プロパンガスの違い

都市ガスとプロパンガスの火力・熱量の違いをチェック!その差はどのくらい?

投稿日:

都市ガスとプロパンガスでは、料金はもちろん、他にもいろいろな違いがあります。

都市ガスとプロパンガスの比較の話には、

「プロパンガスは火力が強い」

という話がよく出てきますよね。

都市ガスが使える地域だとしても、あえてプロパンガスを使っている飲食店も多いものです。

これも、『都市ガスよりもプロパンガスのほうが火力が強いから』とよく言われます。

 

では、都市ガスとプロパンガスでは、熱量や火力にどのくらいの差があるのでしょうか?

ということで今回は、

都市ガスとプロパンガスの、熱量や火力の違い

について調べました。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

都市ガスとプロパンガスの火力や熱量の違い

ガスコンロの火

ガスコンロの火

都市ガスとプロパンガス、熱量はどのくらいの差がある?

都市ガスとプロパンガスの熱量の違いは

1立方メートルあたりの熱量の違い

都市ガス…約11,000Kcal

プロパンガス…約24,000Kcal

と、このくらいの違いがあります。

同じ量のガスだと、

プロパンガスは都市ガスの2倍強の熱量

ということですね。

熱量が違うと、どんなことが違ってくる?

「熱量はこのくらいですよ」

と、数字だけで言われても、ピンと来ないかもしれませんね。

もう少し、生活に近いことで比べてみましょう。

 

熱量が違うとガス使用量が違う

お風呂を沸かす時のことを、例として挙げます。

  • お湯の量…200L
  • 水温は15℃から40℃まで上げる(温度の上げ幅が25℃)
  • 200Lの水を15℃から40℃に上げるのに必要な熱量は、5,000Kcal
  • 熱効率は80%とする
  • 小数点3位以下は四捨五入

という条件で比べるとしましょう。

必要なガスの量=5,000Kcal÷(1立方メートル当たりの熱量×熱効率)

なので、

都市ガス

5,000Kcal÷(11,000Kcal×0.8)=0.57立方メートル

プロパンガス

5,000Kcal÷(24,000Kcal×0.8)=0.26立方メートル

このように、

同じ熱量が必要な場合、プロパンガスは都市ガスの約半分の量で済む

ということなのです。

 

このような熱量の違いから、都市ガスとプロパンガスの使用量を比べる時は、

都市ガスの使用量=プロパンガスの使用量×2.2

として、ガスの使用量を調整して比べることが多いですね。

 

熱量が違うと料金も違う?

『プロパンガスは都市ガスの約半分の量で済む』

ということだけ考えると、

ガスオ
プロパンガスって、超おトク!

って思うかもしれませんね。

もちろん、料金が同じであれば、プロパンガスは都市ガスの半分くらいのガス代で済むことになります。

 

しかし!

残念ながら、そうはいかないのです。

プロパンガスと都市ガスでは、

  • 供給の方法
  • 自由料金になった時期
  • ガス業界の体質

などが違います。

そのため、

プロパンガスと都市ガスでは、ガス料金がまったく違うのです。

 

そして従量料金で比べると、

プロパンガスの料金は、都市ガスの2倍近いことも珍しくありません。

なので、結果的にプロパンガスのほうが、ガス代が高くなってしまうことがほとんどです。

だから

「プロパンガスより都市ガスのほうが、安い」

と、よく言われるのです。

 

でも、プロパンガスでもガス代を安くする方法はあります。

それは

ガス会社変更サービスで、適正価格のガス会社を紹介してもらう

という方法。

『できるだけ安く、都市ガスとの差が少ない料金で供給しよう』

と考えているガス会社を紹介してもらえます。

プロパンガスを使っている人は、ぜひ一度問い合わせてみてくださいね。

関連記事
プロパンガスか都市ガスか?
一人暮らしのプロパンガスと都市ガスのガス代を比較!どっちが安い?

一人暮らしなら、なおのこと切り詰めたいのが 『光熱費』 ですよね。 その中でも、 ガス代は多くの割合を占めています。 だから、できるだけ安くしたいもの。   ところで、ガスには 『プロパンガ ...

続きを見る

関連記事
便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

都市ガスとプロパンガスではガス器具も違う

熱量が違う、都市ガスとプロパンガス。

当然、ガス器具も、都市ガス用とプロパンガス用では違います。

 

なぜかというと、都市ガスとプロパンガスでは

  • 熱量
  • ガスの圧力
  • ガスの成分

が違うからです。

たとえばガスコンロなら、

ガスを吹き出させる量や圧力も、ガスの種類に合わせて変えなければなりません。

また、熱量だけでなく、

成分や空気との混合量も違います。

そのため、ガス器具の仕様も違うのです

もちろん、ガスホースなども、成分に合わせて安全に使えるものを使う必要があります。

関連記事
ガスの元栓とガスホース
プロパンガスと都市ガスのガスホースの違いとは?接続口や接続方法を紹介

日常生活に欠かせない、プロパンガスや都市ガス。 料理をする時や、お風呂を沸かす時など、いつでも簡単に使えて、とても便利な存在ですよね。   ところで、プロパンガスと都市ガスでは、いろいろな違 ...

続きを見る

「熱量が違うなら、都市ガス用のコンロを、弱火にしてプロパンガスで使うのはどうなの?」

と思うかもしれませんが、

これは危険なので、絶対にやめてくださいね。

ガスに合わないガス器具を使うと、不完全燃焼や過燃焼による事故や火災に繋がりかねません。

火加減の調節など、家庭では対応しきれない違いがあるから、ガス器具を分けているのです。

必ず、都市ガスには都市ガス用の、プロパンガスにはプロパンガス用のガス器具を使ってください。

関連記事
ガスコンロ
都市ガスとプロパンガスでコンロを共用できる?器具の違いを紹介

引っ越しや、ガス会社の乗り換えなどで、ガスの種類が変わることがありますよね。 たとえば、これまでプロパンガスだったのが都市ガスになったり、都市ガスからプロパンガスになったり。 そんな時は 「ガスの種類 ...

続きを見る

都市ガスとプロパンガスで熱量が違う理由

同じ『ガス』なのに、なぜ都市ガスとプロパンガスでは熱量が違うのでしょうか。

それは

成分が違うから

です。

 

都市ガスは、メタンが主原料の『液化天然ガス』。

メタンは石炭を生成する時にできるガスです。

 

それに対してプロパンガスは、プロパンやブタンを主原料とする『液化石油ガス』。

『液化石油ガス』という名前の通り、石油を精製する時に副産物的にできたガスを精製して作られます。

ただ、『液化石油ガス』は石油由来のものばかりではありません。

天然ガスから分離されて作られるものも、多くあります。

関連記事
ガスコンロ
プロパンガスと都市ガスとLPガスと天然ガスの違いをチェック!

料理をしたりお風呂を沸かしたりと、生活のいろいろな場面で使う、 『ガス』 ガスには、いろいろな種類があります。 たとえば、都市ガスやプロパンガス、天然ガス、LPガスなど…。 どれもよく耳にする、おなじ ...

続きを見る

都市ガスとプロパンガスの火力の差

都市ガスとプロパンガスでは、『熱量』に差があります。

では『火力』はどうでしょうか。

 

実は、『火力』はガス器具によって決まります。

『2,000Kcalの火力』のガス器具であれば、都市ガスでもプロパンガスでも、2,000Kcalの火力になります。

『プロパンガスだから、2,000Kcalのガス器具でも4,400Kcal出る』

なんてことはないのです。

 

でも、『ガスそのものに直接火をつけた』場合には、プロパンガスのほうが火力が強いです。

そのため、金属の溶接でガスを使う工場や火葬施設など、強い火力が必要になる施設では、プロパンガスを使うことが多いのです。

 

都市ガスとプロパンガスの熱量や火力以外の違い

他にはどんな違いがある?

他にはどんな違いがある?

都市ガスとプロパンガスのいろいろな違い

プロパンガスと都市ガスでは、熱量や火力以外にもいろいろな違いがあります。

ざっと比べてみましょう。

 

都市ガス プロパンガス
ガスの重さ 空気より軽く、ガスは上の方へ行く。

ガス漏れ警報器は上に設置する。

空気より重く、下の方に滞留する。

ガス漏れ警報器は下に設置する。

供給方法 地下のガス管を通して供給 ガスボンベを配送して供給
使える地域 ガスの導管が埋設されている地域。 ガスボンベが安全に置ければ、どこでも使える。
災害時の復旧 地下の導管の点検などが必要で、点検や修理には時間がかかる。 ガスボンベからガス管、ガス器具に異常がないことが確認できればすぐ復旧できる。
初期工事 地下のガス管から家にガスを引きこむ工事が必要。初期費用が高い。 ボンベ設置とガス管などの設置工事のみ。初期費用が安く済む。
ガス料金 プロパンガスより安いことが多い。ガス供給に必要な人件費が安いため。 ボンベ配送などで人件費がかかるため、都市ガスより高いことが多い。

特に過疎地域や豪雪地帯、離島などでは料金が高くなる。

料金の自由化 2017年4月に自由化 元から自由料金
ガス会社を切り替えた時の
節約効果
規制料金の頃の料金を引き継いでいるので、ガス会社を変えても大きな節約効果はない。 状況にもよるが、ガス会社を切り替えると節約効果が期待できる。

 

ちなみに、都市ガスとプロパンガスの供給の方法が違うのは、成分の性質が違うからです。

都市ガスの成分であるメタンは、-160℃と、非常に低い温度でないと液体になりません。

そのため、常温で液体にしてガスボンベに詰めることができないのです。

気体のままボンベに詰めると体積が大きすぎるので、大きなガスボンベを置くか、たくさんのガスボンベを置くかになってしまいます。

これではボンベの交換も大変ですよね。

そこで、気体のまま、ガス管を通して供給するのです。

一方、プロパンガスは常温でも気体にできるので、ボンベに詰めて配送することができます。

 

都市ガスもプロパンガスも必要

ガスオ
都市ガスのほうが安いなら、全国どこでも都市ガスが使えるようにしたら良いのに

って思うかもしれませんね。

でも、山間部や離島、人口が非常に少ない地域などに都市ガスの導管を引くには、

莫大なコスト

がかかります。

そのコストを回収できるかどうかも、状況によっては厳しくなります。

そう、都市ガスが安いのは、多くの利用者に効率的に供給できて、かつガス導管の費用も賄えるから。

地理的な状況や人口密度によっては、結果的には、プロパンガスのほうが設置コストは安上がりです。

 

山間部の町や離島、豪雪地帯などいろいろな条件の土地がある日本では、

都市ガスとプロパンガス、両方をうまく使うのが一番良い

ということなのです。

また、プロパンガスは災害にも強く、避難所や仮設住宅などにもすぐ設置できます。

災害の多い日本には、プロパンガスは欠かせないガスなんですよ。

スポンサーリンク

まとめ

都市ガスとプロパンガスの熱量は、

都市ガスは、約11,000Kcal/立方メートル

プロパンガスは、約24,000Kcal/立方メートル

と、2倍以上の差があります。

火力については、同じ火力のガス器具であれば、都市ガスでもプロパンガスでも変わりありません。

 

熱量にこのような差が出るのは、成分が違うからです。

都市ガスの主成分は、メタン。

一方、プロパンガスの成分は、プロパンとブタンです。

 

ガスの成分が違うと、

  • ガス器具の作り
  • ガスの供給方法

も違います。

都市ガスとプロパンガスでは、まったく違う供給方法を取っています。

この供給方法の違いも、料金が違う理由の1つです。

供給方法が違うと、必要な人件費も変わってきますからね。

 

そして、ガスの成分が違うため、ガス器具は

  • 都市ガスには都市ガス用のガス器具を
  • プロパンガスにはプロパンガス用のガス器具を

使うことが、安全のためには欠かせません。

ガス器具を買う時は、使うガスの種類と、ガス器具の適合ガス種をよく確認して下さいね。

 

私たちの生活を支えてくれる、都市ガスとプロパンガス。

うまく使っていきたいものですね。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-プロパンガスの違い

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.