ボンベ

プロパン(LP)ガスボンベのレンタル料金をチェック!おすすめ業者は?

屋外イベントでの調理や学園祭の模擬店などで活躍するのが、ガスボンベに入ったプロパン(LP)ガス

ガスボンベが安全における場所なら、どこでも使えるのが、プロパンガスの強みです。

 

ガスボンベは、個人で所有してガスを充填してもらうこともできますが、レンタルで使うこともできます

 

ただ、ガスボンベをレンタルで使うとなると、料金やどこの業者が良いかが気になりますよね。

 

そこで今回は、

  • ガスボンベをレンタルするにはどのくらいの料金がかかるのか
  • ガスボンベレンタル業者の、おすすめの探し方

についてお伝えします。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパン(LP)ガスボンベのレンタルってどのくらいの料金?

ガスボンベのレンタル料金

ではさっそく、プロパンガスボンベのレンタル料金をチェックしましょう。

数社を調べてみたところ、だいたいこのくらいの料金でした。

ボンベのサイズ料金調整器やホースがセットの料金
2㎏2,000~2,500円2,200~4,600円
5㎏2,500~3,500円4,500~5,600円
8㎏3,000~4,000円5,000~6,500円
10㎏3,500~4,500円6,600~7,000円

 

ガスボンベを使うときには、『調整器』も必要です。

調整器がセットではない場合のレンタル料は、

だいたい600~1,000円くらい

と考えておくと良いですよ。

ボンベ本体以外に必要な費用は?

プロパンガスをレンタルで使うときには、ガスボンベ本体のレンタル料以外に

  • ガスコンロなど調理器具が必要な場合は、調理器具のレンタル料
  • 配送料・引き取り料
  • 保証金
  • レンタルを延長する場合、その分の料金

が加わります。

 

これも業者によって違いますし、配送料や引き取り料は、ガス会社からの距離によって変わることもあります。

調整器などの器具も一緒にレンタルするのがおすすめ

ガスボンベを使う時には、調整器やガスホース、コンロなどのガス器具も一緒に借りるのがおすすめです。

同じ業者から借りれば、確実にガスに合うものを貸してもらえるからです。

セットだと割安になることもあるので、セット価格はしっかりチェックしておきましょう。

配送料について

ガスボンベをレンタルするなら、ガスを使う場所まで配達してもらうのがおすすめ。

安全にガスが使えるようにセッティングしてもらえますし、何より運搬の心配がありません。

 

配送料は、これも業者によりますが、

1,500円~3,000円くらい

のところが多いです。

ただし、

  • 配送する距離
  • 配送や回収の日が日曜・祝休日の場合
  • ボンベの本数
  • 配送の時間帯

などによって、割増料金が発生する場合もあります。

保証金について

ガスボンベや器具をレンタルする時に、『保証金』を求める業者もあります。

保証金は、だいたい10,000円くらいのところが多いです

 

レンタルしたボンベを問題なく返却できれば、保証金は返してもらえます。

 

ただし、

  • ガスボンベや器具などを破損、汚損、紛失した
  • 貸出期間を超過した

といった場合は、返してもらえないこともあります。

使い方や返却日を、きちんと守って使ってくださいね。

5kgガスボンベのレンタルは、トータルでいくら?

では、ガスボンベのレンタル料金は、実際どれくらいになるのか?

 

一例として、東京の『株式会社福田屋』で

  • プロパンガス5kgボンベ×1本
  • 調整器
  • 1.5mのゴムホース
  • 二重コンロ1台
  • 借りる日は日曜日か祝休日
  • 使う場所は、福田屋から10~15kmの場所

という内容で、レンタルした場合でみていきましょう。

 

プロパンガス5kg×1本セットで2,500円
調整器
ゴムホース1.5m
二重コンロ2,000円
配送料3,000円
保証金(ボンベ返却時に返金)10,000円
合計1,7500円

以上の料金になります。

 

あくまでも一例ですが、おおまかな目安として

5kgのボンベ1本なら、『レンタル料1万円以下+保証金』

と考えておくと良いですよ。

どのサイズのガスボンベを借りる?

プロパンガスボンベをレンタルする時に大事なのが、ボンベのサイズです。

ガスボンベのサイズは、

  • 2kg
  • 5kg
  • 8kg
  • 10kg

があります。

メモ

ガスボンベの『kg』は、ボンベ本体の重さではなく、中に入れるガスの量です。

 

どのサイズを選ぶかは、

  • 使用時間
  • 使用用途(料理の内容など)

で選びましょう。

 

ボンベのサイズと使える時間の長さの目安は、だいたいこのくらいです。

ボンベのサイズ2重コンロでの

使用時間

3重コンロでの

使用時間

用途例
2kg約4時間約2時間少人数でのキャンプなど、短時間の使用に向いている。
5kg約10時間約5時間人気のサイズ。

学園祭の模擬店や屋台など向け

8kg約16時間約8時間長時間強い火力が必要な料理に向いている。
10kg約20時間約10時間

 

なお、ボンベのサイズによっては、屋外での使用に限定される場合もあります

屋内で使用する場合は、レンタル業者に『屋内で使う』と伝えてくださいね。

ガスボンベをレンタルで使うメリット

ガスボンベは、1週間程度以内の期間しか使わないのであれば、購入よりレンタルがおすすめです。

 

一番の理由は、ボンベを購入してガスを充填してもらうよりおトクだからです。

 

ガスボンベを購入すると

  • ボンベ本体
  • ガスの充填
  • ボンベの点検

などに費用が掛かり、トータルで20,000円以上はかかってしまいます。

 

でも、レンタルならガスを充填したボンベを安く貸してもらえます。

点検などの費用もかかりません。

 

費用以外の面でも、レンタルだと

  • ボンベを使わない間、保管しておく必要がない
  • ガスの質量販売をしてくれる業者を探す苦労をせずに済む
  • 使いたい日に、使いたい量だけ調達できる
  • ガス機材の設置などもガス会社の人にやってもらえるので、安心
  • 業者によっては、コンロや焼き鳥器など、ガス器具も貸してもらえる

といったメリットがあります。

ですから、手軽さや安全性、そしてコストの面では、レンタルがおすすめです!

関連記事
ガスボンベの充填
プロパンガスをボンベに充填する料金はいくら?業者と値段をチェック

続きを見る

 

ガスボンベはどんなレンタル業者がおすすめ?

ガスボンベをレンタルする時に大事なのが、業者です。

ここからは、業者の選び方や、ガスボンベレンタルの利用のしかたを見ていきましょう。

ガスボンベレンタルの業者選びで大事なこと

ガスボンベをレンタルする時に、一番に考えなければならないのは

ガスを使う場所から近い業者を探す

ということです。

 

どのくらいの距離の業者を探すかというと、業者にもよりますが、

ガス業者の営業所から10㎞以内~15km以内

が良いですね。

 

ガス業者に問い合わせると対応エリアを教えてくれるので、使用場所が対応エリアに入る業者を選びましょう。

 

なぜ距離の制限があるかというと、ガスボンベのレンタルには

『保安のため、万が一何かあった時にすぐに行ける場所にしか、貸し出してはいけない』

というルールがあるからです。

 

家庭でプロパンガスを供給する時にも、

『ガス業者の場所から30分以内で行ける範囲に供給する』

というルールがありますが、これと同じです。

 

ガス業者を探す時には、『使用場所からの距離』に気を付けてくださいね。

こんなレンタル業者がおすすめ

では、距離の他にはどんなことを考えると良いのかお伝えしましょう。

こんな業者がおすすめ

  • 料金を明確に示してくれる
  • 一緒に借りたいガス器具も扱っている(コンロなどもレンタルしたい場合)
  • 説明が丁寧
  • 質問にきちんと答えてくれる

以上がポイントです。

 

最も大切なのは、やはり『料金を明確に示してくれる』ということですよね。

ガスボンベのレンタル料だけでなく、

  • 配送料の加算額や加算の条件
  • 調整器などのレンタル料
  • 延滞や破損などの場合の料金

などについても、きちんと伝えてくれるところを選ぶのがおすすめです。

 

そして、『説明が丁寧』『質問にきちんと答えてくれる』ということも、とても大切です。

ガスや火を扱うのですから、丁寧に対応してくれる業者を選びたいものですね。

メモ

ガスボンベを使う地域によっては、対応してくれる業者が少なく、あまり選べないこともあります。

 

プロパンガスボンベをレンタル利用する仕方

ここからは、プロパンガスボンベのレンタルの利用のしかたについて、チェックしていきます。

ガスボンベレンタルの手順

ガスボンベのレンタルをする手順は

  1. いつどこで、何を何日間借りるのか、まとめておく
  2. レンタル業者を探す
  3. プロパンガスボンベのレンタルを申し込む
  4. プロパンガスボンベを納品してもらう
  5. 使い終わったら返却する

という流れです。

では、それぞれの手順について、お話ししましょう。

使用する日時や場所、ボンベのサイズなどをまとめておく

レンタル業者に問い合わせる前に

  • 何月何日から、何日間使うか
  • どこで使うか(使用場所の住所)
  • どのサイズのボンベを何本使うか
  • ボンベのほかに、何が必要か(調整器やホース、コンロなど)

といったことを、まとめておいてください。

まとめることで、問い合わせがスムーズにできます。

ガスボンベのレンタル業者を探す

先に書いたように、業者を探す時は

『ガスを使用する場所から近い業者』

を探す必要があります。

『あなたの家から近い業者』ではないので、間違えないように気を付けてくださいね。

 

業者が見つかったら、まずは

  • ガスを使用する場所が対応エリアに入っているかどうか
  • 借りたいものが借りられるかどうか

を確認してください。

 

対応エリアは、業者によって

  • 事業所から10㎞まで
  • 事業所から15kmまで

など、範囲が違います。

ですから、対応エリアかどうかは、忘れずにチェックしてください。

 

また、業者でどのサイズのボンベを貸し出しているかも、よく確認しましょう

業者によっては、8kg、10kgのボンベしか貸し出していないこともあり、必ずしも希望のサイズで借りられるとは限りません。

 

メモ

ガス業者によっては、申し込みをした人は『火気取扱責任者』として、『LPガス検定』を受ける必要がある場合もあります。

業者によってそれぞれ取り決めがあるので、レンタルの条件などはよく確認しましょう。

レンタルを申し込む

業者が見つかったら申し込みですが、ここで注意したいのは

遅くても、ガスを使う日の2週間前には申し込む

ということです。

 

ガスボンベのレンタルは、申し込んですぐ貸してもらえるわけではありません。

契約する時には、

  • 使用場所の住所や状況
  • 日程
  • 使用量
  • ボンベの個数
  • 使い方や注意事項

などなど、いろいろな確認事項があります。

 

そのため、思った以上に時間がかかることや、レンタルの申し込みが混むこともあります

余裕をもって申し込んでください。

 

  • 夏祭り
  • 学園祭
  • 年末年始

など、イベントが多いシーズンは、予約が混む可能性が高い時期です。

プロパンガスをレンタルすることが決まったら、早めに業者を選び、連絡してください。

ガスボンベを納品してもらう

納品は、

  • ガス業者に現地まで配達してもらう
  • 自家用車で引き取る

という方法がありますが、

ガス業者に配達してもらうのが、最も安全です。

 

また、業者に配達してもらうと、

ガスボンベの置き場所や、ガス器具との接続なども頼めますし、現場で安全に使えるかどうか、確認してもらえます。

 

自家用車で運ぶことも、絶対NGではありませんが、

  • ガスボンベは必ず立てて積む
  • ロープなどで固定し、ボンベが転がらないようにする
  • ボンベの積載量を超えないようにする
  • 複数のボンベを運ぶ場合は、ボンベの組み合わせの決まりを守る
  • 車中が高温にならないようにする
  • ガスボンベの近くでは、絶対に火を使わない

など、いろいろな注意が必要です。

 

でも、素人だと注意が行き届かないこともありますよね。

ですから、ぜひ業者に運んでもらってください。

 

ガスボンベの運び方については、詳しくはこちらを読んでくださいね。

レンタルなどのボンベを運ぶ場合

関連記事
プロパンガスの配送にはどんな資格が必要?
プロパンガスを配送する方法と必要な資格をわかりやすく解説!

続きを見る

返却する

返却の時は、

業者が回収に来るまで、ガスボンベやホース、ガス器具などはつけたままにしておきます。

安全に外してもらうために、必ず守ってください。

 

また、

ガス業者から許可を得ない限り、自己判断で自家用車で返却することは、絶対にしないでください。

 

レンタルは、返却するまでがレンタルです。

安全に使って、安全に返しましょう。

ガスボンベをレンタルする時の注意点

ガスボンベをレンタルする時には、いくつか大事な注意点があります。

レンタルする時というより、『ガスやガスボンベを扱う時』と言ったほうが正確ですが。

 

それはどんなことかというと

  • 火気厳禁
  • ガスボンベが高温にならないようにする
  • 置き場所は、平らで安定している、安全なところに
  • ガスを使っている間は、絶対にそばを離れない
  • 異臭を感じたら、すぐ元栓を閉めてガス業者に連絡する

ということです。

注意点1とにもかくにも火気厳禁!

『火気厳禁』は、基本中の基本です。

ガスボンベの置き場所は、火元から確実に2m以上離すこと。

 

万が一、ガス漏れがあった場合、近くに火がいると引火して、大事故になってしまいます。

もちろん、ガスボンベの近くでタバコを吸うのは、もってのほかです。

注意点2ガスを使っている間は、必ずそばに人がいるようにする

ガスを使っている間は、絶対にそばを離れてはいけません。

これも、ガスや火を使う時の、ごくごく基本的な注意事項です。

 

屋外でガスを使う場合、枯葉やゴミなどが飛んできて、火が移ったりする可能性もあります。

ほんの少しの間でも、使っている火が弱火でも、絶対に油断しないでください。

注意点3異臭を感じたら、すぐガス業者に連絡!

わずかでもガスの臭いがしたら、ガス漏れの可能性があります

  1. すぐに火を消す
  2. 元栓を閉める
  3. ガス業者に連絡する

この3つを必ずしてください。

 

元栓を閉めてしばらくして、ガスの臭いが消えたとしても、

ガス業者に点検してもらい、安全が確認できるまでは、絶対に使用を再開してはいけません。

 

『臭いが消えたからいいんじゃない?』

『ちょっと様子を見てから、使ってみよう』

は厳禁ですよ!

注意点4ガスボンベが高温にならないようにする

ガスボンベが高温になると、安全弁が作動して、ガスが出てしまう可能性があります。

 

なので、ガスボンベは、

  • 直射日光が当たらない場所に置く
  • 高温になる車内に放置しない

など、ボンベが温まらないようにしてください。

 

とくに、夏場の車内はあっという間に温度が上がってしまいます。

車内に置きっぱなしにするのは、とても危険です!

注意点5置き場所は、平らで安定している、安全なところに

ガスボンベが使用中に転がってしまうと、危険です。

ボンベを置いてもグラグラしない、安定して置ける場所に置きましょう。

 

また、近くに倒れてくるようなものや、落ちて来るようなものがある所も避けてください。

何かが倒れたり落ちたりしてガスボンベが倒れると、ガス漏れなどの事故になりかねません。

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスボンベのレンタルは、5kgのボンベ本体だけなら、

だいたい5,000~6,000円くらい

で借りることができます。

 

  • 対応エリアが、業者からだいたい10~15km以内に限られている
  • ガスボンベのサイズによっては、屋外の使用に限られる

など、ある程度の制限はありますが、購入するより、ずっとリーズナブルですよ!

 

ガスボンベを借りる時には、

『使う場所から近い業者を探す』

ことが大切です。

レンタル申し込みから借りるまでに時間がかかることもあるので、申し込みは早めにしてくださいね。

 

そして、ガスボンベのレンタルは、『ガス』と『火』を扱うことです。

業者からの説明や注意事項は、しっかり聞いて、しっかり守ってください

 

おトクなプロパンガスのレンタルで、安全に、楽しい時間を過ごしてくださいね!

-ボンベ

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2020 All Rights Reserved