ボンベ

プロパンガスが爆発する原因と威力を調査!正しい使い方と事故対策を紹介!

投稿日:

プロパンガスでも都市ガスでも、『ガス』で怖いのが

『事故』

ですよね。

とくに、ガスの爆発事故が起きると、大きな被害が出てしまいます。

時には、人の命に関わることも…。

 

でも、実際にはプロパンガスが爆発することは、めったにありません。

では、爆発が起きる時には、どんな原因があるのでしょうか?

具体的に爆発の威力って、どのくらいなのでしょう?

 

そして、事故を防ぐのにとても大事なのが、『正しく使うこと』と『事故対策』。

正しい使い方をしっかり覚えておけば、安全にプロパンガスを使うことができます。

 

ということで今回は、

プロパンガスの爆発の原因と威力、さらに事故を防ぐための正しい使い方と事故対策

についてお話しします。

ぜひ、じっくり読んでくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスが爆発する原因と、その威力

プロパンガスの爆発の原因と威力は?

プロパンガスの爆発の原因と威力は?

プロパンガスが爆発する原因

プロパンガスは、プロパンガスそのものだけで爆発することはありません。

プロパンガスが爆発する原因は

  1. プロパンガスが、ある程度の濃度で空気と混ざり、酸素と結びつく
  2. その状態で、火に接触する

ということです。

たとえば、

室内にガスが漏れている状態で換気扇をつける

と、換気扇のスイッチの火花から引火し、爆発してしまいます。

 

ガスオ

あれ?

ガス器具も、ガスを空気と混ぜて火をつけるんだよね?

爆発しないの?

と思ったあなた、鋭いです!

ガス器具でガスを使う場合は、『燃焼』させるので、『爆発』ではありません。

 

『ガス器具での燃焼』と『爆発』の違いを簡単に説明すると

燃焼と爆発の違い

ガス器具での燃焼

空気との混ざり具合やガスの出る量などを調整し、火をコントロールできる

爆発

急激な燃焼が起き、燃焼によって急速に空気が膨張して爆発する(燃焼をコントロールできない)

という違いがあります。

ガス器具は、燃焼をコントロールできるように作ってあるので、安全にガスの火を使えるのです。

 

ただし、ガス器具も、

間違った使い方をしていると爆発につながること

があります。

必ず、正しい使い方をしてください。

ちなみに

ガスボンベも、そう簡単には爆発しないようにできています。

ただし、

  • 何らかの理由で、安全弁が働かないまま、中の圧力が上がった
  • 安全弁によるガス放出の速さを上回って、中の圧力が上がった
  • ガスボンベそのものが強い衝撃を受けたり、押しつぶされたりした

という場合には、ボンベが破裂することがあります。

プロパンガス爆発の威力はどのくらい?

では、プロパンガスの爆発は、どのくらいの威力があるのでしょうか。

もちろん、ガスの量や爆発の規模にもよりますが、状況によっては

一般家庭のプロパンガスの爆発でも、住宅が全壊するほどの威力

があります。

 

実際の事故の事例を2つ、見てみましょう。

 

一般住宅で起きたプロパンガスの爆発事故例

1つ目は、2014年12月。

福島県郡山市で起きた爆発事故。

家庭用のガスコンロから何らかの理由でガスが漏れ、そこに引火し、爆発した

と見られています。

 

この時の爆発では、

  • 木造平屋建ての住宅が全壊
  • 周辺の住宅も、数件の窓ガラスが割れる

という被害が出るほどの爆発威力でした。

 

静岡県掛川市のレクリェーション施設での爆発事故

2つ目は、1983年11月に起きた事故です。

静岡県掛川市のレクリェーション施設で、ガスの爆発事故が起きました。

99ヶ所あるガス栓のうち、31か所のガス栓が誤開放!

その施設での1日の平均的な使用量の約2倍のガスが室内に充満。

そこに製氷機の火花から引火して、爆発が起きたのです。

この事故によって、

約1,000平方メートルの鉄骨平屋建ての建物が全壊、死傷者

が出てしまいました。

 

何度も言いますが、プロパンガスの爆発は、めったに起こるものではありません。

でも、いざ爆発事故となると、このように大きな被害が出てしまうのです。

プロパンガスの爆発に遭遇したら、すぐ避難!

ガスの爆発事故に出くわしたら、

すぐに、全力で、安全な場所に避難すること!

これが鉄則です。

ガスの爆発はとても危険!!

だからです。

ガスオ
当たり前でしょ!

というツッコミが聞こえそうですが。

 

なぜそんな当たり前のことを、わざわざ言うのか…。

ということで、ここで動画を1つ、紹介しましょう。

これは、ロシアの高速道路で、プロパンガスを積んだトラックが事故に遭い、爆発が起きてしまったケースです。

 

なお、この動画には爆発や炎上の場面があります。

見ると辛くなりそうな人は、無理しないでくださいね。

 

このトラックが積んでいたプロパンガスの量やボンベの数は、この動画からはわかりません。

でも、この動画を見ると、ガスの爆発では

  • 爆発は1度ではなく、複数回起きることがある
  • 爆発によって吹き飛ばされた物が(時には火が付いた状態で)飛んでくる可能性がある
  • 火やガスを噴いているボンベが飛んできたり、高速で走り回ったりすることがある
  • 爆発の炎は、爆発の状況や風向き、風の強さによっては、横に来る場合もある
  • 爆発の大きさは変化し、予測しにくい

ということがわかりますね。

 

そして、

『火が付いたものが飛んでくる可能性がある』

ということは

『火が移って火事が広がる可能性もある』

ということです。

また、もし建物でガスの爆発が起こったら、ガラスなども飛んでくるかもしれません。

 

だから、

できるだけ早く、安全な場所に避難しなければならないのです。

とにもかくにも、身の安全が第一ですよ!!

 

プロパンガスの正しい使い方

正しい使い方を!

正しい使い方を!

プロパンガスの事故を防ぐためには、

『正しく使う』

ことが重要です。

では、どういう使い方が『プロパンガスを正しく使う』ことなのか、見てみましょう。

ガス器具の正しい使い方

ガス器具を使う時には、

  • ガスの種類に合ったガス器具を使う
  • 換気をする
  • 点火・消火は必ず目で見て確かめる
  • 青い火で使う
  • ガス器具の近くに、燃えやすいものを置かない
  • ガスコンロを使っている間は、そばを離れない
  • ガス栓は、使う時には『全開』で
  • ガス器具を使い終わったら、ガス栓を確実に閉める
  • 使わないガス栓には誤開放防止のカバーをつける
  • 時々、ガス器具の手入れをする
  • ガスホースなども時々点検する

これを守りましょう。

たくさんあるように見えますが、習慣にしてしまえば難しくないですよ!

 

では、それぞれについて、簡単に説明しましょう。

 

ガスの種類に合ったガス器具を使う

プロパンガスには、必ずプロパンガス用のガス器具を使いましょう。

これはとても大事です。

なぜかというと、

都市ガス用のガス器具をプロパンガスで使ったり、プロパンガス用の器具を都市ガスで使ったりすると、不完全燃焼などを起こすことがあり、危ないからです。

 

ガスの種類には『プロパンガス(LPガス)』と『都市ガス』があります。

ガス器具を買う時には家で使うガスの種類を確認してから、買いに行ってくださいね。

関連記事
ガスコンロ
都市ガスとプロパンガスでコンロを共用できる?器具の違いを紹介

引っ越しや、ガス会社の乗り換えなどで、ガスの種類が変わることがありますよね。 たとえば、これまでプロパンガスだったのが都市ガスになったり、都市ガスからプロパンガスになったり。 そんな時は 「ガスの種類 ...

続きを見る

 

換気をする

ガス器具を使う時には、必ず換気をしましょう。

 

ガスを使う時には、たくさんの酸素が必要です。

酸素不足になると不完全燃焼が起きてしまい、一酸化炭素中毒になりかねないので、とても危険です。

酸素が不足しないためにも、換気が重要なのです。

 

寒くてガスヒーターを使っている時などは、窓を開けるのがおっくうだったりしますよね。

でも、安全のために、時々は換気をしてください。

 

点火・消火は必ず目で確かめる

ガスコンロやファンヒーターなどを使う時は、

点火・消火は必ず目で確認しましょう。

 

例えばガスコンロだと、

「点火したつもりだったのに、火が点いていなかった」

「消したつもりで、消し忘れていた」

ということが、たまにありませんか?

 

もし、点火したつもりで火が点いていない状態を放置してしまうと、ガス漏れになってしまいます。

メモ

ガス器具によっては、安全装置で防止してくれるものもあります。

ガス漏れした状態で点火すると、引火して危険ですよね。

 

また、消火する時にも、消えたことをしっかり目で見て確認してください。

消し忘れがあると、危ないですからね。

 

青い火で使う

『ガスは青い火』

と覚えておいてください。

火の色が赤やオレンジ色の時は、不完全燃焼を起こしている可能性が高いです。

 

ガスの火が赤やオレンジ色になったときは、

  • ガス器具を止め、ガス栓を閉める
  • 換気をする
  • コンロの場合、時間をおいてバーナーに詰まりがないかチェックする
  • 加湿器を使っているなら、止めてみる

ということをしてみてください。

それでもガスの火が青に戻らない場合は、すぐにガス会社に連絡して、対応してもらってください。

メモ

ちなみに、加湿器を止めるのは、

加湿器が撒いた水分の中の金属成分で炎色反応を起こし、炎が赤くなること

があるからです。

この場合は、不完全燃焼ではありません。

ガス器具の近くに、燃えやすいものを置かない

『火を使う時は、近くに燃えるものを置かない』

というのは、火災防止の鉄則ですよね。

ガスファンヒーターなどを使う時は、ヒーターにカーテンがかかったりしないようにも、気を付けてください。

 

もちろん、ガスコンロの近くにカセットガスボンベやスプレー缶を置くのも、厳禁です。

カセットガスボンベやスプレー缶は、熱せられると、爆発してしまう可能性があります。

 

火を扱う時には、火そのものはもちろん、ガス器具の周りにも気をつけてくださいね。

 

ガスコンロを使っている間は、そばを離れない

ガスコンロを使っている時は、必ず火のそばにいるようにしてください。

そばを離れる時は、ほんの少しの間でも、火を消すようにしましょう。

 

火をつけたまま離れている間に、吹きこぼれて立ち消えしたりすることがあります。

また、揚げ物をしている時など、うっかり目を離している間に、油が高温になりすぎて火災になったら大変ですよね。

これも基本的なことですが、とても大事ですよ。

 

ガス栓は『全開』で使い、使い終わったらガス栓を閉める

ガス栓は、

  • 使う時には全開にする
  • 使い終わったら確実にガス栓を閉める

このことを忘れないでください。

 

ガス栓を中途半端に開けて、ガス器具を使うと安全装置が正常に働かないことがあります。

なので、ガスを使う時は、栓は必ず『全開』で使ってください。

 

そして、ガス器具を使い終わったら、確実にガス栓を閉めることが大事です。

特に、寝る前や出かける前は、ガス栓が閉まっているか、確認してください。

 

なお、ビルトインコンロなどでは、ガス栓がないものもあります。

ガス栓がない場合は、ガス栓を閉めなくても大丈夫です。

安心して使ってくださいね。

 

使わないガス栓には誤開放防止のカバーを付ける

使わないガス栓には、ゴムキャップと栓カバーを付けておきましょう。

ゴムキャップと栓カバーとは、このようなものです。

使わないガス栓のカバーとキャップ

使わないガス栓のカバーとキャップ

 

このガス栓カバーは、ネット通販でも買えます。

また、サイズや選び方がわからない場合は、ガス会社に問い合わせてくださいね。

 

ガス漏れで多いのが、

「使っていないガス栓を間違って開けてしまった」

という『誤開放』によるものです。

特に、2口ガス栓を使っていて、片方しかガス器具につないでいない場合は、要注意。

間違って、使っていないガス栓を開けてしまうこともあるかもしれません。

 

栓カバーを付けるのは法的な義務ではありません。

しかし、万が一のガス漏れを防ぐために、付けておいておいたほうが良いでしょう。

 

ガス器具の手入れをする

ガス器具は、時々手入れをして、きれいにしておきましょう。

ガスコンロのバーナーが詰まっていると、不完全燃焼の原因になります。

また、ガスファンヒーターも、手入れをすることで安全に使えます。

 

ガス器具の手入れって、ちょっと面倒ですよね。

でも、手入れをすると効率よく使えるので、ガスの節約にもなりますよ。

 

ガスホースなども時々点検する

ガス器具の手入れをするついでに、ガスホースも

  • 亀裂やひびがないか
  • 汚れや腐食はないか
  • ガス栓やガス器具との接続部分にゆるみがないか
  • ガスホースがガス栓やガス器具との接続部分にしっかりはまっているか

なども、点検しましょう。

 

ガスホースに亀裂やひび、腐食などがあると、ガス漏れにつながります。

なので、ガスホースにそういった異常があったら、すぐに交換しておいてください。

もちろん、ゆるんだままのガスホースも危険です。

ガス栓やガス器具に、しっかり接続してくださいね。

 

そして汚れも、見つけたらすぐに、よくふき取っておきましょう。

ガスホースを長持ちさせることができます。

ガス会社の定期点検を受ける

プロパンガス会社には、

4年に1度、ガス器具を含めた定期保安点検を実施すること

が義務付けられています。

この点検は、必ず受けておいてください。

ガス器具の異常や不具合を見つけることで、ガス事故を防ぐことができます。

 

定期保安点検では

  • 外のメーターなどの点検
  • ガスコンロやガス栓などの点検

があります。

 

この点検には、立ち合いが必要です。

ガス会社と相談して、立ち合える日程で保安点検の日時を決めてくださいね。

緊急対応の体制が整っているガス会社を利用する

もし、ガス漏れなどがあった場合には、すぐにガス会社に連絡して、対応してもらう必要があります。

そのため、万が一に備えて、緊急対応の体制が整っているガス会社を利用することが大切です。

 

もちろん、緊急対応はガス会社の『義務』です。

ですから、体制が整っていることが本来は当たり前ですが、いい加減な対応をするガス会社が絶対ないとは言えません。

 

もし

  • ガス会社の緊急対応が心もとない
  • ガス漏れがあって連絡したが、対応がよくなかった
  • 保安点検の時、なんだかいい加減な感じがした

など、安全管理に問題や不安がある場合は、ガス会社の変更も検討したほうが良いでしょう。

 

ガス会社を変える時は、ガス会社変更サービスを利用するのが簡単で確実です。

良心的なサービスのガス会社を紹介してもらえるので、もしガス会社の対応が気掛かりな時は、気軽に相談してみてくださいね。

関連記事
便利なガス会社変更サービス
ガス料金を安くするプロパンガス会社変更サービスを徹底比較

プロパンガスの料金を、最大限に安くするには、絶対に欠かせない鉄板サービス。 それが、 『プロパンガス会社変更サービス』 です。   『プロパンガス会社変更サービス』を利用すれば、 価格は格安 ...

続きを見る

 

プロパンガスの事故対策

しっかり事故対策をしよう!

しっかり事故対策をしよう!

プロパンガスの事故を防ぐために、ガスボンベやガス設備、ガス器具の製造会社などでも、

  • プロパンガスボンベに安全弁をつける
  • ガスメーターに安全装置をつける
  • ガス器具に安全装置をつける

など、いろいろな事故対策をしています。

では、どんな対策をしているのか、見てみましょう。

プロパンガスボンベの安全対策

プロパンガスボンベには『安全弁』が付いています。

この安全弁は

ボンベの中の圧力や温度が一定以上になると作動して、ガスを放出する

という仕組みです。

 

ガスオ
ガスを放出したら危ないんじゃないの!?

と思うかもしれませんね。

でも、ガスを放出することで、ボンベそのものが破裂するのを防ぐのです。

もしガスを放出しなければ、ボンベの圧力が上がって爆発し、さらに危険な事態になってしまいます。

 

また、販売元や事業者は、

  • 6年に1度、プロパンガスボンベの耐圧検査
  • 充填期限が切れたガスボンベの検査
  • 検査期限が切れたガスボンベの検査

をしています。

これらの検査は、法律で決められているもので、検査を通らなかったボンベは、使うことができません。

 

さらに、プロパンガスボンベは

  • 設置・保管の場所の条件が決められている
  • 運搬の方法が決められている
  • 配送や検査など、取り扱いには資格が必要

など、安全を守るための基準や取り決めが、二重三重にされているのです。

関連記事
ガスボンベの設置や保管の基準は?
プロパンガスのボンベ置き場をチェック!設置基準や保管のルールは?

プロパンガスは、私たちの生活にとって、とても大切なエネルギー源のひとつ。 でも、『ガスボンベ』と聞くと、 『なんだか危なそうだなぁ…』 『爆発したりしない?』 と思う人も、けっこういるようです。 &n ...

続きを見る

関連記事
プロパンガスの配送にはどんな資格が必要?
プロパンガスを配送する方法と必要な資格をわかりやすく解説!

街の中で、 『ガスボンベをたくさん積んだトラック』 を見かけることがありますよね。 ガスボンベと言ってもいろいろですが、プロパンガスを供給するためのトラックも沢山走っています。 あんなにたくさんの重い ...

続きを見る

ガスメーターの安全装置

ガスメーターにも安全を守るための装置が組み込まれていて

  • 震度5以上の地震
  • ガスが大量に流れた
  • ガスが長時間使われている
  • 火の消し忘れ
  • ガス漏れの可能性を感知した
  • 配管のガスの圧力が下がった

など、何かしらの異常があった場合には、感知してガスを遮断し、事故を防いでくれます。

 

この安全装置は、

万が一留守中に異常があった時や、家の人が異常に気付かなかった時でも自動でガスを止めてくれる

優れもの。

このシステムが導入されたことでも、ガスの事故が減っているんですよ。

 

ガスメーターの安全装置については、こちらでも書いています。

プロパンガスメーターの警告表示の見方

関連記事
ガスメーターの見方は?
プロパンガスのメーターの見方をわかりやすく解説!

ガスを使っていると、必ず設置されているのが 『ガスメーター』   このガスメーター、 ガスの使用量を計るために、とても大切なものなんです。 ガスメーターがなかったら、今月どのくらいガスを使っ ...

続きを見る

ガス器具の安全装置

ここまでプロパンガスボンベとメーターの安全装置を見てきましたが、もちろんガス器具にも安全装置が付いています。

どんな装置が付いているか、紹介しましょう。

 

ガスコンロの安全装置

まず、ガスコンロの安全装置です。

てんぷら油

過熱防止装置

なべ底の温度を感知して、約250℃になると自動的に消火する。
消し忘れ

消火機能

点火後一定の時間がたつと、自動的に消火する。
不完全燃焼

防止装置

器具の異常でによる不完全燃焼を起こす前にガスを止め、運転を停止する。
立ち消え

安全装置

煮こぼれや風など、何かの理由で立ち消えした時にガスを遮断し、コンロの運転を止める。

 

『不完全燃焼防止装置』と『立ち消え安全装置』は、基本的な安全装置。

給湯器やガスファンヒーターにも付いています。

コンロでは、その他にも『てんぷら油加熱防止装置』や『消し忘れ消火機能』など、コンロに対応した装置が付いているのです。

 

給湯器の安全装置

次に、給湯器の安全装置です。

不完全燃焼

防止装置

器具の異常による不完全燃焼を起こす前にガスを止め、運転を停止する。
立ち消え

安全装置

風など、何かの理由で立ち消えした時にガスを遮断し、

給湯器の運転を止める。

 

空焚き安全装置 お風呂を空焚きした時に、空焚きを感知してガスを止め、給湯器の運転も止める。
過熱防止装置 本体の温度が異常に上がったときにガスを遮断し、器具の運転も止める。
凍結防止装置 一定の温度以下になると自動的にヒーターを作動させ、器具内の通水路の凍結を防止して、ガス器具の破損を防ぐ。
過電流防止装置 過電流が流れた時に、自動的に電源を切って運転を止める。
停電時安全装置 器具の燃焼中に停電が発生するとガスを止め、電気が復旧した時にも点火しないようにする。

 

給湯器で心配なのは、空焚きや真冬の凍結ですね。

そういった、給湯器ならではのことにも対応した安全装置が付いています。

 

なお、凍結防止装置は、給湯器本体のコンセントを抜いてしまうと、作動しません。

内部の水が凍結すると故障してしまうので、

給湯器のコンセントは、いつもつないだ状態にしておいてくださいね。

 

ファンヒーターの安全装置

最後に、ガスファンヒーターの安全装置です。

不完全燃焼

防止装置

器具の異常による不完全燃焼を起こす前にガスを止め、運転を停止する。
立ち消え

安全装置

風など、何かの理由で立ち消えした時にガスを遮断し、ヒーターの運転を止める。

 

過熱防止装置 本体の温度が異常に上がったときにガスを遮断し、器具の運転も止める。
過電流防止装置 過電流が流れた時に、自動的に電源を切って運転を止める。
停電時安全装置 器具の燃焼中に停電が発生するとガスを止め、電気が復旧した時にも点火しないようにする。
転倒時ガス

遮断装置

ガスファンヒーターが転倒した時に、ガスを遮断し、消火する
自動消火機能 連続して燃焼している時間が設定した時間を過ぎると、自動的に運転を止める、消し忘れ防止の機能。

 

ガスファンヒーターでは、ほとんどの機種でこのような安全装置がついています。

他にも、チャイルドロックなど、いろいろな機能がついているものもあります。

買う時にはよく確かめてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスは、爆発事故となると大きな被害が出てしまいます。

もちろん、爆発でなくても、一酸化炭素中毒などの危険な事故が起きることもあります。

だからこそ、正しい使い方をしっかり覚えて、日々実行することが大事です。

 

プロパンガスの事故は、

  • プロパンガスボンベやメーター、ガス器具の安全装置の開発と普及
  • 配送や保安点検に関わるガス会社の努力
  • 法整備
  • 消費者への啓もう

など、多くの人の努力で減ってきました。

 

でも、ここまでしても、事故件数はゼロにはなりません。

毎年、何かしらの事故は起きています。

 

だからこそ、

プロパンガスは正しく使うことが大事

なのです。

正しく使っていれば、安全に、安心して使うことができます。

 

でも、万が一

「ガス漏れかな?」

「なんだかコンロがおかしいな」

「ガスホース、ちょっと亀裂が入ってる?」

なんて時は、

決して甘く見ずに、対処やガス会社への連絡をしてくださいね。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ボンベ

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.