プロパンガスの節約 プロパンガスの違い

IHとガスコンロの光熱費はどっちが安い?料金比較とガス節約術を紹介

更新日:

家計の中で大きな割合を占めるのが

『光熱費』

なんとか節約したいですよね。

とくに、プロパンガスを使っていると、

「ガス代が高いなぁ…」

と思うことも多いのではないでしょうか。

 

「ガス代さえ安くなればいい」

というなら、

キッチンのコンロを、ガスコンロからIHのクッキングヒーターにしてしまう

という手もあります。

でも、それだと今度は

電気代が増えてしまう可能性

もありますよね。

実際のところ、

  • IHクッキングヒーター
  • ガスコンロ

どちらの光熱費が安いのでしょうか?

 

この記事では、

IHクッキングヒーターとガスコンロにかかる料金の比較から、キッチンでのガス節約術まで

を、お話します。

IHの導入を考えている人や、キッチンでの光熱費を節約したい人は、ぜひお読みください!

スポンサーリンク

IHとガスコンロ、光熱費はどっちが安い?

上手に節約

上手に節約

IHとガスコンロの料金比較は、とても複雑

一番気になるのは、

『IHとガスコンロ、どちらの光熱費が安いか』

ですよね。

ズバリ結論は

一概には言えない

です。

 

なぜこんなミもフタもない結論になるのかというと、キッチンでのガス代やIHの電気代を計算する場合、

  • 契約している電気料金やガスのプラン
  • IHクッキングヒーターを使う時間帯(時間帯によって電気料金が違う場合もある)
  • 調理の時間の長さ
  • IHクッキングヒーターの性能
  • 鍋などの調理器具の材質(熱伝導率など)
  • プロパンガス、都市ガスの従量単価

などによって、数字が変わってくるからです。

 

『安い電気やガスの料金プランで、熱伝導率の良い調理器具で調理をした』

場合と

『高い電気やガス代で、熱伝導率の悪い調理器具で調理した』

場合では、光熱費も違ってきますよね。

 

ネットの記事をいろいろ読んでみると

「ガスのほうが安い!」

「IHのほうが安い!」

両方の結論があるのは、そういうわけなのです。

 

でも、そんなことを言っていても仕方ないので、ここでは大雑把な見立てでお伝えすると

料金の安い順に

  1. 都市ガス
  2. 夜間電力
  3. プロパンガス
  4. 昼間電力

という順になることが多いです。

 

では、この結果について、くわしく見ていきましょう。

電気1Kw分のエネルギーにかかる電気代とガス代は?

では、

  • 都市ガス
  • IH(電気)
  • プロパンガス

の光熱費を、いろいろなシチュエーションで比較してみましょう。

参考までに、

『適正料金のプロパンガス』

も比較に加えました。

ただし、先に書いたように、料金プランや調理器具などの条件によって変わってくるので、

ここでは半ば強引に、条件を決めています

あくまでも参考として、ご覧ください。

 

まず、

『電気1Kw分のエネルギーを得るのに、電気代とガス代がどのくらいかかるか』

です。

この条件を

  • 都市ガスの従量料金…150円
  • プロパンガスの従量料金…500円
  • プロパンガスの従量料金が適正価格の場合…280円(東京の適正価格)
  • 昼間の電気代が1Kwあたり22円
  • 夜の電気代が1Kwあたり12円
  • 熱効率など、ややこしいことは、ひとまずないことにする

とした場合、計算の結果はこのようになりました。

従量単価 電気1Kw分の光熱費
電気 昼間 30円 30円
12円 12円
都市ガス 150円 11.7円
プロパンガス 従量料金 500円 18円
適正価格 280円 10円

(小数点2位以下は四捨五入)

この計算によると、安い順に

  1. 適正価格のプロパンガス
  2. 都市ガス
  3. 夜間料金の電気
  4. 従量料金500円のプロパンガス
  5. 昼間料金の電気

となりました。

適正価格だと、プロパンガスが都市ガスより光熱費が安くなるんですね。

プロパンガスと都市ガスの光熱費の計算

電気1Kw分の熱量は、およそ860Kcalです。

この860Kcalの熱量を出すのには、

プロパンガスは約0.036立方メートル

都市ガスは約0.078立方メートル

必要です。

プロパンガスと都市ガスで必要な量が違うのは、

プロパンガスの熱量は、約24,000Kcal/立方メートル

都市ガスの熱量は、約11,000Kcal/立方メートル

と、熱量の違いがあるからです。

なので、

都市ガスは、

0.078立方メートル×150円=11.7円

プロパンガスの場合は、

0.036立方メートル×500円=18円

プロパンガス適正価格の場合は

0.036立方メートル×280円=10円

という結果になるのです。

 

1リットルの水を沸騰させる光熱費で比較すると?

では、今度は電気やガスの熱効率も考慮に入れてみましょう。

できれば『同じ料理を作る』場合で試算したいところですが、シンプルにするため、

『1リットルの水を沸騰させる場合』

で計算しました。

IH、都市ガス、プロパンガスの値段は先に書いたものと同じで、

  • IHクッキングヒーターは、熱効率80%、860Kcal/1Kw
  • ガスはプロパンガス、都市ガス共に熱効率は60%
  • 水の温度は15℃から100℃まで上げる

という条件です。

 

その結果を見てみると…。

従量単価 水1リットルを沸かす光熱費
電気 昼間 30円 3.6円
12円 1.4円
都市ガス 150円 2円
プロパンガス 従量料金 500円 3円
適正価格

(東京の場合)

280円 1.7円

(小数点2位以下は四捨五入)

ここでは

  1. 夜間料金の電気
  2. 適正価格のプロパンガス
  3. 都市ガス
  4. 従量料金500円のプロパンガス
  5. 昼間料金の電気

となりました。

先ほどの結果と違うのは、IHのほうが熱効率が良いからです。

つまり

  • 時間帯によって電気料金が違う場合、電気を使うなら、安い時間帯に
  • 都市ガスのほうが、電気やプロパンガスより安い
  • 電気料金の高い時間帯にIHクッキングヒーターで調理するより、ガスのほうが安い
  • プロパンガスでも、適正料金に近いほど安くなる

ということになります。

 

ただ、先ほども書いたように、実際は

調理器具の熱伝導率や、調理時間、料金プランなどによって、実際の光熱費は変わってきます

IHクッキングヒーターを導入する、あるいはIHからガスにする場合は、

お店の人に光熱費のことなどもよく聞いてみてください

1リットルの水を沸騰させる光熱費の計算

今回の結果についても、式と結果を書いておきましょう。

計算式は、15℃の水1リットルを沸騰させるために必要な熱量を85Kcal、

  1. 85Kcal÷(1kwあたりもしくは1立方メートルあたりの熱量×熱効率)=85Kcalを得るのに必要な電気やガスの量
  2. 85Kcalを得るのに必要な電気やガスの量×従量単価=電気・ガス代

となります。

まず、昼間の電気の場合は、

85Kcal÷(860Kcal×0.8)=0.12Kw/h

0.12Kw/h×30円=3.6円

夜間の電気料金の場合は、2つ目の式の30を12にするだけなので、

0.12Kw/h×12円=1.4円

次に、都市ガスの場合です。

小数点2位以下は四捨五入してあります。

85Kcal÷(11,000Kcal/立方メートル×0.6)=0.013Kcal立方メートル

0.013Kcal立方メートル×150円=2円

そしてプロパンガスの場合は、

85Kcal÷(24,000Kcal/立方メートル×0.6)=0.006Kcal立方メートル

0.006Kcal立方メートル×500円=3円

プロパンガスの適正価格は、2つ目の式の500が280になり、

0.006Kcal立方メートル×280円=1.7円

と、このように計算しました。

 

IHクッキングヒーターとガスコンロの比較

IHコンロでベーコンを焼く

IHコンロでベーコンを焼く

IHにするか、ガスにするか考える時に大切なのは、光熱費だけではないですよね。

次に、IHクッキングヒーターとガスコンロの

  • 安全性
  • 使い勝手
  • 機能
  • 向いている料理

なども比べてみましょう。

IHクッキングヒーター ガスコンロ
火災の危険性 火を使わないので、火災になったりやけどしたりする可能性が低い。

ガス漏れの心配もいらない。

火を使うので、火災ややけど、袖への火移りなどに常に注意が必要。

ガス漏れや不完全燃焼、消し忘れにも気を付けなければならない。

ただし今は、Siセンサーが付いていて、消し忘れても自動的に止めてくれる機能が付いたものが多い。

注意力など 火が見えないので、『注意しなければ』という意識を比較的持ちにくい。 火が見えるので、『火事ややけどに気を付けなければ』という意識を持ちやすい。

子どもにも『火』について教えることができる。

熱効率 90%くらい。

鍋などに直接熱を伝えるので、熱効率が良い。

熱効率は50~80%。

熱が周りの空気にも行ってしまうので、熱効率が悪い。

調理器具 IH対応のものを使わなければならない。

多層鍋や銅、アルミ、耐熱ガラスや土鍋、セラミックなどは使えない。

どんな調理器具でも使える。
導入費用 高い。

コンロの購入費用だけでなく、工事費に6万円くらいかかる。

また、鍋などの買い替えが必要になる場合もある。

コンロの購入費用は必要。

ガス機器の購入と設置費用は、多くの場合、ガス会社が負担してくれる。

ただその分の費用は、最終的には毎月の料金に上乗せで払うことになる。

不透明な部分もある。

火加減 ボタンで調節。

簡単だが、火が見えないので、『火の強さ』がわかりにくく、微妙な火加減はしにくい。

ある程度の慣れも必要。

つまみで調節。

火を見て強さを確認できるので、微妙な火加減もしやすい。

加熱の速さ ガスより早い。 IHクッキングヒーターより遅い。
複数の鍋での強火の調理 コンロ上で複数の強火調理が難しい。

内線規程で、使う電力の量が決められていて、それを超えるとブレーカーが落ちてしまうこともある。

コンロ上で複数の強火調理ができる。
料理での使い勝手 調理器具が天板についていないと熱が伝わらないので、鍋を振って調理をすることができない。 均等な味付けや『程よく焦がす』ことなどがしやすい。

中華鍋を振ってかき混ぜたりもできるし、食材に味を行き渡らせやすい。

向いている料理 角煮やシチューなど、じっくり煮込む系の料理。 中華など、強い火力が必要な料理。
手入れ 平らなので、手軽に掃除ができる。 ゴトクを外したり、バーナーの穴を掃除したりなど、手間がかかる。
汚れ具合 水蒸気が発生しないので、水と油が混ざったようなベタベタした汚れが少ない。 水と油が混ざったベタベタ汚れが付きやすい。
頑丈さ 調理器具を乱暴に置くと、天板が傷ついたりすることがある。 天板が割れてしまうことはないので、多少雑に鍋を置いたりしても大丈夫。
周りの汚れ 壁や換気扇などの汚れが少ない。 壁や換気扇などにも汚れが付きやすい。
空気の汚れ 空気が汚れず、二酸化炭素や窒素炭化物が発生しない 二酸化炭素や窒素炭化物などが発生する。換気も大事。
キッチンの暑さ 室内に熱がこもりにくく、夏も比較的キッチンが暑くならない。 コンロ周りの空気も温めるので、キッチンも暑くなる。
時間帯と、電気代・

ガス代の関係

契約プランにもよるが、電気代が高い時間帯に長時間使うと、電気代が高くなってしまう。

逆に、電気代が安い時間帯に調理すれば、節約できる。

どの時間帯に調理しても、ガス代は一定。
停電に対する強さ 停電時は使えない。 停電時でも、ガスの安全が確認できれば使える。

こうしてみると、どちらも、メリットとデメリットがさまざまです。

IHクッキングヒーターには、ガスコンロにはない良さがあり、ガスコンロにはIHクッキングヒーターより強い面もあります。

もし、これからどちらかを選ぶなら、両方のメリットやデメリットも考えて、じっくり検討すると良いでしょう。

また、もし

「ガスコンロからの乗り換えを検討してるけど、迷ってる」

というなら、

IHクッキングヒーターの導入を検討しつつ、ひとまずガスの節約を考えてみる

というのも手です。

新しく導入するには、費用も掛かりますからね。

 

プロパンガス代を節約するのに一番効果的な方法

都市ガスより高いプロパンガス代を節約するのに、一番効果的な方法は

  • 今より安いガス会社に乗り換える
  • ガス会社に交渉して、値下げしてもらう

という方法です。

もちろん、日々の暮らしでガスの使い方に気を付け、ガスの使用量を節約するのも大切ですが、

ガスの従量単価が下がると、バッサリ節約できます

 

では、2つの方法について、お伝えします。

安いガス会社に乗り換える

プロパンガス代は、自由価格であるため、プロパンガス会社がそれぞれに価格を決めています。

なので、

驚くほど安い値段の会社も、ボッタクリ的に高い会社もある

というのが実状です。

 

まず、自宅で使っているガスの契約をチェックして、

  • 基本料
  • 従量単価

を確認しておきましょう。

そして次に、

  • 住んでいる地域の相場価格
  • 住んでいる地域の適正価格

もチェックしてみましょう。

メモ

相場価格と適正価格は、

『プロパンガス料金消費者協会』のサイト

https://www.propane-npo.com/

で調べることができます。

 

次に、ガス会社選びです。

もちろん、自分で調べて探すのも良いですし、

「ややこしくて難しい…」

という場合には、

『プロパンガス料金消費者協会』でも相談に乗ってもらえます

 

ガス会社を選ぶときに重要なのが

『良心的なガス会社を選ぶ』

ことです。

ガスは

『安ければいい』というものではありません

なぜなら、あまりに安いガス会社だと

  • 経営がヤバくなったらいきなり値段が上がる
  • やっていけなくなって潰れてしまう
  • 契約する時は安いけど、少しずつ値段が吊り上がって、結果的に高くなる
  • 値段が高くなって解約しようとしたら、違約金を請求される

なんて可能性もあるからです。

もちろん、すべてのガス会社がこうというわけではありませんが、

残念ながら、中には悪質な会社もあります

なので、安いところに飛びつくのではなく、

『相場価格や適正価格を参考にしながら、良心的なしっかりした会社を選ぶ』

ことが大切です。

ガス会社に値下げ交渉をする

ガスの値段って『公共料金のようなもの』って感じがしますよね。

なので、

「ガスの値段は同じ会社ならどこの家でも同じだし、値下げなんて無理なんじゃ…」

と思う人もいるかもしれません。

でも、

同じガス会社でも、隣近所で値段が違う、なんてことも、実はあったりします

そして

ガス会社は、何も言わないでいると値下げしてくれないことも多いです

なので、こちらから

「相場より高いから、値下げしてください」

って言ってみましょう

 

もちろん、ガス会社も商売ですから、

いきなりドーンと半額なんてことは、期待しないほうが良いでしょう。

また、

「もともと安いけど、もっと値下げして」

というのも、応じてもらえる可能性は少ないです。

「相場と比べてこのくらい高いから、もう少し値下げしてほしい」

くらいが、妥当なところと考えるのが良いです。

プロパンガスの配達
賃貸の家でプロパンガス代を節約したい!ガス会社の変更は可能?

プロパンガスって、往々にして都市ガスより料金が高いですよね。 とくに、 『賃貸物件では、一戸建てより、さらにプロパンガス料金が高い!』 ということも、よく言われています。 ならば、よりいっそう節約した ...

続きを見る

プロパンガスから都市ガスに切り替えるってどうなの?

たしかに都市ガスは、プロパンガスより料金が安いことが多いです。

でも、

プロパンガスから都市ガスに切り替えるのは、効果的とは言えません

なぜなら

都市ガスは、導入にかかるコストが高い

からです。

 

実際どれくらいかかるかというと、

  • 自宅近くまでガスの配管が来ている場合でも、10~20万円
  • 自宅の近くまでガスの配管が来ていない場合は、50万を超すことも多い

という感じです。

都市ガスのある地域で導入するとしても、元を取るのには、けっこう年数がかかりそうです。

そしてもちろん、

その地域にガス配管がない場合は、都市ガスを導入することはできません

なので、

無理に都市ガスに切り替えるよりは、プロパンガスのまま節約する方法を考えたほうが早いです。

 

キッチンで毎日できるガス節約術

ガスコンロで鍋料理

ガスコンロで鍋料理

では、ガス代を節約するのに、毎日できることを紹介します。

どれも、

1つ1つはささやかなことですが、積もり積もるとあなどれませんよ

 

なお、この中には電子レンジや炊飯器を使うアイディアもあります。

電気は時間帯によっては、ガスより高くなることがあるので、先ほどの電気代との比較を頭に浮かべながら、どちらを使うか選んでください

鍋の底の水を拭き取ってから火にかける

まず、鍋を火にかける前には、

鍋の底についた水を拭き取りましょう

水がついていると、それが乾くまでの間の熱が、ロスになってしまいます。

また、鍋底の水が蒸発する時に熱を奪ってしまいます。

ガスの熱を少しでも有効利用するためにも、布巾でシュッとひと拭きしてください。

火の大きさは、鍋の底からはみ出さないように

これはガスを無駄なく使うための基本です。

ガスの火が鍋底からはみ出してしまうと、はみ出した火は空気を温めることになってしまいます

もったいないですよね。

ガスの火は、鍋底からはみ出さない大きさにしましょう。

なるべく大きめの鍋や、底が平らな鍋ややかんを使う

大きめの鍋だと、ガスの火がしっかり鍋底に当たるので、ガスの熱をできるだけ逃がさず使うことができます

また、底が平らな鍋だと、さらにガスの熱がしっかり鍋に伝わります。

なので、短時間で調理ができるのです。

 

これの応用が、

『パスタやうどんなどを、フライパンで茹でる』

という技です。

フライパンは鍋底が平らで、火の熱がしっかり伝わるので、お湯が沸くのも早いです。

水と麺がしっかり入る大きさのフライパンを使えば、焦げたりせずに茹でることができます。

中火を中心に使う

ガスの火力については、ガス代が安い順に

  1. 中火
  2. 強火
  3. 弱火

です。

なので、中火を中心に使いましょう

もったいないからと、弱火で時間をかけるよりは中火のほうが良いです。

また、時間を無理に短くしようとして強火で料理しても、ガス代は中火より高くなってしまいます。

もちろん、料理によっては、強火や弱火のほうがおいしくなります。

おいしさも大事に、火加減を考えてくださいね

茹でものなどでお湯を沸かす時は、給湯器を利用

野菜や麺、肉などの茹でものをする時は、

給湯器のお湯を活用すると、節約できます

給湯機はガスコンロより熱効率が良いです。

そのため、同じ量のお湯を同じ温度にするなら、給湯器のほうがガスの量が少なくて済みます。

水からガスで沸かすより、節約できますよ。

圧力鍋を使う

圧力鍋を使うと、料理の時間が少なくて済みます

その分、ガスを使う量も減らすことができるのです。

その上、圧力鍋で作ると、おいしくなります

圧力鍋は、扱いに注意が必要な部分もありますが、

節約になっておいしくて、一石二鳥!

おすすめですよ。

保温調理をする

煮物などの場合、保温調理をすると、これもガスの使用量を減らせます

もちろん、保温調理用の鍋を使ってもいいですが、お値段がちょっと高いですよね。

 

なので、筆者は普通の鍋を使っています。

やり方は

  1. 火が通って、あとは煮込むだけ、というところまでコンロで調理する
  2. 鍋を新聞紙(少しくしゃくしゃにしてから広げたものだとなお良い)で包む
  3. さらにバスタオルやタオルケット、毛布などでぐるぐる包む
  4. そのまましばらく放置

という方法です。

要は

『包んで待つだけ』

簡単ですね。

よほど時間をおいてしまわない限り、温めなおさなくて済むので、その点でも節ガスになります。

保温調理は、ガスを節約できるだけでなく、保温の間は安心して目を離していられるので、これもおすすめです。

中華鍋を活用!

炒め物などは、中華鍋を積極的に活用すると良いです。

中華鍋は底が丸くなってはいますが、

炎にフィットする形になっているので、鍋の底にしっかり火が当たり、無駄なく火の熱を使えます

また、食材がたくさん入る、揚げ物の時は油が少なくて済むなど、利点も多い調理器具です。

炒め物や焼き肉などのほかにも、茹でたりする時にも活用してみてくださいね。

炊飯器で作れるものは、炊飯器で

今は炊飯器にも、いろいろな料理を作れるものがありますね。

また、ネットで探すと、たくさんの炊飯器レシピがあります。

せっかく機能やレシピがあるのですから、活用しちゃいましょう。

角煮やローストビーフなども作れるので、電気の安い時間帯に作り置きしておくのも良いですよ。

同時調理もおすすめ!

1つの鍋やフライパンなどで、1度に複数の料理を作るのも、おすすめです。

時短にもガス節約にもなります

仕切り付きのフライパンも売っていますし、多少混ざっても構わないなら、普通のフライパンでも可能です。

 

また、たとえば

茹でものをしながら、同時に蒸し料理も作る

という手もあります。

鍋の大きさに合う金ざるを鍋にセットして、下でゆでものをし、金ざるの上に野菜や肉などを置いて、蒸してしまうのです。

茹で卵などは、茹であがるころに蒸し料理もできあがって、ちょうどいいですよ。

1リットル程度のお湯なら、電気ケトルのほうが安いことも

これも電気代やガス代の状況にもよりますが、

1リットルくらいのお湯を沸かすなら、電気ケトルのほうが安い場合もあります

もしくは、ガスを使うなら、お湯はまとめて沸かして、保温性の高いポットに入れておくのも良いでしょう。

ガスコンロが冷えないうちに、次の料理を

最初にガスを点ける時は、ガスコンロが冷えています。

ガスコンロにも、熱がある程度奪われてしまうので、料理をするときは

ガスコンロが冷めないうちにまとめて作りましょう

ほんの少しのことですが、これも積み重なると、けっこうな節約になります。

作り置き料理なども、まとめて作ると良いですね。

野菜の下茹でにレンジを活用

野菜を茹でたりする時には、

レンジで加熱しておくと下茹でになり、ガスで茹でる時間が少なくて済みます

レンジでの加熱時間は、具材が何かや量によっても違いますが、

人参1本なら、600wで3分20秒〜4分くらいです。

加熱前に水を振るのと、耐熱皿を使うことも忘れないでくださいね。

具材を小さめに切って加熱時間を少なくする

具材が小さいと、中心まで早く熱が伝わります

そのため、加熱時間、つまりガスを使う時間を短くすることができます

もちろん、おいしさや食べごたえも大事にしてくださいね。

ガスを使う量が少ない料理法は?

料理のしかたによっても、使うガスの量は変わります

一般的に、

  1. 炒める
  2. 蒸す
  3. 煮る
  4. 揚げる

の順に、使うガスの量が少ないです。

揚げ物は、けっこうガスを使ってしまいます

でも、揚げ物をあきらめるのも、残念ですよね。

そんな時は、電子レンジやオーブンでできる揚げ物レシピもあります。

また、揚げないで揚げ物を作れる揚げ物の素もあるので、活用してみてください。

『揚げないで揚げ物を作れる揚げ物の素』なんて、なんだか『トゲアリトゲナシトゲトゲ』みたいで不思議な感じですが。

火と油を使わないというところでも、安心して調理できますね。

蓋や落し蓋を活用!

料理の時はもちろん、お湯を沸かす間でも、鍋に蓋をしておきましょう

鍋に蓋をすると、ガスの使用量を15%近くも減らすことができます。

また、煮物の時は落し蓋をすると、料理によっては調理時間が半分近くまで減らせることもあります。

味もしみこみやすくなるので、これも一石二鳥ですよ。

余熱もうまく利用して調理する

たとえば、ホウレン草などをゆでる時は、さっと火が通れば大丈夫です。

なので、お湯が沸騰して、ホウレン草を入れたら、火を止めてしまいましょう

また、カレーやシチューなどの煮込み料理でも、余熱調理ができます。

後は煮込むだけ、という段階で火を止め、蓋をきちんと閉めておくだけです。

ただ、よりしっかり煮込みたい場合は、先に書いた『保温調理』がおすすめです。

解凍して使う物は、冷蔵庫で解凍しておく

肉や魚など、冷凍しておいたものを解凍して使う場合は、

早めに冷蔵庫に移しておきましょう

これなら、電気やガスを解凍のために使う、ということもありません。

もちろん、室温で解凍するのもありですが、暑い時期は冷蔵庫のほうが安心です。

ペットボトルの水は、未開封なら常温で保存

書くまでもないことかも知れませんが、調理にもミネラルウォーターを使っている場合は、

未開封なら常温で保存しておきましょう

冷蔵庫に入れると、冷えた温度から温めるのに、よけいにガスを消費します

 

なお、ペットボトルの水をお湯にする場合、

ペットボトルを黒く塗って、日のあたるところに置いておく

という方法もあります。

ちょっと涙ぐましいような気もしますが、夏の暑い時期などは効きそうですね。

ただ、あまりに暑いと、ペットボトルが変形したり破損したりすることも考えられるので、そこは気を付けてください。

ストーブで調理

もし、調理ができるような、上に鍋ややかんなどを乗せられるストーブがあるなら、冬はストーブで料理するのも節約になります

時間をかけてコトコト煮るタイプの料理なら、ストーブでもやりやすいです。

ただし、火の扱いには、気を付けてくださいね。

キッチンの給湯のガス節約方法

キッチンでガスを使うのは、ガスコンロだけではありません。

給湯器も使いますよね。

こちらも、お皿の洗い方などを工夫すると、けっこう節約できます。

 

たとえば

  • 食器や調理器具などは、溜め洗いする。
  • 洗う時に、ゴム手袋をして水で洗う。
  • パスタやうどん、ホウレン草や卵などの茹で汁で下洗いをする(すすぎは水や給湯器のお湯で)。
  • 調理器具やお皿の汚れを、新聞紙などで拭き取ってから洗う。
  • 食洗器を使う。
  • 食洗器でもお湯を使う場合は、温度を1、2℃下げる。

などです。

溜め洗いをする時には、

湯飲みなど、汚れの少ないものから順に洗い、油汚れなどのあるものは後のほうに洗う

というようにすると良いです。

 

また、ゆで汁が温かいうちに食器などを洗うと、けっこう汚れ落ちも良いです。

水道代の節約にもなりますね。

 

カレーやシチューなど、

お皿にべっとり汚れが付いた場合は、まず汚れを拭き取ってしまいましょう

拭き取れば汚れが落ちやすいので、お湯の節約になり、ひいてはガスの節約になります

洗剤も少なくて済みますし、水に流れる汚れも少なくて済むので、エコにもなります。

食洗器を使うと、給湯器のお湯でお皿を洗う必要もなくなります

食洗器は、水道代がかかるイメージがありますよね。

でも、節水型のものも多く出ているので、きちんと選べば、手洗いよりも使う水も少なくて済みます。

なお、食洗器でお湯を使う場合もありますが、温度を1℃下げるだけでも、節約に効果的です。

ガスコンロのお手入れもお忘れなく

ガスコンロの掃除、特にバーナーの穴の掃除も、時々しましょう

ガスの節約は、使う量を減らすだけでなく、

ガスの火の熱が効率よく鍋などに伝わるようにする

ことも大切です。

ガスの熱が効率よく鍋に伝われば、調理時間も少なくて済み、結果的にガスの使用量も少なくなります

なので、時々ガスバーナーの穴をきれいにしてください。

 

キッチン以外でのガス節約術

お風呂での節ガスも大事

お風呂での節ガスも大事

お風呂でのガス節約術

実は、家の中で最もガスを使っているのは

お風呂やシャワーなどの『給湯』

です。

なので、キッチンでの節約と合わせて、お風呂関係もしっかり節約しましょう

お風呂関係でのガス節約は、

  • お風呂やシャワーの温度を1℃下げる
  • お風呂は立て続けに入る
  • お風呂の湯量を少し減らす
  • お風呂の蓋や保温シートを活用する
  • シャワーの時間を1分減らす
  • 節水のシャワーヘッドを使う

といった方法があります。

 

温度を1℃下げる、シャワーの時間を1分減らすなんて、ちょっとのことのように思えますよね。

でもこれも、数か月、1年、数年単位で見ると、かなりの節約になります。

具体的に、どのくらいの節約になるかなど、くわしくはこちらの記事に詳しく書いてあるので、あわせて読んでみてくださいね。

節約のアイディア
プロパンガスでガス料金を節約するお風呂やシャワーの入り方を紹介

家計の中で、けっこう高くなってしまうのが、ガス料金。 とくに冬場は、ガスをたくさん使いますよね。 おまけに使っているガスが、プロパンガスとなれば、どうしてもガス料金が高くなります。 ガス料金の明細を見 ...

続きを見る

暖房関係の節約術

もしガスファンヒーターなど、ガスの暖房器具を使っている場合は、

  • しっかり着こむ
  • 湯たんぽを使う
  • 暖房をつけている部屋に集まって過ごす
  • 厚手のカーテンを使う

ということを心がけると、節約になります。

 

暖房は必要なものなので、しっかり使いたいところですよね。

でも、薄着では余分に暖房を使ってしまうことになります。

今は発熱インナーなどもあるので、活用してください。

また、湯たんぽも、かなり効果があるものです。

寝る時だけでなく、座っている時も膝に置いておくと、温かいですよ。

湯たんぽのお湯を洗顔などに使うのも、ガスの節約になります

たくさんの部屋をバラバラに暖めると、どうしても暖房費がかかります。

なので、

『1部屋を暖め、そこでみんなで過ごす』

というのも、節約になります。

もちろん、寝る時などは、寝室もしっかり温め、風邪などをひかないようにしてください

 

そして、窓は熱が逃げやすい場所です。

どんなに部屋を暖めても、窓から熱が逃げてしまうのではもったいないですよね。

厚手のカーテンで、なるべく室温が逃げないようにしましょう。

厚手のカーテンは、冷房の時も断熱効果を発揮してくれるので、役立ちますよ

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

ガスより安いイメージもあるIHクッキングヒーターですが、じっくり計算してみると

電気代のプランなどによっては、ガス代より電気代が高くなることもある

ということが、おわかりいただけたかと思います。

もちろん、IHクッキングヒーターにも、たくさんのメリットがあります。

なので、導入する時には、光熱費はもちろん、メリットやデメリットをよく考えて、検討してください。

 

そしてガス代を節約する方法も、たくさんあります。

最も大きな節約になるのは、

  • ガス会社の変更
  • ガス会社に掛け合ってガス代を値下げしてもらう

という方法です。

プロパンガスの配達
賃貸の家でプロパンガス代を節約したい!ガス会社の変更は可能?

プロパンガスって、往々にして都市ガスより料金が高いですよね。 とくに、 『賃貸物件では、一戸建てより、さらにプロパンガス料金が高い!』 ということも、よく言われています。 ならば、よりいっそう節約した ...

続きを見る

また、普段からできる節約術もたくさんあります。

1つ1つは、小さな節約なので、

「これで節約になるのかな…」

と思うこともあるかもしれません。

でも、長い目で見てみると、まさに『ちりも積もれば山となる』です

無理のない範囲で、ぜひやってみてくださいね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-プロパンガスの節約, プロパンガスの違い

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.