ガスボンベの充填

ボンベ

プロパンガスをボンベに充填する料金はいくら?業者と値段をチェック

ガスボンベを置ければどこでも使える、プロパンガス。

イベント会場やキャンピングカー、バーベキューなど、いろいろな場面に活用できて、便利です。

 

ところで、イベントやキャンプなどで、

小さめのガスボンベ

を見たことはありませんか?

そういったガスボンベは、個人で所有することもできます。

つまり、

『ボンベを持ち込んで充填してもらう』

というガスの買い方ができるのです。

その場合、料金はどのくらいかかるのでしょうか?

その他にも、業者のことや管理にかかる費用など、気になりますよね。

 

そこで今回は、

ボンベに充填してもらってプロパンガスを買う時の値段や、かかる費用、業者など

について、調べました。

キャンプなどでプロパンガスを使いたい人は、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

プロパンガスをボンベに充填する料金と費用

ボンベにガスを充填してもらうには?

ボンベにガスを充填してもらうには?

持ち込みなどのガスボンベにプロパンガスを充填してもらって買うことを

『質量販売』

と言います。

文字通り、

買ったプロパンガスの量に応じて、料金を払う

というシステムです。

 

では、質量販売でのガス料金や、必要な費用について、お伝えしましょう。

 

質量販売のガス料金

まず気になるのが、ガスの料金ですよね。

料金は

1kgあたり、だいたい540円~800円前後

のことが多いです。

かなり幅がありますが、これはガス会社や地域によって、料金が違うからです。

家庭で普通にガスボンベから供給するガスも、従量単価で300~700円代と、かなり差がありますよね。

それと同じで、質量販売でも、ガス料金はガス会社や地域によって差があるのです。

 

家庭への供給と違う点は、

『基本料金は必要ない』

というところです。

ガスの配管や検針などの費用などがかからないので、基本料金はかかりません。

 

ただし、

質量販売をしていないガス会社や、販売に条件を設けているガス業者も多くあります

なので、ガスボンベを買う前に、質量販売をしてくれるガス業者を見つけておいたほうが良いでしょう。

このことについては、記事の後半で詳しくお話ししていきます。

 

ガスボンベやガスボンベ周りの器具などにかかる費用

ガスを充填してもらって買う場合、当然ガスボンベも必要です。

ガスボンベだけでなく

  • 接続器具(調整器やホース、ヒューズコックなど)の費用
  • 点検費
  • 耐圧検査の費用
  • 充填したボンベを配送してもらう場合は、配送費

が、費用としてかかります。

 

ガスボンベ本体や接続器具は、ガス会社やネット通販などで買うことができます。

ボンベと接続器具のセットで安く買えることもありますし、業者によっては充填とセットで販売しているところもあります。

ガスボンベ本体の価格はいくら?

ガスボンベの本体価格は、大きさによって違います。

だいたいの目安としては

2kg…9,500円~

5kg…10,000円~

8kg…10,500円~

10kg…11,000円~

という感じです。

 

なお、ガスボンベの『2kg』『5kg』などは、

充填できるガスの容量

のことです。

ボンベの重さではない

ので、間違えないように気を付けてください。

 

接続器具などにかかる費用

接続器具とは、コンロなどのガス器具からガスボンベをつなぐもので、

  • 調整器
  • ニップル
  • ホースバンド
  • ガスホース
  • ヒューズコック

といったものが必要です。

 

一例では、一式セットで6,900円

通販では、5kgのガスボンベと接続器具のセットで、だいたい14,500円~という価格帯でした。

 

点検や耐圧検査などにかかる費用

ガスボンベは、

製造年月日から3年、もしくは5年で耐圧検査

を受ける必要があります。

この検査には、3,000円くらいかかります。

 

また、ガス業者によっては

  • 初めて質量販売でガスを買う
  • 前回の購入から4年以上たっている

などという場合には、ガスボンベなどの点検をする場合もあります。

これにも費用が掛かり、一例では税別で2,500円くらいです。

 

消火器にかかる費用

ガスを使う時には、

消化器の用意もお忘れなく!

イベント出店などの場合でも、消火器の設置が消防によって義務付けられています。

個人でのキャンプなどでガスを使う場合にも、用意しておく方が良いです。

 

移動販売などの場合は、

10型以上(業務用)の消化器

が必要となります。

通販でなら、

業務用のものでも3,000~4,000円代くらいで買えます。

 

ガスボンベを使う費用はトータルでいくら?

では、初期費用として、ガスボンベと接続器具、充填と検査などトータルで、いくらになるのでしょうか。

『5kgのガスボンベを1本、接続器具とセットで買ってガスを満タンにする』

として、

5kgガスボンベと接続器具セット(1組) 14,500円
1kg600円でのガス充填量(5kg) 600×5=3,000円
初めて質量販売してもらう時の点検費 2,500円
消火器 3,500円
消費税(8%の場合) 1,880円
合計 25,380円

と、このくらいの費用になりました。

配達してもらう場合は、配達料も別途かかります。

もちろん、この費用は一例です。

ガスの料金やボンベ、点検費などは、ガス会社やお店によって違います。

よくリサーチして、なるべく安いところを見つけてください。

スポンサーリンク

ガスボンベを質量販売してくれる業者は?

どこの業者なら質量販売してくれるかな…

どこの業者なら質量販売してくれるかな…

先に触れましたが、

実はガスボンベを質量販売してくれる業者は、以前に比べ減ってきています

特に、移動販売車やキャンピングカーでの使用など、持ち運ぶことが前提である場合、

ガス会社から充填の契約を断られること

も増えています。

 

では、なぜそのようなことになったのでしょうか。

そのあたりや、業者を探すには、どうするのが良いかについてお話ししましょう。

 

なぜ質量販売する業者が減ってきているのか

質量販売をしてくれるガス会社が減ってきているのは、

  • 保安面や容器管理などが難しい
  • 採算が合いにくい
  • 移動販売車などで使う場合、『事業者から30分以内で行ける場所でしか供給してはいけない』というルールが守りにくい

といった理由があります。

 

大きな理由になるのが、

保安面や容器管理が難しい』

ということ。

本来は、ガスボンベやガス圧調整器は、ガスの業者側で管理することになっています。

でも、質量販売では、個人所有のガスボンベを持ち込んで充填してもらいますよね。

では、どうして以前は難なく質量販売ができたかというと

『ガスを扱う資格を持ったガス業者が携わっているとみなす』

という、暗黙の了解で販売してきたのです。

 

ところが、2007年に、

室内にプロパンガスを持ち込んで使っていたら、ガス漏れに引火して爆発してしまった

という、痛ましい事故が起こってしまいました。

そのことから経産省は、質量販売が法律を守って、安全に行われるかどうか、調査するように通達を出しました。

でも実際の質量販売で、ガスを買った人が、そのガスをどう扱っているか把握することは、難しいことです。

このようなことから、質量販売を自粛する業者が増えてきてしまったのです。

 

とくに質量販売が難しいケース

中でも特に質量販売してもらうことが難しいのが

  • 移動販売車
  • キャンピングカーでの使用

など、ガスを買った後に移動を前提にした購入です。

これらの場合は、

ガス業者としては、基本的に質量販売は断らざるを得ない

とのこと。

 

なぜかというと、

『ガスを買った人がきちんと扱うかどうかわからない』

ことに加えて、

『ガスを供給するのは事業所から30分以内の場所、というルールが守れない』

という理由が加わってしまうからです。

 

移動販売車やキャンピングカーなどは、ガスを買った後、どこへ行くかわかりません。

『ガスの販売店から、30分以上のところには行かないでください』

というわけにはいきませんよね。

本来は、移動販売車は質量販売OKになっています。

でも、ガス業者としては、

責任を持ってガスを売ることができない

ため、販売を自粛してしまっているところが増えているのです。

 

質量販売してくれる業者探し

質量販売をしてくれない業者が増えているとはいえ、ガスを買えないと困りますよね。

では、どうやって質量販売を引き受けてくれる業者を探せばよいのでしょうか。

 

方法としては、

  • 家のプロパンガスで契約しているガス会社に問い合わせる
  • 家で契約しているガス会社でやっていなければ、質量販売をしている所を紹介してもらえないか、問い合わせてみる
  • キャンピングカーの場合は、販売会社とガス会社が提携している場合もある
  • ガス会社に総当たりで問い合わせる
  • もしかしたら、ガス会社変更サービスに問い合わせると、情報が得られるかも?

以上が挙げられます。

 

質量販売をしているガス業者には

「ガスを契約しているお客さんにだけ、質量販売をします。」

というところもあります。

まずは、契約しているガス会社に、質量販売をしてもらえるか、問い合わせてみてください。

もしそのガス会社で、

質量販売はしていません。
ガス屋

と言われたら、ダメ元で

ガスオ
質量販売をしているガス会社を紹介してもらうことはできますか?

と聞いてみるのも手です。

 

キャンピングカーの場合は、車を売っているお店とガス会社が提携している場合もある

ので、車を買う時に、忘れずに聞いてみましょう。

移動販売車については、ガス業者との提携の話は見つかっていません。

でも、移動販売車の業者でも、ガス業者と提携しているところがあるかもしれません。

移動販売車の業者に、きいてみてくださいね。

 

契約してるガス会社でも車を売っている業者でも情報がなかった…。

そんな時は、ガス会社に総当たりです。

「契約していない方にはお売りできません」

「質量販売はしていません」

などと断られることは多いかもしれませんが、粘り強くトライしてくださいね。

 

そして、これはあくまでも可能性の範囲ですが、ガス会社変更サービスでも、質量販売をしている業者についての情報が、あるかもしれません。

ガス会社変更サービスは、ガス業界にとても詳しいです。

何か教えてくれるかもしれないので、

これもダメ元で当たってみる手もあります

関連記事
便利なガス会社変更サービス
【2019最新】ガス料金を節約するプロパンガス会社変更サービス比較

続きを見る

ガスボンベのレンタルを利用するのもおすすめ

「ガスボンベを買っても充填してくれるガス会社も少ないし、しょっちゅう使うわけではないし、トータルのコストを考えると、どうかな…」

という場合は、

ガスボンベのレンタルを利用する

という方法もあります。

 

  • 使える期間が限られる
  • レンタル可能なエリアが限られる
  • 早めに問い合わせと申し込みをする必要がある

など、デメリットはあるものの、

  • ガスボンベを使わない時は、自分で管理しなくて良い
  • 点検し、充填したものをレンタルしてもらえる
  • 頻繁に使うのでなければ、ガスボンベを買うよりコストが安い

というメリットがあります。

 

『ガスボンベを自分で買うかどうか迷っている』

という時も、

試しにレンタルで使ってみるのも良いと思いますよ

 

プロパンガスをレンタルする時は、

レンタルしてもらえる会社を、まず探してください

 

契約の時には、ガスを使用する場所の状況や住所、注意事項の確認など、いろいろな取り決めがあります。

これは安全にガスを扱うために必要なことです。

注意事項は、必ず守ってくださいね

ガス会社の人の話をよく聞いて、わからないことは質問してください。

 

また、すぐにレンタルしてもらえるわけではないので、早めの準備が必要です。

ガスを使いたい日の2週間以上前

には、ガス会社への連絡などをしましょう。

 

ガスを運搬する時にも注意を

ガスボンベを自分で買うにしてもレンタルするにしても、

ガスボンベを持ち運ぶ時には細心の注意が必要です

たとえば、車両で運ぶときには

  • 一般車両に積んで運べるのは、8kg容器2本以下
  • ボンベは立てた状態で積む
  • ロープなどで固定し、ボンベが転倒しないようにする
  • 高温の車中に放置しない(高温になると、安全弁が作動してガスが出てしまう可能性がある)
  • ガスボンベの近くでは、火気厳禁

といった注意が必要です。

とくに、気温が高い時期の車の中は、あっという間に温度が上がってしまい、とても危険です。

車の中にガスボンベを放置することは、絶対にしないでください!

 

また、持ち運ぶガスの容量などによっては

  • 警戒票の表示
  • 必要な工具を車に積んでおく
  • 法定講習の受講

が必要になることもあります。

ガスボンベを持ち運ぶときには、

ガスを扱う時の基本的な注意事項に加えて、業者からの指示や注意事項を、必ず守りましょう

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

ガスボンベを持ち込みで充填してもらう時の料金自体は、家庭で供給されるガスの従量料金と大きく違うわけではありません。

ただ、

  • ガスボンベ本体
  • 接続器具
  • 点検や耐圧検査
  • 消火器

などにも、費用が掛かります。

 

一番の問題は、

『ガスをボンベに充填して売ってくれるガス業者を見つけにくい』

ということ。

安全性のためとはいえ、使う側にとっては不便ですよね。

でも、質量販売を利用したいなら、対応している業者をがんばって探すほかありません。

 

ガスボンベを買うことは費用がかかる、業者が見つからない…

という時には、ガスボンベのレンタルもあります。

使う日数が少ない場合は、買うよりもリーズナブルなので、それも検討してみてください。

 

そして、いずれにせよガスを使うのに一番大切なことは

『安全に使う』

ということ。

ガスを扱うにあたって業者から指示されたことなどは、必ず守ってくださいね。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ボンベ

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.