ボンベ

プロパンガスのボンベを処分する方法をチェック!回収業者は?

更新日:

私たちの生活で身近なプロパンガスボンベといえば、

『カセットガスボンベ』

『プロパンガスボンベ(高圧ガスボンベ)』

この2つでしょう。

 

どちらもプロパンガスを入れているボンベですが、ボンベの材質も大きさも、そして中に入れられるガスの量も、違いますよね。

となると、もちろん、

処分方法もまったく違います。

では、どんな風に違うのでしょうか?

どうしたら、これらのガスボンベを安全に捨てることができるのでしょうか。

 

今回は、

カセットガスボンベとプロパンガスボンベ、両方の処分方法や回収業者について

お話しします。

カセットボンベのガス抜きの仕方などについても書いているので、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

カセットガスボンベを処分する方法

カセットガスボンベの処分の仕方は?

カセットガスボンベの処分の仕方は?

ではまず、カセットガスボンベの処分の方法を見てみましょう。

カセットガスボンベには

  • カセットコンロ用のガスボンベ
  • アウトドアなどで使うガスボンベ

がありますが、処分の方法は同じです。

 

カセットガスボンベの処分の方法は?

カセットガスボンベを処分する時には

中のガスを使い切ってから処分する

というのが基本です。

 

ガスボンベの中身が残っている場合は、十分にガスを放出させてから処分しましょう。

ただし、

絶対に火の気の近くで放出してはいけません。

ガスの抜き方については、この後で詳しくお話ししますので、よく読んでくださいね。

 

そして実際に捨てる時ですが、

自治体の処分のしかたを確認し、それに従いましょう。

確認のポイントは

  • 自治体で回収しているかどうか
  • 穴を開けて処分するか、穴を開けずに処分するか
  • どのごみの区分で出すか(たとえば、『不燃ごみ』『資源ごみ』など)

です。

 

自治体によっては、カセットガスボンベを回収していないところもあります。

その場合は、資源回収業者などに処分を依頼しましょう

 

それから、

穴を開けるか開けないかも、自治体により、違います。

確認して、自治体の指示に従ってください。

穴の開け方も、後ほどお話しします。

 

カセットガスボンベのガスの抜き方

カセットガスボンベのガスを安全に抜く手順

  1. なるべく静電気の起こりにくい服装になり、軍手などをはめる
  2. 静電気除去グッズなどで静電気を取り除く
  3. 火の気がなく、風通しの良い屋外に行く
  4. ガスボンベより風上に立つ
  5. 風下に人がいないことを確かめる
  6. カセットガスボンベのキャップを外す
  7. 先端を下にして、コンクリートなどの固い地面に押し付け、ガスを噴出させる
  8. 液化ガスで液だまりができた場合は、ガス抜きを中断して、溜まったガスが気化するまで待つこと。
  9. ガスが噴出しなくなったら、ボンベをゆすって、水の動くような音がしないか確認する。(音がしたら、さらにガスを噴出させる。)
  10. 音がしなければ、ガス抜き完了

ガス抜きをする時は、もちろん

『火気厳禁』

ガス抜きをしながらや、した後にその場でタバコを吸うのは、もちろんもってのほか。

他にも、静電気や、石がぶつかって出る程度の小さな火花にも、注意が必要です。

 

それから、ガスを吸ってしまわないためにも、

『風上に立つ』

ことを忘れないでくださいね。

ガス抜き中にガスの臭いで気分が悪くなった時は、すぐに中止してください。

 

また、一度に大量のガスを抜くと、ご近所で

「ガス臭い!」

なんて騒ぎになるかもしれません。

前もってご近所に声をかけるか、騒ぎにならない範囲で少しずつ、ガス抜きをすると良いです。

 

そして、ガスを噴出する時には、凍傷にも注意が必要です。

ガスが気化する時は、ボンベが0℃近くまで冷えることがあります。

ボンベを持つ手が冷やされて、凍傷になってしまいかねません。

時間がかかりますが、凍傷を防ぐためにも、少しずつガス抜きをしてください。

 

カセットガスボンベの穴の開け方

カセットガスボンベに穴を開ける時は、

穴あけ用の道具を使いましょう

釘や金づちを使うと、火花が出る可能性があり、危険です。

穴あけ用の道具は、家庭に1つ用意しておくと便利ですよ。

 

また、穴は複数空けてください

穴が1ヵ所だけだと、中にガスが残ってしまうことがあります。

残ったガスが空気と混ざって、引火してしまう危険性

もあるので、穴は必ずいくつか空けてください。

 

自治体で回収していない場合

万が一、

『自治体ではカセットガスボンベを回収しない』

という場合は、

資源回収業者で引き取ってもらうことができます。

業者に依頼となると、料金が気になるでしょうが、カセットガスボンベは無料で引き取ってもらえる場合が多いです。

でも、念のため問い合わせてみてくださいね。

 

未使用のカセットボンベの場合

未使用で新しいガスボンベであれば、リサイクルショップで買い取ってもらえる場合もあります。

買取可能かどうか、まず問い合わせてみましょう。

 

ただし、カセットボンベの使用期限は、

製造から7年

です。

7年以上たっていても、中のガスは劣化しませんが、

ボンベの内側の部品が劣化していることもあります。

なので、7年以上たったものは、未使用であっても処分したほうが良いです。

スポンサーリンク

いわゆる『プロパンガスボンベ』の処分方法

ガスボンベ

高圧ガスボンベの処分方法

次に、家庭でのガス供給に使うような、あるいはキャンプや露店などで使う灰色の、いわゆる『プロパンガスボンベ』の処分方法です。

こうしたガスボンベは『高圧ガスボンベ』と呼ばれています。

 

高圧ガスボンベは、たとえ空のボンベであっても、個人で勝手に処分してはいけません。

高圧ガスボンベは、『高圧ガス保安法』で『危険物』と定められているからです。

では、どのように処分したら良いのか、見ていきましょう。

 

高圧ガスボンベの処分のしかた

高圧ガスボンベは

  • 購入した本人が販売元に返却する
  • 販売元の業者が無くなってしまった場合は、『高圧ガス保安協会』などに相談
  • 回収業者を利用する

という方法で、処分できます。

 

では、処分の方法について、詳しくお話ししましょう。

 

高圧ガスボンベの処分は『販売元に返却』が基本

高圧ガスボンベを処分する時は、

ガスボンベを購入した人が、販売元に返却して、処分してもらう

というのが基本です。

返却する時には、購入した本人が販売元に返します。

 

本人が返せない時には、委任状が必要です。

代理で処分する時などは、販売元に委任状のことも問い合わせてから持って行くと良いでしょう。

 

「処分なのに、委任状なんて面倒だな…。」

と思うかもしれませんね。

でも、ガスボンベは

『委任状が必要なくらい、厳重に管理する必要があるもの』

ということなのです。

事情があって、委任状を用意できない時は、どうすれば良いか、販売元に問い合わせてください。

 

なお、『返却』という言葉を使ってはいますが、ボンベ本体に払ったお金が戻ってくるわけではありませんので、承知しておいてくださいね。

 

購入元の業者が無くなってしまった時は!?

もし、ガスボンベを買った業者やお店が、倒産や廃業してしまった場合は、

『高圧ガス保安協会』

『LPガス協会』

で、処分できないガスボンベの廃棄方法について、相談することができます。

他で処分できない場合は、処分も引き受けてくれます。

 

ただし、処分してもらうには、手数料などの費用が掛かります

問い合わせの時に、費用についてもきいておいてくださいね。

高圧ガス保安協会

https://www.khk.or.jp/

一般社団法人 全国LPガス協会

https://www.japanlpg.or.jp/

 

回収業者に依頼する

不要になった高圧ガスボンベを回収してくれる業者もあります。

ネットで

『高圧ガスボンベ 回収 業者 ○○(地域名)』

と入れて探して、問い合わせてみてください。

 

業者に回収してもらう場合は、料金がかかります。

料金は、業者によって違いますが、一例では

2kgボンベ…2,000円

5kgボンベ…3,000円

8kgボンベ…5,000円

10kgボンベ…8,000円

という料金になっています。

 

ただし、回収業者に依頼する場合は、

業者のサイトなどで、業者の情報をよく確認してください。

回収業者の中には悪質な業者もあり、

『料金を払って回収してもらったのに、不法投棄された』

なんてケースもあるからです。

 

悪質な業者を見抜くのは、ちょっと難しいですが、少なくとも

  • 住所不定
  • 書いてあった住所を検索したら存在しない住所だった、他の企業などの住所だった
  • 連絡先が携帯電話の番号になっている
  • 作業トラックに業者のロゴや業者名がない
  • 見積書や領収書を書いてくれない
  • 無料と言っていたのに費用を請求したり、最初に言った金額と違うなど、後になって条件を変えてくる
  • 頼んでいない物まで、強引に引き取ろうとする

という場合は、悪徳業者である可能性が高いので、やめておきましょう。

 

ガスボンベの不法投棄は絶対ダメ!

先に書いたように、高圧ガスボンベは『危険物』です。

いや、危険物でなかったとしてもですが、どんなに面倒に感じても、

絶対に不法投棄をしてはいけません

 

高圧ガスボンベを不法投棄することは、もちろん違法行為です。

違法行為であるだけでなく、

『不法投棄で放置されたガスボンベの容器が劣化してガスが出てしまった』

『不法投棄されたボンベが爆発して、人に怪我をさせた』

という不法投棄の高圧ガスボンベによる事故も、実際に起こっています。

場合によっては、大事故や火災にもつながります。

必ず、決められた方法で処分しましょう。

 

ガスボンベは容器本体に

  • 容器番号
  • 販売店
  • ガス充填日
  • 検査日

が記されています。

また、高圧ガス保安法容器管理の義務規定によって

  • ガス充填
  • ガス販売会社
  • 購入者

についても、

それぞれの住所や連絡先を記録しておくように定められています。

つまり、誰が誰にガスボンベを売ったのか、記録されているのです。

不法投棄しても、誰が捨てたのかもわかってしまいます。

不法投棄がバレて罰せられるより、きちんとした方法で処分したほうが、ずっと良いですよね。

 

ちなみに、不法投棄されたガスボンベを見つけた場合は、

自分で移動させたりせずに、自治体や高圧ガス保安協会に相談してください。

連絡する時には、触らずにわかる範囲でいいので、

  • ガスの種類
  • ガスボンベの大きさ
  • ガスボンベの色
  • 容器に書いてある記号と番号
  • 所有者の打刻番号
  • 所有者の名称

を伝えると、相談を受けた側が対応しやすくなり、助かります。

 

ガスボンベの状況によっては、動かすと危ない場合もあります。

腐食してガスが出ていたり、爆発したりするといけませんから、くれぐれも自分の判断で動かしたりしないでください。

 

ネットオークションやフリマサイトに出すってどうなの?

要らなくなったガスボンベを、ネットオークションやフリマサイトに出品している人もいますよね。

でも、何度も言いますが、

『ガスボンベ たとえ空でも 危険物』

です。

ガスボンベをオークションなどに出すのは、やめましょう。

ガスボンベを販売している業者でも、

『安易にオークションに出さないでください』

とのことです。

 

ガスボンベは、

『高圧ガス保安法』に従って管理することが義務付けられています

メモ

充填期限切れのものでも、この法律が適用されます。

この法律では

『容器(前条第二項の経済産業省令で定めるもの及びくず化し、その他容器として使用することができないように処分したものを除く。)を譲り受けた者は、遅滞なく、経済産業省令で定めるところにより、その容器に、表示をしなければならない。』

(高圧ガス保安法第四十七条)

となっています。

簡単に言うと

『高圧ガスボンベを譲り受けたら、定められた方法で速やかに容器の所有者をボンベに表示する義務がある』

ということです。

これに違反した場合、

『6ヵ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、またはこれを併科する』

とのこと。

でも、購入者とそういった手続きをきちんと行えるかは、定かではありません。

もしガスボンベを売買して所有者変更の手続きをしないと、記録上の所有者と実際の所有者が違ってしまうわけです

万が一何かあった時に、出品者も購入者も、責任を問われる可能性があります

 

また、仮に出品したとしても、

ガスボンベを運送しない宅配業者もあります。

だからといって、

中身がガスボンベであることを偽って発送し、事故が起きたら、やはり重大な責任が問われるでしょう。

 

…といったことを考えると、

きちんと処分するほうが、オークションに出したりするより、よほど楽です。

筆者としても、決められた方法での処分を強くおすすめします!

スポンサーリンク

まとめ

ガスボンベの処分方法は、カセットガスボンベであれ、高圧ガスボンベであれ、

決められた方法に従って処分する

これがとても大切です。

 

カセットガスボンベの処分のしかたは、自治体によって違います。

不燃ごみか資源ごみか、という点も違いますが、穴を開けるかどうかというところも、自治体によります。

自治体で配っているごみの捨て方の手引きや、問い合わせなどで確認して、自治体の指示に従ってくださいね。

 

灰色のガスボンベ『高圧ガスボンベ』は、

不燃ごみや粗大ごみとして出したりすることはできません

処分する時は、購入した販売店で引き取ってもらってください。

販売店で引取りができない時は、『高圧ガス保安協会』『LPガス協会』に相談するか、回収業者に回収してもらいましょう。

 

高圧ガスボンベは、『危険物』に指定されています。

販売店で引き取ってもらったり、ちゃんとした業者に回収してもらったりするのが、一番安全で安心です!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ボンベ

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.