありますよね。

そのため、

実際には、300立方メートル以下、たとえば100立方メートルくらいでも、業務用価格で供給してくれるガス会社も多いです。

また、100立方メートル行かなくても、使用量に応じて料金設定をしてくれることもあります。

まずは、ガス会社に相談してみてください。

 

そして、

ガスオ
毎月50立方メートルくらいしか使わなくて、一般家庭規模と判断されちゃった…

というような場合。

『一般家庭規模』と判断されると、業務用価格は適用にならないでしょう。

でも、

『ガス会社変更サービス』に相談すれば、より安い料金で供給してくれるガス会社を提案してもらえる可能性があります。

あきらめずに、ガス会社変更サービスに相談してみてくださいね。

関連記事
便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

業務用価格の料金体系

プロパンガスの業務用価格の料金体系は、

  • 基本料金なしで、従量料金のみ
  • 『基本料金+従量料金』だが、従量料金が一般家庭より安い

など、ガス会社によって違います。

 

従量料金も、

ガス屋
この地域の一般家庭の相場は従量単価450円だけど、業務用なら320円にしましょう

というように、

使用状況や使用量によって、判断してもらえることもあります。

 

料金が具体的にいくらになるかは、地域やガス会社によってかなりの差があるので、一概には言えません。

なので、例を1つ挙げて、比べてみましょう。

 

これは東京都での例で、

  • ある一般家庭のガス会社変更前後の料金
  • ある店舗のガス会社変更前後の料金

の比較です。

 

基本料金 従量単価
一般家庭の料金 ガス会社変更前の料金 1,500円 500円
ガス会社変更後の料金

(適正価格)

1,500円 280円
店舗の料金

(業務用価格)

ガス会社変更前の料金 1,500円 340円
ガス会社変更後の料金

(適正価格)

1,500円 320円

参考 プロパンガス料金消費者協会

 

この例だと、乗り換え前の従来の価格を比べても、一般家庭では、180円もの差があるんですね。

また、業務用価格でガス会社を乗り換える前後の料金差は、20円。

一見小さいようですが、300立方メートル使うと、これが6,000円もの差になります。

1ヶ月6,000円とすると、1年だと72,000円。

けっこう大きな金額差になりますね。

上手なガス会社の探し方

お店でも家庭でも

「せっかくなら、少しでも安いガス会社にしたい!」

というのは同じですよね。

 

『安くて良心的で、安心して利用できるガス会社を探したい』

そんな時は

ガス会社変更サービスを利用して、ガス会社を紹介してもらう

これが一番の近道です。

 

もちろん、自分でガス会社に問い合わせ、いくつかのガス会社から見積もりをもらうのもOKです。

でも、手間も時間もかかります。

忙しくて、ゆっくり比べて考える時間が惜しいこともあるでしょう。

それに、初めは安くても、契約した後で値上げしたりするガス会社も、中にはあります。

となると、自力で『安くて良いガス会社』を探し当てるのも、なかなか大変ですよね。

 

でも、ガス会社変更サービスに相談すれば

  • お店でのガスの使用状況にあったガス会社やプランを紹介してくれる
  • 良心的なガス会社の中から紹介してくれる
  • うるさい勧誘もない
  • ガス会社への連絡や、前のガス会社への解約手続きを代行してくれる
  • 『料金保証』があるサービスを利用すれば、契約後の料金も安心

と、とても楽にガス会社を選ぶことができるのです。

 

ガス会社変更サービスからの提案が気に入らなければ、もちろん断ってOKです。

また、

ガス会社変更サービスは無料で利用できる

ので、気軽に相談できます。

「お店のガス代をもう少し減らせないかな…」

と思っているなら、ぜひ一度相談してみてくださいね。

関連記事
便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

 

筆者の家は一般家庭ですが、

『ガス会社変更サービスってどんな感じ?』

と思った人は、こちらも読んでみてくださいね。

筆者の体験談です。

関連記事
節約できた!
ガス屋の窓口でプロパンガス会社を変更してみた【料金節約レビュー】

筆者の家でも、プロパンガスを使っています。 正直、ガス代高いです。 そんなに無駄遣いしている覚えはないし、節約も意識しているのですが、 効果はイマイチ…。   という日々でしたが、 『ガス代 ...

続きを見る

スポンサーリンク

まとめ

家庭用と業務用のプロパンガスでは、ガス器具やボンベなど、いろいろな違いがあります。

中でも最も違いが出てくるのは、やはり使用量でしょう。

業務用だと、使用量がとても多いですよね。

そのため、

業務用でプロパンガスを使う場合には、『業務用価格』で供給してくれるガス会社

を利用することが大事です。

業務用価格なら、一般家庭よりも安い料金設定

でプロパンガスを使うことができます。

 

業務用の料金が適用されるのは、

『使用量が月に300立方メートル以上』

とされることが多いです。

でも実際には、業務用として使っていれば、100立方メートルくらいでも適用してくれるガス会社もあります。

 

そして、業務用でも家庭用でも、安くて良心的なガス会社を利用したいもの。

『良いガス会社を見つけるなら、ガス会社変更サービスを利用するのが近道』

ということも、同じです。

お店のガス代を減らしたいと思ったら、ひとまずガス会社変更サービスに相談してみてくださいね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-プロパンガスの違い

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.