キッチン周り

フライパンの蓋がない!代わりになるものを日用品からチェック【代用】

フライパンの蓋の代用

スポンサーリンク

フライパンに蓋をしようとしたら、蓋が行方不明で見つからない!

そんな経験、ありませんか?

筆者はあります。

 

ガスオ
フライパンに蓋はいらないと思って買わなかったけど、餃子を作るときになって蓋がなくて、困ったことがあったよ。

フライパンを買うときに、蓋が付属していないこともありますものね。

 

そんなときには、代用の蓋で対応しちゃいましょう!

 

ということで、この記事では

  • フライパンの蓋代わりに使える日用品と使い方
  • フライパンの蓋に代用してはいけないもの
  • 代用品で蓋をする場合の注意点

についてチェックしていきます。

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

フライパンの蓋代わりにできるものは何がある?

ではさっそく、フライパンの蓋代わりに使えるものを紹介していきましょう。

 

他の鍋の蓋

フライパンの蓋代わりとして、一番おすすめなのは、他の鍋の蓋です。

 

元々が『蓋』なので、蓋として使いやすいですし、フライパンが熱くなっても何の心配もなく使えます。

 

フライパンの蓋に代用するときは、

  • フライパンと同じサイズの蓋
  • フライパンよりも少しだけ大きいサイズの蓋

を選んで使いましょう。

蓋が小さすぎるとフライパンの中に落ちてしまいますし、大きすぎると周りに水蒸気が落ちたりすることがあるからです。

 

また、フライパンよりだいぶ大きいガラスぶたを使う場合は、

ガラス蓋に直接火が当たらないように、注意してください。

直接火が当たると、割れてしまったりする可能性があるからです。

 

使っていないフライパン

調理に使っていないフライパンがあるなら、調理中のフライパンにかぶせて蓋にする、という方法もあります。

 

  • 使っていないフライパンの内側を、調理中のフライパンにかぶせる
  • 使っていないフライパンの裏側を、調理中のフライパンに乗せる

と、2通りの使い方があります。

 

注意点は、

  • ぴったりした蓋になりそうなときは、少しずらしたり、割りばしなどを挟んだりして、隙間を空ける
  • 蓋にしたフライパンの取っ手が火に直接当たらないようにする

ということです。

 

ぴったりの蓋をすると、フライパンの膨張などによって開かなくなることがあります。

 

また、取っ手が火にあたると、取っ手の材質によっては溶けてしまったりすることがあるので、気をつけてください。

 

アルミホイル

アルミホイルも、蓋として安全に使えます。

 

使い方は

  1. アルミホイルを、フライパンより少し大きめにカットする
  2. フライパンにかぶせ、隅をフライパンのふちに合わせて折り曲げる

 

コツは、なるべく隙間ができないように、ぴったり合うように折り曲げることです。

 

アルミホイルを蓋にする場合は、

  • フライパンを火にかけるまえに蓋を作っておく
  • フライパンを火にかけてから蓋にする場合は、菜箸などを使って、直接手が触れないようにして蓋にする

という風にしてくださいね。

フライパンが熱くなってからアルミホイルを折り曲げると、やけどする危険性があるからです。

 

クッキングシート

クッキングシートも、アルミホイル同様、

  1. フライパンより大きめにカットする
  2. フライパンにかぶせ、隅をフライパンの縁に合わせて折り曲げる

という方法で、蓋として使えます。

 

ただ、クッキングシートは、アルミホイルほど曲げた状態をキープしやすくありません。

フライパンを火にかける前に、しっかり折り曲げて、蓋を作っておいてくださいね。

 

また、クッキングシートは、火に直接触れると燃えてしまいます。

火にあたらないように、シートの大きさや火加減には注意してください。

 

メモ

『キッチンペーパーも蓋に使える』という人もいますが、キッチンペーパーは水分で柔らかくなってしまうので、蓋としてはあまり向きません。

 

ステンレス製のボウル

ステンレス製のボウルも、フライパンの蓋の代用品になります。

かぶせても良いですし、裏側がフライパンに向くように置いても大丈夫です。

 

ただし、

  • 蓋を外すときには熱くなっているので、絶対に素手で触らず、ミトンや布巾などでつかむ
  • ぴったりはまるサイズのボウルを使うときは、割りばしなどを挟んで密閉状態になるのを防ぐ

ということに注意して使ってください。

 

また、

プラスチックのボウルは熱で溶けてしまうので、絶対に蓋にしてはいけません。

 

耐熱性のお皿

『耐熱性のお皿』も、フライパンの蓋として代用できます。

 

フライパンより少し大きいくらいのお皿を、フライパンの上にかぶせればOKです。

 

ポイントは、必ずフライパンより大きいサイズのお皿を使うことです。

 

同じサイズやフライパンより小さいサイズだと、

  • 中に落ち込んでしまい、なかなか取れなくなる
  • ぴったりはまって密閉されてしまい、外れにくくなる

といったことになってしまいかねません。

 

また、

耐熱ではないお皿は、熱で割れてしまう可能性があるので、蓋の代用には使わないでください。

 

木製のまな板

木製のまな板をフライパンの上に置けば、そのままで蓋になります。

 

ただし、フライパンの縁が当たった部分に、跡や焦げ付きが残る可能性があります。

跡が残ったら困るまな板は、蓋に使わないほうが良いですよ。

 

また、プラスチック製のまな板は熱で溶けてしまうので、絶対に蓋の代用にしないでください。

 

メモ

普通の木の板でも、蓋にできる可能性があります。

ただ、板によっては水分で反ってしまったり、表面の加工が傷んだりすることがあります。

 

代用の蓋を使うときの注意点

代用品を使うときには気をつけて!

代用品を使うときには気をつけて!

ここからは、代用品で蓋をするときの注意点について見ていきましょう。

 

こんな蓋はNG!蓋の代わりにしてはいけないものとは?

フライパンは、調理のときには熱くなりますよね。

 

なので、

  • プラスチック製など、熱に弱く、溶けてしまう物
  • 紙などの燃えやすい物

は、蓋の代わりに使ってはいけません!

 

プラスチック製の物は熱で溶ける

プラスチックは熱に弱く、溶けてしまいます。

 

また、溶けるだけでなく

  • 火がついて火事になる
  • 燃えたときに有毒ガスが発生して中毒を起こす

といった危険性もあります。

 

プラスチック製品は、絶対にフライパンやなべの蓋に使わないでください。

 

サランラップやビニール袋などもNG

  • サランラップ
  • ビニール袋・ポリ袋

なども、熱で溶けやすいです。

 

ですから、蓋代わりにはできません。

 

クッキングシート以外の紙製品は燃えるので危険

たとえば

  • 雑誌
  • 段ボール
  • 古新聞や広告紙
  • お菓子の空箱
  • 厚紙

など、紙でできたものは、蓋に使ってはいけません。

 

  • ガスの火に触れると、火がついて燃えてしまう
  • 火に直接触れなくても、フライパンの温度が紙が燃える温度に達すれば、蓋にしていた紙が燃えだしてしまう

ということからです。

 

フライパンは、加熱の仕方によっては300℃を超えることもあります。

新聞紙は、290℃くらいで燃え始めるので、フライパンが300℃になったら、もう火が点いてしまいますよね。

 

紙以外でも、燃えやすいものは絶対に蓋にしないでくださいね。

 

代用の蓋を使うときの注意点

代用品をフライパンの蓋にするときには、

  • ちょうど良いサイズのものを選ぶ
  • 蓋がぴったりはまりすぎないようにする

ということに気をつけてください。

 

適切なサイズのものを選ぶ

『適切なサイズ』というのは、『蓋として使えて、なおかつ取り外しのしやすいサイズ』のことです。

 

小さすぎると、蓋としての用をなしませんし、大きすぎると扱いづらいですよね。

 

それに加えて、

あまりにフライパンにぴったりのサイズだと、開けられなくなってしまうことがあります。

 

もしサイズがぴったりの物しかない場合は、

  • 蓋を傾ける
  • 蓋を少しずらす
  • 蓋とフライパンの間に割りばしを1本挟む

といった方法で、隙間を空けるようにしてください。

 

そして、ボウルなどのつるっとしたものを伏せて蓋にすると、これも開けにくいことがあります。

代用の蓋を使うときは、開けるときのことも考えて、何を使うか選びましょう。

 

メモ

フライパンの蓋が開かなくなるのには、

  • フライパンが膨張し、蓋が深く入ってしまった
  • フライパンが冷めたことで、中の圧力が下がった

といった原因が考えられます。

開かなくなってしまったときは、ひとまず弱火で温めてみてください。

 

そもそもフライパンの蓋って必要なの?

フライパンの蓋はあったほうが良い

フライパンの蓋はあったほうが良い

フライパンに蓋をするメリット

ガスオ
フライパンって、やっぱり蓋があったほうが良いの?

蓋が必要かどうかは、調理の仕方や求める仕上がりによります。

 

たとえば、ハンバーグや餃子は、蒸し焼きにしますよね。

仕上がりにこだわらなければ、蓋をしなくても良いかもしれませんが、やはり蓋があったほうが美味しくできます。

 

また、蓋をすると

  • 熱が逃げにくくなり、食材に火を通しやすくなる・中まで早く火が通る
  • お湯が沸騰するのが早くなる
  • 食材から水分が蒸発しすぎるのを防ぐ(味が濃くなりにくい)

というメリットもあるんですよ。

 

フライパンと一緒に蓋も買っておこう!

フライパンの蓋は、いろいろなもので代用できますが、

代用品はあくまでも代用品で、日常的に使うものではありません。

 

やはりサイズの合う蓋があったほうが、調理しやすいですし、何より安全ですよね。

 

なので、フライパンを新しく買うときには、

  • 蓋の付いている商品を選ぶ
  • 蓋が付いていない商品を買う場合は、一緒に蓋も買っておく

というのがおすすめです。

 

フライパンの蓋は100均でも売っているので、コストもそんなにかかりませんよ!

スポンサーリンク

まとめ

フライパンの蓋がないときは、

  • 他の鍋の蓋
  • 他のフライパン
  • アルミホイル
  • クッキングシート
  • ステンレス製のボウル
  • 耐熱性のお皿
  • 木製のまな板

といった物で代用することができます。

 

ただし、代用品を使うときは

  • 確実に耐熱性があり、燃えない物を使う
  • ちょうど良いサイズで、外しやすい物を選ぶ
  • フライパンにぴったりはまってしまう場合は、ずらしたり割りばしなどを挟んだりして、隙間を作っておく
  • ステンレス製のボウルなど熱くなるものは、素手で触らず、ミトンや布巾などを使う
  • 木製のまな板などを使う場合は、跡が付いてしまうことも了解して使う

といったことに注意してください。

特に、『溶けたり燃えたりしないものを使う』ということは、とても重要です。

 

でも、やはり一番良いのは、フライパンの蓋を使うことです。

ホームセンターや100均などで手軽に買えるので、ぜひ用意しておいてくださいね!

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

-キッチン周り

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved