ガスボンベってどんな仕組み?

ボンベ

プロパンガスのボンベの仕組みと圧力をチェック!爆発の可能性は?

プロパンガスを使っている家庭に必ず置いてあるのが、

『ガスボンベ』

また、鍋料理などをする時には、カセットコンロ用のボンベを使う家も多いでしょう。

そんな便利なガスボンベは、

  • 一定の圧力で安全にガスを入れておく
  • 使いやすくガスを使えるような仕組みになっている

と、とてもうまくできているんですよ。

 

また、『ガスボンベ』といえば気になるのが、『爆発』のこと

ガスボンベは、どんな場合に爆発する可能性があるのでしょうか?

 

今回の記事では、

プロパンガスボンベの仕組みや、爆発の可能性について

お伝えします。

安全にガスを使うために、ぜひ読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

プロパンガスボンベとカセットボンベの仕組み

プロパンガスボンベってどういう仕組み?

プロパンガスボンベってどういう仕組み?

ではまず、家の庭などに設置してある、

『プロパンガスボンベ(高圧ガスボンベ)』

そしてカセットコンロで使う

『カセットボンベ』

それぞれの仕組みから見てみましょう。

 

プロパンガスボンベの仕組み

プロパンガスボンベの仕組みです。

 

プロパンガスボンベの中身と、プロパンの性質

プロパンガスボンベには、

『液化石油ガス』

が充填されています。

これは文字通り、

『液体化された石油ガス』

のことです。

 

プロパンガスは、

圧力をかけると簡単に液体になり、気体の約250分の1の体積になります。

体積を小さくすることで、より多くのガスを効率的に保管や運送することができるのです。

 

プロパンガスの沸点(液体から気体になる温度)は-42.1℃。

圧力がかかっていなければ、常温で気体になります。

プロパンガスのボンベは、

プロパンのこの性質を利用して、使いやすく、圧力を保ちながらガスを格納しておける仕組みになっています

 

プロパンガスボンベの仕組みはどうなってる?

プロパンガスボンベの中に入っているのは、多くが液体のプロパンです。

でも、中に詰められたプロパンガスの一部は、気体となって上の方に溜まっています

ボンベからガスを出して使う時は、上の方に溜まっている気体のガスを使います。

 

気体のガスが減ると、ボンベの中の圧力が下がります。

圧力が下がると、液体のプロパンガスが気体となってボンベの中を満たします。

そのため、ボンベの中の圧力は一定に保たれ、かつボンベの上の方にはいつも気体のプロパンガスがある状態になっているのです

また、『ガスを使ってボンベの内圧が下がり、爆発する』ということも、ありません。

 

プロパンガスボンベの圧力について

『プロパンガスの中は、一定の圧力で保たれる』

と書きましたが、どのくらいの圧力でバランスがとれているかは、ガスボンベの外の気温によって変わります。

外気温 蒸気圧
0℃ 0.37Mpa
10℃ 0.53MPa
20℃ 0.73MPa
30℃ 0.97MPa
40℃ 1.25MPa

引用 タイナビSwitch「LPGボンベの容量や種類、設置基準、大きさ、圧力をわかりやすく解説!!」

 

充填されたガスは、ガスボンベからガスメーターを通り、建物の中に入り、ガス器具に届きます。

ガスボンベに入っている状態では、ガスの圧力は高いです。

でも、ガスメーターから住宅に入り、ガス器具に届くまでには、1MPa以下になるように調整されています

圧力を下げることで、ガス器具で適切にガスを使えるようになっているのです。

 

カセットボンベの仕組み

カセットボンベも、基本的な仕組みはプロパンガスボンベと同じです。

液体のプロパンガスが入っていて、一部が気体になっています。

そして、気体のプロパンガスが減ると、液体のガスが気体になり、一定の圧力が保たれるのです。

 

でもカセットボンベって、横倒しの状態で使いますよね。

中がどうなっているか、もう少しお話ししましょう。

 

カセットボンベの中には、

L字型の管

が入っています。

カセットボンベを正しくセットすると、この管の先が気体のガスの部分に出るようになっています

この状態で缶の出口を開くと、気体のプロパンガスが出て来て、コンロの燃料として使えるのです。

 

カセットボンベには、切込みが入っていますよね。

この切込みを上に向けてセットすれば、L字型の管の先が、気体の所に出るのです。

 

もし、この切込みを下や横に向けてセットすると、管の先は液体の部分に入ってしまいます

その状態で缶の出口を開くと、液体のガスが噴き出してしまい、火災などの大事故につながることもあります。

カセットボンベを使う時は、

『切込みを必ず上に』

して正しくセットして使ってくださいね。

 

プロパンガスボンベは爆発する?

爆発するって本当?

爆発するって本当?

プロパンガスボンベもカセットボンベも、

正しく使っていれば、そうそう爆発することはありません

ただし、あくまでも『正しく使っていれば』です。

ガスは、

『可燃性の危険物』であることを忘れずに、注意事項を守って正しく

使う必要があります。

 

では、どんな場合にガスボンベが爆発する可能性があるのか、また、正しい使い方について見ていきましょう。

 

プロパンガスボンベが爆発する可能性

『何も理由がないのに、ガスボンベが爆発する』

ということは、まずありません。

プロパンガスが爆発するのは、『酸素と混ざった時』です。

ボンベの中は、液体と気体のプロパンガスで満たされているので、酸素と混ざったりはしないのです。

なので、ボンベの中でガスが勝手に爆発したり燃えたり、ということもないのです。

 

ところで、爆発事故はどのくらいの割合で起きるかというと、平成29年(2017年)の統計では、

ガス漏れの事故…185件

爆発などの大事故…0件

という数でした。

ガス漏れの事故は、185件ありましたが、これはプロパンガスを使っている世帯の0.007%。

つまり、

『ガスボンベの爆発事故はめったに起こらないし、ガス漏れ事故も多くない』

ということです。

 

これほど事故件数が少ないのは、

  • ガスボンベが安全に作られている
  • ガス供給システムやガス器具でも、安全対策をしている

ということなのです。

 

ただし、倒壊した建物の下敷きになるなど、

  • ボンベが押しつぶされる
  • ボンベの強度を超えるほどの衝撃がかかる

といった場合には、ボンベが破裂する可能性が出てきます。

そして、ボンベが破損するとガスが出て、引火して爆発する、という可能性もあります

『家屋が倒壊していて、ガスの臭いがする』

という場合は、すぐに避難してください。

 

プロパンガスボンベの安全対策

プロパンガスには、安全対策がされています。

  • 圧力が一定以上になると、ガスを放出する安全弁
  • 地震を感知して自動的にガスを止める装置

 

安全弁は、火災などでボンベの温度や圧力が、ある程度上がると作動して、ガスを放出します。

『火災でガスを放出しちゃったら、引火するんじゃないの!?』

と思うかもしれませんね。

実は、その通りです。

でも、ガスボンベ自体が爆発することはありません

もしガスを放出せずにガスボンベの圧力が上がり、大爆発すると、被害はさらに大きくなってしまいます。

ガスを放出することで、被害をより少なくすることができるのです。

 

また、ガスのメーターには、

震度5以上の地震を感知して、自動的にガスを止める装置が付いています

万が一、大きな地震があってガス設備が壊れても、ガスが漏れないようになっているわけですね。

 

その他にも、ガスボンベを設置する時に

  • 安定した水平な場所に設置する
  • 転倒防止のチェーンを付ける
  • 雪の多い地方などでは、落雪や雪によるボンベの埋没を防ぐ措置を取る

といった安全対策が取られています。

このように、ガスボンベ自体の安全策や、設置の時の安全基準を守ることで、ガスボンベを安全に使うことができるのです。

 

なお、プロパンガスボンベは、ガス会社が設置してくれます。

設置には法律で決められた基準があって、ガス会社はそれを守って設置しているのです。

自分の判断で動かしたり、場所を変えたりしないでくださいね。

 

プロパンガスを安全に使うには

ガスボンベには安全対策がしてあると書きましたが、やはり普段の使い方の中でも、

『安全に使うこと』

を意識することが大切です。

 

プロパンガスを安全に使うには、

  • ガス設備の点検を受ける
  • ガス漏れ検知器を設置する
  • ガスボンベを個人で所有するなら、設置や使用の注意を守り、ボンベの点検をきちんと受ける

これに尽きます。

 

ガス設備の定期保安点検

ガス設備には、

定期的な保安点検

があります。

これは、ガスを安全に使うために

  • ガス配管
  • ガス風呂釜
  • 給湯器

といったガス設備を点検するものです。

この点検は、消費者側に対して義務付けられたものではありません。

でも、拒否すると、ガス会社によってはガスを止められてしまう場合もあります。

それ以上に、点検をしないと

ガス器具の不具合やガス漏れなどに気づきにくくなる

というリスクがあります。

そのリスクを回避するためにも、

定期保安点検は必ず受けるようにしましょう

 

ガス漏れ警報器の設置

ガス漏れを知らせてくれるのが、『ガス漏れ警報器』です。

ガス漏れで特に多いのが

  • ガスを点けたと思っていた
  • 元栓を閉めたつもりで、閉まっていなかった

などの、人為的なミス。

ガス漏れ警報器は、そういったガス漏れを知らせてくれます。

 

ガス漏れ警報器の設置は、一般家庭では義務ではないことが多いです。

でも、万が一に備えて、ぜひ設置してくださいね。

メモ

ガス漏れ警報器の設置義務があるのは、

  • 三世帯以上の集合住宅
  • テーブルコンロや、立ち消え安全装置がついていない昔のコンロを使っている
  • ガス器具がヒューズガス栓で接続されていない

という条件下の場合です。

 

 

ガスボンベを所有するなら、設置や保管の基準を守って

プロパンガスボンベは、個人で購入し、充填してもらって使うこともできます。

もしガスボンベを所有するのであれば、

設置基準や保管の時の注意をしっかり守って、使用したり保管したりしてください。

 

設置基準というのは

ガスボンベ設置基準

  • 火気から2m以上離す
  • 車両などがぶつかったりする可能性のない、安全な場所に設置する
  • 風通しの良い屋外に設置する
  • ボンベの転落や転倒を防ぐ
  • ガスボンベの腐食を防ぐ
  • ガスボンベの温度は40℃以下に保つ
  • バルブなどが損傷を受けない場所に設置する

というものです。

 

また、保管についても

ガスボンベ保管のルール

  • ガスボンベ置き場には、携帯電灯以外の灯火を持って入らない
  • ガスボンベの保設備には、不燃性や難燃性の素材で作った、屋根や遮蔽板などを設ける
  • ガスが漏れた場合にもガスが滞留しないようにする
  • 保管場所に鍵をかける

という安全策が必要です。

こうしたことをしっかり守って、管理してくださいね。

関連記事
ガスボンベの設置や保管の基準は?
プロパンガスのボンベ置き場をチェック!設置基準や保管のルールは?

続きを見る

 

カセットボンベが爆発する可能性は?

便利なカセットガスも、間違えた使い方をすると…

便利なカセットガスも、間違えた使い方をすると…

カセットボンベが爆発するケース

カセットボンベの爆発事故の主な原因は

『過熱』

 

たとえば

  • カセットコンロを覆ってしまう、大きな鍋を使っていた
  • 電磁調理器の上で使っていて、間違って電磁調理器のスイッチが入ってしまった
  • カセットコンロを複数台、並べて使った
  • 夏場の暑い車内に放置してしまった
  • カセットコンロで炭火を起こそうとした

といった原因で、

カセットボンベが過熱してしまい、爆発するケース

が実際にあります。

 

カセットボンベが爆発すると、どうなるかというと、

半径数メートルに火が及び、周囲の人や物を巻き込んでしまいます。

片手で持てる程度のカセットボンベでも、爆発するとそのくらいの威力があるのです

 

カセットボンベは、手軽に使える反面、

『ついうっかり』

『少しくらい、という気のゆるみ』

などによる事故も、起こりやすいものです。

また、一般人が扱う分、プロパンガスボンベよりも事故が起こりやすいとも言えます。

 

カセットボンベの安全な使い方

では、カセットボンベは、どう使えば安全に使うことができるのかというと、

『注意書きをよく読み、確実に守る』

これに尽きます。

 

と、これで終わっても仕方ないので、どんなことに注意するべきか、お話ししましょう。

カセットボンベを使う時の注意事項は、

  • カセットボンベは、正しくセットする
  • 電磁調理器の上で使ったり、ボンベを置きっぱなしにしたりしない
  • 鍋などの調理器具は、カセットボンベの入った部分を覆わないサイズのものを使う
  • コンロに指定されているカセットボンベを使う
  • 調理の用途にのみ使用する
  • 家具やカーテン、壁などから15㎝以上離して使う
  • 石綿やセラミック付き魚焼き器、陶板プレートなど、蓄熱性のある調理器具を使わない
  • カセットコンロを複数並べて使用しない
  • テントや車内で使わない
  • 捨てる時には、ガスを使い切って、自治体の決めた方法で捨てる
  • カセットボンベを高温になる場所に置かない
  • カセットボンベを火の中に投げ入れない
  • ガスの再充填をしない
  • 家具や壁、カーテンなどから15㎝以上離して使う
  • 子どもや認知症の人の手の届かない場所に保管する

こうして見ると、たくさんありますね。

場面別に整理して、考えてみましょう。

 

使用する時の注意

カセットボンベを使う時の注意事項は

  • カセットボンベは、正しくセットする
  • 電磁調理器の上で使わない
  • 鍋などの調理器具は、カセットボンベの入った部分を覆わないサイズのものを使う
  • コンロに指定されているカセットボンベを使う
  • 火起こしなど、調理以外の用途には使わない
  • 石綿やセラミック付き魚焼き器、陶板プレートなど、蓄熱性のある調理器具を使わない
  • カセットコンロを複数並べて使用しない
  • テントや車内で使わない

 

まず、カセットボンベは、

カセットコンロに正しくセットしましょう!

『カセットボンベの仕組み』の所でも話したように、

ボンベの切り欠きが横や下になっていると、液体ガスが噴き出てしまい、とても危険です。

切り欠きは必ず上にして、しっかりコンロにセットしてください。

 

カセットボンベは、規格が統一されているので、メーカーが違うカセットコンロでも使うことができます。

でも、一番確実なのは、コンロで指定されているカセットボンベを使うことです。

カセットボンベを買う時には、なるべく指定のものを買ってくださいね。

 

カセットコンロを使う時には、

家具や壁、カーテンなどから15㎝以上離して使うこと。

もちろん家具やカーテンなどに限らず、

  • 引火するもの
  • 燃えるもの
  • 熱を遮るようなもの

などからは、15㎝以上離してください。

窓を開けて使う時には、風に吹かれたカーテンに火が点かないように、気を付けてくださいね。

 

カセットコンロでは、使えない調理器具もあります。

それは

  • ガスボンベがセットされた部分まで覆ってしまうような、大きな鍋やフライパン
  • 石綿やセラミック付き魚焼き器、陶板プレートなど、蓄熱性のある調理器具

このようなものを使うと、

カセットボンベ部分が熱せられ、爆発の危険性があります。

調理器具は、

  • 大きすぎない
  • 蓄熱性のないもの

を使いましょう。

 

カセットコンロを複数台使う場合は、コンロ間の距離を十分に取ってください。

カセットコンロを複数台くっつけて並べて使うと、これもカセットボンベ部分が熱せられて危険です。

『鍋が大きいから、2台のコンロで温めよう』

なんていうのは、もってのほか。

実際に爆発事故も起こっているので、絶対にやめてくださいね。

 

また、カセットコンロで火起こしをするなど、調理以外の用途に使うのも厳禁です。

炭は、とても温度が高くなります

その熱でカセットボンベが過熱してしまい、爆発します。

大事故にもつながりかねないので、カセットコンロは火起こしに使わないでくださいね。

 

それから、使う場所ですが、

風通しがよく、換気ができる場所で使ってください。

  • 車内
  • テントの中

など、狭い場所や通気性の悪い場所は、避けましょう。

 

そして、電磁調理器の上にカセットコンロを置いて使うのも、絶対に避けてください。

これも、万が一間違ってスイッチが入ってしまうと、過熱し、とても危険だからです。

 

保管する時の注意

カセットボンベを保管したり、一時的に置いたりする時の注意は

  • 直射日光のあたる場所や、車の中に置かない
  • 電磁調理器の上やストーブの近くなど、高音になる場所に置かない
  • 子どもや認知症の人の手の届かない場所に保管する

 

直射日光のあたる場所や、車の中などに置きっぱなしにすると、カセットボンベの温度が上がってしまい、爆発する可能性があります。

とくに、あっという間に温度が上がる夏の車内は、危険です。

たとえ日陰であっても、車内に置きっぱなしにしてはいけません。

 

また、電磁調理器の上やストーブの近くも、危険です。

間違えてスイッチが入ってしまった場合、ボンベが熱せられてしまうからです。

『うっかり事故』を防ぐためにも、一時的であっても置かないようにしましょう。

 

そして、『子どもや認知症の人の手の届かないところに保管する』こと。

いたずらや誤使用による事故や火災を防ぐためです。

『事故』とは、爆発だけではありません。

ガスを吸引してしまうと、とても危険なのです。

プロパンガスは、毒性のないガスですが、大量に吸引すると、

  • 急激な酸素欠乏
  • 脳のマヒによる酩酊状態
  • 幻覚や幻聴、妄想など
  • 酩酊状態や幻覚、妄想などにより、道路への飛び出しや転落などの事故を引き起こす

といった重大な危険性があり、時には命に関わる事態になりかねません。

そのような事態を防ぐためにも、必ず子どもや認知症の人の手の届かないところに保管してください。

 

使用済みボンベの扱い方

使い終わったカセットボンベについての注意事項は、

  • 使い切ってから、自治体の指定する方法で捨てる
  • 使い終わったカセットボンベも、火の近くなど、熱くなる場所に置かない
  • カセットボンベを火の中に投げ入れない
  • ガスの再充填をしない

 

カセットボンベの捨て方は、自治体によって違います。

たとえば、資源ゴミに出すか、不燃ゴミに出すかも違いますし、ボンベに穴を開けるか開けないかも、自治体によります。

捨てる時には、必ず自治体での捨て方を確認してください。

 

カセットボンベは、『可燃ゴミとして出す』のも、危険です。

  • ゴミ収集車内でカセットボンベが押しつぶされて爆発し、清掃局の人が怪我をした
  • 焼却炉の中でガスボンベが爆発し、焼却炉が損傷を受けた

という事故も起こっています。

そういった事故を防ぐためにも、自治体の決めた捨て方に従ってください。

 

また、使い終わってから捨てるまで置いておく場合も、

直射日光のあたる場所やストーブの近くなどを避け、カセットボンベが熱くならない場所に置いてください。

ガスがなくなっていても、温まりすぎると爆発する可能性があります

 

それから、『中が空だから』と言って、火の中に投げ込むのは絶対にやめてください。

これも、過熱でカセットボンベが爆発してしまいます。

 

そして、ガスの再充填をしないこと。

空になったカセットボンベにガスを充填することも、ガス漏れや爆発の原因になります。

スポンサーリンク

まとめ

プロパンガスボンベもカセットボンベも、基本的な仕組みは同じです。

ボンベの中に液体化されたガスと気体のガスが入っています。

気体のガスから使われ、ガスが減ると圧力も減り、それによってまたガスが気化し、圧力が保たれます。

気化したガスはボンベの上部に溜まるので、常に気体のガスが使われる、という仕組みです。

 

ガスボンベは正しく設置や保管し、注意を守って使っていれば、めったなことで爆発することはありません。

ただし、

  • ボンベが過熱する
  • 押しつぶされるなどして、ボンベが破損する

ということがあると、

爆発したり、中のガスが出て引火してしまったり、ということが起こり得ます

とくにカセットボンベの爆発事故は、時々起こっています。

使い方を間違えると、大事故になることもあるので、十分注意して使ってください。

 

プロパンガスは、災害にも強く、安全に使いさえすれば、とても便利なガスです。

ぜひ、活用してくださいね!

プロパンガスをオトクに節約ランキング

1位:ガス屋の窓口

ガス屋の窓口

『ガス屋の窓口』は、

他社を圧倒するサービス

が最大の魅力です。

追随を許しませんし、その上、

『安心してプロパンガス会社の変更手続きをお任せしても大丈夫!』

と太鼓判をおせるほど、しっかり対応してくれます。

アフターフォローもバッチリ!

対応エリア内にお住まいの人なら、

絶対におすすめです!

2位:エネピ

エネピ

『エネピ』に依頼するだけで、

数多くのガス会社の見積もりを一括で入手可能!

この点が非常に魅力的です。

提携しているガス会社が多くあり、しかも、それら全てが

外部の調査機関による厳しい審査

をクリアしています。

変なガス会社にあたることがないようになっているのです。

口コミの評判もよく、当ブログでも安心してオススメできます。

3位:プロパンガス料金消費者協会

『プロパンガス料金消費者協会』の魅力は、なんといっても

対象エリアが全国

であることです。

『ガス屋の窓口』や『エネピ』でエリア範囲外であったのであれば、

『プロパンガス料金消費者協会』の利用をおすすめします。

外部調査機関のアンケートで1位を獲得し、実績と信頼性も高く評価されていますよ。

-ボンベ

Copyright© プロパンガスの教科書 , 2019 All Rights Reserved.