プロパンガスの節約

ダイソー等100均の断熱シートの効果をチェック!コスパは良い?

100均の断熱シート

\ 年間3万円の節約に成功しました /

毎月のガス代を節約する

タダなので、やらなきゃ損です! ガス屋の窓口

暖房費を節約するには、

  • 窓に断熱シートや断熱ボード、断熱カーテンなどを使う
  • 床に断熱マットなどを敷く

といった対策をして、部屋の暖かさをキープすることが大切です。

 

でも、断熱グッズを買うのも、けっこうコストがかかりますよね。

 

そこでチェックしておきたいのが、『100均の断熱シート』です。

ダイソーやセリアなどの100円ショップでは、断熱シートも売っているんですよ!

 

ガスオ
でも100均の製品でしょ?効果あるの?

それは大事なポイントですよね。

いくら安くても、効果がなければ意味ないですから。

 

ということで、今回は

  • 100均の断熱シートには効果があるのか
  • 100均シートでの断熱は本当にコスパが良いのか

についてチェックしてきます。

 

ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

ダイソーやセリアなど100均の断熱シートって効果あるの?

100均の断熱グッズには、

  • 窓用断熱シート
  • アルミシート
  • 断熱ボード(窓の下に設置して冷気を防ぐボード)

などがあります。

 

この記事では、主にこの3つの断熱グッズについて取り上げます。

 

なお、今回は

100均で買える断熱グッズ

⇒『100均断熱グッズ』

ホームセンターやネット通販などで買う断熱グッズ

⇒『市販品』

と区別して書いています。

 

断熱対策は100均の断熱グッズを使っても効果ある?

結論から言うと、

100均の断熱グッズにも、効果はあります!

 

実際に使った人の感想をツイッターでリサーチしたところ、

『効果がある』と書いている人はいましたが、『100均のアイテムだから効果がない』と書いている人は、ほとんど見受けられませんでした。

 

ただし、100均グッズはあくまでも100均グッズですから、

  • 断熱機能が高くなるように作られた市販品ほどの効果はない
  • 市販品より耐久性が低い

といった可能性はあります。

 

また、実際の断熱効果は、100均グッズでも市販品でも、

  • 外気温の低さ
  • 建物の断熱性能

などによって違います。

 

なので、過度な期待はしないほうが良いでしょう。

 

100均の断熱グッズには実際どのくらい効果がある?

100均の断熱グッズと市販品では、どのくらい効果に差があるのか、調べました。

 

100均の窓用断熱シートの効果は?

窓用断熱シートに関しては、残念ながら、100均断熱シートと市販品を比較した情報はありません。

 

なので、あくまでも筆者の推測になりますが、100均の窓用断熱シートの効果は

貼らないよりは効果はあるものの、市販の断熱シートほどの効果はない

というあたりと考えられます。

 

筆者がこう考えた理由は、素材や構造にあります。

 

100均の窓用断熱シートは

ダイソーの『冷気をシャット』

⇒ポリプロピレンのフィルムに発泡ポリエチレンを貼っている

ダイソーの『窓ガラス断熱シート』・セリアの『窓用バブルシート』

⇒プチプチシートのようなものだが、プチプチを両面からシートで挟んでいる

という構造で、『発泡ポリエチレンやプチプチの空気層で冷気を遮る』という仕組みです。

 

『プチプチを両面からシートで挟む』というのは、こういうことです。

普通のプチプチシートと、両面がシート状になったプチプチシートの違い

普通のプチプチシートと、両面がシート状になったプチプチシートの違い

 

一方、市販の断熱シートは、

  • とても薄い金属の層で冷気を遮る
  • プチプチが3層構造になっていて、空気層を厚くしている

など、やはり断熱性能を上げることに特化した仕組みになっているのです。

 

この構造の違いを考えると、やはり

100均の窓用断熱シートにも効果はあるが、市販の冬向け窓用断熱シートほどの効果はない

と考えておくのが妥当なところと、判断しています。

関連記事:【節約】窓ガラスに貼る透明断熱フィルムの効果と口コミをチェック

 

100均のアルミ断熱シートを比較すると

100均のアルミ断熱シートと市販品の断熱シートを比べた実験があります。

 

この実験は、

  1. 床に断熱シートを敷き、その上にカーペットを敷く
  2. カーペットの上に、底を抜いた段ボール箱を置き、その中に熱湯を入れたカップを置く
  3. カップを置いてから5分後、カップの周囲5cmの範囲の温度を10か所ほど測り、一番高い数値を取る

という方法で、保温力を調べたものです。

 

結果は、

100均のアルミ保温シート(厚さは不明だが、薄いと思われる)

⇒13.7℃

市販品(『アルミホットンシート』 厚さ1mm)

⇒15.3℃

引用【完全版】床用断熱シート比較!底冷えする床に1番効果的な保温シートは?

ということで、『1.6℃の差があるという結果でした。

 

1.6℃の差を小さいと思うか大きいと思うかは人によるところですが、100均アイテムでもなかなかやるな、という感じですね。

関連記事:床に断熱マットやシートを敷く効果を解説!断熱材のおすすめは?

 

窓用断熱ボードの効果について

『窓用断熱ボード』は

窓の下に設置して、窓からの冷気が流れるのを防ぐ断熱グッズです。

 

窓用断熱ボードに関しても、市販品との差を具体的に検証した情報はありません。

 

ただ、断熱ボードは『冷気の流れを止める』ものなので、

床や窓周りと断熱ボードに隙間ができないように設置すれば、効果は十分あると考えられます。

関連記事:窓に貼る断熱ボードと断熱シートを比較!効果の違いとは?

 

100均の断熱グッズの耐久性は?

この窓にも断熱対策をしなきゃ

この窓にも断熱対策をしなきゃ

100均とはいえ、なるべく耐久性が高いほうが良いですよね。

 

耐久性に関しても、『何か月持つ』という具体的な情報はありませんでしたが、

やはり100均の製品だと、耐久性が低い可能性はあります。

おそらくは耐久性を高められるほど製造コストをかけられないでしょうから。

 

特に、窓用断熱シートは日光が当たるので、紫外線で劣化しやすいです。

そのため、市販品でも半年くらいが寿命と言われています。

ですから、100均の窓用断熱シートは、『1シーズン持てばよい』くらいに考えておくのが良いでしょう。

 

アルミ断熱シートについては、セリアのアルミ断熱シートに関して

『『椅子の足の下に敷いて、30秒全体重をかけたところ、少しへこんだものの、大きなダメージを受けなかった』

という実験結果があります。

参考【完全版】床用断熱シート比較!底冷えする床に1番効果的な保温シートは?

 

ただ、1シーズンの間ずっとこたつやテーブルなどを置いた場合は、それなりにダメージを受けると考えられます。

 

100均の断熱シートを使うときの注意

窓に断熱シートを貼ったり、床に断熱シートを敷いたりする時には、注意することがあります。

 

窓用断熱シートを使うときの注意

窓用の断熱シートは、基本的に

  • 網入りガラス
  • 複層ガラス
  • 有機ガラス

など、特殊な窓ガラスには貼ることができません。

熱割れしてしまう可能性があるからです。

 

特に100均の窓用断熱シートは、こういった特殊ガラスに対応していない製品がほとんどです。

 

買う前に必ず、

  • 貼る窓のガラスの種類
  • 断熱シートが対応しているガラスの種類

を確認してください。

 

そして、

特殊なガラスに断熱シートを貼りたいのであれば、その窓ガラスに対応している市販品の断熱シートを使いましょう。

 

床に敷く断熱シートを使うときの注意

床にアルミの断熱シートを敷くときには、

上に敷くカーペットやラグなどが滑らないかどうかを、必ず確認してください。

 

そして、滑ってしまう場合には

  • 両面テープなどで、床に断熱シートを固定する
  • 断熱シートとカーペットやラグの間に滑り止めシートを敷く

といった方法で、滑らないように対策をしましょう。

シートで滑ってケガをしたら大変ですからね。

 

特に、子どもや足の弱い人、高齢者がいる家庭では、十分に気をつけてください。

 

100均アルミ断熱シートのいろいろな使い方

100均のアルミ断熱シートは、床に敷く以外にもいろいろな使い方ができます。

 

たとえば、

  • 窓の下半分に貼る
  • カーテンにしてかける
  • 湯船に浮かべてお湯の保温に使う
  • 敷布団や掛布団にはさみこむ
  • 寒さに弱いペットのケージの保温に使う
  • スリッパを作る
  • 余ったシートでペットボトルホルダーやランチボックスを作る

といった使い方です。

 

創意工夫で、使い方はいくらでも広がりますね。

 

ただし、ペットのケージの保温に使う場合は、ペットがかじらないように設置しましょう。

万が一、破片を飲み込んでしまったりするといけないですから。

 

また、布団に敷き込むと、温かくて布団から出たくなくなる可能性があります。

寝坊や二度寝には十分注意してくださいね(笑)

 

100均の断熱グッズと市販品、どちらが低コスト?

こたつの下に断熱シートを敷いて電気代削減!

こたつの下に断熱シートを敷いて電気代削減!

ここからは、100均の断熱グッズは本当に市販品よりコストが低いのか、比較していきましょう。

 

100均の窓用断熱シートと市販品のコスト比較

まずは、窓用断熱シートです。

 

比べるのは、

  • ダイソー『冷気をシャット』
  • ダイソー『窓ガラス断熱シート』★
  • セリア『窓用バブルシート』★
  • ニトムズ 『窓ガラス 断熱シート クリア』
  • ニトムズ『窓ガラス 結露防止シート』★

の5製品です。

(★印は、プチプチをシートで挟んだタイプの断熱シートです。)

 

幅90cm×高さ90cm×窓ガラス2枚の腰高窓全面に貼るとして比較します。

 

ダイソーセリア市販品(ニトムズ)
冷気をシャット窓ガラス断熱シート窓用バブルシート窓ガラス断熱シートクリア窓ガラス結露防止シート
1商品あたりの価格(税込み)110円220円110円809円939円
サイズ40cm×90cm

(2枚入り)

90cm×180cm90×45㎝90cm×180cm90cm×180cm
必要枚数

(商品数)

5枚

(2.5個)

1枚

(1個)

4枚

(4個)

1枚

(1個)

1枚

(1個)

コスト330円220円440円809円939円

※市販品の価格は、2021年4月29日現在の楽天最安値

 

こうして比べると、やはり100均の断熱シートのほうが格段にコストが低いですね。

 

アルミ断熱シートのコストを比較

次は、アルミの断熱シートです。

 

比較するのは

  • ダイソー『保温厚手アルミシート』
  • セリア『カーペット用断熱シート』
  • ワイズ『アルミホットンシート』

です。

 

2畳分(180cm×180cm)のスペースに敷くとすると、コストはこうなります。

 

ダイソー

保温アルミシート

厚手

セリア

ホットカーペット用断熱シート

市販品(ワイズ)

アルミホットンシート

1商品あたりの価格(税込み)110円110円778円
サイズ70cm×120cm90cm×180cm180cm×180cm
必要枚数4枚2枚1枚
コスト440円220円778円

※市販品の価格は、2021年4月29日現在の楽天最安値

 

床用の断熱シートも、100均グッズのほうが安いです。

でも、ダイソーの『保温アルミシート 厚手』は4枚必要になるので、意外にコストがかかってしまいます。

 

こういうこともあるので、100均のアルミ断熱シートを使うときには、

敷くスペースのサイズと製品のサイズをしっかり確認しましょう。

 

断熱ボードの価格比較

3つ目は、断熱ボードです。

『幅180cmの掃き出し窓に設置する』と仮定してコストを比べます。

 

ダイソー

あったかボード

セリア

すきま風防止シート

市販品(ユーザ)

窓際あったかボードライトスリムL

1商品あたりの価格(税込み)330円110円870円
サイズ幅200cm×高さ30cm幅200cm×高さ20cm幅205cm×高さ51cm(使用時)
必要枚数1枚1枚1枚
コスト330円110円870円

※市販品の価格は、2021年4月29日現在の楽天最安値

 

市販品の断熱ボードには、『3シーズン使っても劣化していない』という口コミがあります。

仮に100均の断熱ボードが『劣化が早く、1シーズンしか使えない』としたら、ダイソーの断熱ボードは3年で市販品のコストを上回ってしまうことになります。

 

実際に100均の断熱ボードがどのくらい持つのかは、不明ですが、

もしあまりに早く劣化するようなら、市販品を使ったほうが良いでしょう。

 

また、100均の断熱ボードと市販品では、高さが違います。

高さがあるほうがしっかり冷気を遮ってくれますが、これもコストを取るか性能を取るか、というところですね。

 

100均断熱グッズにデメリットはあるか?

100均断熱グッズがここまで市販品よりコストが安いとなれば、当然使いたいですよね。

一方で、『安いからには何か悪いところがあるのでは?』と思う人もいるでしょう。

 

先にも触れましたが、100均断熱グッズには、市販品と比べて

  • 断熱力が低い
  • 耐久性が低く、劣化が早い

といった可能性はあります。

 

特に、寒冷地では十分な効果を発揮できない可能性は高いでしょう。

 

でも、

効果に不安があるなら、『とりあえず1シーズン、試しに使ってみる』というのもありです。

なにしろコストが安いですからね。

 

もし使ってみて満足な効果がなかったら、市販品に切り替えると良いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

100均の

  • 窓用断熱シート
  • アルミ断熱シート
  • 断熱ボード

は、安いながら効果のある、とてもコスパよく断熱できるアイテムです。

 

100均グッズなので、開発や製造にコストはあまりかけられないことから

  • 市販品より劣化が早い
  • 断熱効果に力を入れて開発された市販品より効果が低い

というデメリットはあり得ます。

 

でも、なるべく低コストで断熱対策をしたいなら、試してみる価値がありますよ!

 

ただし、

窓に断熱シートを貼る場合

⇒断熱シートが、貼る窓ガラスの種類に対応しているかどうか確認する

断熱シートを床に敷く場合

⇒滑らないようにする

ということには、注意してください。

 

断熱対策をすると、暖房効率が良くなり、暖房にかかるガス代や電気代などを減らせます。

低コストで節約できたら、お得ですよね。

ぜひ、100均の断熱アイテムを活用してくださいね!

-プロパンガスの節約

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2021 All Rights Reserved