ボンベ

プロパンガスのボンベの仕組みと圧力をチェック!爆発の可能性は?

家庭で使われる『ガスボンベ』といえば、

  • プロパンガスボンベ
  • カセットガスボンベ

の二つですよね。

 

この二種類のガスボンベは、大きさも形も素材も違いますが、

  • 一定の圧力で安全にガスを入れておく
  • 使いやすくガスを使える仕組みになっている

という点は同じです。

どちらも、とてもうまくできているんですよ。

 

また、『ガスボンベ』といえば気になるのが、『爆発』のこと

万が一、ガスを使っている時に爆発しないかどうか、気にしている人も多いです。

 

今回の記事では、プロパンガスボンベと、家庭でよく使うカセットガスボンベについて

  • ガスボンベの仕組み
  • 爆発する可能性はあるのかどうか

について解説していきます。

 

安全にガスを使うために、ぜひ読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスボンベとカセットガスボンベの仕組み

プロパンガスの性質

プロパンガスボンベの仕組みには、中に入っているプロパンガスの性質が関わっています。

ですからまず、プロパンガスの性質について解説しておきましょう。

 

プロパンガスは、

圧力をかけると簡単に液体になり、気体の約250分の1の体積になります。

体積を小さくすることで、より多くのガスを効率的に保管や運送することができるのです。

 

効率的に保管や運送ができると言っても、液体のままではガスとして使えないですよね。

でもプロパンガスは、圧力がかかっていなければ、-42.1℃というとても低い温度で気体になります。

常温では、気体の状態です。

 

  • 圧力がかかると、液体になる
  • 圧力がかからず、気温が-42.1℃以上なら、気体になる

ということを、ここで覚えておいてください。

この先の話に繋がります。

プロパンガスボンベの仕組みはどうなってる?

プロパンガスボンベの中に入っているのは、多くが液体のプロパンガスです。

でも、中に詰められたプロパンガスの一部は、気体となって上の方に溜まっています

ボンベからガスを出して使う時は、上に溜まっている気体のガスを使います。

 

気体のガスを使って中身が減ると、ボンベの中の圧力が下がりますよね。

圧力が下がると、液体のプロパンガスが気体となって上のほうに溜まります。

 

図にすると、こういうことです。

プロパンガスのボンベの仕組み

 

その結果、ボンベの中は

  • 圧力は一定に保たれる
  • 上のほうには、いつも気体のプロパンガスがある

という状態になっているのです。

 

ですから、『圧力が上がりすぎたり下がりすぎたりしてボンベが爆発する』ということはありません。

プロパンガスボンベの圧力について

『プロパンガスの中は、一定の圧力で保たれる』

と書きましたが、どのくらいの圧力でバランスがとれているかは、ガスボンベの外の気温によって変わります。

外気温蒸気圧
0℃0.37Mpa
10℃0.53MPa
20℃0.73MPa
30℃0.97MPa
40℃1.25MPa

引用 タイナビSwitch『LPGボンベの容量や種類、設置基準、大きさ、圧力をわかりやすく解説!!

 

ガスボンベに入っている状態では、ガスの圧力は高いです。

でも、ガスメーターを通って住宅に入り、ガス器具に届くまでには、1MPa以下になるように調整されています

圧力を下げることで、ガス器具で安全に適切にガスを使えるようにしているのです。

カセットガスボンベの仕組み

カセットガスボンベも、基本的な仕組みはプロパンガスボンベと同じです。

液体のプロパンガスが入っていて、一部が気体になっています。

そして、気体のプロパンガスが減ると圧力が減って、液体のガスが気体になり、一定の圧力が保たれるのです。

 

ガスオ
でも、カセットガスボンベって、横倒しで使うじゃない?どうやって上のほうのガスを使うの?

いいところに気が付きましたね!

横倒しでも、ちゃんと気体のガスが使えるようになっているんです。

 

カセットガスボンベの中には、L字型の管が入っています。

カセットガスボンベを正しくセットすると、この管の先が気体のガスの部分に出るようになっています

この状態で缶の出口を開くと、気体のプロパンガスが出て来て、コンロの燃料として使えるのです。

カセットガスボンベの仕組み

カセットガスボンベには、切込みが入っていますよね。

この切込みを上に向けてセットすれば、L字型の管の先が、気体の所に出るのです。

 

もし、この切込みを下や横に向けてセットすると、管の先は液体の部分に入ってしまいます

その状態で缶の出口を開くと、液体のガスが噴き出してしまい、火災などの大事故につながることもあります。

 

カセットガスボンベを使う時は、切込みを必ず上にして正しくセットして使ってください。

 

プロパンガスボンベは爆発する?

結論から言うと、プロパンガスボンベもカセットガスボンベも、

正しく使っていれば、そうそう爆発することはありません。

 

ただし、あくまでも『正しく使っていれば』です。

 

では、どんな場合にガスボンベが爆発する可能性があるのか、また、正しい使い方について、解説していきましょう。

プロパンガスボンベはどんな時に爆発する?

『何も理由がないのに、プロパンガスボンベが爆発する』ということはありません。

 

ガスボンベが爆発するとしたら、

  • 中のプロパンガスが酸素と混ざった
  • ガスボンベが倒壊した建物の下敷きになるなどして、押しつぶされた
  • ガスボンベの強度を超えるほどの衝撃がかかった

という場合くらいです。

 

ボンベの中は、液体と気体のプロパンガスで満たされています。

ですから、酸素と混ざることはありませんし、ボンベの中でガスが勝手に爆発したり燃えたりもしません。

 

また、ボンベが押しつぶされた場合、ガスボンベには、ボンベ内の圧力が上がると、ガスを放出して圧力を下げる仕組みがあります。

なので、放出するのが間に合わないほど急激に、ものすごい力でつぶされることでもないと、爆発しません。

 

非常に強い衝撃がかかった場合は、ボンベが破裂する可能性がありますが、

ガスボンベは、かなりの強度があります。

 

ある人によると、『車がプロパンガスボンベに突っ込んだのを目撃したが、ボンベが壊れなかった』とのこと。

そのくらいですから、ちょっとぶつかったり倒したくらいでは壊れません。

 

プロパンガスボンベは非常に頑丈にできているんですよ!

プロパンガスの事故件数は?

プロパンガスの事故は、どのくらい起きているのでしょうか。

 

経済産業省の『LPガス一般消費者等事故集計表』(2019年)によると

ガス漏れなどの比較的軽度で済んだ事故を含めて、198件。

(このうち、『爆発』を伴う事故が何件だったのかは、不明です。)

 

プロパンガスを使っている世帯は、全国で2,600万世帯あります。

それに対しての198件ですから、

『プロパンガスの事故は限りなく少なく、爆発事故はめったにない』

ということがわかりますね。

プロパンガスボンベの安全対策

プロパンガスには、安全対策がされています。

  • 圧力が一定以上になると、ガスを放出する安全弁
  • 地震を感知して自動的にガスを止める装置

 

『安全弁』は、火災などでボンベの温度や圧力がある程度上がると、ガスを放出する弁です。

 

ガスオ
火災の時にガスを放出しちゃったら、引火するんじゃないの!?

実は、その通りなんです。

でも、ガスボンベ自体が爆発することはありません

 

もしガスを放出しなかったら、ガスボンベの圧力が上がり、大爆発してしまいます。

そうすると、被害はさらに大きくなりますよね。

ガスを放出することで、被害をより少なくすることができるのです。

 

また、ガスのメーターには、

震度5以上の地震を感知して、自動的にガスを止める装置が付いています

万が一、大きな地震があってガス設備が壊れても、ガスが漏れないようになっているのです。

 

その他にも、ガスボンベを設置する時に

  • 安定した水平な場所に設置する
  • 転倒防止のチェーンを付ける
  • 雪の多い地方などでは、落雪や雪によるボンベの埋没を防ぐ措置を取る

といった安全対策が取られています。

このように、ガスボンベ自体の安全策や、設置の時の安全基準を守ることで、ガスボンベを安全に使うことができるのです。

 

メモ

家庭のプロパンガスボンベは、ガス会社が設置してくれます。

法律で決められた基準に基づいて設置しているので、自分の判断で動かしたり、場所を変えたりしないでください。

プロパンガスを安全に使うには

ガスボンベには安全対策がしてありますが、やはり普段使うときも、

『安全に、正しく使うこと』

を意識することが大切です。

 

プロパンガスを安全に使うには、

  • ガス設備の点検を受ける
  • ガス漏れ検知器を設置する
  • ガス器具も正しく使い、時々手入れをする
  • ガスボンベを個人で所有するなら、設置や使用の注意を守り、ボンベの点検をきちんと受ける

というのが基本です

ガス設備の定期保安点検

ガス設備には、定期的な保安点検があります。

 

これは、ガスを安全に使うために

  • ガス配管
  • ガス風呂釜
  • 給湯器

といったガス設備を点検するものです。

 

この点検は、実はガス会社に対する義務付けで、消費者側に対して義務付けられたものではありません。

でも、拒否すると、ガス会社によってはガスを止められてしまう場合もあります。

 

それ以上に、

点検をしないと、ガス器具の不具合やガス漏れなどに気づきにくくなる

というリスクがあります。

 

そのリスクを回避するためにも、定期保安点検は必ず受けるようにしましょう。

ガス漏れ警報器の設置

ガス漏れを知らせてくれるのが、『ガス漏れ警報器』です。

 

ガス漏れで特に多いのが

  • ガスを点けたと思っていた
  • 元栓を閉めたつもりで、閉まっていなかった

などの、人為的なミス。

ガス漏れ警報器は、そういったときのガス漏れを知らせてくれます。

 

ガス漏れ警報器の設置は、一般家庭では義務ではないことが多いです。

でも、万が一に備えて、必ず設置してくださいね。

メモ

ガス漏れ警報器の設置義務があるのは、

  • 三世帯以上の集合住宅
  • テーブルコンロや、立ち消え安全装置がついていない昔のコンロを使っている
  • ガス器具がヒューズガス栓で接続されていない

という場合です。

ガス器具も正しく使おう!

ガスボンベ本体の話ではありませんが、

ガス器具の不具合などによって、不完全燃焼やガス漏れなどが起こることもあります。

 

それを防ぐためには、

  • ガス器具は、ガスの種類に合ったものを使う
  • 取扱説明書に従って、ガス器具を正しく使う
  • 時々手入れをする

ということが大切ですよ!

ガスボンベを所有するなら、設置や保管の基準を守って

プロパンガスボンベは、個人で購入し、ガスを充填してもらって使うこともできます。

もしガスボンベを所有するのであれば、

設置基準や保管の時の注意をしっかり守ってください。

 

設置基準というのは

ガスボンベ設置基準

  • 火気から2m以上離す
  • 車両などがぶつかったりする可能性のない、安全な場所に設置する
  • 風通しの良い屋外に設置する
  • ボンベの転落や転倒を防ぐ
  • ガスボンベの腐食を防ぐ
  • ガスボンベの温度は40℃以下に保つ
  • バルブなどが損傷を受けない場所に設置する

というものです。

 

また、保管についても

ガスボンベ保管のルール

  • ガスボンベ置き場には、携帯電灯以外の灯火を持って入らない
  • ガスボンベの保設備には、不燃性や難燃性の素材で作った、屋根や遮蔽板などを設ける
  • ガスが漏れた場合にもガスが滞留しないようにする
  • 保管場所に鍵をかける

という安全策が必要です。

こうしたことをしっかり守って、管理してくださいね。

関連記事
プロパンガスボンベの設置基準や保管(置き場)のルールを解説!

続きを見る

 

カセットガスボンベが爆発する可能性は?

便利なカセットガスも間違った使い方をすると…

カセットガスボンベが爆発するのはどんな時

カセットガスボンベの爆発事故の主な原因は

『過熱』です。

 

たとえば

  • カセットコンロを覆ってしまうくらいの、大きすぎる鍋を使っていた
  • 電磁調理器の上で使っていて、間違って電磁調理器のスイッチが入ってしまった
  • カセットコンロを複数台、並べて使った
  • 夏場の暑い車内に放置してしまった
  • カセットコンロで炭火を起こそうとした

といった使い方をすると、

カセットガスボンベが過熱し、爆発してしまいます。

 

カセットガスボンベが爆発した場合、半径数メートルに火が及び、周囲の人や物を巻き込んでしまいます。

片手で持てる程度のカセットガスボンベでも、爆発すると、そのくらいの威力があるのです。

 

カセットガスボンベは、手軽に使える反面、

『ついうっかり』や『少しくらい、という気のゆるみ』による事故が起こりやすいです。

楽しい時間でも気を抜かずに、注意深く使ってくださいね!

カセットガスボンベの安全な使い方

では、カセットガスボンベは、どう使えば安全に使うことができるのかというと、

『カセットガスボンベとガス器具の注意書きをよく読み、確実に守る』

これに尽きます。

 

と、これで終わっても仕方ないので、どんなことに注意するべきか、ざっとお話ししましょう。

 

カセットガスボンベを使う時の注意事項は、

  • カセットガスボンベは、正しくセットする
  • 電磁調理器の上で使ったり、電磁調理器の上にボンベを置きっぱなしにしたりしない
  • カセットコンロに置く調理器具は、カセットガスボンベの入った部分を覆わないサイズのものを使う
  • できるだけ、コンロに指定されているカセットガスボンベを使う
  • 調理の用途にのみ使用する
  • 家具やカーテン、壁などから15㎝以上離して使う
  • 石綿やセラミック付き魚焼き器、陶板プレートなど、蓄熱性のある調理器具を使わない
  • カセットコンロを複数並べて使用しない
  • テントや車内で使わない

 

保管については、

  • カセットガスボンベを高温になる場所に置かない
  • 子どもや認知症の人の手の届かない場所、ペットがいたずらしない場所に保管する
  • 捨てる時には、ガスを使い切って、自治体の決めた方法で捨てる

 

そして、その他の注意としては

  • カセットガスボンベを火の中に投げ入れない
  • ガスの再充填をしない

といった注意点があります。

 

こうして見ると、たくさんありますね。

でも、事故を防ぐためにはとても大切な注意事項なので、必ず守ってください。

 

注意ポイント

カセットガスボンベの場合、『事故』は爆発だけでなく『吸引』という事故もあり得ます。

プロパンガスは毒性のないガスですが、大量に吸引すると、

  • 急激な酸素欠乏
  • 脳のマヒによる酩酊状態
  • 幻覚や幻聴、妄想など
  • 酩酊状態や幻覚、妄想などにより、道路への飛び出しや転落などの事故を引き起こす

といった重大な危険性があり、時には命に関わる事態になりかねません。

吸引事故を防ぐためにも、必ず、子どもや認知症の人の手の届かないところに保管してください。

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスボンベもカセットガスボンベも、基本的な仕組みは同じです。

 

ボンベの中に液体のガスと期待のガスが入っていて、

  1. 気体のガスから使われる
  2. ガスが減るとボンベの圧力が下がる
  3. 圧力が下がった分、液体のガスが気体になる

という仕組みで、常に気体のガスが使えるようになっているのです。

 

ガスボンベは正しく設置や保管し、注意を守って使っていれば、めったなことで爆発することはありません。

ただし、

  • ボンベが過熱する
  • 押しつぶされるなどして、ボンベが破損する

といったことがあると、爆発したり、中のガスが出て引火してしまったり、ということが起こり得ます

 

プロパンガスボンベの爆発事故は、めったにありませんが、カセットガスボンベの爆発事故は時々起こっています。

使い方を間違えると、大事故になることもあるので、十分注意して使ってください。

 

プロパンガスは、災害にも強く、安全に使いさえすれば、とても便利なガスです。

ぜひ、安全に活用してくださいね!

-ボンベ

Copyright © プロパンガスの教科書, 2017~2020 All Rights Reserved