ガス器具

プロパンガスのメーターの見方をわかりやすく解説!

投稿日:

ガスを使っていると、必ず設置されているのが

『ガスメーター』

 

このガスメーター、

ガスの使用量を計るために、とても大切なものなんです。

ガスメーターがなかったら、今月どのくらいガスを使ったのか、知ることができません。

 

また、使用量を計るだけでなく、

ガスの事故を防ぐ

という、とても大事な役目もあります。

そのため、ガスメーターには、

ガスの使用量の表示に加え、ガスを止めた時の警告表示も出るようになっています。

 

でも、どこをどう見たら、使用量や警告表示がわかるのでしょうか?

 

ということで今回は、

プロパンガスのメーターの見方を、使用量と警告表示について

お話しします。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスメーターでの、ガス使用量の見方は?

プロパンガスのメーター

プロパンガスのメーター

プロパンガスメーターはどこにある?

プロパンガスのメーターは

  • 玄関の横
  • 建物の裏や側面
  • ガスボンベの近く

などに設置されています。

一戸建ての一般家庭だと、ガスボンベの近くに設置してあることも多いですね。

 

集合住宅だと、

  • 共用の廊下にまとめて設置
  • 玄関の脇の金属製の扉の中

に設置されていることもあります。

 

ガスの使用量を見るためにも、また万が一何かあってガスが止まった時のためにも、

ぜひ一度、自分の家で使っているガスメーターの場所を確認しておいてくださいね。

ガス使用量の見方と計算方法

プロパンガスのメーターの表示は、ガス会社やメーターによって多少違います。

でも、基本的なところはだいたい同じです。

 

ガスメーターの使用量の見方

ガスメーターの使用量の表示部分は、このようになっています。

ガスメーターの使用量表示部分

ガスメーターの使用量表示部分

ガスメーターでの使用量の見方は、この部分の数字を読み取り、

m3(立方メートル)

という単位をつけるだけです。

ガスの検針員(検針に来る人)も、この数字を読み取って、その月の使用量を把握しています。

 

プロパンガスの検針では、0.1立方メートル未満の数字を切り捨てにしています。

この例の場合は、数字は『0071.632』なので、小数点2位以下を切り捨てにして、

『0071.6立方メートル』

となります。

メモ

ちなみに、賃貸住宅などに引っ越してきた場合、

メーターは0からのスタートではないこと

も多いです。

たとえば、最初の検針の数字が328.56だったりしても、ガス会社の人は

検針時の数値-引っ越してきたときの数値=今月の使用量

と計算して出してくれるので、

「引っ越してきたばかりなのに、こんなに使ったことになってる!」

と慌てなくて大丈夫ですよ。

ガス使用量の計算の仕方

ガスメーターには、メーターを設置してから今までの、トータルの使用量が表示されています。

これだけでは、今月の使用量がわからないですよね。

 

1ヵ月の使用量を出すには

今月の使用量=今月の検針時の数値-先月の検針時の数値

と計算します。

 

月々の使用量を、自分で検針して計算してみたい場合は、

『毎月1日』『毎月15日』

など、メーターを見る日を決めておくと良いですよ。

『今月は1日で、先月は10日』というふうだと、正確な使用量にはならないからです。

 

この使用量の計算方法を応用すると、

  • 1日の使用量
  • 1週間の使用量

も知ることができます。

 

計算方法は

1日の使用量=

今日のメーターの数値-昨日のメーターの数値

1週間の使用量=

今日のメーターの数値-先週のメーターの数値

です。

 

1日単位や週単位で使用量を知りたい時は

  • 1日単位なら、同じ時間にメーターを確認する
  • 週単位なら、同じ曜日の同じ時間にメーターを確認する

ようにしてくださいね。

検針について

ガスメーターの検針は、

通常はガス会社の検針員がしてくれます。

検針の方法や、利用者側の注意点について、お話ししましょう。

 

ガスメーターの検針の方法

ガス会社の検針の仕方は、何通りかあります。

  • 訪問検針
  • 電話(オンライン)検針
  • ガス会社の検針と利用者の検針の併用

訪問検針というのは、その名の通り、

ガス会社の検針員が直接メーターを見に来る方法です。

見に来ると言っても、

利用者は立会わなくて大丈夫ですし、応対もいりません。

検針員がメーターの所まで行けるようにしてあれば、留守にしていても大丈夫です。

 

電話(オンライン検針)というのは、

電話回線を利用した通信で、メーターの数値を読み取ってガスの使用量をチェックする方法です。

これなら検針員が来る必要がないので、検針にかかる人件費も節約できます。

ガス会社にとっては、メリットの大きい方法です。

通常、検針にかかる電話代はガス会社持ちです。

また、電話回線でガスメーターを管理することで、通話に支障が出ることもありません。

でも、気がかりな時はガス会社に確認して下さいね。

 

そして、ガス会社と利用者両方で検針をする、という方法のガス会社もあります。

これは、

『ガス会社でもメーターをチェックし、さらに利用者もメーターをチェックして、ガス会社に電話などで報告する』

という方法です。

利用者にとっては手間がかかってしまいますが、両方で確認できるので、間違いを防げます。

 

正確に検針してもらうために

訪問検針の場合、検針員はメーターの数値を見て検針をしています。

どうしてもメーターが見られない時は、状況によっては過去の使用量を参考に推定して、ガス料金を請求することもあります。

でもやはり、使用量は正確に把握してもらいたいものですよね。

そのためにも、

  • ガスメーターの所まで、検針員が入りやすいようにしておく
  • ガスメーターの周りに物を置いたり、ガスメーターに物を掛けたりしない

というように、検針作業をしやすいようにしておいてくださいね。

 

プロパンガスメーターの警告表示の見方

ガスを安全に使うために

ガスを安全に使うために

プロパンガスメーターのもう1つの重要な役割が

事故を防ぐ

ということです。

 

プロパンガスメーターには、

強い地震やガス漏れなどの異常があった時に、自動的にガスを遮断する保安機能

が付いています。

ここからは、どんな時にその機能が働くかや、警告表示の見方について、見ていきしょう。

どんな時にガスが止まる?

プロパンガスのメーターがガスを止めるのは

  • 火の消し忘れ
  • 長時間ガスが使用された
  • 震度5以上の地震を感知した
  • メーターに何かぶつかるなどして衝撃を感知した
  • 通常より大量のガスが流れた
  • メーターの電池が切れた
  • ガス漏れの可能性を感知した
  • ゴム管が外れている
  • ガス栓が間違って解放されている
  • 安全確認中にガス器具を使った
  • 配管のガスの圧力が下がった
  • ガス遮断の異常

と、このような何かしらの異常があった場合です。

 

ガスは、何気なく使っていますが、引火しやすい『可燃物』であることに変わりはありません。

一般の家庭でも使うのですから、毎日安全に使えることが大事ですよね。

そのために、ガス器具での安全対策だけでなく、ガスメーターにも

『異常を感知したら、ガスを遮断する』

という機能を組み入れて、さらに安全対策をしているのです。

警告表示の見方

ガスメーターがガスを遮断すると、

メーターの表示パネルに『ガス止』やアルファベットで警告(エラー)表示

が出ます。

 

警告表示の場所は、ガスメーターによって違います。

このメーターだと、赤丸部分の画面に表示されます。

ガスメーターの警告表示の場所

ガスメーターの警告表示の場所

上の画像だと、何も表示されていないので、異常がない状態です。

でも、何かあってガスが遮断されると、たとえばこのように表示が出ます。

ガスメーターの警告表示例

ガスメーターの警告表示例

これは、震度5以上の地震で止まった場合の表示です。

このように『〇〇〇』の中に

  • A、B、Cのアルファベット
  • 『ガス止』などの表示
  • 小さい『R』『P』などのアルファベット

の組み合わせで、警告表示が出ます。

表示の意味は、ガス会社の『ガス使用の手引き』などで確認してくださいね。

警告表示が出たら

警告表示が出たら、

  1. ガスの器具栓を止め、スイッチを切り、全てのガス器具を止める
  2. 『ガス使用の手引き』などで表示内容を確認
  3. 自分で復帰を試みて良い場合は、復帰ボタンを操作して復帰させる
  4. 電池切れやガス圧の低下など、自分で対処できない場合や対処方法が分からない場合は、ガス会社に連絡する

この中の『自分で復帰を試みて良い場合』というのは、たとえば

  • 火の消し忘れ
  • 長時間の使用
  • 震度5の地震を感知した
  • 通常より大量のガスを使った

というような場合です。

このような時は、自分で復帰ボタンを操作して復帰させることもできます。

注意ポイント

ただし、状況によっては復帰操作をしても復帰できないこともあります。

復帰ボタンの場所や復帰の手順は、ガス会社やメーターによって違います。

必ずガス会社の説明書や手引きなどで確認して、操作してくださいね。

 

万が一の時は、いつ来るかわからないですよね。

その時に備えて

  • ガスを契約したら、説明書とメーターを見ながら、ざっと確認しておく
  • 復帰手順のガイドやガス会社からもらった手引き、連絡先などを、すぐにわかる所に置いておく

ことをおすすめします。

 

そして、自分で復帰できない場合や復帰の操作が分からない場合、判断がつかない場合などは

  • ガスの安全が確認できるまで、ガス器具を使わない
  • ガス会社に連絡して、指示に従う

ことが大切です。

安全のためにも、自分で判断しないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスのメーターには

  1. ガスの使用量を計る
  2. 異常を感知した時に、ガスを遮断する

という2つの機能があります。

使用量も警告(エラー)も、ガスメーターに表示されます。

 

ガスの使用量の見方はとてもシンプル。

数字がそのまま『今までの累積使用量』になります。

1ヵ月の使用量は、

検針日の数値-先月の検針日の数値

を計算すると、出すことができますよ。

 

もう1つ、ガスメーターに表示される大事な情報が

警告表示

です。

 

警告表示が出た場合は、無理にガス器具を使おうとせず、

  • ガス器具を止め、元栓を閉めて、表示を確認する
  • 自分で復帰を試みて良い場合は、復帰ボタンなどを操作する
  • 復帰できない場合やどうして良いか分からない場合、ガス圧低下など、ガス会社に連絡が必要な場合は、ガス会社に連絡する

としてくださいね。

 

正確なガスの使用量を知らせ、さらに安全も守ってくれるガスメーター。

ガスを使うのには、欠かせない存在ですね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス器具

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.