ガスボンベの設置や保管の基準は?

ボンベ

プロパンガスのボンベ置き場をチェック!設置基準や保管のルールは?

プロパンガスは、私たちの生活にとって、とても大切なエネルギー源のひとつ。

でも、『ガスボンベ』と聞くと、

『なんだか危なそうだなぁ…』

『爆発したりしない?』

と思う人も、けっこういるようです。

 

実際は、ガスボンベは、十分安全を保ってプロパンガスを入れておけるようになっています。

頑丈にできているので、めったなことでは、爆発したりしません。

ただし、安全に設置して使うため、また安全に保管するために、守らなければならないことがあります。

 

今回は、

ガスボンベを設置したり保管したりする時の基準やルールについて

お話しします。

実際には、ボンベの設置はガス会社の方でやってくれることが多いですよね。

でも、大事なルールなので、ぜひ知っておいてくださいね。

スポンサーリンク

プロパンガスボンベの置き場所や設置の基準は?

ガスボンベはどんな設置基準がある?

ガスボンベはどんな設置基準がある?

プロパンガスボンベの設置は、

一般的にはガス会社の人が、安全な設置場所を選んでくれます。

プロに選んでもらった場所に置くのが一番良いです。

 

では、どんな基準で場所を選ぶのでしょうか?

設置の基準などと併せて、見ていきましょう。

 

プロパンガスボンベの設置基準

プロパンガスボンベを設置する時には

  • 火気から2m以上離して設置する
  • 車両などがぶつかったりしない、安全な場所であること
  • 風通しの良い屋外であること
  • ボンベの転落や転倒を防ぐ対策を取ること
  • ガスボンベの腐食を防ぐ措置を取ること
  • ガスボンベの温度は40℃以下に保つこと
  • バルブなどが損傷を受けないように対策をすること

という基準を守らなければなりません。

 

『じゃあ、具体的にはどうするの?』

と思いますよね。

さらに詳しくお話ししましょう。

 

火気から2m以上離して設置する

『ガスボンベは火気から2m以上離して設置する』のは、基本中の基本の基準。

ガスボンベから万一ガスが漏れた場合、引火を防ぐためです。

 

ただし、

『ガスボンベの周囲に、厚さ9㎝以上の鉄筋コンクリートや、それと同等の強度を持つ壁などを設置した場合は、その限りではない』

という基準があります。

 

『火気』って?

『火気』について、もう少しお話ししましょう。

『火気』というのは、電気の火花などを含めた、

『火』や『火を発生させるもの』

のことです。

実際は何が『火気』にあたるのかというと、

  • タバコやライターの火
  • たき火などの火
  • 溶接などの時に出る火花

は、もちろん『火気』にあたります。

でもそれだけでなく、

  • 自動車などのエンジンの火花
  • 電気のコンセント
  • エアコンの室外機
  • 浄化槽ブロアー
  • 石油ボイラー
  • 電気のメーター
  • 冷蔵庫や洗濯機などの、電気製品

といったものも、『火気』に入る場合があります。

 

『ガス漏れをした場合は、換気扇を回してはいけない』

と言いますよね。

これは、換気扇を回したときに火花が出て、漏れたガスに引火する危険性があるからです。

つまり、一見『火』とは無縁に見える電化製品でも、『火気』にあたるものがあるのです。

 

では、電化製品が『火気』にあたるかどうか、どこで判断するかというと

  • 直接裸火を持たない
  • 320℃より高温になる部分がない
  • 接点を持つ電気製品は電源の入り切りによる電気火花が外に出ない

のうち、どれかの条件を満たす場合は、『火気』にはあたりません。

 

車両などがぶつかったりしない、安全な場所に設置する

ガスボンベは、多少の衝撃には耐えられるようにできています。

でも、だからといって、

車などがぶつかって、ボンベが倒れたり壊れたりするようなところに設置してはいけません

万が一、駐車場など車がぶつかる可能性がある場所に設置せざるを得ない場合は、

フェンスや柵、囲いなどで安全性を確保することが必要です。

 

風通しの良い屋外に設置する

ガスボンベは、風通しの良い屋外に設置しなければなりません。

なぜかというと、万が一ガス漏れがあった場合に、ガスの滞留を防ぐためです。

ガスが溜まると、引火しやすくなりますし、ガス中毒の原因にもなってしまいますから

 

なお、8kg以下のボンベは、屋内で使用することもできます

ただしこの場合も、通気性を確保することと、ガス漏れには、十分注意してください

 

ボンベの転落や転倒を防ぐ対策を取る

ガスボンベの設置では、

  • 水平な場所、水平な台の上に置く
  • チェーンなどでボンベを固定し、転がったり台から落ちたりしないようにする

ということが決められています。

 

設置してあるガスボンベを見ると、チェーンなどで固定されていますよね。

あれは、ボンベの転倒や落下を防ぐためのものなのです。

安全性を強化するため、チェーンは二重にかけることが推奨されています。

 

また、でこぼこのある場所や、傾斜のある場所に置くのも、危険です。

平らなところに置きましょう。

 

ガスボンベの腐食を防ぐ措置を取る

『腐食を防ぐ措置』

というのは、

『排水の良い水平な場所、もしくは水平な台の上に設置すること』

です。

設置場所の状況によっては、コンクリートの板などを敷いて、設置することもあります。

 

ガスボンベも、たとえばずっと水気にさらされ続けたりすると、腐食してしまいます。

腐食するとガタついたり、ボンベの強度が保てなくなったりして危険です。

そのため、腐食を防ぐ必要があるのです。

 

ガスボンベの温度は40℃以下に保つこと

ガスボンベは、ボンベが40℃以上にならない場所に設置するよう決められています。

なぜかというと、ガスボンベは、高音になると中の圧力が上がって、爆発してしまうからです。

それを防ぐためにも、建物の南側ではない場所にボンベを置くことがほとんどです。

建物の南側だと、直射日光が当たる時間が長くなりますからね。

特に夏場などは温度が上がりやすいので、南側でない場所に設置するのです。

 

でも、南側に設置せざるを得ない場合や、南側でなくても、長時間直射日光が当たる場所もあります。

そんな場合は、プロパンガスの設置場所に屋根を付けるなどの対策をします。

ただし、屋根は軽くて燃えない素材ということが条件です。

 

バルブなどが損傷を受けないように対策をする

ガスボンベの上に物が落ちてきそうな場所には、ボンベを設置してはいけません。

落ちてきたものがバルブなどに当たると、壊れてしまうこともあるからです。

 

問題は、雪の多い地方。

屋根から雪が落ちてきたり、ボンベが雪で埋もれてしまう可能性もありますよね。

そんな時は

  • ボンベを軒下に置く
  • 屋根付きのボンベ置き場を設置して、その中にボンベを置く

という方法が取られたりします。

 

ただし、ボンベ置き場を作る場合は

  • 通気を確保する
  • 壁や屋根は、不燃性の素材を使う
  • 屋根は軽いものであること

という注意が必要です。

ボンベ置き場が必要な場合は、ガス会社などに相談すると良いでしょう。

 

プロパンガスを使うのに必要な点検や業務

プロパンガスを設置すると、ガス会社は定期的な点検など、いろいろな業務などをします。

どれも、法律で決められた大事な点検や業務です。

その点検や業務についても、見てみましょう。

 

4年に1度以上の供給設備・消費設備の点検

供給設備と消費設備の点検は、『4年に1度以上』行うことが決められています。

 

供給設備の点検は、ガスボンベの調整器からガスメーターまでの点検です。

ガス漏れがないかどうかなどを調べます。

 

消費設備の点検では、ガス器具や給排気、ガスホースや配管などの、ガスを消費する設備を点検調査します。

 

点検調査は、ガス会社やその委託業者など、認定を受けた保安機関が行います。

点検調査がある時は、事前にはがきや電話で、ガスの使用者に知らされます。

安全に使うための点検調査なので、お知らせがあったら、必ず受けてください

 

そのほかの、ガス会社の保安業務

供給設備と消費設備の点検のほかにも、ガス会社には、ガスを安全に使うための業務を行います。

これも、法律でガス会社に義務付けられているものです。

その業務とは

  • ガス供給を開始する時の点検や調査
  • ガスボンベを交換する時などの、設備点検
  • 点検を利用者に周知すること
  • ガス漏れなどの緊急時の対応

などです。

 

引越をした時などに、ガス会社の人がガスの開栓に来ますよね。

これは、安全にガスを使い始めるための点検として、欠かせないものです。

 

また、ガスボンベを交換する時にも、設備点検をします。

この時にするのは、供給設備の点検です。

 

重要なのが、万が一ガス漏れなどがあった時の対応。

これは24時間365日、いつでも対応できる体制が取られています

注意ポイント

いつでも対応できる体制でないガス会社があるとしたら、そのガス会社はやめておいたほうが良いです。

もし、

『なんだかガス臭い』

『ガス漏れ警報器が鳴ってる』

ということがあったら、

  • 元栓を閉める
  • 近くで火を扱わない
  • 換気をする
  • ただし、換気扇は使わない

というようにして、すぐにガス会社に連絡して、対応してもらってください。

そして、安全性が確認されるまでは、ガスを使わないでくださいね。

スポンサーリンク

プロパンガスボンベを保管する場合の条件や基準は?

プロパンガスの保管基準は?

プロパンガスボンベの保管基準は?

ここまで、プロパンガスを使う目的でボンベを設置する場合の基準やルールを見てきました。

では、

『使わないボンベを保管する場合』

はどうなのでしょうか?

保管の基準やルールについても、見てみましょう。

 

基本的なことは設置基準と同じ

プロパンガスボンベを保管する場合についても、基本的なことは、設置する時と同じです。

その『基本的なこと』を、おさらいしておきましょう。

  • 火気から2m以上離す
  • ガスボンベが40℃以上にならないようにする
  • 風通しの良い場所に保管する
  • ボンベが腐食しないように対策をする
  • ボンベが転がったりしないような、安定な場所に置く
  • 車などがぶつかったりしない、安全な場所に置く

 

設備とつながずに保管しているガスボンベも、こうした安全確保は必要なので、しっかり対策してくださいね。

 

ガスボンベ保管で注意すること

ガスボンベを保管する時には基本的な事の他にも

  • ガスボンベ置き場には、携帯電灯以外の灯火を持って入らない
  • ガスボンベを保管する設備は、不燃性や難燃性の素材で作った、屋根や遮蔽板などを設ける
  • 万が一ガスが漏れた場合にもガスが滞留しないよう対策をする
  • 鍵をかける

といった注意事項があります。

これらの注意事項は、『すべて絶対守らなければならない』というものではありません。

ただし、どれも安全のために大切なことなので、

『これに準ずる方法で保管することが望ましい』

とされています。

 

では、注意点について詳しくお話ししましょう。

 

携帯電燈以外の燈火を持って置き場に入らない

これは

『火気厳禁』

ということを守る意味で、

『ボンベの保管庫に入る時に明かりが必要な場合は、最低限の懐中電灯くらいにしましょう。』

ということです。

 

ボンベを保管している所は、火気厳禁。

万が一、保管庫の中でガス漏れしていたりすると、引火して大事故になるからです。

懐中電灯も、電池とはいえ電気を使うので、最小限にしたほうが良いです。

もちろん、アルコールランプやろうそく、たいまつなど、

火のついたものはもってのほか。

と言っても、今時ろうそくやたいまつを明かりに保管庫へ、という人もいないでしょう。

 

保管庫などの設備は、不燃性や難燃性の素材で

ガスボンベを保管する設備は、燃えないもの、燃えにくいもので作りましょう。

もし周りで火災があり、火が移って保管庫まで燃えてしまったら、大変です。

それを防ぐために、ガスボンベ置き場や保管庫は、燃えない素材で、ということです。

 

ガスが漏れてもガスが滞留しないよう対策をする

ガスボンベの保管場所は、風通しがよく、もしガス漏れがあってもガスが滞留しないように対策する必要があります。

そのため、市販のボンベ保管庫では、下のところに少し隙間が開いているものが多いです。

プロパンガスは空気より重く、漏れると下にいきます。

下側に通気口などがあると、滞留しにくいので、下に隙間を設けているのです。

 

鍵をかける

いたずらや盗難などを防ぐためにも、

保管場所には鍵をかけることをおすすめします。

ガスボンベは頑丈で、多少の衝撃には耐えられるとはいえ、やはりガスが入っているもの。

きちんと管理したいものですね。

とくに、子どもがいる場合は、子どもがいじらないようにする必要があります。

保管場所に鍵をかけるとともに、鍵の管理もしっかりしましょう。

 

消防署への届け出や消火器などの設置が必要なことも

プロパンガスボンベを保管する場合、

ガスの量によっては届け出などが必要な場合があります。

それは

  • 300kg以上のガスを保管する場合には、消防法で消防署への届け出が必要
  • 300kg以上1tまでの保管では、B10 相当の消火器を設置する義務がある
  • 貯蔵能力が1t以上の貯蔵施設や設備などでは、消火設備などの設置が義務付けられている

ということです。

『1t以上で消火設備の設置が必要』

というのは、あくまでも『貯蔵能力が1t以上』です

つまり、それだけのガスを保管できるのであれば、

『実際に中に1t入っていなくても、消火設備が必要になる』

ということになります。

 

300kg未満では、特に届け出などは要りません。

でも、万が一の時に備えて、

消火器を設置しておくことをおすすめします!

スポンサーリンク

まとめ

ガスボンベを設置したり保管したりする時には、

  • 火気から2m以上遠ざける
  • 安定して置ける、安全な場所に
  • 万が一ガス漏れした時に備えて、風通しの良い場所に
  • ガスボンベが腐食しないように、水はけのよい場所に

ということが、基本です。

 

ガス会社の方で設置する場合は、もちろんこのような基準を守って設置します

なので、自分の判断で場所や設置のしかたを変えたりしてはいけません

『設置した場所だと、不便が生じる』

というような場合は、ガス会社に相談してください

 

そして保管の時も、できるだけの安全対策を取ってください

保管するガスの量によっては、届け出や消火設備の設置が義務付けられています

 

ガスボンベの設置や保管の基準は、どれも安全を守るためのものです。

ガスは基準をしっかり守れば、保管も使用も安全にできるので、必ず守ってくださいね。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ボンベ

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.