重曹

換気扇の掃除で失敗しない!重曹を使えば濡らさないで綺麗に!

換気扇の汚れ

スポンサーリンク

大掃除をするとき、難所の1つが『キッチンの換気扇』ですよね。

換気扇の汚れは、調理をしたときに飛び散った油とホコリなどが混ざっているので、落とすことが大変です。

 

そんな厄介な汚れを落とすのに役立ってくれるのが『重曹』

しかも、フィルターは重曹を使えば、濡らさないままで簡単にきれいにできるんですよ!

 

ということで、この記事では

  • 重曹で換気扇フィルターを濡らさずに掃除する方法
  • 換気扇のファンを重曹で掃除する方法
  • 換気扇の汚れをなるべく防ぐ方法

について解説していきます。

ぜひ読んで、換気扇をきれいにしてくださいね!

スポンサーリンク

換気扇フィルターは濡らさないまま重曹で掃除しよう!

ではまず、換気扇フィルターの掃除の仕方を見ていきましょう。

準備も含めて説明していきます。

 

換気扇フィルター掃除の準備

用意するもの

換気扇フィルターの掃除に必要なものは、

  • 新聞紙
  • 重曹
  • 古い歯ブラシ
  • 中性洗剤
  • スポンジ
  • 踏み台(フィルターの付け外しに必要な場合)

 

 

掃除の準備

一番大事な準備は、安全確保です。

 

フィルターを掃除するときもファンを掃除するときも、

  • 換気扇の電源を切る
  • 換気扇のブレーカーを落とせる場合は、落としておく
  • コンロにロックをかけ、点火しないようにしておく
  • フィルターやファンの付け外しで高い位置の作業をするので、必要に応じて踏み台などを用意して安全な足場を確保する
  • 手袋をする

ということを、必ず守ってください。

 

それから、

  • コンロの上に出ている鍋などは、汚れが落ちてこない場所に移動させる
  • コンロに汚れが落ちないように、新聞紙を敷いておく
  • 外したフィルターを置いて作業できる場所を確保し、新聞紙などを敷いておく

といった準備もしておきましょう。

 

筆者もつい準備を面倒くさがってしまうことがありますが、準備を怠ると、後でかえって面倒なことになります。

しっかり準備をしておけばスムーズに掃除ができますよ。

 

換気扇フィルターを重曹で掃除する方法

準備が整ったら、いよいよ掃除です。

 

  1. 外したフィルターを、濡らさないままで平らな所に置く
  2. フィルターに粉の重曹をまんべんなく振りかける(汚れがひどい部分は多めに振りかける)
  3. 2~3時間ほど放置する
  4. 古い歯ブラシなどでこする(裏側からもこする)
  5. こすっても油汚れが残っている場合は重曹が足りないので、2~4を繰り返す
  6. 全体がきれいになったらスポンジに中性洗剤を付けて洗い、ぬるま湯で重曹をよく洗い流す
  7. 布で水分をよく拭き取り、乾燥させる

これだけで掃除ができます。

 

ガスオ
本当に重曹をかけてこするだけで良いの?

はい、重曹は油を吸着させる性質があるので、汚れの油分を吸わせて落とせるんです。

 

なお、この方法で掃除をすると、白い跡が残ることがあります。

これは洗い残した重曹で、

  1. クエン酸スプレーを吹きかける
  2. 拭き取る
  3. 水で洗い流す

という方法で取り除くことができます。

 

白い跡対策のときも、洗い流した後は水分をよく拭き取って乾燥させてください。

 

失敗しないためのコツ

きれいになった!

きれいになった!

フィルターに重曹をかけて掃除するときは、

  • フィルターを濡らさない
  • 粉のままの重曹を、惜しみなくたっぷりかける
  • 歯ブラシなど、こするのに使う道具も濡らさずに使う

ということがポイントです。

 

なぜフィルターや歯ブラシを濡らさないほうが良いかというと、油には水をはじく性質があるからです。

 

フィルターには、油を含んだ汚れが付いていますよね。

その状態でフィルターを濡らすと、油が水をはじいて、かえって汚れが落ちにくくなってしまうのです。

 

それから、フィルターが塗装されている場合は、こするときにあまり力を入れない方が良いです。

あまり力を入れると、塗装が剥げてしまうことがあります。

 

掃除に使った重曹の始末の仕方

掃除が終わったら、汚れを吸ってボロボロ落ちた重曹は、

  1. 敷いていた新聞紙ごと丸める
  2. 燃えるごみとしてごみに出す

という方法で処分してください。

 

ガスオ
洗うついでにシンクとかに流しちゃいけないの?

はい、流さないでください。

流すと重曹が詰まってしまう可能性があるからです。

 

重曹がないときの掃除方法

重曹がないときは、

  • 小麦粉や食用油を重曹代わりに使う
  • セスキ炭酸ソーダで浸けおき洗いをする

という方法があります。

 

小麦粉を使う方法

 

小麦粉を使って、重曹と同じ方法でフィルターを掃除することができます。

小麦粉にも『油を吸着する』という性質があるからです。

 

手順は

  1. 濡らさないままのフィルターに、小麦粉をまんべんなく振りかける
  2. 2~3時間ほど放置する
  3. 歯ブラシなどでこする
  4. 全体がきれいになったら、スポンジと中性洗剤で洗い、ぬるま湯でよく洗い流す
  5. 水分をよく拭き取り、乾燥させる

と、重曹を使う場合と同じです。

 

ただ、小麦粉は『酸性』の食品に含まれています。

そのため、油を吸着することはできても、重曹のような『油を分解する』という効果はあまり期待できません。

 

食用油を使う方法

 

食用油でフィルターの汚れを落とす方法は、

  1. 汚れた部分に食用油を塗る
  2. 30分くらい放置する
  3. ブラシやスポンジでこする
  4. 汚れが落ちたら、お湯と台所用中性洗剤で汚れと油を洗い流す
  5. 水気を拭き取ってよく乾かす

という手順です。

 

『油汚れに油をなじませることで落としやすくする』という掃除の方法です。

まさに『油を持って油を制する』ですね。

 

使う油は、

  • オイルポットに入っている油
  • 古くなって消費期限が切れてしまった油

でもOKですよ。

 

セスキ炭酸ソーダを使う方法

 

重曹と同じアルカリ性の性質を持つのが、『セスキ炭酸ソーダ』

 

セスキ炭酸ソーダを使う場合は、振りかけるのではなく

  1. 40~50℃のお湯4Lに対してセスキ炭酸ソーダ大さじ1杯で、セスキ炭酸ソーダ液を作る
  2. フィルターを1時間くらい浸けおきする
  3. ブラシでこする
  4. 水でよく洗い流す

という方法で使います。

 

この方法は、ファンを掃除する時にも使えます。

 

セスキ炭酸ソーダもいろいろな場面で使えるお掃除アイテムです。

100均でも買えるので、1つ常備しておくと便利ですよ。

 

換気扇のファンを重曹で掃除する方法

ファンもきれいにしよう!

ファンもきれいにしよう!

ここからは、換気扇のファンを掃除する方法を見ていきましょう。

 

換気扇のファンの場合は、浸けおきで掃除をするのがおすすめです。

プロペラファンも平らではありませんし、シロッコファンは粉の重曹を付けにくいからです。

 

用意するもの

換気扇のファンを重曹で掃除するときに必要なものは

  • 段ボールやバケツなど(ファンがすっぽり入るくらいの大きさ)
  • ファンが入るくらいの大きさのビニール袋(二重にするとなお良い)
  • 重曹
  • 新聞紙
  • 歯ブラシ
  • スポンジ
  • 布巾

 

また、

  • 換気扇の電源を切る
  • コンロにロックをかけ、火が点かないようにする
  • 足元の安全を確保する
  • コンロの上の鍋などをどかし、コンロを新聞で覆う
  • 手袋をする

といった準備も忘れずにしてくださいね。

 

ファンの浸けおき掃除の仕方

ファンの付けおき掃除の方法は、

  1. 段ボール箱やバケツにビニール袋をセットする
  2. 袋の中にファンやネジなどのパーツを入れる
  3. 40~50℃くらいのお湯を入れる
  4. 重曹を入れ、よく混ぜる
  5. 2~3時間くらい放置する
  6. 歯ブラシやスポンジなどで汚れをこすり落とす
  7. 汚れが落ちたら、水かぬるま湯でよく洗う
  8. 水分を拭き取ってよく乾かす

という手順です。

 

『重曹を入れたお湯に付け込んだ後、汚れをこすり落とす』というだけなので、特に難しいことはありません。

 

ただし、

  • 外したネジをなくさないようにする
  • ファンを外す手順や元に戻す手順を確認しておく

ということには注意してください。

 

付け外しはそんなに難しくありませんが、元に戻せなくなると大変ですからね。

 

重曹を使って掃除をする時の注意

たまには掃除しなきゃ

たまには掃除しなきゃ

重曹を使って換気扇の掃除をするときには、

  • アルミや銅、真鍮などでできた素材には重曹は使えない
  • コーティングされているフィルターや換気扇は、重曹のアルカリ性でコーティングが剥がれることがある

ということに注意してください。

 

アルミや銅などは、アルカリ性の洗剤で変色や変質が起きることがあります。

 

フィルターやファンの素材がわからないときは、

  • 目立たないところに重曹を付けてみる
  • しばらく置いて少しこすってみる

という方法で、変色や変質、コーティングの剥がれなどが起きないか確認してください。

 

メモ

重曹が使えない素材の場合は、中性の食器用洗剤で付けおき掃除ができます。

ただし中性洗剤であっても、掃除の最後には

  • 水やぬるま湯で洗剤をよく洗い流す
  • 水分を拭き取って乾かす

ということを忘れないでくださいね。

 

換気扇の汚れを防ぐには

換気扇の汚れは

  • 使い捨ての換気扇フィルターカバーや換気扇カバーを使う
  • カバーは3か月に1度くらい交換する
  • カバーを交換するついでにフィルターの掃除をする
  • 換気扇のファンも、年に1度くらいは掃除する
  • 換気扇の外側やスイッチ部分は、1日に1度さっと拭いておく

といった対策で防ぐことができます。

 

特におすすめなのが、フィルターカバーや換気扇カバーです。

 

カバーである程度汚れをブロックしてしまえば、フィルターやファンの汚れも減らせます。

交換時期の目安が目で見てわかるカバーもあるので、ときどきチェックすれば忘れる心配もありません。

 

換気扇の汚れを放置すると、

  • 換気の効率が悪くなる
  • 汚れで動作に負荷がかかり、電気代が余分にかかる

といったデメリットがあります。

 

であればやはり、換気扇の汚れはなるべく防ぎたいものです。

できる範囲で対策をしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

換気扇掃除には『重曹』がおすすめです。

 

フィルターの掃除

⇒濡らさずに粉の重曹を直接振りかけてしばらくおき、歯ブラシなどでこする

ファンの掃除

⇒40~50℃のお湯に重曹を溶かして浸けおきし、歯ブラシなどでこする

という方法で油を含んだ汚れも落とすことができます。

 

ただし、

フィルターやファンがアルミや銅など、アルカリ性に弱い素材でできている場合は、重曹を使ってはいけません。

また、コーティングされている場合は、コーティングが剥がれることもあるので、注意してください。

 

重曹が使えない場合は、中性洗剤で掃除をしてくださいね。

 

 

そして、汚れが付くことを防ぐためには

  • 使い捨ての換気扇フィルターカバーや換気扇カバーを使う
  • 数か月に1回くらい、フィルターの掃除をする
  • 外側やスイッチ部分の汚れは、なるべくこまめに拭き取る

といった対策がおすすめです。

 

換気扇をきれいにして、気持ちよく料理をしてくださいね。

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内なら、絶対におすすめです!

-重曹