ガス器具

ガスの元栓はどこにあるの?家の中の設置場所をチェック!

投稿日:

ガス器具を使う前に必ず確認しておきたいのが

元栓の場所。

寝る前や外出する時などは、

「元栓を閉めておいたほうが安全」

と、よく言われますものね。

 

とはいえ、オール電化の住宅から初めてガス使用の住宅に引っ越した時など、どこにガスの元栓があるか、わからないこともあるかもしれません。

 

そこで今回の記事では、

ガスの元栓がどこにあるのか、その設置場所についてお話しします。

家の中の設置場所はもちろん、屋外のガス器具の元栓についても、見てみましょう。

ぜひ参考にして、あなたが使っているガス器具の元栓の場所をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ガスの元栓、家の中の設置場所はどこ?

ガスの安全に大切な元栓

ガスの安全に大切な元栓

ガスの元栓がある場所

ガスの元栓の場所は、だいたいにおいて

ガス器具の近く

です。

 

実にシンプルですね(笑)

ガスの元栓を見つけたい時は、とりあえず、ガス器具の近くをよく見てみてください。

 

ガスの元栓の形や大きさはいろいろですが、だいたいにおいて、黒いこのような感じの形です。

代表的な形のガスの元栓

代表的な形のガスの元栓

それぞれのガス器具の元栓はどこ?

では、

  • テーブルコンロ
  • ビルトインコンロ
  • 瞬間湯沸かし器
  • ガスストーブ
  • お風呂のバランス釜
  • 給湯器

の元栓について、それからガスメーターについている元栓も見てみましょう。

 

テーブルコンロの場合

テーブルコンロの周りを見てみてください。

黒いつまみが付いたガス栓があるはずです。

テーブルコンロの元栓

テーブルコンロの元栓

 

この画像ではコンロの後ろ側にありますが、

キッチンの造りによっては、左右の脇にあることもあります。

 

ビルトインコンロの場合

ビルトインコンロの元栓は、

コンロが設置されている場所の下にあります。

 

キッチンの造りによって

  • コンロの下が収納になっている
  • 収納も何もなくて、前面に板が張ってある

と、コンロ下の使い方はいろいろです。

ですが、いずれにせよ、コンロの下にあります。

収納になっている場合は、そこを開けると元栓がありますし、収納になっていない場合も、ねじを外すなどして板を外せば、奥に元栓が見つかるはずです。

 

これは、筆者の家のビルトインコンロの下にある元栓です。

収納キャビネットの中にあります。

ビルトインコンロの元栓

ビルトインコンロの元栓

 

ちょっとわかりにくい場所にあるし、これだと元栓の開け閉めも不便ですよね。

でも、

ビルトインコンロの元栓は、頻繁に開け閉めしない前提で作られています。

なので、使い終わるたびに元栓を閉めなくても大丈夫です。

 

瞬間湯沸かし器の元栓

瞬間湯沸かし器の元栓は、こんな感じでついています。

瞬間湯沸かし器の元栓

瞬間湯沸かし器の元栓

 

この画像では、湯沸かし器のすぐそばについていますね。

でも、たとえば、ガスコンロの所に2口の元栓があって、そこからガスホースを引いてきているなど、少し離れた場所に元栓があることもあります。

湯沸かし器に繋がっているガスホースをたどって行くと、見つかりますよ。

 

ガスストーブの元栓

ガスストーブの元栓も、ガスストーブの横や裏、もしくはガスストーブに繋がっているガスホースをたどって行くとあります。

ガスストーブの元栓

ガスストーブの元栓

 

ただし、壁や床に埋め込むタイプのコンセントガス栓などには、元栓がついていないものもあります。

元栓がなくてもガス漏れしないようにできているガス栓なので、安心して使えますよ。

 

バランス釜の元栓

最近ではあまり見かけなくなってきていますが、お風呂で『バランス釜』を使っている家もあるでしょう。

 

バランス釜の元栓は、今主流の給湯器とは違い、屋内の、バランス釜の近くに付いています。

バランス釜の元栓

バランス釜の元栓

 

この画像では見えやすいところについていますが、下の方やちょっと奥まったところについている場合もあります。

バランス釜の周りをよく見てみてくださいね。

 

給湯器の元栓の場合

これは屋外になりますが、給湯器の元栓も給湯器のそばについています。

給湯器の元栓

給湯器の元栓

 

機種にもよりますが、給湯器には、

  • ガスの元栓
  • 給水元栓
  • いくつかの水抜き栓

がついています。

給湯器のガスの元栓や給水元栓、水抜き栓などは、いじらないでください。

給湯機の調子が悪い時も、自分で判断していじるのではなく、必ずガス会社に連絡して、見てもらってくださいね。

 

ガスメーターの所にも元栓が付いている

これも屋外の元栓ですが、ガスメーターの所にも元栓が付いています。

この元栓は、言ってみれば

『その家のガスの大元の元栓』

です。

ガスメーターの所の元栓

ガスメーターの所の元栓

 

ガスメーターのところにある元栓は、開けたり閉めたりしないでください。

閉めてあるのを忘れてガス器具を使うと、ガスメーターがガス管内の圧力が下がったのを感知して、ガスを遮断することがあります。

なので、『いじらない方が良い元栓』だと思っておいてください。

 

ただ、長期にわたって留守にするなど、

「大元の元栓を閉めた方が良いんじゃないかな?」

と思った時は、これもまず、必ずガス会社に相談してくださいね。

 

元栓って必ず閉めた方が良いの?

安全のために

『ガス器具を使い終わったら、必ず元栓を閉める』

ということが、よく言われますよね。

たしかに、万が一のことを考えると、元栓は閉めた方が良いです。

 

ただしそれはあくまでも『基本的に』ということ。

実は

開けっ放しの方が良い元栓もあるのです。

 

では、どの元栓は使い終わったら閉めて、どの元栓は開けっ放しが良いのか、見ていきましょう。

閉めた方が良い元栓、開けっ放しの方が良い元栓

どの元栓がその都度閉めた方が良くて、どの元栓が開けっ放しの方が良いか、簡単に言うと

  • 屋内の、すぐ手が届く所にある元栓は、ガス器具を使い終わったら閉める
  • 手の届きにくい所にある元栓、屋外の元栓は、開けっ放しでOK

と考えると、分かりやすいでしょう。

 

たとえば、

  • テーブルコンロ
  • ガスストーブ
  • 瞬間湯沸かし器
  • バランス釜

は、手が届きやすい所にありますよね。

このようなガス器具は、使い終わったら元栓をきちんと閉めておきましょう。

 

でも、

  • ビルトインコンロ
  • 給湯器
  • ガスメーターの所の元栓

は、開けっ放しにしておいた方が良い元栓です。

「ビルトインコンロも?」

と思うかもしれませんが、ビルトインコンロも開けっ放しで大丈夫です。

 

ビルトインコンロや給湯器など、移動しにくいガス器具には、『ねじ栓』というガス栓がよく使われます。

この『ねじ栓』は、あまり頻繁に開け閉めするとグリス切れを起こして、場合によってはガス漏れしてしまう可能性もあります。

なので、むしろ開けっ放しの方が良いのです。

 

『動かせないガス器具や手の届きにくいところにある元栓、外にあるガス器具の元栓は開けっ放しでOK』

と覚えておいてくださいね。

関連記事
ガスの元栓の開け閉めは?
ガスの元栓の閉め方と開け方を解説!今は閉め忘れても大丈夫?

ガスの安全を守るために、大切な器具の1つがガスの元栓。   『使わない時は元栓を閉める』 は、基本ですよね。 でも最近は、 元栓がない 元栓が見当たらない ということも多くなってきています。 ...

続きを見る

関連記事
ガスの元栓を閉める
ガスのスイッチや元栓を閉めると使用量は減る?節約効果をチェック

「物価は上がるのに、お給料は変わらない…。」 そんなこのごろ、家計に少しでも余裕を持たせるためには、節約したいですよね。   家計の中でもかなりの割合を占めるのが、『ガス代』。 ガスを節約す ...

続きを見る

元栓が付いていないガス栓について

中には、元栓が付いていないガス栓もあります。

 

元栓が付いていないガス栓は、

元栓を開け閉めしなくてもガス漏れしないように作られています。

ですから、元栓がなくて閉められなくても、心配はいりません。

 

ただし、ガスホースの劣化や破損、ゆるみ、ガス器具の故障によるガス漏れは、ガス栓の安全装置では止めることはできません。

時々、ガスホースに亀裂やゆるみがないか、ガス器具に異常がないか、時々点検してください。

また、ガス器具は、手入れもしてくださいね。

ガス器具の手入れをしておくと、効率よくガスを使えるので、節約にもなりますよ!

スポンサーリンク

まとめ

ガスの元栓は、だいたいにおいて、

ガス器具の近くにあります。

設置してあるガス器具の裏や下を見たり、ガスホースをたどって行ったりすると、元栓がありますよ。

 

元栓には、

  • ガス器具を使わない時は閉めておいた方が良いもの
  • ガス器具を使わない時も、開けっ放しの方が良いもの

があります。

 

ビルトインコンロや給湯器など、すぐ手の届かない所にある元栓は、開けっ放しで大丈夫。

でも、ガスストーブやバランス釜、瞬間湯沸かし器などの、すぐ手の届くところにある元栓は、使い終わったら閉めておきましょう。

ガスメーターの所の元栓は、ガス会社から指示がない限り、いじってはいけません。

 

開けっ放しで良いガス栓は、開けっ放しにしていてもガス漏れしないようにできています。

また、元栓が付いていないガス栓も、安全にできています。

でも、ホースの破損やガス器具の故障などがあると、ガス漏れしてしまいかねません。

心配し過ぎる必要はありませんが、時々気にして、点検してくださいね。

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ガス器具

Copyright© プロパンガスをオトクに節約するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.