ボンベ

プロパンガスが爆発する原因と威力を調査!正しい使い方と事故対策を紹介!

プロパンガスの爆発

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

プロパンガスでも都市ガスでも、『ガス』で怖いのが

『事故』

ですよね。

 

特に怖いのが爆発事故!

ひとたび起きると大きな被害が出てしまいます。

 

でも実際には、プロパンガスが爆発することはめったにありません。

では、どんな原因で爆発が起きて、爆発した場合にどのくらいの威力があるのでしょうか?

 

そして、

事故を防ぐためには、正しく使い、事故防止対策も万全にすることが大事です。

 

ということで今回は、

  • プロパンガスが爆発するのにはどんな原因があるのか
  • プロパンガスの爆発には、どのくらいの威力があるのか
  • ガス事故を防ぐための正しい使い方と事故防止対策

について紹介していきます。

 

ガスを安全に使うためにもぜひ、じっくり読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスが爆発する原因と、その威力

プロパンガスが爆発する原因

『ガス爆発』と聞くと『ガスが爆発する』というイメージがありますが、

プロパンガスそのものだけで爆発することはありません。

 

プロパンガスが爆発する原因は

  1. プロパンガスがある程度の濃度で空気と混ざり、酸素と結びつく
  2. その状態で、火に接触する

ということです。

 

『ガスが酸素と結びついた状態で火に接触する』というのは、たとえば、

  • ガス漏れが起きている場所で、たばこを吸う
  • 室内にガスが漏れている状態で換気扇をつける
  • ガス器具の中にガスが漏れているのに気づかず、点火操作をする

といったシチュエーションです。

 

ガスオ
ということは、ガス漏れは爆発のリスクがあるっていうことだね。

そうです!

ですから、『たかがガス漏れ』と甘く見ないで、

ガス漏れが起きたときは絶対にガス器具を使わず、ガス会社に連絡してください。

 

ガスの『爆発』と『燃焼』はどう違う?

ガスオ
ガス器具も、ガスを空気と混ぜて火をつけるんだよね? 爆発しないの?

良い質問ですね!

ガス器具は燃焼をコントロールし、安全に使えるように作られているので、正しく使えば爆発しません。

 

『ガス器具での燃焼』と『ガスの爆発』の違いは、簡単に説明すると

ガス器具での燃焼

空気との混ざり具合やガスの出る量などを調整し、火をコントロールできる

ガスの爆発

急激な燃焼が起き、燃焼によって急速に空気が膨張して爆発する(燃焼をコントロールできない)

ということです。

 

ですから、正しくガス器具を使っている分には、爆発することはまずないですよ!

 

ちなみに、ガスボンベも、そう簡単には爆発しないようにできています。

詳しくは、こちらの記事を読んでくださいね。

関連記事:プロパンガスのボンベの仕組みと圧力をチェック!爆発の可能性は?

 

プロパンガス爆発の威力はどのくらい?

プロパンガスの爆発は、どのくらいの威力があるのでしょうか?

 

もちろん、ガスの量や爆発の規模にもよりますが、

一般家庭のプロパンガスの爆発でも、住宅が全壊することがあるくらい

と考えておいてください。

 

実際に起きた事故の事例を2つ、紹介します。

 

一般住宅で起きたプロパンガスの爆発事故例

1つ目は、2014年12月、福島県郡山市で起きた爆発事故。

家庭用のガスコンロから何らかの理由でガスが漏れ、そこに引火したことが原因と考えられています。

 

この時の爆発では、

  • 木造平屋建ての住宅が全壊
  • 周辺の住宅も、数件の窓ガラスが割れる

という被害が出るほどの威力でした。

 

福島県郡山市の飲食店での爆発事故

2020年7月に起きた、飲食チェーン店での事故は、

  • ガス管が床と接触していたために、接触した部分が腐食し、そこからガスが漏れた
  • 漏れたガスに何らかの原因で引火した

ということが原因で起きました。

 

店舗の建物は骨組みしか残らないほど大破し、死傷者20名を出す大事故でした。

爆発の被害範囲も半径約570mと広範囲に及び、近くの店舗や学校も被害を受けたのです。

 

なお、この事故では

『ガス管を床に接触しないように設置する』という法令が守られていなかったために、ガス管が腐食した

とのこと。

 

また、事故当時ガス漏れ警報器はあったものの、鳴動したことを認知した人はいなかったそうです。

 

やはり、法令をきちんと守り、警報機が作動する状態にしておくことは、大切ですね。

 

ガスの爆発に遭遇したら、すぐ避難!

ガスの爆発事故に出くわしたら、

すぐに、できる限り遠ざかり、安全な場所に避難すること!!

これが鉄則です。

 

絶対に、動画や写真を撮ろうとか、SNSで中継しようなどと考えてはいけません。

とにかく、すぐに逃げてください。

 

ガスの爆発がどれほど危ないか、実際の事故の動画を1つ紹介しましょう。

これは、ロシアの高速道路でプロパンガスを積んだトラックが事故に遭い、爆発が起きてしまったケースです。

 

この動画には、爆発や炎上の場面があります。

見ると辛くなりそうな人は、無理しないでくださいね。

 

このように、ガスが爆発すると

  • 爆発は1度ではなく、繰り返し起きることがある
  • 爆発によって吹き飛ばされた物が飛んできたり、火が付いたまま飛んできたりする可能性がある
  • 火が付いた状態で飛んできた物から、火災が起きる可能性がある
  • 火やガスを噴いているボンベが飛んできたり、高速で走り回ったりすることがある
  • 爆発の状況や風向き、風の強さなどによって、爆発の炎が横に広がる可能性もある
  • 爆発の大きさは変化し、予測しにくい
  • 爆風で、周りの建物のガラス片などが飛んでくることがある

など、とても危険です。

しかも、どんなことが起きるのは、予想できません。

 

ですから、繰り返しになりますが、事故現場からすぐに逃げてくださいね。

 

メモ

周りに人がいる時は、『逃げろ!』と声をかけあって避難すると、なお良いです。

人間には『周りの人が避難をしていると、避難行動を取りやすい』という心理があるからです。

 

プロパンガスの正しい使い方

正しい使い方を!

正しい使い方を!

プロパンガスの事故を防ぐためには、『正しく使う』ことが重要です。

では、どういう使い方が『プロパンガスを正しく使う』ことなのか、チェックしていきましょう。

 

ガス器具の正しい使い方

ガス器具を使う時には、

  • ガスの種類に合ったガス器具を使う
  • ガス栓は、使う時には『全開』で使う
  • 換気をする
  • 点火・消火は必ず目で見て確かめる
  • 青い火で使う
  • ガス器具の近くに燃えやすいものを置かない
  • ガスコンロを使っている間は、必ず近くにいるようにする
  • ガス器具を使い終わったら、ガス栓を確実に閉める
  • 使わないガス栓には誤開放防止のカバーをつける
  • 時々、ガス器具やガスホースの手入れや点検をする

これを守りましょう。

たくさんあるように見えますが、習慣にしてしまえば難しくないですよ!

 

では、それぞれについて、簡単に説明しましょう。

 

ガスの種類に合ったガス器具を使う

プロパンガスには、必ずプロパンガス用のガス器具を使いましょう。

これはとても大事です。

 

なぜかというと、

都市ガス用のガス器具をプロパンガスで使ったり、プロパンガス用の器具を都市ガスで使ったりすると、不完全燃焼などを起こすことがあり、危ないからです。

 

ガス器具を買う時には、家で使うガスの種類を確認し、ガスの種類に合うガス器具を買ってください。

関連記事:都市ガスとプロパンガスでコンロを共用できる?器具の違いを紹介

 

ガス栓は『全開』で使い、使い終わったらガス栓を閉める

ガス栓は、

  • 使う時には全開にする
  • 使い終わったら確実にガス栓を閉める

このことを忘れないでください。

 

ガス栓を中途半端に開けて、ガス器具を使うと安全装置が正常に働かないことがあります。

なので、ガスを使う時は、栓は必ず『全開』で使ってください。

 

そして、ガス器具を使い終わったら、確実にガス栓を閉めることが大事です。

特に、寝る前や出かける前は、ガス栓が閉まっているか、確認してください。

 

なお、ガス栓がない場合は、ガス栓を閉めなくても大丈夫です。

関連記事:ガスの元栓はどこにあるの?家の中の設置場所をチェック!

 

換気をする

ガス器具を使う時には、必ず換気をしましょう。

 

ガスを使う時には、たくさんの酸素が必要です。

酸素不足になると不完全燃焼が起きてしまい、一酸化炭素中毒になりかねないので、とても危険です。

酸素が不足しないためにも、換気が重要なのです。

 

寒いときも、ガス暖房を使っている時は、必ず換気してくださいね。

 

点火・消火は必ず目で確かめる

ガスコンロやファンヒーターなどを使う時は、

きちんと点火・消火できているかどうか、必ず目で見て確認しましょう。

 

例えばガスコンロだと、

  • 点火したつもりだったのに、火が点いていなかった
  • 消したつもりで、消し忘れていた

ということが、あったりしませんか?

 

点火したつもりで火が付いていないと、ガス漏れが起きる可能性があります。

消し忘れは、火災につながりかねません。

 

ですから、点火も消火も、しっかり見て確認してください。

 

メモ

最近のガス器具には、事故防止のための安全装置が付いている製品が多いです。

でも、安全装置があるからと油断せず、目で確かめることを習慣にしてくださいね。

 

青い火で使う

ガスは、必ず青い火で使いましょう。

火の色が赤やオレンジ色の時は、不完全燃焼を起こしている可能性が高いです。

 

ガスの火が赤やオレンジ色になったときは、

  • ガス器具を止め、ガス栓を閉める
  • 換気をする
  • コンロの場合、時間をおいてからバーナーに詰まりがないかチェックする
  • 加湿器を使っているなら、止めてみる

ということをしてみてください。

 

それでもガスの火が青に戻らない場合は、すぐにガス会社に連絡して、対応してもらいましょう。

 

メモ

ちなみに、加湿器を止めるのは、

加湿器が撒いた水分の中の金属成分で炎色反応を起こし、炎が赤くなることがあるからです。

この場合は、不完全燃焼ではありません。

 

ガス器具の近くに、燃えやすいものを置かない

『火を使う時は、近くに燃えるものを置かない』

というのは、火災防止の鉄則ですよね。

 

  • カーテンが触れる可能性がある場所でファンヒーターなどを使う
  • ガスコンロの近くにカセットガスボンベやスプレー缶などを置く

といったことは、絶対に避けてください。

 

ガス器具を使う時には、火そのものはもちろん、ガス器具の周りにも気をつけてくださいね。

 

ガスコンロを使っている間は、必ず近くにいる

ガスコンロを使っている時は、必ず火のそばにいるようにしてください。

そばを離れる時は、ほんの少しの間でも、火を消すようにしましょう。

これも基本的なことですが、とても大事ですよ。

 

火のそばを離れると、

  • 火をつけたまま離れている間に、吹きこぼれて立ち消えしてしまう
  • 揚げ物をしていて目を離している間に、油が高温になりすぎて火災が起きる

といったリスクがあります。

 

使わないガス栓には誤開放防止のカバーを付ける

使わないガス栓には、ゴムキャップと栓カバーを付けておきましょう。

 

ゴムキャップと栓カバーとは、こういうものです。

使わないガス栓のカバーとキャップ

使わないガス栓のカバーとキャップ

このガス栓カバーは、ネット通販でも買えます。

また、サイズや選び方がわからない場合は、ガス会社に問い合わせてくださいね。

 

ガス漏れで多いのが、

『使っていないガス栓を間違って開けてしまった』という『誤開放』によるものです。

 

特に、2口ガス栓を使っていて、片方しかガス器具につないでいない場合は、要注意。

間違って、使っていないガス栓を開けてしまうこともあるかもしれません。

 

栓カバーを付けるのは、法的な義務ではありません。

でもガス漏れを確実に防ぐために、付けておくことを強くおすすめします。

 

ガス器具やガスホースの手入れをする

ガス器具は、時々手入れをして、きれいにしておきましょう。

バーナーが詰まっていたりすると、不完全燃焼の原因になります。

 

ガスホースも、時々でいいので、

  • 亀裂やひびがないか
  • 汚れや腐食はないか
  • ガス栓やガス器具との接続部分にゆるみがないか
  • ガスホースがガス栓やガス器具との接続部分にしっかりはまっているか
  • ガスホースが物に踏まれて潰れていたり、折れ曲がったりしていないか

といったことを、点検しましょう。

 

そして、もしガスホースに汚れや亀裂、緩みなどがあったら

ガスホースが汚れている

⇒汚れをふき取ってきれいにする

ガスホースに亀裂やひび、腐食などがある

⇒ガスホースを交換する

ガスホースが緩んでいる

⇒ガス栓やガス器具にしっかり接続し直す

ガスホースが潰れたり折れたりしている

潰れたり折れたりせずにガス栓からガス器具までつながるように、ホースを通す場所や周りの物の場所を調整する

という対応をして下さい。

 

手入れや点検をすると器具が長持ちしますし、燃焼効率が良くなって、ガス代の節約にもつながりますよ!

 

ガス会社の定期点検を受ける

ガス器具の点検を受けよう!

ガス器具の点検を受けよう!

プロパンガス会社には、

4年に1度、定期保安点検を実施すること

が義務付けられています。

 

この点検は、必ず受けてください。

ガス器具の異常や不具合を見つけることで、ガス事故を防ぐことができます。

 

定期保安点検では

  • 外のメーターなどの点検
  • ガスコンロやガス栓などの点検

があります。

 

メモ

定期保安点検には、立ち合いが必要です。

必ず立ち合える日程で、保安点検の日時を決めてくださいね。

 

緊急対応の体制が整っているガス会社を利用する

ガス漏れなどがあった場合には、すぐにガス会社に連絡して、対応してもらう必要があります。

そのため、緊急対応の体制が整っているガス会社を利用することが大切です。

 

緊急対応はガス会社の『義務』です。

ですから、本来はどのガス会社でもきちんと対応してくれるはずですが、もし

  • ガス会社の緊急対応が心もとない
  • ガス漏れがあって連絡したが、すぐ対応してもらえなかった
  • 保安点検がずさんな感じがした

など、緊急対応や安全管理に問題や不安がある場合は、ガス会社の変更も検討したほうが良いでしょう。

 

ガス会社を変える時は、ガス会社変更サービスを利用するのが簡単で確実です。

良心的なサービスのガス会社を紹介してもらえるので、ガス会社の対応が気掛かりな時は、気軽に相談してみてくださいね。

関連記事:【2021最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

 

プロパンガスの事故防止対策

しっかり事故対策をしよう!

しっかり事故対策をしよう!

プロパンガスの事故を防ぐために、ガスボンベやガス設備、ガス器具の製造会社などでも、

  • プロパンガスボンベに安全弁をつける
  • ガスメーターに安全装置をつける
  • ガス器具に安全装置をつける

など、いろいろな事故対策をしています。

どんな対策をしているのか、見ていきましょう。

 

プロパンガスボンベの安全対策

プロパンガスボンベには『安全弁』が付いています。

 

この安全弁は、

ボンベの中の圧力や温度が一定以上になると作動して、ガスを放出する

という仕組みです。

 

『ガスを放出する』なんて危なそうですが、

ガスを放出することで、ボンベそのものが破裂するのを防ぐのです。

もしガスを放出しなければ、ボンベの圧力が上がって破裂し、さらに危険な事態になってしまいます。

 

また、販売元や事業者は、

  • 6年に1度のプロパンガスボンベの耐圧検査
  • 充填期限が切れたガスボンベの検査
  • 検査期限が切れたガスボンベの検査

をしています。

これらの検査は法律で決められているもので、検査を通らなかったボンベは使うことができません。

 

さらに、プロパンガスボンベは

  • 設置・保管の場所の条件が決められている
  • 運搬の方法が決められている
  • 配送や検査など、取り扱いには資格が必要

など、安全を守るための規則が二重三重に設けられています。

関連記事:プロパンガスボンベの設置基準や保管(置き場)のルールを解説!

関連記事:プロパンガスを配送する(運ぶ)方法と必要な資格をわかりやすく解説

 

ガスメーターの安全装置

ガスメーターにも安全を守るための装置が組み込まれていて

  • 震度5以上の地震
  • ガスが大量に流れた
  • ガスが長時間使われている
  • 火の消し忘れ
  • ガス漏れの可能性を感知した
  • 配管のガスの圧力が下がった

など、何かしらの異常があった場合には、感知してガスを遮断し、事故を防いでくれます。

 

この安全装置は、

万が一留守中に異常があった時や、家の人が異常に気付かなかった時でも自動でガスを止めてくれる

という優れもの。

このシステムが導入されたことでも、ガスの事故が減っているんですよ。

 

ガスメーターの安全装置については、こちらでも書いています。

併せて読んでみてくださいね。

関連記事:プロパンガスのメーター表示と見方をわかりやすく解説!

 

ガス器具の安全装置

ガス器具にも、それぞれの器具に適した安全装置が付いています。

どんな装置が付いているか、紹介しましょう。

 

ガスコンロの安全装置

まず、ガスコンロには

  • 不完全燃焼防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • てんぷら油化過熱防止装置
  • 消し忘れ消火装置

が付いています。

 

『不完全燃焼防止装置』と『立ち消え安全装置』は、ガス器具の基本的な安全装置です。

ですから、給湯器やガスファンヒーターにも付いています。

 

給湯器の安全装置

給湯器にはどんな安全装置が付いているかというと、

  • 不完全燃焼防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • 空焚き安全装置
  • 過熱防止装置
  • 凍結防止装置
  • 過電流防止装置
  • 停電時安全装置

といった装置です。

 

給湯器で心配なのは、空焚きや真冬の凍結ですね。

そういった、給湯器ならではのリスクに対応した安全装置も付いています。

 

メモ

凍結防止装置は、給湯器本体のコンセントを抜いてしまうと、作動しません。

内部の水が凍結すると故障してしまうので、

給湯器のコンセントは、いつもつないだ状態にしておいてくださいね。

 

ファンヒーターの安全装置

ガスファンヒーターには

  • 不完全燃焼防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • 過熱防止装置
  • 過電流防止装置
  • 停電時安全装置
  • 転倒時ガス遮断装置
  • 自動消火機能

といった安全装置が付いています。

 

ガスファンヒーターを買う時には、どんな安全装置が付いているかも要チェックですよ!

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスは、爆発事故となると大きな被害が出てしまいます。

また、爆発までいかなくても、一酸化炭素中毒などの危険な事故が起きることもあります。

だからこそ、正しい使い方をしっかり覚えて、日々実行することが大事です。

 

プロパンガスの事故は、

  • プロパンガスボンベやメーター、ガス器具の安全装置の開発と普及
  • 配送や保安点検に関わるガス会社の努力
  • 法整備
  • 消費者への啓発

など、多くの人の努力で減ってきました。

 

でも、ここまでしても、事故件数はゼロにはなりません。

毎年、何かしらの事故は起きています。

 

だからこそ、プロパンガスやガス器具は正しく使うことが大事なのです。

 

  • 説明書に書いてあることや注意事項を守って使う
  • 日ごろの点検や手入れ
  • ガス漏れやガス器具の不具合があったら、ガス会社や器具のメーカーに連絡する

ということを、必ず守ってくださいね!

-ボンベ

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved