プロパンガスの節約

【ガス代節約】レースの断熱カーテンを設置する断熱効果を解説

断熱レースカーテンって本当に効果があるの?

スポンサーリンク

ガス暖房にかかるガス代を節約する方法の1つに、

『断熱カーテンを使って、部屋の熱を逃がしにくくする』

という方法があります。

 

『断熱カーテン』というと、厚手のカーテンを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、

断熱性能があるレースカーテンもあります。

 

ガスオ
レースカーテンって薄いから、あまり効果ないんじゃない?

そう思うのも、無理ありません。

でも、レースカーテンと言えど、あなどれないんですよ!

いろいろなメーカーが技術を駆使して、断熱性能のあるレースカーテンを開発しているんです。

 

ということで、この記事では

  • 断熱レースカーテンはどのくらい効果があるのか
  • 断熱レースカーテンの気になるポイント

について解説します。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

断熱レースカーテンって本当に効果あるの?

断熱レースカーテンでなぜ暖房のガス代節約ができる?

断熱レースカーテンで、なぜ暖房の費用を節約できるかというと、

窓や玄関に掛ける

⇒窓や玄関の部分で部屋の暖かい空気が冷えてしまうのを防ぐ

間仕切りとして使う

⇒部屋を区切ることで暖房する範囲を小さくできる

階段の出入り口などに掛ける

⇒上の階の冷気が降りてくるのを防ぎ、下の階の暖気が上の階に行ってしまうのを防ぐ

という効果があり、暖房効率を良くすることができるからです。

 

暖房効率が良くなれば、暖房にかかる費用も少なくて済みます。

 

もちろんガス暖房に限らず、エアコンや灯油を使う暖房の費用も節約できますよ!

 

断熱レースカーテンはなぜ断熱効果があるのか

断熱レースカーテンは、普通のレースカーテンとは違う、特殊な製法で作っています。

 

たとえば、

  • 高密度に織った生地と遮像効果のある生地を重ねる
  • 糸状にしたアルミ蒸着フィルムを生地に織り込む
  • 繊維に特殊な金属酸化物を含ませる
  • 特殊な糸を使って蓄熱性を持たせる

といった製法です。

 

布の生地は、密度が高いほうが空気を多く含むことができ、断熱効果が高くなります。

また、アルミは保温シートなどにも使われますよね。

そういった保温性のある素材を使ったり、保温性のある構造にしたりすることで、断熱性を持ったカーテンを作ることができるのです。

 

これが、レースカーテンに断熱力を持たせる仕組みです。

 

断熱レースカーテンはどのくらい効果がある?

実際のところ、断熱レースカーテンにはどのくらいの効果があるのでしょうか?

具体的な製品の試験結果を見てみましょう。

 

断熱レースカーテンにはいろいろな製品がありますが、今回は

『エコファイン』

の試験結果を取り上げます。

試験は、熱源で60分間ブラックパネルを温め、

  • 熱源とブラックパネルの間に何もない状態
  • 熱源とブラックパネルの間に普通のミラーレースカーテンを設置した場合
  • 熱源とブラックパネルの間に『エコファイン』を設置した場合

の3通りでブラックパネルの温度差を比べる、という方法で行われました。

 

その結果、

熱源とブラックパネルの間に何もない状態

⇒約37℃

熱源とブラックパネルの間に普通のミラーレースカーテンを設置した場合

⇒約28℃

熱源とブラックパネルの間に『エコファイン』を設置した場合

⇒約20℃

引用 びっくりカーテン 省エネ!断熱&保温効果が抜群のレースカーテン ファインプレーン

という結果でした。

 

普通のミラーレースカーテンでも断熱はできますが、やはり断熱レースカーテンの威力はすごいですね!

 

実際にどれくらい熱気や冷気を遮れるかは、設置する場所の環境、設置の仕方などにもよります。

でも、実験でこれだけの差が出るのですから、効果があることは確かですね。

 

また、熱を遮ることができるということは、冷気も遮ることができます。

 

さらに、『エコファイン』の場合、商品情報によると

断熱効果率

⇒47.3%

保温効果率

⇒46.3%

という効果率で、普通のミラーレースカーテンの2倍!

 

なお、これはあくまでも一例で、効果のほどは製品にもよります。

 

断熱レースカーテンのおすすめの使い方

断熱レースカーテンのおすすめの使い方をいくつか紹介しましょう。

 

窓に使う

まずは、基本『窓に使う』という方法です。

 

窓に断熱レースカーテンを掛けておけば、

  • 断熱のドレープカーテン(厚手のカーテン)と併用すると、さらに冷暖房効率が上がる
  • 日中のドレープカーテンを開けておく時間帯にも、室内の保温ができる

というメリットがあります。

 

玄関や勝手口などに使う

カーテンを掛けると良いのは、窓だけではありません。

  • 玄関や勝手口
  • 玄関の小窓

などに使うと、室内の快適な温度の空気を逃がしにくくなります。

 

参考記事:【ガス代節約】窓に断熱カーテンを設置する断熱効果を解説【省エネ】

参考記事:【ガス代節約】玄関のドアに断熱カーテンを設置する断熱効果を解説

 

間仕切りなど、室内に使う

部屋の間仕切りや、階段の出入り口などにも、断熱カーテンはおすすめです。

  • 暖房する範囲を小さくする
  • 上の階と下の階の間で冷気や暖気が行き来するのを防ぐ

といった効果があり、冷暖房の効率を上げられます。

 

レースではない断熱カーテンやアコーディオンカーテンのほうが合う場所もありますが、

室内なので、明るく、軽い感じのカーテンにしたい!

というときは、断熱レースカーテンがおすすめですよ。

 

参考記事:【ガス代節約】間仕切りに断熱カーテンを設置する断熱効果を解説

 

断熱レースカーテンの気になるポイント!

断熱レースカーテンで快適に過ごしたい!

断熱レースカーテンで快適に過ごしたい!

ここからは、断熱レースカーテンを検討するにあたって気になるポイント、

  • 部屋が暗くならないかどうか
  • 価格はどのくらいなのか

について解説します。

 

断熱レースカーテンって暗くないの?

ガスオ
断熱レースカーテンって、生地の目が詰まっていたりアルミが入ってたりするなら、部屋が暗くなるんじゃない?

その心配はいりません。

 

黒い糸やアルミを練り込んだ糸を使った製品でも、外からの光を通すくらいの作りになっています。

ですから、日中にカーテンを閉めておいても、部屋が薄暗くなることはありません。

 

たとえば、実験結果で挙げた『エコファイン』。

この『エコファイン』がどのくらい光を通すか、このページの画像を参考にしてくださいね。

参考 省エネ!断熱&保温効果が抜群のレースカーテン ファインプレーン

 

ただし、断熱レースカーテンを閉めている場合、

ミラーレースではないレースカーテンや普通のミラーレースカーテンよりは、外の景色が見えにくい可能性があります。

 

断熱レースカーテンの価格はどのくらい?

ガスオ
断熱レースカーテンって、値段が高いんじゃないの?

コストは気になりますよね。

 

確かに、断熱レースカーテンは、普通のレースカーテンよりは高いです。

良い機能がある製品は、それなりに値段は上がってしまいます。

 

また、カーテンのサイズが大きくなるほど、普通のレースカーテンとの差も大きくなります。

 

一例として、『びっくりカーテン』というカーテン専門店の通常価格で比べてみましょう。

一番小さいサイズと一番大きいサイズで比べてみると、下の表になります。

 

シンプルなミラーレースカーテン(非断熱)断熱レースカーテン
製品名ネア・ホワイトエコファイン(ファインプレーン)
~119cm×100cmの価格1,650円2,750円
~259cm×300cmの価格7,260円13,860円

参考 びっくりカーテン ※価格は2021年4月9日現在

 

と、このくらいの差があります。

この差を大きいと感じるか、『快適に過ごせて冷暖房費も減らせるなら、この価格に見合う』と感じるかは、人それぞれです。

 

断熱カーテンにする場合、どうしてもコストはかかります。

なので、無理に全てのレースカーテンを断熱にしなくても

  • もっと安い断熱レースカーテンを選ぶ
  • 北側の窓や西日の当たる窓だけ断熱レースカーテンにするなど、断熱レースカーテンを使うポイントを絞る

といった方法もあります。

 

あなたに合った方法やカーテンを選んで、無理なく冷暖房費の節約を目指してください。

 

ただし、なるべく安い製品を探すときは、断熱率など製品の性能を必ず確認してくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

断熱レースカーテンは、

  • 高密度に織った生地と遮像効果のある生地を重ねる
  • 生地にアルミ蒸着フィルムを織り込む
  • 特殊な金属酸化物を含ませた繊維を使う
  • 蓄熱性を持たせた特殊な糸を使う

などの製法で作られています。

 

そのため、レースカーテンであっても、

  • 外の光を室内に取り入れることができる
  • 室内の暖気や冷気を逃がしにくくする

という、レースカーテンと断熱カーテンの良いとこ取りができるのです。

 

どのくらいの断熱効果があるかは、製品や使う場所の状況などによって違います。

でも、普通のレースカーテンよりずっと、断熱効果があります。

断熱レースカーテンは、窓だけでなく、玄関や階段の出入り口などにも使えます。

ぜひ上手に使って冷暖房の効率を良くし、快適でお財布にも優しい生活を手に入れてくださいね!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-プロパンガスの節約
-